Author Archive

フツーの家の前に、
『みやざき むかしながらのじゃがいもだんご』と書かれた看板を発見!
調べてほし~い!(昭和町 S・Sさん)
 

お店らしくないのに看板とは、これいかに?
ということで、さっそく現地へGO!
そうしたら、見つけちゃいましたよ。大きな看板を!
      ◆
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
  
 

 

こちらは、一見普通の家ですが、扉を開けるとお店なんです!
『じゃがいもだんご』が食べられるお店『みやざき』として、
昨年の8月にオープンしました。
実は店主の実家は、和琴半島で『みやざき商店』を構え、
もう30年以上も名物『じゃがいもだんご』を販売しているんです!
子どもの頃からお店を手伝い、
さらに結婚して釧路に移り住んでからも、
繁忙期になると手伝いをしていた店主。
家を新築したことをキッカケに、
「釧路でもあの味を」と自宅で『じゃがいもだんご』を
販売することにしたんです!
 

 『じゃがいもだんご』は、
ふかしたじゃがいも・でんぷん・砂糖・塩をこねて形を作り、
油でカラッと揚げ焼きをして甘辛のタレを付けたもの!
お祭りなどで見かけたりしますよね。
でも、どこで食べても同じと思うなかれ。
ここ『みやざき』の『じゃがいもだんご』は
素材も味付けもシンプルで、ひと味違う!
この“懐かしい味”には、なかなか出会えませんよ。
分量などは、和琴半島のお店と全く同じ。
大きな『じゃがいもだんご』が1串に2つ付いていて、
食べ応えも満点です!
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
▲1串(2個)は200円。3個や5個など、端数でも希望に応じてくれますよ!
 

出来立てを食べて欲しいという店主の想いから、
揚げ始めるのは注文を受けてから。
時間は少しかかりますが、
サクッ・モチッの食感は出来立てだけの特権。
待つだけの価値はありますよ!
5席のカウンター席があるので、
その場でも食べることもできます。
時間が経つとサックリ感は薄れますが、
モチモチの口当たりを楽しめますよ♪ 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 
 
 
 
 

▲子どもの頃から手伝っていたという、熟練のワザでキツネ色に揚がっています!
 

店主は他に仕事を持っているので、
午前中はお休み。
正確な営業時間は決まっていないので、
『営業中』の赤いのぼりを目印にしてくださいね。
先に電話で確認してみると確実ですよ。
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
▲この、のぼりが目印!
 

【取材協力】
みやざき
釧路市鶴野東5-14-8
(0154)52-6032
 
[googlemap lat=”43.02434″ lng=”144.325273″ align=”undefined” width=”300px” height=”150px” zoom=”15″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道釧路市鶴野東5丁目14−8[/googlemap]
 

調査報告
『みやざき むかしながらのじゃがいもだんご』の看板がある一軒家は、
観光地で名物の味が楽しめるお店だった!
 

※記事の内容は、月刊fit3月号掲載時点のものです。

月刊fit2011年4月号の内容はコチラ!

みんなでスッキリフレッシュ!!

何かと慌しいこの季節。一晩寝たくらいじゃあ、疲れがとれないよ!と言う方もすくなくないハズ。そんなアナタに、今年も健康特集をお届けします!みんなで、スッキリ&リフレッシュしちゃいましょう♪

目指せ!片付け名人

なかなか片付かない部屋の中で「しかたないなあ」と思っていませんか?釧路の『整理収納アドバイザー』が気になるキッチン・リビング・玄関・サニタリーを徹底的にお片づけ!その前に、チャートで自分のタイプをチェックしてみて。

レッスン How To くしろ

住んでいても、知っているようで知らない『くしろ』。データやクイズ、さらにfit読者が感じる『釧路人』アンケート結果も大発表。「うんうん」と納得するか「違うよ~!」と否定するかは、アナタ次第です!

