‘たしかめ隊が行く’ カテゴリの記事

ノロウィルス・感染性胃腸炎・急性胃腸炎・食中毒など、今一度それぞれの違いについて知りたいです。(春日町 H・Tさん)

冬に流行するノロウィルス。注目されるのと同時に、急性胃腸炎などの言葉を
耳にすることも多いのでは?
お腹の病にまつわる言葉について、北海道釧路保健所で詳しい話を
聞いてきました。
 
 

ズバリ急性胃腸炎を中心に考えていくと、それぞれの言葉を整理できます!
 
上記の図をご覧ください。
まずウィルスや細菌などが原因となり、急激にお腹をこわすことを
『急性胃腸炎』といいます。
そして、ウィルスや細菌などの感染経路によって「食中毒」や「感染性胃腸炎」など
呼び方が変わってくるのです。
 
汚染された食品を直接口にして急性胃腸炎になった場合は
「食中毒」。
食品そのものではなく、ウィルスや細菌などがついた手で飲食してしまい
急性胃腸炎になった場合は「感染性胃腸炎」です。
つまり食中毒も感染性胃腸炎も、まとめて「急性胃腸炎」といえるわけですね。
 
今までの話を踏まえて思い出してほしいのが、病院での診断時。
急にお腹をこわして診てもらった際
「ノロウィルスによる感染性胃腸炎」などではなく
「急性胃腸炎」と診断を受けたのでは?
というのも、急性胃腸炎のほとんどが原因となるウィルスや
細菌などを特定しなくても、症状を軽減するための治療を行えば
自然治癒できるからなんです。
 
原因特定の検査は健康保険が適用されないこともあるそうで、
一般的には行われないようです。つまり
「急性胃腸炎」と診断された場合は、ノロウィルスが原因となっている
可能性もあるということ!
そのため念には念を入れて、二次感染を防ぐように注意することが大切です。
 
特に発症者の嘔吐物やふん便は、正しい方法で処理を。
使い捨てのエプロン・マスク・ゴム手袋を着用し、
次亜塩素酸ナトリウムを含む家庭用の塩素系漂白剤を希釈した
消毒液で汚染物を拭き取ります。
 
拭き取りに使用した雑巾などは、ビニール袋に密封して
捨てましょう。
また手洗いは時間をかけて念入りに、2回行うと効果的です。
 
さらに、夏は食中毒が危惧されます。
ウィルス・細菌は熱に弱いものが多いので、調理時に
しっかり加熱するのをオススメします。 
また料理は常温のまま作り置きせず、
なるべくその日のうちに消費しましょう。
 

 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2017年5月号掲載時点のものです。

鳥取5丁目タウンにできた雑貨屋が気になります。歓楽街にありますが、本当に雑貨屋なの?(鳥取北 M・Yさんほか)

今年の2月末にOPENした『雑貨Style』は、ハンドリフレクソロジーの施術や
イベント開催も行っているマルチな雑貨屋さんです!
営業時間は11時~18時30分まで、定休日は不定休です。
 

 
多岐に渡る営業スタイルの理由は店主である中村さんの歩みを反映させてできた
お店だから。
過去に女性向けセミナーの企画・運営の仕事に関わっていた中村さん。
美容や癒やしについて学ぶうちにハンドリフレクソロジーに興味を持ち、
資格を取得!
そこで、より効果を引き出すために注目したのがハーブティーだったんです。
 
このことから
「女性のために、美やライフスタイルを提案していけるような場所を
作りたい」との思いで開業に至ったんですよ。
 
鳥取5丁目タウン内にありますが、普通の雑貨屋さんと同じように
昼営業なので、気軽に扉を開けてみてくださいね。
 

※記事の内容は、月刊fit2017年5月号掲載時点のものです。

国道44号沿いにある旭町15丁目の建物に『釧路少年少女発明クラブ』と書かれているのですが、どんな活動をしているのか気になります。(釧路町M・Tさん)

