Author Archive


 

<巻頭特集>

路線バスで♪
近旅inくしろ

行楽シーズン到来!日帰りで楽しむバスの旅はいかがですか?
今月はスタッフが実際にバスに乗って近郊のまちへでかけ、
カフェ巡りや温泉などバスの楽しみ方をご紹介!
一日乗車券を利用した市内巡りもありますよ。
 

 

<プチ特集>

個性を味わう
CRAFT BEER

ビールがおいしい季節ですね。
最近は個性的なクラフトビールも増えてきました。
そこで今月は、お店で楽しむ&自宅で楽しむをテーマに、
こだわりのクラフトビールをたっぷりご紹介します!
 


 

<巻頭特集>

シーズン到来!
みんなでワイワイ
ご機嫌BBQ

いよいよBBQシーズン到来!
今月はアウトドアの達人にBBQのコツや簡単メニュー、
便利グッズを聞いてきました。
手ぶらでも楽しめるスポットや
配達してくれるお店、BBQができる公園なども
たっぷりご紹介!
 

 

<プチ特集>

気軽にチャレンジ
将棋 囲碁

若いプロ棋士の活躍など、最近何かと話題の将棋と囲碁。
そこで今月は、将棋と囲碁の魅力や基本のルール、
初心者でも楽しめる教室やサロンをご紹介!
先生に聞くQ&Aもありますよ。
 
 

<巻頭特集>

わんこと一緒に!
2018☆
ワンダフルライフ

2018年の干支は戌。今月は身近なペットである
「犬」にスポットを当て、道の駅にあるドッグランや
飼い主さんお気に入りのスポット、お役立ちショップを
リサーチしてきました。スーパードッグ紹介も
ありますよ!
 

 

<プチ特集>

粉もんで
まんぷく

おやつにもご飯がわりにもなる「粉もん」。今月は、
お好み焼きやたこ焼きなどの「粉もん飯」と、
テイクアウトできる「粉もんスイーツ」、たこ焼き器で
作るスイーツレシピをご紹介します!
 

<巻頭特集>

もっと気軽に♪
根室&中標津
春のおでかけガイド

 
いいお天気に誘われて、ちょっと遠出をしたくなる
季節。そこで今月は、スタッフが根室市と中標津町
まで足をのばしてきました!グルメ情報やおしゃれ
スポット情報など、両エリアの魅力にぐぐっと迫ります!
 

 

<プチ特集>

くしろイベント
GUIDE

 
おまつりや収穫祭など、季節ごとに開催される釧路
管内のイベント。毎年楽しみにしている人も多いのでは?
そこで今月は、各地で行われる年間の主なイベントを
たっぷりご紹介します♪
 

 


 

<巻頭特集>

今こそ行こう!
北大通街歩き

 
今月は、釧路駅前のメインストリート『北大通』に
スポットを当て、エリアごとに素敵なお店やスポットを
ご紹介します。
これを機に、歴史や新しさが共存する北大通の魅力を
再発見してみませんか?
 

<プチ特集>

love the music!
地元BAND

 
音楽の醍醐味といえば、なんといっても生演奏♪
というわけでm今月は地元で音楽活動をしている
バンドをご紹介!ライブ情報やメンバー構成など、
地元バンドの魅力をご紹介します。
 

<インフォメーション>

春に向けて
カラダいきいき&リフレッシュ

 
冬の間にたまった疲れを、今のうちにリセットしませんか?
心も体もリフレッシュできる治療院やサロンをご紹介します!
 

 

避難所運営ゲームとは、どのようなものですか?ルールなど詳しく知りたいです。(美原 H・Sさん)
 
防災にまつわる催しなどで「避難所運営ゲーム」の言葉を耳にしたことがある人もいるのでは?
具体的にどのようなものなのか、釧路総合振興局でお話を聞いてきました。
 

避難所運営ゲームとは、防災の知識を深めるために、
避難所の運営を模擬体験するというもの!
そのため「ゲーム」といっても、勝敗をつけるものではありません。
運営側の視点を体験することで、
「避難生活を見据えた、備えができるようになる」などのメリットがあるんです。
 

