‘未分類’ カテゴリの記事

 
○月×日
白糠町『老麺 やはた』に行ってきた。

 

 
 
 
 
 
しお・みそもいいけれど、
やっぱりお店のイチオシ
『しょうゆチャーシューワンタンメン(920円)』
は、一度は食べてほしい!
プリップリのワンタンが、クセになるっ☆ 

 
 
 
 
 代々続く家業を守っている、格式と信用を併せ持つお店『老舗』。
そのキーワードはハッキリとした重みのある威厳を放ち、私達を惹きつける。
 

『老舗』と称されるお店は釧路管内にも何軒かあるが、
そのうちの一つが白糠町にある『やはた』だ。
昭和24年に製麺所として開業し、じつに60年以上!
『ラーメン』ではなく『老麺』という表記を使用しているのは、
その歴史ゆえかと思いきや、
「ばあちゃんの時代から、大切に受け継いできたから…」なんてトコロが、
変に格式ばっていなくてイイ!
歴史・伝統があるのに肩肘張ったところがなく、
身近に感じられるのが『やはた』の人気の秘密なのかも。
 

 そうは言いつつ、ラーメンには「さすが、老舗!」
と言いたくなってしまうほどのこだわりがギュッと詰まっている。
スープ・チャーシュー・ワンタン・メンマに至るまで、
全てが自家製なんだそうだ。
 

スープはあっさりとした中に心地良い旨みが潜み、
チャーシューは柔らかすぎず硬すぎず程よい“肉感”を楽しめるし、
メンマは秘伝のタレで味付けていてここでしか味わえない逸品に仕上がっている。
 

でも、特筆すべきは『麺』。
前述の通り元々が製麺所だったので、
その旨さたるや…まさに『言わずもがな』なのである。
縮れが強い細麺は釧路人なら馴染み深いものだけれど、
ちょっと平たくなっていてスープとの絡みが秀逸!
食感も独特で、モチモチとコシが強いのに
丼の中の全てとふんわり馴染む柔軟さもある。
 

これが、伝統の成せるワザなのか…と感心していたら、
製麺機は開業当時から使っているものなんだとか!
「古いタイプの機械だから、
手作業もたくさんあって…麺のカットも、ハサミを使って自分で切ってるんだよ」
とは、店長の弁。


 

 
 
 
昭和24年から稼動し続けている、
製麺機。
まだまだ現役っ!
 

 
 
 
 
 
 
 
受け継いだものを大切にする…
『老舗』の真髄は、そういう部分にあるのかもしれない。
そして、そんな『想い』が、
唯一無二の味わいを生むんだろうなぁ。
 

 ちなみに。
お店は白糠のメインストリート『ハミングロード』沿いにあるが、
気を抜いたら通り過ぎてしまうので要注意。
 

写真を見てもらえば分かるが、
何せ『老舗のラーメン屋さん』とは思えないほど洋風の建物なのだ。
その上、外観の二階部分には、
ローマ字表記で『YAHATA』だなんて!
しっかり伝統を守ったこだわりの一杯を提供しながらも、
何たるフランクぶりだろうか。
『老舗』なのに家族で気軽に寄れる『やはた』ならではの親しみやすさは、
こういう部分からくるのかも…と、思わないこともない。
 



 



 
 
 
老麺 やはた

 
住所:白糠郡白糠町東1条南1-1-41
TEL:01547-2-2317
営業時間:11:00~20:00
休:水曜日(祝日の場合は翌日休)
 
 
 
 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2010年9月号掲載時点のものです。

○月×日 標茶町「喫茶ぽけっと」に行ってきた。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 パン・たらこスパゲティ・サラダ・珈琲or紅茶がセットになった『海からの贈り物セット』(1,050円)
パンもさることながら、スパゲティの味付けったら…侮れない!

