‘たしかめ隊が行く’ カテゴリの記事

釧路市の成人式で私は記念品に爪切りを
もらった記憶があるのですが、今の新成人も何かもらっているのですか?  (昭和南 Y・Kさん)

 
今年、釧路市では1月11日に成人式が行われました。
そこで、新成人へ贈呈された記念品を、早速調査!
 
fit-P016-たしかめ隊1
 

バッグはお弁当箱がすっぽり収まる程度の大きさで、
男女共に使いやすいシンプルなデザイン。
当日はこの中に、
平成6年から今までにあった20年間の出来事をまとめた釧路市の小冊子、
選挙や納税に関するパンフレットを入れて受付で手渡していました。
記念品を活用しながら資料を渡すなんて、ナイスアイデアですよね。
 

ちなみに今回、他の自治体にもお話をうかがったところ
最も多かったのが記念写真贈呈でした!
写真は思い出を形に残せるので良いですよね~。
 

また鶴居村では名前の印鑑が付いたペンを記念品にしていました。
釧路町では記念品贈呈の代わりに、
新成人自らが実行委員となってビンゴ大会を開催しているんです!
そこでビンゴの人から先着順に景品がもらえるんですよ。
 
fit-P016-たしかめ隊2
 

 
※記事の内容は、月刊fit2015年2月号掲載時点のものです。

釧路市文化賞授賞式に出席した友人から聞いたのですが、
釧路市に歌があるそう。どんな歌なの?  (釧路市 Y・Kさん)

 

釧路市に歌があったとは!隊員も初耳です。
早速、調査のため釧路市役所へ突撃~!
 

『釧路市の歌』は平成18年10月11日に制定されました!
歌を作るキッカケは、市が合併したことから。
「一体感を持つ」といった理由で、
合併をした翌年までに歌・花・木・市民憲章を
決めることになっていたんです。
 

歌詞は一般公募され、76作品の頂点に輝いたのが、
旧旭小学校の校長も務めていた釧路市在住の宮川正男さんの作品。
作曲者は、『釧路市の歌』選定委員の佐藤昌之さん(北海道教育大学釧路校 名誉教授)と
石丸基司さん(釧路出身の作曲家)が推薦した4名から
『釧路市の歌』選定委員会で選ばれることに。
 

その中で合唱曲に関する多様な実績があった
函館出身の廣瀬量平さんが作曲を手掛けることになったんです。
ここで『釧路市の歌』の歌詞をご紹介しましょう。
 

●釧路市の歌
 

霧の都に 住むわれら
求める道を 一筋に
手を携えて 手を携えて新生の
文化を築く 力湧き
喜びあふれ 花咲き香る
>釧路の風は 日々新しく

 

水辺のまちに 住むわれら
暮らしを創る 灯をかかげ
生産基地の 生産基地の
知恵と技
光の大地 実り満ち
潮路はるかに 幸を求めて
釧路の海は 日々新しく
 

星降る里に 住むわれら
歴史に学び 誇りある
祖先の意志を 祖先の意志を
受け継いで
明日の栄えと 幸せを
きざむ礎 輝き増して
釧路の人は 日々新しく
 

現在『釧路市の歌』は
釧路市文化賞授賞式や新年交礼会等、
市の行事で斉唱されています。
その他、釧路市のホームページからも歌を聴けますよ。
 

ここでふと、疑問が…。
釧路市のように、管内の町村にも歌はあるのでしょうか?
調べたところ、
白糠町・鶴居村・浜中町・弟子屈町の4つに
歌があると判明!
 

各町村ともに歌詞は公募を行い、
釧路市同様、町や村の自然・文化や想いを綴ったものが選ばれています。
各歌が制定された年と作られたキッカケについて、
まとめてみましたよ!
 