10年前に静岡県で発案された『避難所運営ゲーム』は
頭文字をとり通称「HUG(ハグ)」とも呼ばれています。
北海道では、寒冷地の想定も加わるように内容を再考案し
「避難所運営ゲーム北海道版(Doはぐ)」として、
昨年4月からゲーム道具の貸し出しを始めているんです。
釧路総合振興局でも、無料でゲーム道具の貸し出し・講師の派遣を行っており、
昨年は16件の利用があったのだとか。
 

それでは実際に、どのように進めていくのか説明していきましょう。
避難所運営ゲームはなるべく大人数で行うようにし、
6~8名のグループをなるべく2組以上つくるようにします(1組でも可)。
各自で用意するものは筆記用具と付箋のみ!
専門的な道具一式は、貸し出しのセットの中に入っていますよ。
 

▲説明書のほか使用するカードや、CDには平面図などのデータが。
 

避難所の間取りなどが書かれた平面図は、
模造紙などにコピーしたものを用意します。
これで準備はOKです。
 

ルールは次の通り。
グループ内で、カード内容を読み上げる「読み手役」を一人決めます。
カードには様々な問題が書かれているので、
読まれた内容についての対処法をグループで考えていきます。
このとき「避難所運営側の視点で考える」ことを忘れてはいけません。
 
カードは全部で3種あり、扱いが異なります。
避難者の名前・年齢・性別・住所・自宅倒壊の度合いなどが記載されている
『避難者カード』については、
避難所の間取りが書かれた平面図上に配置していきます。
 

▲平面図の上に『避難者カード』を並べた様子。
 

『避難者カード』は実際の避難者に見立てて、
例えば「避難の確認や、各々の協力体制確保がスムーズにできるよう、
同じ地区でまとめる」など一定のルールで並べると◎。
 
他に物資支援などの出来事が書かれた『イベントカード』、
避難所の気温変化などを知らせる『情報提供カード』があります。
これらは「どこに物資を置いておくか」など対処法を考えて、
付箋などに内容を記載しておきます。
全てのカードがなくなった時点でゲームは終了です。
最後に振り返って話し合いをすることで、
災害発生時の適切な行動や、日頃の備えについて改めて見つめ直すことができますよ。
 
【取材協力】
釧路総合振興局 地域政策課
釧路市浦見2-2-54
0154-43-9100

 

 

 

※記事の内容は、月刊fit2017年9月号掲載時点のものです。

富士見坂桜ヶ丘通で、腕に鷹をのせて歩いている人を見かけるのですが、一体どこの誰?(白樺台 Y・Sさん)
 
鷹と散歩を楽しんでいるなんて、確かに気になります!
依頼主のY・Sさんをはじめ、
様々な目撃情報を頼りに調査してみると、
噂の人物と直接お会いできることに。
 

こちらが、趣味で鷹を飼っている川瀬さん!
 

 

この写真を見て、もしかしてお気づきの方もいるのでは?
実は、川瀬さんは末広町にある飲食店『たつや×たつや』で活躍中の
コミックダンサーなんです。
 
現在も飼っている狼犬のことで調べものをしていたところ猛禽類に出会い、
すっかり魅了されてしまったそう。
今の鷹は飼い始めてから4年が経ちますが、
その前はハヤブサなどを飼育していた時期もあるんですよ。
 
鷹を腕にのせて散歩をしている理由は、調教の一環のため。
「腕の上は安心できる場所」として覚えさせているんです。
日々、茨城県にある猛禽類の専門店や
全国の飼育仲間と交流しながら、
大切に鷹を育てていますよ。
 
【取材協力】
たつや×たつや
釧路市末広町5-13(オリエンタルプラザ4F)
0154-25-7117

 

 

 

※記事の内容は、月刊fit2017年9月号掲載時点のものです。


 

<巻頭特集>

ラーメン天国2018
見つけて!あなたのイチオシラーメン

 
お待たせしました!
fit恒例のラーメン特集をドドーンとお届けします。
掲載店舗は33軒!今回は「あっさり/こってり」と
「太麺/細麺」を5段階で表記。
各店自慢の一杯の中から、あなた好みの味を見つけてくださいね♪

<プチ特集>

新図書館オープン
釧路市中央図書館へ行こう!

