‘たしかめ隊が行く’ カテゴリの記事

釧路市新富町16-12に『長倉商店塾』があるけれど、何の塾? (白糠町 A・Yさん)
 
早速、塾の住所へGO!

fit-P028-たしかめ隊

商店塾…?初めて耳にする言葉ですが、一体、どのようなことを教えているのでしょう?
      ◆
『長倉商店塾』とは、釧路出身の写真家 長倉洋海さんが講師となり、
世界50カ国を歩いてきた体験や、写真の撮影法・取材のコツを教える塾のこと。
塾名の由来ですが、実は長倉さんの両親が元々この建物で『長倉商店』を営んでいたんです!
そのことから、店名にちなんだ塾名にしたそう。
長倉さんがこのような試みをするのは今年が初めて。キッカケは、昨年に父が他界した際
「今までは世界に目を向けていたが、これからは釧路に何か還元して両親にも恩返しをしたい」
という思いで、塾を開くことにしたそう。
塾は期間限定のもので、7月~8月中に集中講座が行われます。
運営には市民ボランティアも協力し、これから毎夏開催していく予定なのだとか。
塾の詳細はお問い合わせを。

fit-P028-たしかめ隊

 

 
※記事の内容は、月刊fit2015年8月号掲載時点のものです。

川湯温泉で、門のところに看板のようなものを
つけた建物があります。文字が無く、何なのか気になります。(若竹町 R・Sさん)

 
まずは調査のため、川湯温泉街を歩いてみることに。
川湯神社付近を探索していたところで、看板のようなものを掲げた門を発見!

fit-P030-たしかめ隊
 
真相を探るべく、門の奥にある建物に突撃~!
      ◆
建物のアートプロデューサーである今井さんにお話をうかがったところ、
『アートイン極寒藝術伝染装置』という名前の、宿泊施設であることが判明しました!
しかも普通の宿泊施設ではなく、全国の芸術家が建物内に様々なアートを施した宿なんです。
今井さんいわく「泊まれる美術館だと思ってください(笑)」とのこと。
門に掲げているのは、やはり看板だそうで、なぜ施設名を表記していないのかというと、
実はまだ建物の整備が終わっていないからなんです。
昨年の夏に仮オープンし、部分的な工事が終わっていないので、
モニター価格で興味のあるお客さんのみ宿泊を受け入れています。
全面オープンは来年9月を予定!その際に、もしかすると看板に小さく施設名を入れるかもしれないとのこと。
ちなみに看板のデザインには、新しい文化と地元で根付いてきた歴史ある文化が融合し、
さらなる進化を生むという意味が込められているんですよ。
看板も一つのアート作品になっているというわけなんですね。
実は元々、京都で映像制作の仕事をしていた今井さん。
取材で弟子屈町へ訪れたことをキッカケに、移住を決意したそう。
その後、アートによる町おこしの計画を進めている『てしかがえこまち推進協議会アート&アド部会』
に賛同し、自ら『アートイン極寒藝術伝染装置』を作ることにしたんです。
この宿泊施設以外にも、弟子屈町では関連施設や作品が次々と町内にできています。
大きな計画なので時間はかかりそうですが、新たな町の魅力に注目ですね。

fit-P030-たしかめ隊

fit-P030-たしかめ隊

fit-P030-たしかめ隊

fit-P030-たしかめ隊

 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2015年7月号掲載時点のものです。

釧路町遠野に『パンダ農園』があるのですが、
どう見ても普通の畑です。なぜパンダなのか知りたい。(釧路町 S・Kさん)

 
早速『パンダ農園』を目指し、釧路町立遠矢小学校からさらに山側に位置する遠野地区へ。
ウロウロしていたところで、目の前に何やらにぎやかな雰囲気の畑が!

fit-P030-たしかめ隊
 
見ると、そこには『パンダ農園』の文字が書かれています。
畑を営む松浦さんご夫婦に詳しくお話をうかがうことに。
      ◆
『パンダ農園』と名付けた理由は、通りかかった人に笑顔になってもらいたいから!
平成22年に自家農園を始めた際、ぼんやりと「何か名前をつけたい」と考えていたのだとか。
そんなとき、道路沿いに面している畑の前を通り行く人々の姿を見てふと、
「見かけたら、楽しい気分になるような農園にしたい」と思ったそう。
そこで、パンダ好きのお孫さんと動物園へ行ったときのことを思い出し、
お客さんがパンダを見て自然と笑顔になっていたことから命名したのだとか。
確かに、可愛らしいパンダを見ていると和やかな気持ちになりますよね。

fit-P030-たしかめ隊
 

 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2015年7月号掲載時点のものです。

マーメイドくしろのコスチュームは、
どのくらいの頻度でデザインが変わっているの? (武佐 T・Kさん)