『くしろ氷まつり』の氷雪像のデザインは、
誰が考えているんですか?(愛国 A・Iさん)

 

釧路の冬の風物詩『くしろ氷まつり』。
言われてみると、
色々な氷雪像のデザインを誰が考えているんでしょう?
さっそく『くしろ氷まつり会』に聞いてみましたよ!
     ◆
訪れた人を楽しませてくれる氷雪像。
実はこのデザインは、
参加した団体の人達が各自で考えて作っています。

 
その年に流行ったもの・話題になったもの・
アニメのキャラクターや動物など、
小さな子どもが見ても楽しめるものを中心に、
参加団体がデザインを考えるそうですよ。
 

『くしろ氷まつり』の開催日(2月5日・6日)の前日には
氷雪像が完成するようにと、
制作は1月13日頃から作り始めるそうです。
小型の氷雪像だと
1週間から10日で完成してしまうのだとか。
 

氷雪像は基本的に、
それぞれの団体が1体ずつ
自分たちのペースで作っていくんですよ~。
 

今年参加するのは、
陸上自衛隊第27普通科連隊・
まなぼっと みんなで氷像つくり隊・
NPO法人日本氷彫刻会北海道連合会釧路支部・
釧路地方建築協会青年部・
北海道教育大学釧路校美術研究室・
釧路市幣舞中学校美術部・
同中学校自然科学部・
釧路市役所労働組合青年部の8団体。
中でも陸上自衛隊第27普通科連隊は、
氷雪像と一体になった
チューブスライダーのコースを作る予定だそう。

 
どんなものになるのか、楽しみですね!

 
▲去年の『くしろ氷まつり』の様子。

 
デザインがどのように決められているのか、
“制作者の声”を隊員がキャッチ!
今年も参加する北海道教育大学釧路校美術研究室にお聞きしましたよ!
 

―デザインはみんなで考えるんですか?

そうですね。毎年研究室の1年生が、みんなで相談して作っています。
 

―なるべく作りやすいものを考えて、デザインするんですか?

あまり考えないですね(笑)。
みなさんが思っているほど、
氷雪像作りは難しくないと思いますよ。
土台の上に木の板を四角く囲み、
雪と水を混ぜ固めて『ものすごく固い雪のかたまり』を作るんです。
そこからデザインに合わせてチェンソーやノミで削って、
デザインに似せていきます。
雪は固めたといっても削れないほどではないし、
失敗しても雪を足せば何度でもやり直せるんですよ。
 

―ちなみに今回は何を作る予定ですか?

今年は沖縄の琉球大学から留学生の方が来ていて、
一緒に作ってくれることになっているんです。
なので、シーサーの氷雪像を作ろうと考えています。
 
 

氷雪像ができるまで!


 
 
①雪像の土台になる部分を製作しているところです。
 氷柱で枠を作り、中に雪を入れて固めます。
 

②出来上がった土台の上に木の板(コンパネ)を立て、
 枠を作り雪のかたまりを作る準備中です。
 

③土台の上に作った雪のかたまりを削って、SLを作っていきます。
 

④完成!

 

【取材協力】
くしろ氷まつり会
℡(0154)47‐0808
北海道教育大学釧路校美術研究室
 
 

調査報告
氷雪像のデザインは各参加団体が、
自由に決めて作っている!
 
 
※記事の内容は、月刊fit2011年2月号掲載時点のものです。

弟子屈の『両国』というお店に、
『そばラーメン』というメニューがあるそうです。
どんなものか、教えて!(遠矢 S・Sさん)
 

 
『そばラーメン』…そばなのか、ラーメンなのか…。
共通するのは、麺類ってことだけ!
う~ん、気になる~!と、いう訳で、
さっそく行って来ましたよっ。


 
  
▲そばかと思いきや、麺をすくうと中華麺が登場!

 
『そばラーメン』の正体は、
かしわそばの汁に、ラーメンの麺(中華麺)を入れたもの!
「ええっ?それって合うの?」と不安に思いつつ食べると…
ベストマッチでした!
 