現地を探索していると『釧路少年少女発明クラブ』の看板を掲げた建物を発見。
確かに具体的な活動内容・日程は記載されておらず、謎に包まれています。
問合せ先の電話番号へ連絡してみたところ、後日会長の渡邊さんにお話をうかがえることになりました。
      ◆
『釧路少年少女発明クラブ』では釧路管内の小学2年生~中学3年生の子どもたち約30名が、
様々な体験活動に取り組んでいるんです!
工作や簡単な科学実験をはじめ、夏には動物と触れ合う野外体験活動も行っていますよ。

活動の流れとしては、毎年3月末~4月末に入会希望者を募集し、5月に開講式を行います。
そして翌年の3月末まで活動し、修了式を行うんです。
学校と同じように、約一年間同じメンバーで過ごすというわけなんですね。
そのため、中学3年生以下で次年度も所属を希望する場合は、引き続きクラブで活動可能ですよ。
活動日は毎月第2・4土曜日の13時30分~15時30分。
主に釧路工業高等専門学校や北海道教育大学釧路校が会場となっています。
約一年間の活動の中で最も大きなイベントが、2~3人のチームでからくり仕掛けの車を作って競い合う
『全国少年少女チャレンジ創造コンテスト』。
8月に釧路少年少女発明クラブ内で行われる地区大会で1位に輝くと、11月に東京で開催される全国大会に
行くことができるんです!
コンテストには毎年、地元に生息する野生動物や地球環境をテーマにした車など、実に様々な作品がエントリーします。
また見た目のデザインのみならず、車の駆動力なども評価されるので、使う材料も工夫が必要なんです。
まさに「発明」の言葉にふさわしいコンテストですよね。
そんな『釧路少年少女発明クラブ』ですが、運営には地元企業・行政・教育機関などがボランティアで携わっています。
クラブの会長である渡邊さんも、本業はバイオトイレを取り扱う会社の代表なんです。
そんな渡邊さんが『釧路少年少女発明クラブ』を立ち上げたキッカケは、仕事で一般社団法人発明協会北海道支部の
関係者に出会ったことから。
発明協会は全国各地にあり、産業の発展や科学技術を盛んにすることを目的に活動を行っています。
実は、少年少女発明クラブも発明協会の事業の一環として行われているものなんです!
そのため、くしろのみならず全国220か所以上にクラブが設立されていますよ。
また『全国少年少女チャレンジコンテスト』の主催もしています。当時、事業に賛同したのはもちろんのこと、
渡邊さん自身「学校ではできない体験・出会いを通じて、創造性を伸ばしてほしい」という思いから2008年4月に
『釧路少年少女発明クラブ』を設立!
以来、9年間子どもたちのために地元の人々と協力しながらクラブを運営していますよ。

※記事の内容は、月刊fit2017年4月号掲載時点のものです。

文苑3丁目に新しく公園をつくっているのですが、いつ完成するのか知りたいです。(愛国西K・Nさん)

様子を見に行ってみると、文苑3‐3で新たに公園をつくるための工事が行われていました。

      ◆

現在、2019年度の完成を目指し『文苑中央公園』の工事をすすめています!
面積は1.7haほどで、文苑にある公園の中では、最大の公園になるんですよ。
遊具は市民から要望が多かった大型遊具を設置!
さらに児童と幼児別に2つのエリアに分けて、各年齢を対象にした遊具をそれぞれの場所に設置します。
小さなお子さんも安心して遊べますね。
また大きな芝生の広場が二つあり、ラジオ体操など地域住民が「交流の場」として使うこともできますよ。
大きな築山は、園内の中央に整備することで冬のソリ遊びで道路に飛び出ないような安全な環境を整えます。
そのほか散歩などが楽しめる外周約500mの園路にも注目です。

※記事の内容は、月刊fit2017年4月号掲載時点のものです。

ナポリス釧路店横の空き地に重機が入っていたのですが、
新しく何かできるのでしょうか?(釧路町K・Tさん)