●白糠町…『白糠町歌』。昭和25年に、町制施行にあわせて制定。
●鶴居村…『鶴居村歌』。昭和41年に、開村30周年と新庁舎完成の記念行事として
公募を行い、昭和43年に制定。
●浜中町…『浜中町歌』。昭和38年に、町制施行にあわせて制定。
●弟子屈町…『弟子屈町民の歌』。昭和59年に制定。実は元々、
昭和58年に弟子屈町の開基80周年記念式で歌の発表をし、
制定する予定でした。
しかし寄せられた作品の中から募集テーマ
(郷土の自然・郷土愛を力強く歌う)
に当てはまる歌詞がなかったそう。
そこで急遽、式では町民憲章に曲をつけて仮の歌を発表したのです!
その後、再募集をかけて、テーマにあった作品を
『弟子屈町民の歌』とし、制定したのだとか。
 

実は古くから、歌のある市町村が5つもあったんですね~。
 
 
fit-P030-たしかめ隊3
 

※記事の内容は、月刊fit2015年1月号掲載時点のものです。

釧路駅のホームにある、駅名の書いてある看板に
『K53』と表記されているのですが、何か意味があるの?  (厚岸町 M・Sさん)

 
 依頼を受けて、釧路駅のホームに行ってみると…。
 
fit-P030-たしかめ隊
 
確かに駅名が書かれた看板に小さく『K53』との表記が!
 

     
JR北海道釧路支社にお話をうかがったところ、
外国人旅行者のための駅番号表示であることが判明!
この駅名が書かれた看板は『駅名標』といい、
平成19年10月から駅番号表示が導入されています。
 
まず駅名標に書かれたアルファベットですが、
これは路線を表しています。
札幌~釧路はK・釧路~網走はBというように、
外国人利用者が多い路線にアルファベットがふられているのです。
 
次に、数字は札幌から数えて何番目の駅であるかが表記されています。
路線ごとにカウントしており、
釧路は札幌から数えると53番目の駅ということになるんです。
 
日本語の読み書きができなくても、
駅で配布しているMAPや案内に駅番号表示を取り入れることで、
外国人旅行者が分かりやすく目的地へ行けるんですね!
 
fit-P030-たしかめ隊2
 
 
※記事の内容は、月刊fit2015年1月号掲載時点のものです。

釧路町体育館で『テニポン』という張り紙を
見かけたですが、どんなスポーツですか?  (釧路町 Y・Sさん)

 
釧路町総合体育館へ行き、掲示板を見てみると、
テニポンの張り紙を発見!
早速、書かれていた連絡先に問い合わせをし、
『釧路テニポンクラブ』の練習にお邪魔してきました♪
 
ズバリ!テニポンとは、テニスとピンポン(卓球)を掛け合わせた室内スポーツのこと。
卓球のダブルスのルールを取り入れながら、
プレーヤーはテニスのようにラケットでボールを打ち合います。
 
fit-P016-たしかめ隊2
 
元々テニポンは日高地方の様似町が発祥のスポーツで、
釧路では4年前から『釧路テニポンクラブ』が中心となり、
活動を行っています。
クラブのメンバーは20名ほどで、
年齢層は学生から70代の方までと実に様々。
スポンジ製のボールはバウンドさせると球のスピードが緩みやすく、
軽量で持ち手が短いラケットはボールをコントロールしやすいため、
初心者でもラリーが続きやすいのだとか!
年齢に関係なく楽しめるスポーツというのも納得です。
 

ここでテニポンのコートやルールについて、ご紹介していきましょう。
 
fit-P016-たしかめ隊3
 
fit-P016-たしかめ隊4
 
プレーヤーは基本的に4名(ダブルス)で行います。
1ゲームにつき21ポイントを先取したペアが勝ち!
全部で3ゲームまであり、2ゲームを連続で先取した場合は、
その時点で勝利確定となり試合は終了です。
サーブ・レシーブについては卓球ルールと、ほとんど同じ。
他にも細かく失点・有効のポイント等がありますが、
基本的なルールはこのようになっています。
 

実際に、隊員も目の前でテニポンの試合を見せてもらいました!
ルールには卓球の要素が入っていますが、
ラリー中はワンバウンド・ノーバウンドを使い分けて打ち返していたので、
競技的にいうとかなりテニスに近い印象を受けます。
皆さんフェイントやスマッシュなどを取り入れて、
楽しみながらゲームをしていましたよ。
 