 
 
 
 
 ふと思い立った時に、ドライブがてらフラ~ッと立ち寄れる…
そんなお店が郊外にあったら、何となくオトナになった気分が
しないだろうか?
でも、どんなお店もそうなれるワケではない。
 

おいしいメニューが充実していることはもちろん、
寄りやすい場所に建っていてほしいし、
居心地のいい空間であってほしいし…人それぞれだろうが、
条件はそれなりに厳しいハズだ。
標茶町にある『喫茶ぽけっと』は、多くの人にとってそういう場所に
なれるであろうお店。
標茶町の市街地、国道391号とJR標茶駅前の通りがクロスした所にある。
交通量の多い国道沿いだが、一歩足を踏み入れると
立地からは想像もできないほどアットホームな雰囲気に驚いてしまう。
それは、一人一人に「こんにちは~」と優しく声をかけるママさんが持つ、
ほんわかした空気ゆえじゃないだろうか。


 

 ママさんが『ぽけっと』をオープンしたのは、27年前。
キッカケは、「異業種の方が集まる空間を作りたい!」という
思いだったそうだ。
「皆でワイワイするのが好きだっただけなんだけど、振り返ると若かった
から何も考えてなくて…無鉄砲だったかも」と笑うが、
単に若さだけで30年近くも走れるハズがない。
メニューを覗けば、「物づくりが、昔から好きだったの」という
ママさんの溢れんばかりのアイディアに触れられる。
とにかく、メニュー名が個性的なのだ。
ナポリタンは『トマトの国の物語』だし、イカスミスパゲティは
『海賊のご馳走』、ポークカレーが『ぶーふーうーカレー』、
果ては『赤頭巾ちゃんジュース』なんてメニュー名から姿が想像できない
ようなオリジナルのものまであるんだから、驚く。
しかも、ドリンク・デザートから定食などの食事メニュ
(結構なボリュームなので、男性でも満足できると思う)
まで…目移りしてしまうほど!
 

中でも人気が高いのは、田舎風のパンで、口にすると小麦本来の
風味が抜けてくる。
ゴロンとした愛嬌のあるビジュアルで、「私たちは、愛情たっぷりに手作りされています!」
と語りかけてくるようだ。
開店当時は標茶町にパンを出しているお店がなかったそうで
「教えてくれる所もないから、独学で試行錯誤しながら仕上げたの」
という。…うん、わかる!これ、本当に
『ありそうで、どこにもない味わい』なのだ。
華やかさはないけれど、しっかりとお腹にたまる食事向けのパン。
これを目当てに通うリピーターが多いというハナシにも、納得である。
 

そうそう。喫茶の隣の部屋は、木や炭で手作りされた小物がズラリと並ぶ
雑貨スペースになっている。
お腹が満たされたら、目でも楽しめる…自然と、心も満たされていく。
『ぽけっと』は訪れた人に色々な楽しみを与えてくれる空間だと、
きっとアナタも感じるだろう。

 

 

 



 
喫茶 ぽけっと

住所:川上郡標茶町川上2-1
TEL:0154-485-2918
営業時間:11:00~19:00
休:日曜日
 
[googlemap lat=”43.300385″ lng=”144.600287″ align=”undefined” width=”300px” height=”150px” zoom=”15″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道川上郡標茶町川上2丁目1[/googlemap]<       ※記事の内容は、月刊fit2010年8月号掲載時点のものです。

 

 

○月×日音別町「大門食堂」に行ってきた。

一番人気の『野菜ラーメン(みそ・700円)』は、コクがあるスープが自慢。野菜の優しい甘さに、ホッとする〜!

オシャレではない小さな店だけど、ふらっと寄れば気持ちが落ち着く…。ある意味では『田舎のおばあちゃんち』みたいな温かい空気を持つお店が、どこの土地にもあるだろう。音別町でみつけた『大門食堂』は、まさにその条件のド真ん中だ。民家だと言われれば納得してしまうような小さな店舗(実際、店の奥は自宅だしね)、ガラガラと音を立てて開ける引き戸、ついつい足を伸ばして寛いでしまいたくなっちゃう小上がり…。近所の人が「いい天気だね〜」なんて言いながら気軽に寄るイメージがしっくりくる、『地域の食堂』の王道をいくお店である。お店の裏手にはパークゴルフ場があり、プレー後に昼食…なんてお客さんも多いんだとか。