早速、現地へうかがうとブルドーザーなどの重機を発見!
随分と大がかりな工事に見えますが、一体何ができるのでしょう?
手がかりを求めて釧路町役場に問い合わせてみたところ、
驚きの真相が明らかになりました。
      ◆
現在、2019年3月の完成を目指して新たな2つの道路と、
散策やイベント時に活用できる交流プロムナードの工事がすすめられています!
場所は下記の地図の通り。
渋滞解消など交通面での利便性のみならず、交流プロムナードを設けることで
さらなるまちの活性化も期待されていますよ。

今回の工事は接続可能なまちづくりを目的として、国の補助事業である
『地方都市リノベーション事業』を活用して行われているもの。
そのため道路・交流プロムナードのみならず、実は周辺の道路環境や行政の施設も
併せて改修作業がすすめられているんです。
道路・交流プロムナードの工事は、あくまでまちの整備の一環として行われている
というわけなんですね。
整備にあたり、将来的なまちの発展を考えて釧路町で着目した場所が、
今回の道路工事現場をはじめとするセチリ太地区。
釧路町コミュニティセンターやつくし保育所など行政の施設をはじめ、
イオン釧路店など複数の店舗が集まり商業拠点となっている場所です。
まちの整備は『釧路町セチリ太地区都市再生整備計画』として2014年1月から
取り組み始め、現時点でつくし保育所や隣接する公園の工事は終了しています。
2017年には釧路町コミュニティセンターの一部を改修し、地域交流センターを整備する予定。
そして2019年3月を目途に道路・交流プロムナードを設けて、セチリ太地区の今回の整備は
全て終了となります。
地方都市リノベーション事業である木場仲通・交流プロムナードの整備に対し、
木場本通は関連事業として同時期に工事がすすめられていきます。
これら道路の完成予定地は、元々水面貯木場の水路があった場所!
釧路市で管理をしていましたが、長年使用されていなかったんです。
そこで今回の整備に伴い、水路を埋め立てて2本の道路と交流プロムナードを
設けることにしたんですよ。
交流プロムナードと、並行する木場仲通の距離は約330m。
木場仲通・交流プロムナードに接する木場本通は約580mにわたり、
釧路信用金庫木場支店前の通りと国道44号を結ぶ道になります。
これからさらに釧路町の商業御中心地へアクセスしやすくなりそうですね。

※記事の内容は、月刊fit2017年3月号掲載時点のものです。

阿寒町道の駅で牛グッズを販売している、謎の酪農女子集団『Becotto』
について、メンバーなど詳しく知りたいです。(鶴野東K・Mさん)

昨年秋に新築オープンしたことで話題となった『道の駅 阿寒丹頂の里 クレインズテラス』。
牛グッズを販売している、謎の酪農女子集団とは一体どういうことなのでしょう?
早速現地へうかがうと、噂の販売コーナーを発見!

fit-P044-たしかめ隊

確かにメンバーや活動内容の詳細は明記されておらず謎に包まれています。
引き続き調査を進めてみると、『Becotto』代表の籔内さんとコンタクトを
とることに成功しました。
      ◆
『Becotto』は昨年3月に、釧路市在住の20~30代の女性酪農家
6名で結成したグループ!
メンバー間で日々の業務に必要な知識についての勉強会などを行う傍らで、
酪農の魅力をより多くの人へ発信しようと様々な活動をしているんです。
例えばその一環として挙げられるのが、道の駅の牛グッズ販売というわけなんですね。
ほかにも仕事風景や牛の姿を収めた写真展の開催や、牛乳PRのためにオリジナルTシャツ
を着てイベントに参加するなどしています。

fit-P044-たしかめ隊

ライトブルーのTシャツが代表の籔内さん、パープルが松下さん、ピンクが内藤さん、
オレンジが堀田さん、グリーンが野村さん、レッドが金子さんです。
活動時には親しみをもってもらうため、名前ではなく各自着用しているTシャツの色を名乗って
いるそう。
戦隊物のヒーローのようで面白いですね。道の駅にある写真は、Tシャツのデザインをよく
見せるために後ろ姿のものを使用していましたが、酪農のPRのために必要なときにはメンバーが
自ら表に立って活動をしていますよ。
後継者である金子さんを除き、実はほとんどのメンバーが2~4年前まで元会社員・学生など
酪農未経験者だったというから驚き!
転職や結婚をキッカケに、酪農家になったんです。
そんなBecottoメンバーの出会いは、阿寒農業協同組合の青年部に所属していたことから。
1〜2年ほど前からお互いに顔見知りだったものの、交流する機会が少なかったのだとか。
そこで同世代・女性ならではの悩みなどを共有できればと思い、金子さん・内藤さんが
今のメンバーに声をかけたことが
Becottoのはじまりなんです。
話し合いを重ねていくうちに、自分達の経験を活かして酪農の魅力を伝えられないか考えて
いくようになったんですよ。
これからの活動にも、注目ですね!

