‘たしかめ隊が行く’ カテゴリの記事

阿寒町道の駅で牛グッズを販売している、謎の酪農女子集団『Becotto』
について、メンバーなど詳しく知りたいです。(鶴野東K・Mさん)

昨年秋に新築オープンしたことで話題となった『道の駅 阿寒丹頂の里 クレインズテラス』。
牛グッズを販売している、謎の酪農女子集団とは一体どういうことなのでしょう?
早速現地へうかがうと、噂の販売コーナーを発見!

fit-P044-たしかめ隊

確かにメンバーや活動内容の詳細は明記されておらず謎に包まれています。
引き続き調査を進めてみると、『Becotto』代表の籔内さんとコンタクトを
とることに成功しました。
      ◆
『Becotto』は昨年3月に、釧路市在住の20~30代の女性酪農家
6名で結成したグループ!
メンバー間で日々の業務に必要な知識についての勉強会などを行う傍らで、
酪農の魅力をより多くの人へ発信しようと様々な活動をしているんです。
例えばその一環として挙げられるのが、道の駅の牛グッズ販売というわけなんですね。
ほかにも仕事風景や牛の姿を収めた写真展の開催や、牛乳PRのためにオリジナルTシャツ
を着てイベントに参加するなどしています。

fit-P044-たしかめ隊

ライトブルーのTシャツが代表の籔内さん、パープルが松下さん、ピンクが内藤さん、
オレンジが堀田さん、グリーンが野村さん、レッドが金子さんです。
活動時には親しみをもってもらうため、名前ではなく各自着用しているTシャツの色を名乗って
いるそう。
戦隊物のヒーローのようで面白いですね。道の駅にある写真は、Tシャツのデザインをよく
見せるために後ろ姿のものを使用していましたが、酪農のPRのために必要なときにはメンバーが
自ら表に立って活動をしていますよ。
後継者である金子さんを除き、実はほとんどのメンバーが2~4年前まで元会社員・学生など
酪農未経験者だったというから驚き!
転職や結婚をキッカケに、酪農家になったんです。
そんなBecottoメンバーの出会いは、阿寒農業協同組合の青年部に所属していたことから。
1〜2年ほど前からお互いに顔見知りだったものの、交流する機会が少なかったのだとか。
そこで同世代・女性ならではの悩みなどを共有できればと思い、金子さん・内藤さんが
今のメンバーに声をかけたことが
Becottoのはじまりなんです。
話し合いを重ねていくうちに、自分達の経験を活かして酪農の魅力を伝えられないか考えて
いくようになったんですよ。
これからの活動にも、注目ですね!

fit-P044-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2017年2月号掲載時点のものです。

白糠町の消防署で新たに消防広報車を導入したそうですが、
そもそも消防広報車とは何に使用する車なのですか?(堀川町R・Hさん)

疑問解決のため『釧路市西消防署 白糠支署』へお邪魔すると、目の前に消防広報車が。

fit-P044-たしかめ隊

詳しくお話を聞いてみました。
   ◆
消防広報車は主に火災予防の広報活動をはじめ、消防車・救急車が侵入できない
現場への支援活動や消防署員・資器材の搬送など、多岐に渡って使用されています!
消防広報車のメインとなる設備は、車の上についているスピーカー。
火の用心を呼びかける自動音声を流すことができたり、ワイヤレスマイクと連動させて
音響装置代わりに使用することも可能なんです。
そのほか消防車と同じように、赤色警光灯やサイレンなどの機能も備わっていますよ。
また駆動力に優れていることから、林道や砂地といった足場の悪い現場にも行くことができます。
そのため林野火災の情報収集や、山間部におけるドクターヘリの離発着時に医師・看護師を
現場搬送するなどの役割も担っているんですよ。

fit-P044-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2017年2月号掲載時点のものです。

現在建て替え工事中の温根内ビジターセンターが、どんな建物になるのか知りたいです。(鶴居村T・Yさん)