色々楽しめる『からあげセット(1,000円)』は、冷めてもサックサクの食感☆

メニューは、ラーメンを筆頭に、丼もの・定食・カレー・セットメニュー…と幅広く、オードブルやお弁当の仕出しもやっているそう。また、フライドチキン・手羽先・ザンギなどは、テイクアウトもできる。「今日は親戚が集まるから」「ちょっと、おかずが足りないわ…」と、利用する方が多いんだとか。うん、気持ちはわかる!重たくなりがちなチキンだけど、濃すぎない味付けでしつこくない。これなら、家族で囲みたいと素直に思うもの。「分量はキッチリ決めているわけじゃなくて…目分量、かなぁ」なんて言葉に、深く納得。だって、それこそが『ここならではの味』の証拠じゃないか。母親が作る味噌汁の味をいつまでも再現できないのと、同じ理屈なんだろうなぁ…と頷きつつメニュー表を眺めていたら、裏に『焼肉』の表記が。よく見ると、カウンターや小上がり席の横にガス栓があるではないか。う〜ん…手広い!よくよく話を聞くと、30年前にオープンした当初は焼肉のみのお店だったらしい。それが、お客さんからの「ラーメンもやったら?」「ご飯ものはないの?」なんて声に対応するうち、いつの間にか今のスタイルになったんだとか。柔軟だなぁ〜…と思うけれど、一度「コレだ!」と決めた味を守ることに関しては、頑な。「出張なんかで久しぶりに来る人が”変わらない味が嬉しい“って言ってくれると、こっちも嬉しい」だなんて、ホント『お母さん感覚』じゃないか!いつまでも変わらない味・雰囲気を保っていてくれる…という、お客さんからの揺るぎない信頼が、そこには見える。キチンとその地に根を張っていないと、築けないものじゃないかなぁ…。ガイドブックに載っているようなお店もいいけれど、それとは違う魅力が間違いなく存在していると思うのだ。

そうそう。その店構えから『大門食堂=大門さん』という図式を連想していたが、どうやら違うらしい。気になって聞いてみたが、「コレといって由来はないのよ〜。何となく、頭に浮かんで」だって。…そんなユルさも『大門食堂』の魅力のひとつ、かな?



大門食堂

住所:釧路市音別町中園町1

TEL:01547-6-3592

営業時間:11:30〜19:30

定休日:不定休



[googlemap lat=”42.893491″ lng=”143.930386″ align=”undefined” width=”300px” height=”150px” zoom=”15″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道釧路市音別町中園2丁目119−1[/googlemap]


記事の内容は月刊fit2010年7月号掲載時点のものです。

 

 

○月×日 厚岸町「 逸品工房」に、行ってきた。

食べた時に「旨いっ!」と思えることは、何かを食す時に一番大切な条件だろう。それを満たした上で、その商品が並々ならない苦労・こだわりに支えられていると知ったら…?不思議とより美味しく感じられるのは、私だけではないと思う。厚岸町にある『逸品工房』には、そんな商品が沢山並んでいる。水産会社の直営ショップであり、もちろん「厚岸といえば」の生がきも購入・注文できる。だが、注目してほしいのは『かきのソフト燻製』だ。

「かきの…燻製?」とビックリするかもしれないが、全国水産加工たべもの展で『水産庁長官賞』を二度も受賞している逸品。そんなスゴイ商品が今でも『知る人ぞ知る』状態なのには、深〜いワケがあった。黒田水産として全国展開のファミレスチェーンにあさりや昆布を卸していた際、バイヤーから「かきのお土産を作ってほしい」との依頼があって製品開発に取り組んだとのこと。この開発の仕方が、ハンパじゃない。かきの栄養を徹底的に分析し、膨大なデータを元に「いかに旨み・栄養成分を流出させずに加工するか」「食品添加物・合成保存料を使用せずに、常温で日持ちさせるには?」を追求…試行錯誤の末、独自の製造工程を編み出したとか。洗浄・ボイル・薫煙・スチーム殺菌…『かきのソフト燻製』一品を作るのに38時間もかけているというから、その本気度がビッシビシ伝わってくる。もともとは一般小売を意識した商品ではなかったのだが、「値段どうこうじゃなく、自分達が納得できるようなものが作りたかった」という通りの出来栄えで「お土産でもらったら、美味しかったから…」と評判が全国に広がったそう。…と、ここまで書いてもスゴさを伝えられない気がして、もどかしいっ!ぜひ『逸品工房』へ足を運んで、店長のハナシを聞いてみてほしい。こだわりや熱意に脱帽・感心しているうちに、驚くほど時間が過ぎてしまっているかもしれないけれど(笑)。でも、聞く価値は十分にある。商品の礎を知ることで、「旨いっ!」がより倍増するんだもの。