 
釧路の観光PR大使を務めている『マーメイドくしろ』。
18歳以上で釧路管内に住む一般女性を対象に公募をかけ、
その中から選ばれた2名が活動を行っています。
主な業務は、釧路管内で行われるイベントで花束贈呈を行ったり、
本州で開催される観光キャンペーンに参加し、釧路の素晴らしさをPRすること。
たしかにイベントなどで姿を見かけるたび、コスチュームのデザインが変化しているように感じます。
どのようなタイミングでデザインが変更されているのでしょう?
      ◆
マーメイドくしろの運営を行っている釧路観光コンベンション協会にお話をうかがったところ、
コスチュームが変わるタイミングはマーメイドくしろが2人同時に変わる年であることが判明しました!
というのも、マーメイドくしろの任期は1年または2年となっているため、
毎年2人が同時に変わるとは限らないんです。
今年は、林 由華さんが昨年に続いてマーメイドくしろとなるため、
コスチュームは昨年度と同じ赤と黒のチェック柄のものを着用するそう。
 
fit-P016-たしかめ隊
 
また、デザインについてはコスチューム専門のカタログがあり、
その中からマーメイドくしろが自ら選んだものを着用しているんですよ。
ちなみに皆さんは、マーメイドくしろに何年の歴史があるかご存知ですか?
はじまりは昭和50年に鶴ヶ岱公園で開催された第1回チューリップフェア
(現、くしろチューリップ&花フェア)で『花の女王』を決めたことから。
活動内容は各地のイベントに参加するなど、現在と同じような業務を行っていたそう。
その後、平成3年に『ミス釧路』、13年に『マーメイドくしろ』と改名をしたんです。
たどってみると実は40年の歴史があったんですね。
今年もマーメイドくしろは様々なイベントに登場する予定なので、
その際にはぜひコスチュームにも注目してみてくださいね。

☆マーメイドくしろの歴代コスチュームを少しご紹介☆

fit-P016-たしかめ隊

fit-P016-たしかめ隊

他に水色や白のものあったそう。『花の女王』・『ミス釧路』時代の写真は
見つけることが出来ませんでしたが、もしかすると記憶に残っているという方もいるかもしれませんね。
 

fit-P016-たしかめ隊
 
※記事の内容は、月刊fit2015年6月号掲載時点のものです。

釧路市でプレミアム付き商品券が
発売されるようだが、内容を詳しく知りたい。(昭和南 N・Sさん)

疑問解決のため、事業を行っている釧路商工会議所へ!
      ◆
釧路市では6月18日~30日の間、12500円相当の
プレミアム付き商品券を1万円で販売します!

すでに配布されたチラシで知っている人も多いと思いますが、
釧路市内の参加店で使うことができるお得な商品券なんです。
参加店については、商品券の購入時に参加店ガイドを手渡してくれますよ。
商品券が使える期間は7月1日~12月31日まで。
5月8日より購入の予約を受け付けていますが、
販売数に達した時点で終了となります。
自治体が、『プレミアム付き商品券』を販売するのは
安い価格で商品券を買ってもらい、地元のお店を利用してもらうことで、
地域経済を活性化させようという目的があるから。
そのため釧路市以外でも、事業がすすめられています。
各町村に販売時期を聞きました。

●釧路町…8月下旬予定。
●厚岸町…6月予定。
●浜中町…4月販売済み・10月予定。
●標茶町…6月予定。
●弟子屈町…7月・11月予定。
●鶴居村…6月・10月販売。
●白糠町…7月下旬予定。

詳細についてはお問い合わせしてみてくださいね。

fit-P016-たしかめ隊
 

 

 
※記事の内容は、月刊fit2015年6月号掲載時点のものです。

釧路で奇抜なデザインのケーキを作ってくれる
お店があるらしいのですが、詳細が分かりません。ぜひ調査してほしいです。

 
奇抜なデザインのケーキとはどのようなものなのでしょう?
依頼主のY・Sさんにお電話をしてみたところ「焼肉そっくりのケーキ
を作ってくれるお店があるらしいんです」とのこと!
早速この情報を頼りに、聞き込みや様々なお店へ足を運んでみましたが、
なかなか見つからず…。
あきらめかけたそのとき、フェイスブックで見た目が焼肉のようなケーキを発見!