『釧路テニポンクラブ』は基本的に土・日曜日に活動をしています。
見学はもちろん、道具の貸出もしてくれるので、
興味のある方は問合せをしてみては?
 
fit-P016-たしかめ隊5
 
 
※記事の内容は、月刊fit2014年12月号掲載時点のものです。

愛国西にある一軒家の前で『OPEN』と
書かれた看板を発見したのですが、
何かのお店?  (愛国西 R・Tさん)

 
早速、愛国西の住宅街を調査したところ『OPEN』の看板を掲げる一軒家を発見!
 
fit-P016-たしかめ隊1
 
お話をうかがったところ、本とギターのお店であることが判明しました!
この一軒家に住む小村さんは、元々読書好きで家に大量の本があったことから、
3年前に自宅横のガレージで『小村堂』をOPEN。
中には主にビジネス書が置いてあり、なんと全部で約2000冊の本があるんです。
 
  
またギターのコレクションの趣味もある小村さん。
エレキギターなど全部で25種類ほど集めたものの、
置く場所をこれ以上確保できないため、
昨年から自宅の二階でギターの販売も行っています。
営業時間は9時~17時で、雨の日はお店を閉めています。
 

一見、普通の家に見える『小村堂』は、小村さんの趣味が高じて始めたお店だったんですね~。

fit-P016-たしかめ隊1.5
 
 
※記事の内容は、月刊fit2014年12月号掲載時点のものです。

自動販売機にホットの商品が並ぶのはいつ?  (春採 A・Kさん)
 
この時期になると、
つい自動販売機でホットドリンクを購入してしまう
という人も多いのでは?
しかし、1か月ほど前までは
コールドドリンクのみの自動販売機が多かったハズ…。
一体、いつからホットドリンクの販売をしているのでしょうか?
     ◆
 

今回は『コカ・コーラシステム』・『サントリー』・
『キリン』・『アサヒ』・『ダイドー』・
『伊藤園』・『ポッカサッポロ』の7社に協力してもらい
調査を開始。
 
早速、切り替わるタイミングについて
うかがってみたところ、
共通して「特に、明確な時期は決まっていないんです」との返答が!
 
そもそも自動販売機を設置する際には、
必ず管理者がいなければなりません。
ホットの切り替え時期や、商品のラインナップは、
管理者と自動販売機のメーカー担当者が
相談をして決めているのです。
 
そのため冬でも暖房が効いているオフィスや、
スポーツ飲料が必要とされるジムでは、
利用する人々のことを考えて
通年コールドドリンクのみを販売している所もあるんですよ。
 

基本的には利用する人や販売場所に合わせて
入れ替え作業が行われていますが、
いくつかのメーカーで切り替えるタイミングの目安があったので、
ご紹介しますね。
 

●コカ・コーラシステム…ホット商品の陳列を始めるのは
平均的に9月~11月。全てコールドに切り替わるのは4月~6月上旬。
 

●キリン…肌寒くなってきたタイミングで、
ホットに切り替え(目安は外気温20℃以下)、
逆に肌感覚で夏日と感じる日(目安は外気温25℃)が
徐々に増えてくるとコールドに切り替える。
 

●アサヒ…外気温20℃を目安とし、下回るとホットへ。
上回るとコールドにする。
 

●ダイドー…ホット商品の陳列を始めるのは平均的にお盆過ぎ~11月。
全てコールドに切り替わるのは3月~5月。
 

●ポッカサッポロ…最低気温が10℃を下回るとホットへ。
上回るとコールドにする。
 

このような情報は、管理者と切り替えの時期について相談をする際、
参考にすることもあるのだとか。
あくまで目安ですが知識として覚えておけば、
商品が切り替わるタイミングを少し予想できるかもしれませんね。
 

ところで、夏はコールドドリンクのみを取り扱っていることが多い
自動販売機ですが、
ホットドリンクを販売する際、
どのように入れ替え作業を行っているのでしょう?
 
この疑問を解決すべく、
『北海道コカ・コーラボトリング株式会社リテール事業部 釧路事業所』にお邪魔して、
自動販売機の中身を特別に見せてもらいました!
 