煮干・かつお節・コンブを一日かけて取ったダシ汁に
かしわ肉が加わって、コクと旨みがプラス。
かしわ肉は店主がいろいろ試して
「コレだ!」と思った親鶏を使っているので、
柔らかいんですよ!
たっぷり入っているのもうれしいですね。
ネギとかしわのみが具のシンプルな汁に
中細の麺がからんで、
あっという間に食べられちゃいます。
 

一度食べると、
やみつきになる人が多いのも納得ですよ。
そばとラーメンの、良いとこ取りですね!
 

▲少し分かりにくいところにあるので、迷ったらお電話を!
 
 

今年めでたく61年目を迎え、
今は2代目の女将と娘さんがきりもりしている
『手打ちそばの両国』。
自慢の手打ちそばのほか、
カレーやラーメンなどの食堂メニューもあります。
 

では、なぜ『そばラーメン』が人気となったのでしょう。
実は、元々は店のまかないだったので
メニューには載せていませんでした。
でも近所の警察署や役場へ出前に行った際、
そばが食べられない人がいて
「そばラーメンというものが作れますよ」と勧めたそう。
その後は、町内のお祭りに出店するなどし、
序々にウワサが広まっていきました。
 

口コミの他ブログなどでも話題で、
今では遠方から食べにくる人も多いとか。
 

さらに『塩そばラーメン』もあり、
一番ダシを取ったときにしか出せないんです!
食べられた人は、ラッキーなんですよ。
う~ん、こちらも気になる!
 

▲女将が作った漬け物がサービスされることも。
 『福神漬け』は、秘伝の味付けでひと味違う!
 

営業は、10時から19時までの年中無休ですが、
早めにお店を閉めることもあります。
夕方頃に到着予定の場合は、
電話を入れておくと安心ですよ。
 

女将や娘さんの明るい人柄と、
レトロで味のある店内で食べる『そばラーメン』。
一度、食べてみてくださいね。
 

【取材協力】
手打ちそばの両国
弟子屈町中央2-9-6
℡015-482-3064
 

調査報告
『そばラーメン』は、かしわそばの汁に、
ラーメンの麺が入っている!
驚きの旨さに、ファン多し!
 
  
 
[googlemap lat=”43.484881″ lng=”144.459146″ align=”undefined” width=”300px” height=”150px” zoom=”15″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道川上郡弟子屈町中央2丁目9−6[/googlemap] 
 
 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2011年2月号掲載時点のものです。

 
 

 
 

労災病院の近くで『佐々木商店』と書かれた真新しい建物を見つけました。
どんなお店ですか?(益浦 M・Uさん)

 

依頼を確かめるべく、労災病院の方面へ向かってみた隊員。
そこで目にしたのは会社のような四角い建物!
大きく書かれた『佐々木商店』の文字に
「ここだ!」と思い、
さっそく突撃してきましたよ~。
 

 
 
佐々木商店は11月25日に開店した、
色んなジャンルの創作料理をお酒と一緒に楽しめる居酒屋。

『商店』なのに居酒屋だなんて斬新ですよね~。
ダシ巻き玉子から鴨のローストまで、
和食やフレンチなどが味わえるそうです!
いつでもあるメニューの他にもたくさんの日替わりメニューがあり、
食材は釧路産など地元のものが中心。
毎朝市場から仕入れていて、
店主自ら質の良いものを選んでいますよ。
『できたて半熟豆腐』など一風変わった料理が多く、
どれも興味をそそるものばかり!

値段も安いものが多く、財布に優しいですよ。
お酒はカクテルやハイボールなどの定番から、
ワインまで楽しめます。
ワインや焼酎は、店主が東京から取り寄せたこだわりの品。
料理もお酒も種類豊富なので、
その人に合わせた楽しみ方ができますね!

宴会コースもあり、
新鮮な刺身や土鍋ごはんなど6~7品で2800円。
ボリューム満点で大満足ですよ。
事前に連絡すると、
予算に応じたコースも考えてくれます。
 

▲人気のメニュー『カラスハモの生のり茶漬け』。
  ひつまぶしに似た料理で、〆にピッタリ!
 

▲店主の母、利子さんが漬けた『ゆず大根』。
シャキシャキとした食感とゆずの風味がやみつきに!
 

