‘たしかめ隊が行く’ カテゴリの記事

厚岸翔洋高等学校の海洋資源科の、
調理師コースと生産技術コースのことを詳しく知りたい。   (桜ヶ岡 M・Kさんほか)

 
厚岸翔洋高校といえば、
先日行われた『うまいもん甲子園』の全国大会出場という話題で
新聞にも載っていましたね!
それで気になった方もいたようで、
たしかめ隊に依頼が。
高校に調理師コース…そして、生産技術コースとは?
気になる!
早速、厚岸まで車を走らせてきましたよ~。
     ◆
 
fit-P028たしかめ隊右
 
厚岸翔洋高等学校は、
平成21年に厚岸水産高等学校と厚岸潮見高等学校が統合してできた高校。
海洋資源科の他に、普通科も併設しています。
海洋資源科は調理師コースと生産技術コースに分かれていて、
定員は計40名。
漁業生産・資源管理・食品の加工・
水産関連機械・調理に関する知識と技術を習得するのが目標なんだとか。
 
生産技術コースは、一言で言えば漁師を目指すコース。
1級小型船舶免許取得やカキの養殖、
船のエンジンの仕組みなどの勉強をします。
取材に行った日には、ジャム作りをしていました。
 
漁業でジャム!?と思うかも知れませんが、
これは、殺菌が上手く出来るかの勉強なんですよ。
ジャム作りには殺菌が大切なので、応用しているんですね~。
 

3年生の4月には、長期の船上生活に慣れるための32日間の実習があります。
今年はパラオまで行ったそうですよ!
水産関連産業のスペシャリストとなるために、
様々な勉強や実習をしているんですね。
 
fit-P028たしかめ隊右1
 
一方の調理師コース。
こちらは、主として船舶での料理人を目指しています。
卒業生の半数はフェリーや官公庁の船などに就職しているんですよ。
そして、このコースは卒業すると調理師の免許が取得できるんです!
千トン以上の船に乗船が義務付けられている、
船舶料理士資格も船上で経験を積んで申請すれば取れるんです。
 
なんと、
北海道立の高校で調理師免許が取得できるのはここだけ!
実習船に乗って、3泊4日の調理実習などの体験も。
 
冒頭で触れた『うまいもん甲子園』には全国128校の中から、
12校の決勝大会出場校に!
厚岸のカキを使った『カキポン酢のペペロンチーノ』が
審査員の心を掴んだんですね~。
10月には、札幌で行われた『チャレンジグルメコンテスト』という、
地域の食材で料理を作って販売し、
審査員と来場したお客さんに投票してもらうイベントにも出場。
書類審査を通過した10チームの中に選ばれたんですよ!
 
厚岸町で2月に行われる『カキDEござーる』にも出店予定です。
厚岸翔洋高等学校は、元の2校の伝統を受け継ぎ、さらに発展させている
学校なんですね~。
 
 
fit-P028たしかめ隊右3
 
 

【取材協力】
 北海道厚岸翔洋高等学校
 厚岸町湾月町1-20
 0153-52-3195
 
【調査報告】
漁業や水産製造業&主に
船舶での調理などで
活躍するスペシャリストを
育てる学科だった!
 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2014年1月号掲載時点のものです。

阿部新聞店の配達員さんがベストのようなものを着ています。
何のため?   
『きりっと』を楽しみにしていますが、他の地区の新聞店にも似たものはあるの?
                                 (愛国東 H・Mさん他)

 
新聞配達員がベストを着ているとの情報を頼りに、早速阿部新聞店へ突撃。
すると本当に北海道新聞のキャラクター『ぶんちゃん』がデザインされた
蛍光塗料のベストを着用していました!

fit-P017たしかめ隊左

でもどうしてこんなベストを着ているのでしょうか?
     ◆
その理由は交通事故を未然に防ぐため!
特に秋・冬は辺りが暗く、黒っぽい服装をした配達員は
ドライバーの目に付きにくいのだとか。

そこで光る素材をなるべく身につけるようにして
遠目からも目立たせているんです。
自分の身を守るためにこのような工夫をしているんですね!