鶴居村温根内に位置する温根内ビジターセンター。
周辺の木道や鶴居軌道で観察できる動植物や釧路湿原についての
情報発信などを行っており、利用したことがある人も多いのでは?
実は今年5月から建て替え工事を行っている最中なんです。
どんな建物になるのか詳しく調査してきました!
      ◆
建物は来年春の完成を目指しており誰もが利用しやすく、
湿原をより身近に感じることができる施設へと生まれ変わります!
それでは、具体的にどのような施設になるのかご紹介していきましょう。
新施設ではバリアフリーを積極的に取り入れ、多言語に対応できるような
設備が整えられています。
例えば車いす専用の通路がある出入口を設けたり、木道利用のマナーや
見どころなどが一目で分かるイラストの案内を充実させるんです。
さらに様々なシーンで利用できる、休憩スペースやレクチャールームもありますよ。
このように機能面で便利になることはもちろん、メインとなる展示内容も一新されます。
新しい展示室は、従来に比べ3倍ほどのスペースに拡大!
釧路湿原の代表的な生きものや湿原と人との関わりについての紹介パネルなど、
様々な資料を展示します。
さらに木道や鶴居軌道で見られる動植物の情報をリアルタイムで発信していきますよ。
また体験型の展示もあり、例えば「湿原の落とし穴」と言われている『やちまなこ』
の中を体感できるようなものなどを制作予定です。
展示を見てから実際に木道や鶴居軌道を歩くことで、より湿原を身近に感じたり、
様々な発見ができるなど楽しみが広がるというわけなんですね。
今回建て替えに至った理由は、築25年が経ち建物の老朽化が進んでいたことと、
外国人や学校教育など、多様化する利用者ニーズに応えられるようにするため。
4年前から環境省・鶴居村・ビジターセンタースタッフなどで話し合いをすすめ、
誰もが利用しやすいような施設を目指して建て替えの計画をすすめてきたんです。
新施設の開館日は決まり次第ホームページ【http://hokkaido.env.go.jp/kushiro/】
で情報を公開予定。
ぜひ春になったら湿原の散策とともに立ち寄ってみては?

fit9-P034-たしかめ隊

fit9-P034-たしかめ隊

fit9-P034-たしかめ隊

fit9-P034-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2017年1月号掲載時点のものです。

くしろ検定以外に、地元の検定がいくつあるのか知りたいです(春採Y・Iさん)

釧路商工会議所が主催している『くしろ検定』。
釧路地域に関する歴史・文化・産業・観光などの知識について試験を行う地元の検定として、
知っている人も多いのでは?
他に釧路管内で地元を題材にした検定試験がいくつあるのか…早速、調査してきました。
      ◆
釧路管内では他に、厚岸町で行われている『牡蠣博士認定試験』と『酪農博士認定試験』
の2つがあります!
検定試験を主催しているのはNPO法人厚岸ネット。
牡蠣博士認定試験は平成22年より毎年3月に試験が行われており、
牡蠣についての歴史・食文化などについての問題を出題しています。
一方、今年の9月に第一回目の試験が行われた酪農博士認定試験では、
乳牛や周辺環境などの問題が出題されていますよ。
2つの検定を作った理由は、厚岸町を観光で盛り上げるため。
検定を通じて他地域の人にも町の魅力を知ってもらうことで、
厚岸町の名前が各地で広がり観光に訪れてもらうキッカケになればと考えているんです。
そのため、まずは町の二大産業である牡蠣と酪農の検定を作ったんですよ。
最終的に両検定の合格者のみが受けられる『観光案内の達人検定(仮)』も制作予定です。

fit9-P034-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2017年1月号掲載時点のものです。

鳥取の住宅街にオシャレな食器屋さんがあるらしいのですが、探しても見つからず…。ぜひ探し出してほしいです! (昭和中央 H・Yさん)

