Author Archive

【材料】(2人前)
●エビ…8~10尾
●キウイ…1個
●ミニトマト…3個

●甘酢…大さじ1
●オリーブ油…大さじ1/2
●粒マスタード…小さじ1

 

【作り方】

1.エビは背ワタを取り、沸騰した湯でさっと茹でてそのまま冷ます。
2.1をざるにあげ殻をむく。ミニトマトは1/4に、キウイは皮をむいて1cm角に切る。
3.ボウルにAを入れてよく混ぜ、2を加えて和えたら冷蔵庫で冷やしておく。
4.器に盛ったらできあがり!

 

※記事の内容は、月刊fit2017年4月号掲載時点のものです。


 

<巻頭特集>

秋の夜長は
ワイン片手に

 
テーブルを華やかにしてくれる1杯のワイン。
今月はワインを気軽に楽しむための基礎知識や料理との
マリアージュ、ワインを使ったレシピ、イベント情報など、
ワインの魅力にぐぐっと迫ります!
 

<プチ特集>

Let’s try!ニュースポーツ

競うことより楽しむことを目的に、幅広い世代向けに
考案された「ニュースポーツ」。
今月は地元発祥のニュースポーツや、実際に楽しんでいる
チームをご紹介します。道具の貸出情報もありますよ!

【材料】(2人前)

●豚ひき肉…100g ●木綿豆腐…1/2丁
●シュウマイの皮…8枚 ●練り辛子…適量

●ショウガ汁…小さじ1/2
●ゴマ油…小さじ1/2
●片栗粉…大さじ1
●塩…小さじ1/2

 

【作り方】

1.豆腐は水切りしてちぎっておく。シュウマイの皮は細切りにする。
2.ボウルに豚ひき肉とAを入れてよく混ぜ、1の豆腐を加えさらによく混ぜる。
3.耐熱皿にゴマ油少々(分量外)を塗り、2を丸めて並べ、シュウマイの皮をのせる。
4.霧吹きで軽く水をかけ、ラップをふんわりかぶせて600Wの電子レンジで4分程度加熱する。
5.お皿に盛って練り辛子を添えたらできあがり!

 

※記事の内容は、月刊fit2017年4月号掲載時点のものです。

国道44号沿いにある旭町15丁目の建物に『釧路少年少女発明クラブ』と書かれているのですが、どんな活動をしているのか気になります。(釧路町M・Tさん)

現地を探索していると『釧路少年少女発明クラブ』の看板を掲げた建物を発見。
確かに具体的な活動内容・日程は記載されておらず、謎に包まれています。
問合せ先の電話番号へ連絡してみたところ、後日会長の渡邊さんにお話をうかがえることになりました。
      ◆
『釧路少年少女発明クラブ』では釧路管内の小学2年生~中学3年生の子どもたち約30名が、
様々な体験活動に取り組んでいるんです!
工作や簡単な科学実験をはじめ、夏には動物と触れ合う野外体験活動も行っていますよ。

活動の流れとしては、毎年3月末~4月末に入会希望者を募集し、5月に開講式を行います。
そして翌年の3月末まで活動し、修了式を行うんです。
学校と同じように、約一年間同じメンバーで過ごすというわけなんですね。
そのため、中学3年生以下で次年度も所属を希望する場合は、引き続きクラブで活動可能ですよ。
活動日は毎月第2・4土曜日の13時30分~15時30分。
主に釧路工業高等専門学校や北海道教育大学釧路校が会場となっています。
約一年間の活動の中で最も大きなイベントが、2~3人のチームでからくり仕掛けの車を作って競い合う
『全国少年少女チャレンジ創造コンテスト』。
8月に釧路少年少女発明クラブ内で行われる地区大会で1位に輝くと、11月に東京で開催される全国大会に
行くことができるんです!
コンテストには毎年、地元に生息する野生動物や地球環境をテーマにした車など、実に様々な作品がエントリーします。
また見た目のデザインのみならず、車の駆動力なども評価されるので、使う材料も工夫が必要なんです。
まさに「発明」の言葉にふさわしいコンテストですよね。
そんな『釧路少年少女発明クラブ』ですが、運営には地元企業・行政・教育機関などがボランティアで携わっています。
クラブの会長である渡邊さんも、本業はバイオトイレを取り扱う会社の代表なんです。
そんな渡邊さんが『釧路少年少女発明クラブ』を立ち上げたキッカケは、仕事で一般社団法人発明協会北海道支部の
関係者に出会ったことから。
発明協会は全国各地にあり、産業の発展や科学技術を盛んにすることを目的に活動を行っています。
実は、少年少女発明クラブも発明協会の事業の一環として行われているものなんです!
そのため、くしろのみならず全国220か所以上にクラブが設立されていますよ。
また『全国少年少女チャレンジコンテスト』の主催もしています。当時、事業に賛同したのはもちろんのこと、
渡邊さん自身「学校ではできない体験・出会いを通じて、創造性を伸ばしてほしい」という思いから2008年4月に
『釧路少年少女発明クラブ』を設立!
以来、9年間子どもたちのために地元の人々と協力しながらクラブを運営していますよ。

※記事の内容は、月刊fit2017年4月号掲載時点のものです。

【材料】(2人前)

●鶏もも肉…300g ●サラダ油…適量

●酒・醤油…各大さじ1
●鶏ガラスープの素…小さじ2
●豆板醤…小さじ2
●ラー油…小さじ1


●薄力粉・片栗粉…各大さじ3
●一味唐辛子…大さじ1

 

【作り方】

1.鶏肉は食べやすい大きさに切る。厚手のビニール袋に鶏肉とAを入れ、軽く揉み込み冷蔵庫で30分おく。
2.バットにBを入れてよく混ぜ、1にまぶす。
3.フライパンにサラダ油を1cm位の高さまで入れて熱し、2を揚げ焼きにする。
4.火が通ったら取り出して油を切り、お皿に盛ったらできあがり!