大まかな作業の流れは、
 

❶自動販売機を開け、商品投入口から常温の商品を入れます。
 
fit-P030-たしかめ隊1
 

❷冷却運転から、加温運転の切り替えボタンを押します。
 
fit-P030-たしかめ隊2
 

❸最後に商品ディスプレイを変えます。
 
fit-P030-たしかめ隊3
 
この作業を一人のスタッフが行い、
1時間ほどで切り替えが完了します。
 
自動販売機は常温の飲み物を入れてから加温をするため、
飲み物が温まるには4時間ほどかかるそう。
コールドドリンクも冷却のために同じ時間を必要とします。
 
ちなみに、その間に商品を買おうとすると、
押しボタンに『準備中』の文字が表示されるんですよ。
 

自動販売機には冷却・加温のみならず、
金銭的な記録を行う機能もついているんです!
利用者が商品を買った時間・購入金額、商品をキャンセルした時間や
おつりが一目で分かるんだとか。
そのため何かトラブルが起こっても、
記録を元に解決することができるそう。
商品管理はもちろんのこと、
無人販売ならではの対策が施されていたんですね。
 

求めていた商品を、いつでも気軽に買える自動販売機。
気が付くと商品が入れ替わっているイメージがありましたが、
管理者とメーカーで季節に合った商品を提供するようにしていました。
 

 
fit-P030-たしかめ隊4
 
 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2014年11月号掲載時点のものです。

釧路公立大近くにある交差点の歩行者用信号機が
全て青になるのはなぜ?   (芦野 Y・Iさん)

 
一見、何の変哲もない釧路公立大付近の交差点。
 
fit-P030-たしかめ隊2
 
しかし、なぜ歩行者信号機が全て青に変わるのでしょうか?
     ◆
 
 
ズバリ!
交差点で右左折車両と歩行者が交わらない
安全な環境を整えるため、
歩行者信号機を全て青にしています。
このような信号機を『歩行者専用現示方式』と言い、
特に通学路で歩行者・車の通行が多い交差点に
設置される傾向があります。
 
この方式が取り入れられている交差点では、
歩行者信号機が全て青に変わりますが
斜め横断をしてはいけません。
横断歩道に従って渡るようにして下さいね!
 

また市内には釧路公立大付近の他に、
鶴野小学校前と鳥取西小学校付近の交差点にも
『歩行者専用現示方式』の信号機があります。
市内で3カ所の信号機にこの方式を導入したのは
今年1月のこと。
通学路にある交差点で先ほどの設置条件に該当したのが、
釧路公立大付近・鶴野小学校前・鳥取西小学校付近の
交差点だったそう。
 

通学路の交差点で右左折時の確認が甘く、
子どもの急な飛び出しにヒヤッとした経験をお持ちの方も
いるのでは?
歩行者と信号を別にしてもらうことで、
ドライバー側も安心して運転ができますよね。
 

歩行者と車の信号が別々になっているといえば、
釧路駅前のスクランブル交差点もありました!
 
fit-P030-たしかめ隊3
 

スクランブル交差点の場合、
横断歩道が交差点内全てに設けられているため、
歩行者は斜め横断をしても良いんですよね~。
この利便性を考えると
『歩行者専用現示方式』の3カ所も、
スクランブル交差点を設けた方が良かったのでは…?
 

実はスクランブル交差点が設置される大きな目的は、
歩行者の安全面を配慮しつつ、
人の流れを円滑にするというもの。
そのため設置場所も人通りの多い繁華街等の交差点が
ほとんどなのです。
 
一方、『歩行者専用現示方式』の信号機が
取り入れられるのは住宅街であり、
目的が歩行者と車の信号を分けることにより、
通学路内の交差点で事故を未然に防ぐというもの。
そのためスクランブル交差点ではなく、
『歩行者専用現示方式』の信号機を取り入れたのです。
交差点があるそれぞれの環境によって、
目的にあった交通整理を行っていたんですね。
 

『歩行者専用現示方式』の信号機設置で、
これから釧路の交通事故が減ることに期待しましょう!
 