ですがこのような対策を行っているのは
阿部新聞店だけなのでしょうか?
そこで釧路市内にある新聞店を調べてみると
『伊藤新聞店』『吉田新聞店』『南大通販売所』
『丹葉新聞店』の4社でも同じ理由でそれぞれ対策を行っていました!

伊藤新聞店では反射材付きのベストを着用していましたが、
11月から阿部新聞店と同様のベストに。

fit-P017たしかめ隊左2

吉田新聞店ではオリジナルジャンパーとリストバンドタイプの反射材。

fit-P017たしかめ隊左3

南大通販売所では3年前から反射材が付いたベストを着用しています。

fit-P017たしかめ隊左4

丹葉新聞店では5年前からリストバンドタイプの反射材を。
昨年からはミニ懐中電灯も携帯するようになりました。

fit-P017たしかめ隊左5

そんなに危険?と思う方もいるかも知れません。
聞くところによると釧路で大きな事故はないようですが、
全道的にみると事故に遭うことも少なくないのだとか!
やはり、このような工夫が大切になってくるんですね。

さて新聞店といえば、
各店舗が自主制作しているミニコミ紙という情報紙を
ご存知ですか?
例えば阿部新聞店なら『きりっと』。
実はこのようなミニコミ紙は、
『南大通販売所』・『丹葉新聞店』・『吉田新聞店』でも
それぞれ発行しているんですよ。

たしかめ隊に依頼が届いていたこともあり、
せっかくなので今回一緒にご紹介しますね!

阿部新聞店発行の『きりっと』(全8ページ・フルカラー)は
偶数月の年6回発行されており、
特にコラムなどの読み物が充実しています。

南大通販売所では、小学生対象に景品付きのクイズコーナーがある
『地域情報・プチラシ』を毎月第一月曜日に発行。

丹葉新聞店では驚きの4部を発行中。
中でも『おたっピーの独り言』は営業担当の4名が
それぞれ記事を作成しているため、
同じ地区内で記事内容が違うことも。

吉田新聞店の『Tasuki』は年に4回発行していましたが、
現在は休刊中。
内容をリニューアルして、復活する予定なのでまた読める日も近いかも!?

う~ん、各新聞店の工夫が感じられますね~。
ちなみに伊藤新聞店でも来春から発行をはじめるそうです。

ミニコミ紙を発行しているのは各新聞店で異なりますが、
各新聞店と読者を繋ぐミニ情報紙として、
地域情報やお店紹介をする為なんだとか。

自分の住んでいる地区外のミニコミ紙を読んでみたい場合には
問い合わせた上、新聞店に行けばもらえるので読んでみるのもオススメ。

fit-P017たしかめ隊左6

【取材協力】
 阿部新聞店・伊藤新聞店・吉田新聞店
 南大通販売所・丹葉新聞店

【調査報告】
事故から身を守るため、
各新聞店で工夫を行っていた!
また各新聞店のミニコミ紙からは
配達地区の個性がうかがえた!
 

 
※記事の内容は、月刊fit2013年12月号掲載時点のものです。

釧路に、
薬のヒーローがいるというウワサを
聞いたのですが…本当?      (愛国西 K・Kさん)

 
薬のヒーローのウワサを聞きつけ、
探してみるとどうやらそのヒーローは
『釧路薬剤師会』を拠点に活動をしている模様。
いざ、彼らが集う基地へ突撃です!
 

     ◆
 

『健康戦隊お薬ジャー』は
今年1月に釧路でお薬手帳を普及させるべく
釧路薬剤師会によって結成された、
薬剤師が扮するオリジナルのヒーロー集団。
 
お薬手帳には
患者が処方してもらっている薬の内容が
記載されており、
薬剤師はお薬手帳を活用し、
同じ成分の薬が重複していないかなどを
確認しています。
服用している薬があるにも関わらず、
手帳を持っていない人も多いので
普及率を高めるべく活動をしているのだそう!
 