▲佐々木商店の文字は、店主が作った消しゴムハンコ。
 

店主の佐々木さんが店を開こうと思ったキッカケは、
就職先だった茨城に
今の佐々木商店のような居酒屋を見つけ、
「こういうスタイルの店を開きたい」と思ったから。
建物はもともと祖父の代から3代続く商店を使おうと決めていて、
名前と基本的な造りをそのままに居酒屋へとリニューアルしました。

料理の修行は茨城の居酒屋で2年少し、
その後釧路へ戻りホテルでデザートを作っていたり、
フランス料理『ガストーラ』でも約2年働き、
腕を磨いてきたそうです!
「自分だったら、こういったお店に行きたい」という思いで
20代半ばから店の構想を練っていたとか。

 

玄関で靴を脱いで上がる店内は
まるで自宅に帰って来たように安心できます。
他にも工夫が凝らしてあり、
ロールスクリーンやつい立てで少人数の個室にもできますよ。
周囲の視線も気にならないので、
ますます家のようにくつろげちゃいそう!
また、全席禁煙となっているので、
タバコが苦手な人でも大丈夫(喫煙室もあります)。
備え付けの棚もあり、
荷物の多い女子には嬉しいですね。
小さな居酒屋なので、
来店する際は席が空いているか電話で確認を取るのがオススメ。

何度も訪れて
全メニューを食べちゃいたくなるお店です♪
 

▲目立つ場所にある、日替わりメニュー表。
 

 
 

【取材協力】
たべのみどころ ○吉佐々木商店
釧路市豊川町9-22
℡(0154)22‐9406
 
 

調査報告
長年続く佐々木商店が居酒屋になって新登場。
細やかな気配りと確かな腕は要チェック!!
 
 
 
[googlemap lat=”43.00971″ lng=”144.377469″ align=”undefined” width=”300px” height=”150px” zoom=”15″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道釧路市豊川町9−22[/googlemap]

※記事の内容は、月刊fit2011年1月号掲載時点のものです。
 
 

月刊fit2011年3月号の内容はコチラ!

ホテルdeグルメ~Lunch or Dinner?~

パ「ホテルの食事は、敷居が高そう…」と敬遠しているアナタにこそ読んでほしい、『ホテルdeグルメ』。ホテルレストランからホテル内の居酒屋まで、オススメのランチとディナーをご紹介します。モーニングも見逃せない!

おとなの社会見学

社会見学…。大人になると、懐かしく感じますよね。でも、大人になった今だからこそ楽しめる社会見学も、あるんです!私たちに身近なアレやコレは、どうやって作られているんだろう?レッツ社会見学!

素敵な第一印象のためのビジネスマナー教室

就職前線異常なし!の時代はもう遠い昔。超就職氷河期の現在、社会人としてのマナーを身につけてアイツより一歩先に進んじゃおう!基本的なマナーからメイクの仕方や言葉使いまで、知っておきたいビジネスマナーを伝授。『デキる自分』を演出できるかも!?

春採にある『ぼくぜん』でランチ中に、ギターとバイオリンの二人組の演奏を聴きました!
あの二人のことが知りた~い!(米町 M・Wさん)

 
 
 『ぼくぜん』と言えば、焼肉!なのに、ギターとバイオリンの演奏?
どんな二人組なんだろう?曲目は?などなど、気になることばかり…。
そのナゾを確かめるため、現場まで向かった隊員が目にしたものとは!?
       ◆
 

 

 ややっ!?ちょうど、ギターとバイオリンを抱えた2人が
店内に入っていくではありませんか!
隊員も、後をつけて突入です。
 
そのとき香ばしい香りと共に、ステキな音色が聞えてきました!
焼肉を食べながら、優雅な音色に耳をかたむける…。
とっても贅沢な時間ですね。
 
『情熱大陸』や『となりのトトロ』、クラシックなど4~5曲を演奏し、
お客さんから拍手が沸き起こっていましたよ。
そんな二人組に、お話を伺いました!
 
 

 

▲ 知っている曲なら即興で演奏できるとのこと。リクエストしてみては?
 