『かきのソフト燻製』の他にも、ご飯に混ぜるだけでかきめしになっちゃう『かきの佃煮』・地元の人にも人気が高いという『つぶの甘露煮』など、様々な加工品を製造・販売している『逸品工房』。何気なく「今後、作ってみたい商品はありますか?」と聞いてみたところ、「うちは小さい会社だから、どうしたいか…というよりは、時代の動きをよく見て自分達が変わっていかなくては」とのお答え。会社が地に足をつけて成り立っていなければ、どんなにいい商品でも発信できない…とは、ごもっともである。商品に妥協しないクリエイトな部分と、状況をしっかり見極めるビジネスの部分。この絶妙なバランスが、『逸品工房』の「旨いっ!」を支えているのかもしれない。



黒田水産直売店 逸品工房

住所:厚岸郡厚岸町奔渡町5-1

TEL:0153-52-4161

営業時間:9:00〜17:00

定休日:日曜日

ホームページ:http://homepage2.nifty.com/kacchi/

[googlemap lat=”43.043133″ lng=”144.850622″ align=”undefined” width=”300px” height=”150px” zoom=”12″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道厚岸郡厚岸町奔渡町[/googlemap]


記事の内容は月刊fit2010年5月号掲載時点のものです。

 

 

○月×日 弟子屈町「お食事処牧場」に、行ってきた。

ボリューム満点の牧場風ラーメン』は、リーズナブルな700円。コッテリしていそうだが、イヤな後味が残らない。スープ・具材・麺のバランスが秀逸っ!

「こんなトコロに、お店があったんだっ!」という発見があると、嬉しくなってしまう。それが『地元の人じゃなきゃ、絶対に気付かない』場所であれば、なおさらだ。弟子屈町の『お食事処 牧場(まきば)』は、そんな感動を与えてくれるお店である。外観写真を見てもらえばわかるように、完全に『Aコープ(農協経営のお店)』にしか見えないんだもん!この入口から奥に進むとエレベーターが潜んでいるので、それに乗って4Fへ。付近にも目立つ案内表示などはなく、辿り着くまでに時間を要してしまうだろう。その上、内観が『質素』ともいえるくらいシンプル。30年前に『ステーキハウス』として開店した頃の看板を、未だに置いていたりする大雑把さ。「どんなメニューがあるの?」と、不安になってしまうかもしれない要素は、正直ある。だけど、だ。探してでも行く価値が間違いなくある。



「イケイケ・ドンドン」だったステーキハウス時代は、お店の一角にワインボトルがズラリと並ぶスペースがあったとか!

「農協が地元を愛してなきゃ、始まらないでしょ!」との言葉通り、『摩周ポーク』『摩周そば』と地元の食材をメニューに積極的に取り入れている。イチオシという『牧場風ラーメン』は、摩周ポークのカツがトッピングされている。味噌仕立てのスープには牛乳がたっぷり使われ、まろやかでありながらもコクがある奥深い味わいだ。店名を背負うメニュー名は、ダテじゃない。「牛乳消費拡大が話題になってからではなくて、25年以上前からあるメニューなんだよ」と言うだけのことはある。確かな年輪を感じる、しっかりとした逸品だ。札幌から仕事で弟子屈を訪れた人が勧められるままに食べてハマってしまい、わざわざ『牧場風ラーメン』を食べるためだけに再訪したというハナシもあるらしい。また、『摩周十割そば』は、1F店舗内にある石臼で挽いた地元産のそば粉を使用。「つなぎは一切使っていません!」というこだわりっぷりは、『農協の食堂』のイメージを大きく覆してくれるだろう。



これが、そば粉を挽いている石臼。その名も『臼太郎』!!