『健康戦隊お薬ジャー』が公の場に姿を現したのは
7月に開催された『くしろ霧フェスティバル』のステージ。
メンバーは男性3人・女性2人の5人で、
皆をまとめるリーダーのレッド・クールに
薬の指導を行うブルー・
ちょっぴりセクシーにお薬手帳を携帯するよう
呼び掛けるパープル・
旅行や災害時にもお薬手帳が役立つことを説くピンク。
 
そして話のオチどころとなる、
ボケ担当の茶レンジャーです。
劇中は戦闘シーンなどがなく和やかな雰囲気で、
お薬手帳を持ち歩いていない
『メタボマン』2人に注意を促し、
手帳をプレゼントするという流れ。
 
そんなお芝居をたくさんの人に見てもらうことで、
お薬手帳の普及を呼びかけたいのだとか。
全体的にゆる~い設定が気になりますが(笑)、
なんだか愛嬌がありますね。
 
これからの『健康戦隊お薬ジャー』の活躍に期待!
 
 
 
fit-P029-たしかめ隊2
 
 

【取材協力】
一般社団法人 釧路薬剤師会
 釧路市錦町4-7-1
(0154)32-4343

【調査報告】
お薬手帳の普及を目指し、
努力するヒーローだった!
 
 

※記事の内容は、月刊fit2013年11月号掲載時点のものです。

最近、釧路にアンテナショップが出来ていますが、どんなお店なの?       (昭和南 M・Sさん)
 
アンテナショップとは
地域の魅力を地元民と観光客にむけて
発信するお店のこと。
最近、国の緊急雇用創出事業を活用した
アンテナショップが
和商市場とMOO内にオープンしたとか。
そこで今回はこちら2店の特徴などを調べてきました!
 

     ◆
 

まずは釧路和商市場内にある、
釧路市が立ちあげた
『釧路の地場産品セレクトショップ マルシェくしろ』!
 
fit-P029-たしかめ隊
 

オール釧路産にこだわった、
水産加工品・ブランド食肉・乳製品・
スイーツなど常時150種ほどの商品が並びます。
 
お店のコンセプトは
「商品を知ってもらった上で購入してもらう」こと。
そのため店のスタッフ自らが生産者の元へ足を運び、
直接見聞きした情報をお客さんへ提供します。
 
例えばチーズなら、産地や原材料の説明のみならず、
種類によって美味しい食べ方まで
教えてくれるんですよ。
そのため、
まるで生産者の方が目の前にいるかのような感覚で、
買い物ができるのです!
ちなみに営業期間は8月31日~来年2月までの半年間です。
 

続いてお邪魔したのは、
釧路フィッシャーマンズワーフMOO内にある、
釧路総合振興局の委託事業で
FMくしろが立ち上げた
『クチコミ・コミュニティカフェCaf´eshare』!
こちらは12月までの営業です。
 
fit-P029-たしかめ隊1
 

こちらのお店の大きな特徴は
釧路の食と観光情報に関するコンシェルジュがいて、
お客さんに対し
オススメの食べ物や体験などを案内してくれるんです!
 
また店内には、商品の口コミを書いた掲示板があり、
情報をシェアできる空間となっています。
さらに店頭販売している地場産品10品を
一品200円ほどで食べられます。
色んなものを食べられて、とってもお得ですね!
 
ちなみに店内にはラジオのスタジオも併設。
毎週金曜日の11時30分からFMくしろを通し、
情報を発信しています。
どちらのお店も期間限定の営業なので、
今のうちに足を運んでみて♪

 
 
【取材協力】
マルシェくしろ
 釧路市黒金町13-25
(0154)65-1566
Caf´eshare
 釧路市錦町2-4
 080-8289-9443
 

【調査報告】
釧路に出来たアンテナショップは
観光客のみならず、地元民も行きたくなる
お店だった!
 