fit-P028-たしかめ隊

どうやら、釧路市内に奇抜なケーキを作るお店は実在する様子。
早速、向かってみました。
      ◆
現地に着くと、そこに店舗はなく、玄関に小さな看板を掲げた一軒家が。
訪ねてみると、店主の笹田さんが出迎えてくれました!『Dear Angie』
は自宅のキッチンで営む、オーダーケーキの専門店。
フェイスブック・ライン・電話で注文を受けたときのみケーキを作っているんです。
店舗がなかなか見つけられなかったのは、一般住宅でやっているお店だったからなんですね~。
ユニークなケーキを作るキッカケとなったのは6年前のクリスマス。
「娘の記憶に残るような、面白いものを作ろう」と、立体的な雪だるまのケーキ
を作ったのが始まりです。
パーティーでケーキを振る舞ったり、フェイスブックに写真をアップしたところ、
徐々に友人からケーキ作りを頼まれるように。
さらに知人からいつの間にか口コミで広がっていき、
見知らぬ人からも注文がくるようになったのだとか。
そのうち個人的なやり取りに留まらないほどオーダー数が増えたため、
保健所などに許可を申請したうえで、一昨年の12月25日から本格的に
営業を始めることにしたんです。
ちなみに店名は、ケーキ作りをするキッカケとなった娘さんの名前『あんじ』
からとっているんですよ!
そんな笹田さんですが、実は6年前にケーキを作るまで、
お菓子作りの経験はなかったそう。
しかし元々、絵を描いたり物作りが好きだったことから、
ケーキ作りに熱中していったのだとか。
また自分の子どもや友人の驚いた顔や喜ぶ姿を見て、
「もっと面白みのあるケーキを作りたい!」と独学で続けてきたんです。
現在は、改めて基礎から学ぼうと知人のケーキ屋さんに行ったり、
海外の専門書なども積極的に読んで日々、勉強しています。
ケーキの注文など、詳細についてはフェイスブック・ライン・電話のいずれかで、
お問い合わせしてみて下さいね。

fit-P028-たしかめ隊2

fit-P028-たしかめ隊4

 
 

※記事の内容は、月刊fit2015年5月号掲載時点のものです。

厚岸町に『うみえもん』のポストがあると知りました。
釧路管内にはほかにもキャラクターなどがデザインされたポストはあるの?

皆さんは3月22日に、厚岸町のご当地キャラクター『うみえもん』のポスト
ができたのをご存知でしたか?

fit-P028-たしかめ隊1

他にもこのようなポストがあるのか探るべく、釧路中央郵便局にお話をうかがいました。
      ◆
地元の観光をPRしているキャラクターや、歴史的・社会的行事を記念したデザイン
が施されたポストを『ご当地ポスト』と言います!
現在、管内のご当地ポストは他に、白糠町に1つ。設置場所は道の駅しらぬか恋問で、
ご当地キャラクター『コイタくん・メイカちゃん』が描かれたハート型のものです。
実際に「見たことがある」という人もいるのでは?
ちなみに、釧路駅・塘路駅・標茶郵便局でSLのご当地ポストがあったのをご存知ですか?
これは『SL冬の湿原号』運行15周年を記念し、今年1~3月の期間で設置されていたんです。
運行期間に合わせた設置とのことで、レアなポストだったんですよ~。

fit-P028-たしかめ隊3
 
※記事の内容は、月刊fit2015年5月号掲載時点のものです。

街頭放送で流れているトヨタレンタリースの曲が
『みんな形の車で』と聞こえて、不思議な歌詞だな~と
いつも思うのですが…。   (春日町 Y・Iさん)

 

fit編集室がある黒金町でも外へ出ると、
自然に街頭放送が耳に入ってきます。
そこでトヨタレンタリースのCMを聞いてみたところ、
隊員の耳にも『みんな形の車で』と歌っているように聞こえました!
しかし、歌詞の意味を考えると謎ですよね。
実際にはどんな歌なのでしょう?
 

トヨタレンタリース釧路 釧路店に確認したところ、
正確には次のような歌詞であることが分かりました!
 

好きな形の車で
好きな道を走れる
気楽な旅さ~
気軽な心
トヨタレンタリース

 

『みんな形の車で』と聞こえる歌詞は、空耳だったんですね~。
 

 

ところで釧路市民にはお馴染みの街頭放送ですが、
具体的にはどこにスピーカーが設置されているのでしょう?
放送時間・内容は決まっているのでしょうか?
このような疑問を解決するため、
(株)時事タイムス放送社 釧路事業部にお話をうかがいました!
 

現在スピーカーが設置されているエリアは、
イオン釧路店周辺・イオンモール釧路昭和周辺・
星が浦大通・北大通・共栄大通・新橋大通・
ビッグハウス釧路店周辺・浪花町・城山・
末広町・栄町・愛国商店街など。
スピーカーの台数は、全部で400台位あるのだとか。
 
fit-P016-たしかめ隊2
 

昭和24年に放送を開始した当初は、
ロータリーで四方にスピーカーを設置したのがはじまりで、
その後人通りや商店が多い場所へスピーカーを増やしていくうちに
現在のような広範囲に設置されました。
 

放送時間は8時30分~18時30分まで。
流している内容については、
時事タイムス放送社 釧路事業部の街頭放送担当である安藤さんが、
番組編集を日々行っています。
 