オシャレな食器屋さんと聞くと目立ちそうなものですが、見つからないのはなぜ?
依頼主のH・Yさんにお電話してみたところ「外観では分かりにくい、隠れ家的なお店らしいんです。
一点もののオシャレな食器を販売しているそうなんですが…」とのこと。
この情報を頼りに、聞き込みと調査を続けていたところ、何やらそれらしきお店のホームページを発見!
記載している住所も鳥取なので間違いなさそうです。
早速、現地へ。
なんと、たどり着いた場所は一般住宅!看板もないので、見つからないのも納得です。
敷地内に足を踏み入れると、住宅に隣接した小さな建物から女性が出迎えてくれました。
      ◆
釧路市鳥取北4‐12‐3にある『Norah』は、作家が手掛けた器と生活雑貨を販売しているセレクトショップ。
営業時間は水~土曜日の11~17時まで。
住宅の一部を改装した店内では、常時8名ほどの作家の作品を取り扱っています。
また年に数回、期間限定で一人の作家の作品に絞った展示・販売を行う、企画展も開催していますよ。
店主である高橋加奈さんが『Norah』をはじめたキッカケは、器好きである母の影響から。
というのも、実は昨年まで母である慶子さんが、年に数回この場所で企画展を行っていたんです。
高校時代に器や工芸品の魅力にひかれ、収集をはじめた慶子さん。
器を通じて全国各地に知り合いができたことから「くしろでも器を好きな人同士が交流できる場所をつくり、
自らも器の魅力を発信していきたい」と19年前に自宅で『ぶらり慶』をOPENしたんです。
そんな慶子さんの姿を見ているうちに、自然と娘の加奈さんも器の魅力にひかれていったのだとか。
そして一年半ほど前に、オンラインショップ限定で『Norah』を開業し、
今年5月に慶子さんからスペースを譲り受けるかたちで店舗販売もスタートしたんです。
開店してから日が浅く、納得のいく看板が作れていないため、今のところホームページでのみ
店舗情報を公開しているそう。
隠れ家的な食器屋さんの真相は、器に魅せられた親子が作り上げた素敵な空間でした!

fit2016-12月号-P048

fit2016-12月号-P048

fit2016-12月号-P048

fit2016-12月号-P048

※記事の内容は、月刊fit2016年12月号掲載時点のものです。

トライアル別保店前の歩道に新しくバス停ができましたが、どのようにして設置場所を決めているのか知りたいです。(釧路町S・Hさん)

10月より別保線が運行している路線に、新たなバス停ができたのをご存知でしたか?
一つはスーパーセンタートライアル別保店前の歩道にある『トライアル別保店』
もう一つは別保公園の駐車場内にできた『別保公園』です。
ところで新たにバス停を設ける際、どのように場所を決めているのでしょう?
詳細を聞くため『くしろバス㈱』へ。
      ◆
ズバリ道路交通法などの法律に基づき、くしろバス㈱・道路管理者・市町村などで協議して
設置場所を決めています!
例えば、道路交通法には「踏切の端から30m以内に、バス停を設置しない」
など、危険を防止するためのきまりがあるんですよ。

今回のバス停設置のキッカケは、釧路町が新設を希望したため。
というのも町民やバスの利用者から「主要的な場所にバス停がなく、不便」との声が多数寄せられて
いたんです。さらに別保公園はイベント開催地にもなっていることから、町としても交通網を見直したいと
考えていました。そこで2年前から審議を重ね、この度念願だったバス停が設置されたんです。
さらに便利になった別保線を利用して、買い物やレジャーに出かけてみてはいかがでしょう?

fit2016-12月号-P048

※記事の内容は、月刊fit2016年12月号掲載時点のものです。

電力自由化について知りたいです!基礎知識やメリット、どんな企業の電気を選べるかなど。(釧路町M・Oさん)