fit-P030-たしかめ隊5
 
 
 
 

※記事の内容は、月刊fit2014年10月号掲載時点のものです。

浜中町の『もうもう亭』前で、猫がいる小屋を
発見したのですが、あれは一体…?    (昭和町 H・Sさん)

 
ソフトクリーム等を販売しているドライブインの『もうもう亭』前に
猫の小屋!?
気になりつつ、現地へ向かってみると…ありました!
中をのぞくと、確かに猫の姿が。
     ◆  
 
fit-P030-たしかめ隊1
 

お店の方に話をうかがってみたところ、
小屋の中にいる猫は看板猫であることが判明!
5匹いる猫は『バニラ・ソフト・クリーム・チョコ・イチゴ』と、
お店のメニューにちなんだ名前がつけられているんですよ。
 
元々お店の方が飼っていた猫が亡くなり、
娘さんから3匹の猫を引き取ったのが看板猫誕生のキッカケ。
当時、子猫だった3匹を家で留守番させるのは不安だったため、
店の前に小屋を作ったのだとか。
 

その後、引き取った猫の間に子どもが生まれ、
現在は親子で看板猫をやっているそう。
直接触れ合うことはできませんが、
愛らしい姿で人々に癒しを与えてくれる存在の
看板猫に会いに行ってみては?
 
fit-P030-たしかめ隊4
 

※記事の内容は、月刊fit2014年10月号掲載時点のものです。

釧路管内に防災無線が流れる屋外スピーカーは何台あるの?
また設置する場所に何か基準はあるの?     (鳥取 Y・Sさん)

 

防災無線のスピーカーを見かけたことがある人もいると思いますが、
実際はどのくらい設置されているものなのでしょうか?
今回は依頼主さんの声にお応えして、管内全てを調査してきま~す!
 
防災無線が流れる屋外スピーカーは、
釧路管内で計280機ありました!
そもそも防災無線の役割は、
災害発生時または被害のおそれがある緊急時に、
人々へ必要な情報(避難勧告・気象警報など)を
迅速に伝達するというもの。
 
そのためスピーカーは住宅街をはじめ、
津波が起きた際に直接被害を受ける海岸線沿いに
多く設置されています。
ここで各市町村のスピーカーの数や
防災無線の特徴を、詳しく見ていきましょう。
 

●釧路市…119機。
釧路市の場合、
毎日17時になると『恋はみずいろ』を流しています。
このように定時になると
スピーカーからメロディー(自治体によってはサイレン)
を流す理由をご存知ですか?
これは時報としての役割はもちろんのこと、
緊急時にスピーカーが正常に作動するよう
確認をしているからなんですよ~。
 

●白糠町…13機。
東日本大震災の教訓を受けて、
今年9月から最新型スピーカーの設置を始める白糠町。
2016年4月に、
現在使用している13機から40機の新スピーカーに
切り替えて放送をスタートさせる予定です。
現在は18時にサイレンを流していますが、
これに伴い放送時間やメロディーの変更も
検討しているのだとか。
災害による被害を未然に防ぐためにも、
早く完成してほしいですよね。
 

また釧路市・釧路町・浜中町・厚岸町では
スピーカーの他に『家庭用戸別受信機』を取り入れています。
 
fit-P016-たしかめ隊
 
●釧路町…58機。
釧路町ではスピーカーから12時に
『エーデルワイス』・
18時に『ムーンリバー』が流れるほか、
熊出没・行政情報(町内のイベントや保健行政の周知など)があれば
一緒に放送するようにしています。
また受信機に関しては、
主に昆布森など海岸線沿いの世帯を中心に設置されています。
 

●浜中町…48機。
浜中町ではスピーカーから12時にサイレン・
13時に『みかんの花咲く丘』を流しています。
また行政情報がある場合、
受信機から朝と夕方に情報提供をしています。
 