CMについては1社につき、
最低でも1日に8回は流す決まりがあるので、
これを基準に番組構成を考えているんですよ。
 
CMの間にはクラシックや、
季節が感じられるような四季の童謡・
効果音(春ならウグイスの鳴き声など)のほか、
街の人へ向けた呼びかけも流しています。
 
ちなみに、釧路警察署からの注意喚起(防犯・暴力追放・麻薬について)は、
実際に釧路警察署の男性職員が声を吹き込んだものなんだそう。
また子どもの声で「釧路のまちをゴミで汚さないようにしましょう」
などと言っている呼びかけ。
これは釧路・帯広・札幌にある時事タイムス放送社の職員や知人に声をかけて集めた、
3~5歳児の声なんだとか。
プロではなく、案外身近な人の声が呼びかけに使われていたのです!
 

普段から自然と耳に入る街頭放送。
だからこそ、流す内容は趣向を凝らすようにしているんですね。
 
fit-P016-たしかめ隊4
 
 
 

※記事の内容は、月刊fit2015年4月号掲載時点のものです。

白糠町に鉄の柵がついた信号機があるのですが、
何のために柵がつけられているの?(白糠町 Y・Sさん)

 
早速、白糠町で信号機を探してみることに!
インパクトがありそうなので、すぐ見つかるかと思いきや、
なかなか見つからず…。
何度か国道38号を行き来していたところ、ようやく発見しました!
 
fit-P016-たしかめ隊1
 
レンズの前に小さな鉄の柵が付いていますが、一体なぜなんでしょうか?
 
 
北海道釧路方面釧路警察署にお話をうかがったところ、
柵の部分はジャバラと言い、
信号機の正式名称は『筒型フード ジャバラ付』だそう。
なぜジャバラが付いているのかというと、
JRの運行に支障が出ないようにするため!
 
このような信号機は主に、線路沿いにある車道に設置され、
正面で見たときのみ色が認識できるんです。
そのため自動車のドライバーには見えても、
JRの運転手には見えないよう工夫されているというわけなんですね。
 
信号機の見間違いを防ぐため、
ジャバラは付けられているのでした。
 
fit-P016-たしかめ隊3
 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2015年4月号掲載時点のものです。

普段は柵で立ち入れない大楽毛の避難階段。
緊急時の場合、誰がどのタイミングで柵の鍵を開けるのでしょうか? (大楽毛 M・Sさん)

 
 
1月に完成したばかりの緊急避難階段。
津波発生時に一時避難をするため、
釧路新道の阿寒川大橋付近に設けられたんです。
実際に隊員も階段を見に行ってみましたが、
やはり柵には鍵がかけられている様子…。
一体、緊急時には誰が開錠を行うのでしょうか?
階段を造った釧路道路事務所に行ってお話をうかがってきました!
 

実はこちらの緊急避難階段、
誰でも簡単に開錠することが出来るんです!
詳しく説明をすると階段の前にある柵は全部で3つあり、
各柵にはそれぞれ正方形の黄色いパネルが埋め込まれています。
 
開錠するにはまず、このパネルを叩き壊します。
ちなみにパネルは発泡スチロールでできているため、
力の弱い子ども・女性でも簡単に壊すことができるんです。
壊してできた穴に腕を入れ、開錠を行います。
鍵はサムターンになっているので、つまみを回して開けます。
階段を上ると、歩道へ出るための柵があります。
こちらは鉄の棒で施錠をしているので、
横に棒をスライドさせれば簡単に開くことが出来ます。
 
fit-P016-たしかめ隊2
 
fit-P016-たしかめ隊3
 
fit-P016-たしかめ隊4

ちなみに普段柵の施錠をしている理由は避難の際、
確実に階段を使用できるよう状態を保つため。
階段は歩道としてではなく、あくまで避難用に造られたもの。
そのため、むやみに人が立ち入って損壊等を防ぐために柵をしているのです。
開錠は誰でも行えますが、必ず緊急時のみ利用するようにしましょう。
 

緊急避難階段は柵の開錠以外に、
もう一つ緊急時に備えた工夫がされているんです。
それは手すりが二段になっているということ!
上が大人用・下が子ども用になっています。
この緊急避難階段は元々、大楽毛地区の学校・町内会等から
「新道の上に一時避難をしたい」という要望が多かったために造られたもの。
そのため様々な人々が利用することを想定し、このような手すりが設けられたのです。
実際に大楽毛小学校では2月10日に早速、階段を使った訓練を行ったのだとか。
 

階段の詳細が知りたい方は、釧路道路事務所へ電話をしてみて下さいね。
 
fit-P016-たしかめ隊6

 

 
 
※記事の内容は、月刊fit2015年3月号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 17 18 19 Next