fit-P044-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2017年2月号掲載時点のものです。

白糠町の消防署で新たに消防広報車を導入したそうですが、
そもそも消防広報車とは何に使用する車なのですか?(堀川町R・Hさん)

疑問解決のため『釧路市西消防署 白糠支署』へお邪魔すると、目の前に消防広報車が。

fit-P044-たしかめ隊

詳しくお話を聞いてみました。
   ◆
消防広報車は主に火災予防の広報活動をはじめ、消防車・救急車が侵入できない
現場への支援活動や消防署員・資器材の搬送など、多岐に渡って使用されています!
消防広報車のメインとなる設備は、車の上についているスピーカー。
火の用心を呼びかける自動音声を流すことができたり、ワイヤレスマイクと連動させて
音響装置代わりに使用することも可能なんです。
そのほか消防車と同じように、赤色警光灯やサイレンなどの機能も備わっていますよ。
また駆動力に優れていることから、林道や砂地といった足場の悪い現場にも行くことができます。
そのため林野火災の情報収集や、山間部におけるドクターヘリの離発着時に医師・看護師を
現場搬送するなどの役割も担っているんですよ。

fit-P044-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2017年2月号掲載時点のものです。

現在建て替え工事中の温根内ビジターセンターが、どんな建物になるのか知りたいです。(鶴居村T・Yさん)

鶴居村温根内に位置する温根内ビジターセンター。
周辺の木道や鶴居軌道で観察できる動植物や釧路湿原についての
情報発信などを行っており、利用したことがある人も多いのでは?
実は今年5月から建て替え工事を行っている最中なんです。
どんな建物になるのか詳しく調査してきました!
      ◆
建物は来年春の完成を目指しており誰もが利用しやすく、
湿原をより身近に感じることができる施設へと生まれ変わります!
それでは、具体的にどのような施設になるのかご紹介していきましょう。
新施設ではバリアフリーを積極的に取り入れ、多言語に対応できるような
設備が整えられています。
例えば車いす専用の通路がある出入口を設けたり、木道利用のマナーや
見どころなどが一目で分かるイラストの案内を充実させるんです。
さらに様々なシーンで利用できる、休憩スペースやレクチャールームもありますよ。
このように機能面で便利になることはもちろん、メインとなる展示内容も一新されます。
新しい展示室は、従来に比べ3倍ほどのスペースに拡大!
釧路湿原の代表的な生きものや湿原と人との関わりについての紹介パネルなど、
様々な資料を展示します。
さらに木道や鶴居軌道で見られる動植物の情報をリアルタイムで発信していきますよ。
また体験型の展示もあり、例えば「湿原の落とし穴」と言われている『やちまなこ』
の中を体感できるようなものなどを制作予定です。
展示を見てから実際に木道や鶴居軌道を歩くことで、より湿原を身近に感じたり、
様々な発見ができるなど楽しみが広がるというわけなんですね。
今回建て替えに至った理由は、築25年が経ち建物の老朽化が進んでいたことと、
外国人や学校教育など、多様化する利用者ニーズに応えられるようにするため。
4年前から環境省・鶴居村・ビジターセンタースタッフなどで話し合いをすすめ、
誰もが利用しやすいような施設を目指して建て替えの計画をすすめてきたんです。
新施設の開館日は決まり次第ホームページ【http://hokkaido.env.go.jp/kushiro/】
で情報を公開予定。
ぜひ春になったら湿原の散策とともに立ち寄ってみては?