他にも牛乳を使ったスイーツ『牛乳もち』をはじめ、丼・セットものからエスカロップ(!)まで…メニューが豊富。建物の3Fに宴会・法要などに使われる広間があり、宴会料理や一品料理もやっているくらいだから、本当に幅広いのだ。メニュー表を見ると目移りするくらいだが、ここはぜひとも『牧場風ラーメン』『摩周十割そば』のどちらかから攻めてほしい。溢れんばかりの地元愛を、存分に感じられるハズだから。


建物1Fの『Aコープ』には、いも団子の素「摩周いもっ子だんごっこ」・地元牧場の牛乳「牛のおっぱいミルク」・乾麺「摩周八割そば」など、特産品も多く店頭に並んでいる。『弟子屈ならではの味』を、体感してほしい。ちなみに…2Fには『カラオケBOX』が設置されている。少々面食らうかもしれないが、コレも『弟子屈の面白さ』ってことで…いかが?印象には、間違いなく残るもんねっ♪(笑)



お食事処 牧場(まきば)

住所:川上郡弟子屈町中央3-7-12(摩周湖農業協同組合4F)

TEL:015-482-3137

営業時間:11:00〜15:00
仕出し・宴会・法要等は、定休日や営業時間に関係なく対応します。

定休日:日曜日※他に不定期休あり

[googlemap lat=”43.484787″ lng=”144.46327″ align=”undefined” width=”500″ height=”250″ zoom=”15″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道川上郡弟子屈町中央3丁目7−12[/googlemap]


記事の内容は月刊fit2010年5月号掲載時点のものです。

 

○月○日白糠町 レストランはまなすに、行ってきた


誰しも『得手不得手』があり、それは飲食店にも適用されると思う。「ここは、オムライスが美味しいから!」「あの店の、親子丼が絶品なんだよ!」なんてセリフ、よく聞くもの。でも、足を運ぶ度に「アレもコレもソレも美味しいんだよなぁ…」と迷ってしまう、『適用外』なお店がある。それが、白糠町の『レストラン はまなす』だ。



国道38号沿いという立ち寄りやすい立地に、『一般的なファミリーレストラン』というべき外観。一見しただけでは特別なトコロはないからこそ、メニュー表に広がる『小宇宙』に度肝を抜かれることだろう。カレー・パスタ・お弁当・丼・スイーツ…ジャンル問わず常時140種類以上もあるのだから、驚くのも無理はないハナシ。定番のほかに旬の食材を使った期間限定メニューも代わる代わる登場するから、いつ行っても『選ぶ・迷う楽しさ』を存分に味わえる。でも、だからこそ「このお店は、何が専門なの?」と聞かれることも多いんだって!うん…聞きたくなる気持ちもわかる(笑)。これは、先代が和食・現在のマスターが洋食やイタリアンを得意としていて、それが融合したから生まれたスタイルなんだとか。


「自分の中に引き出しが沢山できたから、イメージしたものが実現できるようになったんです。今は、作るのが楽しくて仕方ない!」とは、マスターの弁。そんなマスターだから、お客さんのリクエストに応じてメニューにないものを作ることも少なくないそうで。「こういうものが食べたい!」に応えてくれるお店って、すごく貴重だと思うなぁ…。


そうそう。『白糠を食べよう!』をモットーに、地場産の食材を積極的に使っているのも大きなポイント。ただ漫然と使うのではなく生産者とも連携を取って、その食材を熟知した上で料理に昇華しているんだろうなぁ…と思わせてくれる、オリジナリティ溢れるメニューばかりだ。これほど多彩にアレンジされたら、食材としても本望だろう。もちろん、食べる方だって「道東に住んでいて良かったぁ!」と、感激すること間違いナシだ。