●鶴居村…4機。
鶴居村ではスピーカーの他に『IP端末機』を取り入れています。
 
fit-P016-たしかめ隊1
 

IP端末機の画面に文字や画像が表示されるのはもちろんのこと、
音声も出る仕組みになっています。
通行止め・熊出没の情報をはじめ、
月~金曜の8時と20時に行政情報を配信中。
また市街にあるスピーカーから
8時30分にチャイムが流れるほか、
12時には幌呂など3か所にあるスピーカーでサイレンを流しています。
 

●厚岸町…19機。
厚岸町ではスピーカー・
家庭用戸別受信機・
IP端末機を併用しています。
スピーカー・受信機からは7時・12時・18時に
メロディーを流しており、
4月~9月末までは『野ばら』・
10月~3月末までは『エーデルワイス』です。
また行政情報がある場合には、
7時30分と18時30分に各世帯の受信機で(山間部は除く)、
10時と15時に各世帯のIP端末機から情報提供をしています。
 

●標茶町…9機。
標茶町ではスピーカーから毎日12時に
『ウェストミンスターの鐘』・
17時に『ア・ホール・ニュー・ワールド』が流れるほか、
災害等の対応のため必要に応じ呼びかけを行うこともあります。
 

●弟子屈町…10機。
弟子屈町はスピーカーから
毎日13時・17時・22時にチャイムが流れるほか、
何か行政情報がある場合は呼びかけを行っています。
 

     ◆
 

自治体ごとにスピーカーの設置数や特徴をご紹介してきましたが、
ここで「他の地区に比べ、鶴居村・標茶町・弟子屈町は
スピーカーが10機以下だけれど大丈夫?」
と不安に思った方もいるのでは?
しかしこの3地区は内陸にあるため
過去に津波の被害を受けたことがありません。
そのため海に近いエリアと比較すると
設置数が少ないのです。
土地の特徴によって、設置数が変化していたのですね~。
 

 

 

 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2014年9月号掲載時点のものです。

釧路湿原焼 釧里窯で『家庭会席』をやっているそうですが、
具体的にどのようなもの?     (釧路町 Y・Tさん)

 
釧里窯というと陶芸の窯元として有名ですが、
会席料理と何か関係があるのでしょうか?
それに『家庭』ってどういうこと~!?
早速、釧里窯へお邪魔して調査開始。
 

     ◆
 
 
窯元の当主である高橋さんにお話をうかがってみたところ、
釧里窯の個室で会席料理を頂けることが判明!
また自宅のようにくつろぎながら、
季節を味わってほしいという想いで
『家庭』と謳ってみたのだとか。
 

『家庭会席』を始めたのは13年前。
陶芸における高橋さんの考えは
「器は実際に使ってみて良さが分かる」というもの。
そこで作った器に料理を盛り付けて振る舞うようにしたところ、
周囲の人から味が良いと評判になり
料理を提供するようになったのだとか。
最初から料理がメインではなく、
あくまで陶芸の一環として始めたことだったのですね~。
 

それでは具体的にどのような料理なのか
詳しくご紹介していきましょう。
家庭会席は、簡単に言うと和食のコース料理のようなもの。
前菜からはじまり、
吸い物・焼き魚など10品ほどの創作料理が
次々と運ばれてきます。
 
これらの料理は全て高橋さんが一人で作っているんです!
そのため一日一組限定で、
一週間前から電話予約が必要です。
料理の内容は季節ごとに旬のものを取り入れています。
また「あまり口にする機会がないような
珍しいものを食べてもらいたい」という想いで、
地元の人には鱧(はも)・鯛(たい)など
本州産の食材を提供するようにしているのだとか。
 
料理をのせる陶器はもちろん、釧里窯で作られたものばかり。
味もさることながら、目でも楽しむことができますよ。
料金は一人6300円・8400円・1万500円(税別)の3コースがあり、
最大20名まで受け付けています。
 
記念日や還暦祝い、法事等で利用するお客さんが多く、
中にはリピーターとして季節が変わるごとに
食事に来るお客さんもいるのだとか!
家庭のようにくつろぎながら、
本格的な料理を味わってみてはいかがでしょうか?
 
fit-P030-たしかめ隊
 
fit-P030-たしかめ隊1
 

 

 

 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2014年8月号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 17 18 19 Next