fit9-P034-たしかめ隊

fit9-P034-たしかめ隊

fit9-P034-たしかめ隊

fit9-P034-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2017年1月号掲載時点のものです。

くしろ検定以外に、地元の検定がいくつあるのか知りたいです(春採Y・Iさん)

釧路商工会議所が主催している『くしろ検定』。
釧路地域に関する歴史・文化・産業・観光などの知識について試験を行う地元の検定として、
知っている人も多いのでは?
他に釧路管内で地元を題材にした検定試験がいくつあるのか…早速、調査してきました。
      ◆
釧路管内では他に、厚岸町で行われている『牡蠣博士認定試験』と『酪農博士認定試験』
の2つがあります!
検定試験を主催しているのはNPO法人厚岸ネット。
牡蠣博士認定試験は平成22年より毎年3月に試験が行われており、
牡蠣についての歴史・食文化などについての問題を出題しています。
一方、今年の9月に第一回目の試験が行われた酪農博士認定試験では、
乳牛や周辺環境などの問題が出題されていますよ。
2つの検定を作った理由は、厚岸町を観光で盛り上げるため。
検定を通じて他地域の人にも町の魅力を知ってもらうことで、
厚岸町の名前が各地で広がり観光に訪れてもらうキッカケになればと考えているんです。
そのため、まずは町の二大産業である牡蠣と酪農の検定を作ったんですよ。
最終的に両検定の合格者のみが受けられる『観光案内の達人検定(仮)』も制作予定です。

fit9-P034-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2017年1月号掲載時点のものです。

鳥取の住宅街にオシャレな食器屋さんがあるらしいのですが、探しても見つからず…。ぜひ探し出してほしいです! (昭和中央 H・Yさん)

オシャレな食器屋さんと聞くと目立ちそうなものですが、見つからないのはなぜ?
依頼主のH・Yさんにお電話してみたところ「外観では分かりにくい、隠れ家的なお店らしいんです。
一点もののオシャレな食器を販売しているそうなんですが…」とのこと。
この情報を頼りに、聞き込みと調査を続けていたところ、何やらそれらしきお店のホームページを発見!
記載している住所も鳥取なので間違いなさそうです。
早速、現地へ。
なんと、たどり着いた場所は一般住宅!看板もないので、見つからないのも納得です。
敷地内に足を踏み入れると、住宅に隣接した小さな建物から女性が出迎えてくれました。
      ◆
釧路市鳥取北4‐12‐3にある『Norah』は、作家が手掛けた器と生活雑貨を販売しているセレクトショップ。
営業時間は水~土曜日の11~17時まで。
住宅の一部を改装した店内では、常時8名ほどの作家の作品を取り扱っています。
また年に数回、期間限定で一人の作家の作品に絞った展示・販売を行う、企画展も開催していますよ。
店主である高橋加奈さんが『Norah』をはじめたキッカケは、器好きである母の影響から。
というのも、実は昨年まで母である慶子さんが、年に数回この場所で企画展を行っていたんです。
高校時代に器や工芸品の魅力にひかれ、収集をはじめた慶子さん。
器を通じて全国各地に知り合いができたことから「くしろでも器を好きな人同士が交流できる場所をつくり、
自らも器の魅力を発信していきたい」と19年前に自宅で『ぶらり慶』をOPENしたんです。
そんな慶子さんの姿を見ているうちに、自然と娘の加奈さんも器の魅力にひかれていったのだとか。
そして一年半ほど前に、オンラインショップ限定で『Norah』を開業し、
今年5月に慶子さんからスペースを譲り受けるかたちで店舗販売もスタートしたんです。
開店してから日が浅く、納得のいく看板が作れていないため、今のところホームページでのみ
店舗情報を公開しているそう。
隠れ家的な食器屋さんの真相は、器に魅せられた親子が作り上げた素敵な空間でした!

fit2016-12月号-P048

fit2016-12月号-P048

fit2016-12月号-P048

fit2016-12月号-P048

※記事の内容は、月刊fit2016年12月号掲載時点のものです。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 18 19 20 Next