『はまなす』のメニューは、マスターが持つ『料理に対しての凄まじい探求心』から生まれるといっても過言ではない。ベーコン・ソース・ピザの生地に至るまで手作りを貫き、果てはプリンの瓶詰めまで行うというから、ビックリしてしまう。そんなマスターのブログには、食材への愛・料理を楽しんでいること・生産者や白糠という土地への感謝がギッシリ詰まっているのだ。『はまなす』を訪れる楽しさが倍増するから、ぜひチェックしてみてほしい。…忙しさゆえ、更新頻度はあまり高くないけれどね(笑)。




レストラン はまなす

住所:白糠町東2-南2

TEL:01547-2-2188

営業時間:11:00〜14:30、17:00〜21:00

定休日:水曜日

HP:http://hamanasu1990.web.fc2.com/

[googlemap lat=”42.954464″ lng=”144.077471″ align=”undefined” width=”500″ height=”250″ zoom=”14″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道白糠郡白糠町東2条南2丁目[/googlemap]


記事の内容は月刊fit2010年4月号掲載時点のものです。

 

○月○日 鶴居村『ハートン・ツリー』に行ってきた。


心がこもったおもてなしを受けて、嬉しくない人はいないハズだ。「いらっしゃい!よく来たね〜」という相手の思いが伝わるほど、心がほくほくと温まっていく。『お客さん』という枠を超えて大事にされている…という気持ちに、なるからかもしれない。



そんな『もてなされたい欲』を存分に満足させてくれるお店が、鶴居村を見渡す丘の上のカフェ『ハートン・ツリー』だ。お世辞にも立派とはいえない小さな店だけど、見た目からは想像もつかないほど大きな優しさで溢れている。それは「来てくれる人は、お客さんっていうより友達感覚だから」と笑う、オーナーシェフである服部さんの人柄によるものだろう。特別なことは何もないけれど、スペシャルな真心が溢れている空間だ。遠方から来るリピーターが多いのにも、納得できる。



メニューはさほど多くないけれど、全てが服部さんの手作り。フードやドリンク類のほかに、朝焼きのパンもある(パンだけ買いに来るお客さんもいるし、売り切れちゃうことも多い)。野菜・チーズ・小麦など、なるべく地場産の材料を使うことを心がけていて、特に鶴居産の牛乳は全てのメニューに使われているんだって!そもそも11年前にこのお店をオープンする前は酪農のヘルパーをしていたという服部さんだから、「鶴居の酪農を応援したくて!」との気持ちがメニューにも表れているんだろうと思う。



だからかなぁ…月並みな言葉かもしれないけれど、本当に『やさしい味』なのだ。材料を生産する人・食べてくれる人・鶴居の自然…色んなものに感謝している想いが、しっかり伝わってくる。コレって、すごいことじゃない?予約でパーティー・ディナーなども受け付けてくれるそうだから、相談してみるといいと思う。「こんな風にしたい!」という要望が叶うよう、知恵を絞ってくれるだろう。



そうそう。カフェとしての営業のほかに、料理教室やゲストハウスもある。小さなお子さんを連れての参加もオッケーという料理教室は、ほんわかムードが好評なんだって!服部さんのお母さんが子どもをみていてくれるので、毎日慌ただしく育児に奮闘するママさんもリフレッシュできるんだろうなぁ…。そういえば、子育てに疲れたお母さんが「疲れたから休ませて〜!」とゲストハウスを訪れたこともあるそうだ。「来た人が元気になれる場所である為に、自分ができる精一杯を」だなんて、その気持ちだけで元気になれそうな気がするから不思議。人のやさしさや温もりって、伝染するものなのかも…。一度『ハートン・ツリー』の扉をくぐれば、きっとそう実感できると思う。



カフェ&レスト ハートン・ツリー

住所:鶴居村字雪裡496-4

TEL:0154-64-2542

営業時間:10:00〜17:00(17:00以降は、要予約)

定休日:木曜日

HP:http://www.heartntree.com/
[googlemap lat=”43.228157″ lng=”144.331376″ width=”500″ height=”250″ zoom=”14″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道阿寒郡鶴居村雪裡[/googlemap]


記事の内容は月刊fit2010年2月号掲載時点のものです。