今年の4月1日から全国ではじまった電力自由化。
電気事業へ様々な企業が乗り出すなど話題になっていますが、よく分からないという人も多いのでは?
そこで過去に学習会を開いている『釧路消費者協会』で話を聞いてきました。
      ◆
電力自由化とは電気の購入先が自由に選べるようになること!
これまで一般家庭では、地域の大手電力会社から供給される電気しか利用できませんでした。
しかし4月からは、地元へ電気の供給を行っている企業であれば個人で自由に契約を結べるようになったんです。
つまりくしろの場合、今まで電気の購入先は北海道電力に限られていましたが、これからは他社も選べるというわけなんですね。
企業には北海道ガス・コープさっぽろなど約13社があります。(※今年の4月現在)。
電力自由化により様々な企業が増えることで、私達にはどんなメリットがあるのでしょう?
具体的にはサービスの充実・低価格化・環境に配慮した電力を選べるなどが挙げられます。
例として「電気代の支払いに伴い、ポイントが貯まるプラン」・「ガスやインターネットとセットで料金が安くなるプラン」
などがあります。
また「東日本大震災をキッカケに、原子力発電を懸念している」という人は、太陽光発電などの環境に優しい電力を選ぶという
選択肢もありますね。
実際に、東日本大震災が電力自由化をすすめるキッカケの一つになったとも言えるんですよ。
このように、新たな電力会社に変えることで様々な利点が考えられます。
しかし気を付けてほしい点が二つ。
一つは価格重視で選んだ場合、必ずしも安くなるとは限らないということ。
例えば、選んだプランが自分の生活スタイルに合わず、割高になってしまうというケースが。
二つ目は、契約内容などに関するトラブルが考えられるということ。
個人で自由に契約ができるぶん、利用事項などの確認も自己責任となってきます。
そのため、料金など基本的なことをはじめ、解約時に違約金が発生するのかなど説明をよく聞くことが大切なんです。
また企業内でも複数のプランがあるためしっかり検討することをオススメします。
ここで地域の電力会社から他社へ変更する場合、どのような手続きが必要になるのか説明していきましょう。
基本的な流れは、まず希望する企業のサービス窓口・電話・ホームページなどから申し込み手続きを行います。
ちなみに、地域の大手電力会社の解約手続きは、こちらで承認すると全て企業が行ってくれるんです。

次に従来の電気メーターからスマートメーターへの交換を行います。
スマートメーターとは簡単に言うと、使用量を細かく計測できるなど最新の機能が備わった電気メーターのこと。
この最新機能を活かし、企業によっては時間帯別の料金プランなどを提示しているため、電力会社の変更に伴い設置は必須になるというわけなんです。スマートメーターの取り付けは、作業員が原則無料で行ってくれますよ。交換が済んだら準備完了!電力の切り替え日から、新しい企業の電気が使えます。

fit-P042-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2016年11月号掲載時点のものです。

住之江町11丁目にお店らしき建物があるのですが、店名が見当たりません。何のお店?(川端町K・Hさん)

現地を探索していると、確かにお店らしき建物を発見。

fit-P042-たしかめ隊

謎を解決するため、突撃~。

真相は、建物内で2つの事業を行っているお店でした!
基本的に11~18時までは雑貨店・ハンドメイドのお店『DECO BOCO(デコボコ)』、
18~20時はパソコンの修理や書籍電子化の編集作業などを行う
『office Pluto(オフィスプルート)』として営業しています。
雑貨販売・パソコンの相談は各店の営業時間外にも随時受け付けていますよ。
実は、両店の経営者である宮崎さんの本職はエンジニア。
そのため当初は、パソコン関連の業務を行う会社のみ、設立しようと考えていたのだとか。
しかし、雑貨店を営んでいる知人を見て、ふと「雑貨店とパソコン屋を一緒にしたら便利かも」
と思い立ち、現在のお店開業に踏み切ったんです。
混乱を避けるため、あえて店名は掲げていませんよ。

fit-P042-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2016年11月号掲載時点のものです。

弟子屈町でワインを製造中とのことですが、一般人はまだ飲めないのですか?
一般販売まで待ちきれません!(緑ケ岡Y・Hさん)

以前から話題になっていた弟子屈町のワインづくり。
確かに一般販売されている様子は見かけませんが、いつ頃口にできるの?
疑問を解決するため、計画の中心となっている弟子屈町役場農林課へ。
      ◆
一般販売は未定ですが、弟子屈町のワインをいただけるイベント
『葡萄色の週末(エビイロウィークエンド)』が10月7~16日に、町内の飲食店にて行われます!