二人のユニット名は『山音』と書いて『やのん』。
ギターの山崎さん、バイオリンの山本さんの名字に共通する『山』、
そして二人が奏でる『音』。
さらに音楽用語の『カノン』にもかけているんです!
20代のフレッシュな若者デュオですよ!
 
 
山崎さんは幼稚園児の頃からエレクトーンを習い、
山本さんは自宅がピアノ教室だったためピアノがオモチャ代わりだったりと、
二人とも幼少時代から音楽に触れてきたようです。

さまざまな音楽活動をしていた山崎さん。
にたまたま卒業した専門学校に行事の手伝いに行った際、
山本さんと出会ったそう。
 
そして話をしているうちに、バイオリンが弾けると知ったんです。
音更町出身の山本さんは、
通っていた高校でオーケストラ部に入りバイオリンを始めたとか。
 
 
「ギターとバイオリンのコンビは面白い!」と思った山崎さんは
「一緒に組まないか」と誘い、
末広の路上で演奏するように。
それが、2009年の秋のこと。
 
そんな二人の音楽を偶然耳にした、
三ツ星レストランシステムの社長が感銘を受け
「うちのお店で演奏してほしい」と誘ったんですよ!
運命の出会いは、どこに転がっているか分からないものですね~。
 
 

 

▲三ツ星レストランの各店舗で毎週日曜日の昼・夜に演奏しています!

 
 
 
【協力】
韓国焼肉レストラン ぼくぜん春採店
釧路市春採7-1-15

 
 
調査報告
ギターとバイオリンを奏でる二人組は、『山音』!毎週日曜日の昼・夜に、ステキな音楽が聴けるのだっ!

 
 

※記事の内容は、月刊fit2011年1月号掲載時点のものです。

釧路市動物園にアルパカが来ると聞きました。詳しく知りたいです。(昭和 M・Kさん)

 
 
CMでもお馴染みの、アルパカが釧路にやってくる!?
それは是非この目で拝んでおかなくてはと、
隊員がやってきたのは釧路市動物園。
『アルパカお披露目式』に潜入しちゃいましたよ!
     ◆
 

11月7日に一般公開となった、
釧路市動物園の新しい仲間アルパカ。
旧キリン舎に3頭入園しており、
 
 
名前は白色のオスが『ネプチューン』・
白色のメスが『エルシー』・
茶色のメスが『トパーズ』です。

 
 
この名前は元々いたアメリカの牧場で付けられたもので、
今年1歳を迎えました。
アメリカと日本で検疫を済ませた後、
千歳から6時間も車に揺られて11月2日に釧路に辿り着きました!
 
 
来たばかりの頃は、
不安だったのか「キューン」と鳴くこともありましたよ(カワイイ!!)。

この日は元気に走り回っていました!!
 

 アルパカが入園したキッカケは、
ゾウの『ナナ』とキリンの『キリコ』がいなくなり、
「お客さんに喜んでもらえる動物を仲間入りさせたい!」という思いから。
 
カンガルーなども候補に上がっていましたが、
もっと穏やかで気軽に触れ合えるアルパカに決まりました。

動物園にアルパカを導入するのは、
道内では釧路市が初めてのこと。
お客さんに慣れてくれるか心配していましたが、
順調に飼育が進んでいるようです。
 

今後は一日も早くお客さんが
アルパカに触れられるようにすることが、
動物園の目標なんだとか。
 
またアルパカは年に一度毛刈りが必要。
その上質な毛を使ったグッズも考えていますよ。
見ているだけでも愛嬌のあるアルパカですが、
動きも大変可愛いです!
ぜひ実物の彼らに会いに行ってみて下さいね!!
 


 

・ ポニーと同じくらいの身長ですよ。
 

・ これが運ばれてきたときに、入っていた箱だ!


・ 旧キリン舎に作られた『アルパカ村』。
 

・ とても見ている…。
※右からメスのエルシー・オスのトパーズ・オスのネプチューン

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 
【取材協力】
釧路市動物園
釧路市阿寒町下仁々志別11
℡(0154)56‐2121

アルパカの可愛らしさは間近で見ておくべき!釧路市動物園の新しいスターになりそうだ!