いよいよオープンする『釧路市中央図書館』。
そこで今回は、読者モデルと一緒にオープン直前の館内を
いち早く取材!
新図書館で新しくできるようになったことや、
見どころなどをたっぷりご紹介します!
 

産後ケアについて、具体的にどのようなものか知りたいです。(厚岸町 M・Hさん)
 
「産後ケア」と聞くと、なんとなく妊娠・出産に関する事柄のように思いますが、
具体的にはどのようなものなのでしょうか?
くしろで本格的な産後ケアに取り組んでいる
『助産院 マタニティアイ』でお話を聞いてきました。
 

産後ケアとは出産後のお母さんの心と体をケアするために、
カウンセリングなど様々なプログラムを行う事業のこと!
日本では出産後から比較的早い段階で、
子どもの育児を自宅ではじめるのが一般的。
その後、保育園などに通うまでは各家庭で育児をすることがほとんどです。
 
しかし産後ケアでは、助産院や専門の施設でリフレッシュの時間をとりながら、
育児について学んでいくというものなんです。
また子どもの年齢に関わらず、
子育て中の母親であれば誰もが産後ケアを利用できます。
そのため行っているプログラムも多岐に渡り、
出産直後の対象者へ向けたものもあれば、幼児と一緒に参加できるものなど実に様々です。
 

『助産院 マタニティアイ』で行っている産後ケアは、大きく分けて2つ。
一つは複数のプログラムを体験できる滞在型で、
時間別に4時間の『ショートディ』
・8時間の『ロングディ』
・一泊する『宿泊型』があります。
母乳・育児相談をはじめ、リラックス効果のあるアロマリンパケアなど、
その人の状況に応じてプログラムを組み立てますよ。
 

 
ちなみに釧路町・厚岸町・浜中町では、
滞在型の産後ケアを利用する町民を対象に、
利用料金の一部を負担する制度もあります。
対象者の条件など、各町村で異なるので詳細は役場へお問い合わせを。
 

 
もう一つは、興味のあるプログラムを選択して利用する参加型です。
毎日、予約制で行っている『助産院ランチ』をはじめ、
定期開催している『親子向けのヨガ教室』などがあります。
 

 

「一人で悩みを抱えて子育てをするお母さんを少しでも減らして、
元気になってもらいたい」という思いで、
2015年の4月から、本格的に産後ケアをスタートした『助産院マタニティアイ』。
 
近年、退職年齢が上がり親世代も働いているなどの理由から、
「気軽にアドバイスを聞ける相手がいなくて不安」
と感じるお母さんが多いそう。
産後のみならず、産前の相談も受け付けているので、
お悩みの方は気軽に問い合わせてみて。
 
 

 

※記事の内容は、月刊fit2017年8月号掲載時点のものです。

石炭を運ぶ炭鉱の列車をよく見かけるのですが、決まった時間に毎日運行しているのでしょうか?(弥生 K・Sさん)
 
公共交通機関のように、炭鉱の列車も毎日同じ時刻に運行しているのか調査しました。
 

炭鉱の列車こと、『運炭列車』は石炭を採掘し、運ぶときのみ運行しています!
そのため採掘場所を新たに調査しているときなどは、列車が走らない日が続くことも。
運行するときは、発車時間などが書かれている
『列車運行図表』に従って、石炭を運んでいます。
最も列車の本数が多いときで、
午前中に3本・午後に3本の計6本を運行していますよ。
 

運炭列車は一度に720トンの石炭を運ぶことができ、
現在は選炭工場のある春採駅から
石炭専用船への積み込み場所となっている知人桟橋まで
約4kmの区間を走っています。
 
平均時速は24kmで、所要時間は片道10分ほど。
石炭の積み込みなどによって発車時刻は前後しますが、
目安だと春採駅発が8時50分・9時50分・10時50分・12時55分・13時55分・14時55分。
帰りの知人桟橋発が9時15分・10時15分・11時15分・13時20分・14時20分・15時20分と
なっています。
さらに日によって列車の本数も異なるので、
見られる機会は大変貴重なんです。
ぜひ運炭列車を見かけたら注目してみて。
 

※記事の内容は、月刊fit2017年8月号掲載時点のものです。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 40 41 42 Next