 

※記事の内容は、月刊fit2017年4月号掲載時点のものです。

文苑3丁目に新しく公園をつくっているのですが、いつ完成するのか知りたいです。(愛国西K・Nさん)

様子を見に行ってみると、文苑3‐3で新たに公園をつくるための工事が行われていました。

      ◆

現在、2019年度の完成を目指し『文苑中央公園』の工事をすすめています!
面積は1.7haほどで、文苑にある公園の中では、最大の公園になるんですよ。
遊具は市民から要望が多かった大型遊具を設置!
さらに児童と幼児別に2つのエリアに分けて、各年齢を対象にした遊具をそれぞれの場所に設置します。
小さなお子さんも安心して遊べますね。
また大きな芝生の広場が二つあり、ラジオ体操など地域住民が「交流の場」として使うこともできますよ。
大きな築山は、園内の中央に整備することで冬のソリ遊びで道路に飛び出ないような安全な環境を整えます。
そのほか散歩などが楽しめる外周約500mの園路にも注目です。

※記事の内容は、月刊fit2017年4月号掲載時点のものです。


 

<巻頭特集>

読者が気になる
“あのお店”

 
入ったことはないけれど、なんとなく気になっている…
そんなお店はありませんか?
今月は読者アンケートをもとに、
fit読者の気になるお店へスタッフが潜入!
店内の雰囲気などを詳しくご紹介しちゃいます♪
 

<プチ特集>

茜色のくしろ

世界三大夕陽のひとつとも言われるくしろの夕陽。
これからの季節は特に美しいですね。
今月は『釧路夕焼け倶楽部』の活動やオススメの
夕陽スポット、夕焼け・夕陽撮影のポイントを
ご紹介します!
 
 

ナポリス釧路店横の空き地に重機が入っていたのですが、
新しく何かできるのでしょうか?(釧路町K・Tさん)

早速、現地へうかがうとブルドーザーなどの重機を発見!
随分と大がかりな工事に見えますが、一体何ができるのでしょう?
手がかりを求めて釧路町役場に問い合わせてみたところ、
驚きの真相が明らかになりました。
      ◆
現在、2019年3月の完成を目指して新たな2つの道路と、
散策やイベント時に活用できる交流プロムナードの工事がすすめられています!
場所は下記の地図の通り。
渋滞解消など交通面での利便性のみならず、交流プロムナードを設けることで
さらなるまちの活性化も期待されていますよ。

今回の工事は接続可能なまちづくりを目的として、国の補助事業である
『地方都市リノベーション事業』を活用して行われているもの。
そのため道路・交流プロムナードのみならず、実は周辺の道路環境や行政の施設も
併せて改修作業がすすめられているんです。
道路・交流プロムナードの工事は、あくまでまちの整備の一環として行われている
というわけなんですね。
整備にあたり、将来的なまちの発展を考えて釧路町で着目した場所が、
今回の道路工事現場をはじめとするセチリ太地区。
釧路町コミュニティセンターやつくし保育所など行政の施設をはじめ、
イオン釧路店など複数の店舗が集まり商業拠点となっている場所です。
まちの整備は『釧路町セチリ太地区都市再生整備計画』として2014年1月から
取り組み始め、現時点でつくし保育所や隣接する公園の工事は終了しています。
2017年には釧路町コミュニティセンターの一部を改修し、地域交流センターを整備する予定。
そして2019年3月を目途に道路・交流プロムナードを設けて、セチリ太地区の今回の整備は
全て終了となります。
地方都市リノベーション事業である木場仲通・交流プロムナードの整備に対し、
木場本通は関連事業として同時期に工事がすすめられていきます。
これら道路の完成予定地は、元々水面貯木場の水路があった場所!
釧路市で管理をしていましたが、長年使用されていなかったんです。
そこで今回の整備に伴い、水路を埋め立てて2本の道路と交流プロムナードを
設けることにしたんですよ。
交流プロムナードと、並行する木場仲通の距離は約330m。
木場仲通・交流プロムナードに接する木場本通は約580mにわたり、
釧路信用金庫木場支店前の通りと国道44号を結ぶ道になります。
これからさらに釧路町の商業御中心地へアクセスしやすくなりそうですね。

※記事の内容は、月刊fit2017年3月号掲載時点のものです。


【材料】(2人前)

●切干大根…15g
●桜エビ…大さじ2

●酢…大さじ2
●砂糖…小さじ2
●塩…小さじ1/4

 

【作り方】

1.切干大根は水を替えて2~3回もみ洗いし、食べやすい長さに切る。
2.1を熱湯でさっと茹で、ざるにあげて粗熱を取る。
3.ボウルにAを入れてよく混ぜ、水気を絞った2と桜エビを加えて和える。
4.器に盛ったらできあがり!

 

※記事の内容は、月刊fit2017年3月号掲載時点のものです。

【材料】(2人前)

●アサリ(砂出し済)…160g
●ブロッコリー…1/2個
●塩…少々

●ミニトマト…5個
●白ワイン…大さじ2
●バター…5g

 

【作り方】

1.ブロッコリーは小房に分ける。ミニトマトは半分に切っておく。
2.深めのフライパンにアサリと1を入れ、Aを加えて強火にかける。
3.沸騰したらふたをして弱火で5~7分加熱し、アサリの口が開いたら塩で味を整える。
4.汁ごと器に盛ったらできあがり!

 

※記事の内容は、月刊fit2017年3月号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 40 41 42 Next