 
 
 
 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2010年12月号掲載時点のものです。

月刊fit2011年2月号の内容はコチラ!

ラーメン天国2011

パンパカパ~ン!お待たせしました!今月号の巻頭を美味しく飾るのは、みんな大好き“ラーメン”です。王道から個性派まで、たっぷりご紹介しますよ。アナタを魅了する一杯が、絶対に見つかるハズ。さぁ、今すぐページをめくって!

チョコっと幸せバレンタイン

バレンタインの時期が近づいてきました。今年はちょっぴりリッチな“こだわりチョコ”で愛を伝えてみませんか♪ホテルやお店などで買える本格チョコや、愛情たっぷり手作りチョコをご紹介します。ライターが挑戦した薔薇チョコ&馬チョコにもご注目~。

fitクローズアップインタビュー「熱き職人魂」

そ熟練した技術でモノを作る『職人』たちに、その熱い想いをインタビューしました。真っ直ぐに追い求める姿勢は、まさに職人魂。不定期連載『fitクローズアップインタビュー』の第4弾です。

 
春採にあった移動販売車の焼き鳥屋さん『しげちゃん』が、店舗になったと聞きました。詳しく教えてください!(桜ヶ岡 M・Kさん)
 
 
 『しげちゃん』は、夕方になるとコーチャンフォー駐車場の向かいに現れる
焼き鳥屋の移動販売車。
そこが、店舗になった!?
何故だろう?これは、確かめるっきゃない!
     ◆
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『しげちゃん』は、生肉を使用し
炭火で焼き上げた串が自慢の焼き鳥屋。
これまでは移動販売車として春採で営業していましたが、
同じ地で店を構えたんですよ。
 
なぜ今、店舗になったかというと、
車が傷んできたということと、
雨が降ると営業ができないということ、
さらにこの場所に愛着があるということ。
 

『しげちゃん』が春採で営業をはじめたのは6年前。
店主は元炭鉱マンでしたが閉山したため、
市役所の臨時職員などを経て
この店をオープンさせました。
 
元々料理が好きで居酒屋を始めようとしていたけれど、
開店にはお金がかかる…
店主が悩んでいると、
友人から移動販売車で焼き鳥屋を始めたら?
というアドバイスをもらったんだとか。
 
最初は軽自動車から始めた『しげちゃん』ですが、
この度10月1日から店舗になったんですよ!
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
▲新鮮な生肉は、色もツヤツヤとしていますね!

 

 『しげちゃん』で使用している肉は、
鶏肉は『知床鶏』豚肉は『阿寒ポーク』。
すべて生肉で、冷凍物は一切使っていません。
 

毎日仕入れをしているのですが、
早々に売り切れることも多いんですよ。
炭火のふんわりとした焼き加減と、
モンゴルの塩を使っているという
絶妙な味付けに夢中の人が多いのも頷けます!

串は全て130円。
今の時期から冬期間は、
特製の『ホルモン煮込み』が限定20食で出ていますよ。
 
人気メニューなので、食べたい方はお早めに!

 

 モットーは「良いものをボリューム多く」。
その通り、人気のザンギも380円とは思えない程の量!
大満足できますよ。
 
出来上がるまでに10分~15分程待ちますが、
電話予約しておけばすぐに出来たてが食べられます。
営業時間は16時半~23時まで。
定休日は月曜日です。
お持ち帰り専門なので、
お家でゆっくり味わってくださいね。
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ 店主の手さばきで、絶妙な焼き加減の串が食べられます!

 

【取材協力】
炭火串焼 しげちゃん
℡090-4877-1663
 
 

調査報告
春採にある焼き鳥屋『しげちゃん』。
炭火でじっくり焼き上げたあの味は変わらず、
10月1日より店舗にて営業中!

 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2010年12月号掲載時点のものです。 
 
 
 
 

Pages: Prev 1 2 3 ... 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 Next