参加店は『御食事処ぽっぽ亭』・『カフェバール COVO』・『すずめ食堂&バル』・『food&bar DOMANI』・
『屈斜路ユースゲストハウス わこっちカフェ』・『PUKA PUKA』の6軒。
ワインをいただくには、各店考案の弟子屈町産の食材を使用したオリジナルメニューとセットで頼むことが条件です。
そのため価格は、オリジナルメニュー代+ワイン代(グラス一杯1000円)となっていますよ。
弟子屈町産ワインと、地元食材を使用した料理のマリアージュが楽しめるというわけなんですね。

fit-P040-たしかめ隊

もそもワイン製造に至ったキッカケは、弟子屈町の德永町長と、ワインの名産地である池田町の
勝井町長に親交があったため。
以前から弟子屈町では、2大産業である農業と観光の架け橋となるようなものを探していました。
そこで注目したのが池田町の名産品ワイン。町内の店舗や施設で販売・提供できるのはもちろん、
ワインに必要不可欠なブドウ栽培は農業の一種にあたることから、まさに弟子屈町が求めていた産業だったんです。
さらに従来の地元農産物と組み合わせて販売・提供することで、さらなる観光効果も期待できると考え、
平成21年に池田町から指導を受けて醸造用ブドウ二種の試験栽培を開始!
そのデータを踏まえて、弟子屈町の気候でも栽培可能な品種『山幸』の一種に絞り込み、
24年から本格的な栽培をはじめました。
ブドウ栽培は主に役場が管理・運営をしている町民農園の一角で行われています。
春の遅霜・鹿の食害・大量のコガネムシの発生など様々な被害に見舞われながらも、
26年に初めてまとまった量の収穫に成功!
収穫した〝弟子屈町産山幸〟は『池田町ブドウ・ブドウ酒研究所』で醸造・瓶詰された後、
64本のワインとして昨年弟子屈町に届けられました。
極少量であったのと、協力してくれた人々に感謝を込める意味で、昨年は関係者と町民を対象に
ワインが振舞われたのです。
しかし今年は、昨年収穫したブドウから約200本のワインを製造できました。
そこで、一般も対象にしたイベント開催に踏み切ったんですよ。
「残念ながら、本数に限りがあるため商品販売は難しいのですが、この機会に口にしていただけると嬉しいです」
と語る、弟子屈町役場農林課の小野さんと高木さん。
貴重なワインと地元食材を使用した一皿を食べに、弟子屈町へ足を運んでみては?

fit-P040-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2016年10月号掲載時点のものです。

インターネットで鶴居村の人々が「丹頂!」と言う、謎の挨拶をする動画を発見。
誰が考えたものなの?(釧路町K・Sさん)

早速、インターネットで検索してみると噂の動画を発見。
動画で最初に登場したのは、以前取材でお世話になった村内の飲食店『どれみふぁ空』
の皆さんじゃありませんか!手がかりを求めて現地へ。

      ◆

出迎えてくれたのはお店を営む濵野夫妻。
気になっていた疑問をぶつけてみると『鶴居村を楽しむ会』
の活動の一環で広めようとしている、村オリジナルの挨拶であることが判明!

『鶴居村を楽しむ会』とは、鶴居村ならではの魅力を発信することを目的に、
平成10年に結成されたんです。
現在、村内で牧場を営む中尾さんを代表に、38名の会員が。
実は『どれみふぁ空』の濵野夫妻も会員であり、挨拶の第一考案者!
キッカケは夫婦でハワイへ訪れた際、挨拶とともにする、
現地ならではのハンドサインを知ったことから。

fit-P040-たしかめ隊

オリジナルの挨拶は外国人観光客など、言葉は通じなくても皆が自然と笑顔になれるように
考えられたものでした。

fit-P040-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2016年10月号掲載時点のものです。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 18 19 20 Next