 

※記事の内容は、月刊fit2013年11月号掲載時点のものです。

先日新聞で報道されていた
嘱託警察犬について、詳しく知りたい。    (武佐 K・Sさん)

警察犬といえば、
映画やドラマでシェパードなどの犬種が
よく活躍していますよね~。
実はこの警察犬、
北海道警察で飼育される直轄犬と
一般のお宅で飼育されて要請が来たときに出動する
嘱託警察犬の2種類あるとか!

帯広から根室までを管轄する
北海道警察釧路方面本部に直轄犬はおらず、
嘱託警察犬のみ。
近年ではその数が少なくなっており、
新しい担い手を募集中だそう。

でも、嘱託警察犬ってどんな犬がなるの?
訓練は必要?費用はどれくらい?試験などはある?
ウチのワンちゃんはなれるのかしら?

嘱託警察犬は、毎年7月頃に開催される
『釧路方面嘱託警察犬審査会』に合格するとなれるもの。
直轄犬はシェパードなど7種と決まっていますが、
嘱託警察犬は審査会に受かればどんな犬種でもOK!
全国ではチワワやトイプードルの嘱託警察犬も
活躍していますよ。

合格すると9月から翌年の8月までの間、
嘱託警察犬として登録されることに。
事件が起こると出動要請があり、
現地へ飼い主自ら犬を連れて行って
容疑者の匂いを追うなどの捜査に協力します。

出動すると謝礼があり、1時間3200円。
夜の10時~翌朝5時までの間であれば
1時間4000円。
時間は出動要請の電話を切った直後から
捜査を終えて家に到着した旨を報告する電話を切るまでの、
平均約4時間。

事件はいつ起こるか分からないので
基本的に年中無休で24時間待機が望ましい(!)ですが、
そうはいっても難しいので
土日のみなどの出動希望もOK。

というのも釧路方面本部での今年の登録は7頭。
釧根管内では3頭、市内だと1頭のみという現状が!
今年の出動回数は既に16件で、
今の登録数では事件や行方不明事案などへ
対応するにはギリギリの数ということもあり、
釧路方面では少しでも多くの協力者を必要としているんです!

「警察犬がそんなに重要?」
と思う方もいるかもしれませんが、
警察犬は事件の初動捜査や行方不明事案には
欠かせない存在です。
全方向を探すのと決まった方向を探すのでは、
捜査の範囲が全然違ってきますよね~。

では嘱託警察犬になるための審査は、
どんな内容なんでしょう?
審査内容は2種類あります。
ひとつは匂いを追いながら遺留品などを見つけつつ、
全長約120メートルのコースを辿る『探索』。
もうひとつは審査開始時に嗅がされた匂いを
5つの布から探し当てる『臭気選別』です。
どちらか一方でも合格すると嘱託警察犬として登録され、
必要に応じて出動要請がありますよ。
審査料は、
審査の前に受ける犬の健康診断料約1000円のみ。
意外と手ごろに受けられるんですね!

独自で犬を訓練するのもいいですが、
プロにお任せするという方法も。
そこで札幌にある
マキドッグスクールに訓練内容などについて
話を伺ってみました。
こちらは日本警察犬協会公認訓練士がいる、
昭和39年創業の歴史ある訓練所。

嘱託警察犬になるためには
費用がどれくらいなのか聞いたところ、
そもそもよほどの才能がない限り、
一般家庭の犬が小犬の頃の訓練なしで
嘱託警察犬になるのは難しいとのこと!

ガーン…今からは警察犬を目指せないかも。
理想は満1歳になる前に
6ヶ月~1年間訓練所に預け(平均36万円くらい)、
その後も半年に1回(平均6万円)と
試験前に訓練を受けるスタイル。

小犬のうちに基礎的な服従訓練と、
人間の匂いを追う訓練で
鼻を使うクセをつけておくのだそう!
また鼻の利く血統というものがあり、
代々親を警察犬に持つ小犬は
訓練を始める前から人間の匂いを追ったりすることもあるんです。
そういった特殊な犬は
訓練所の紹介で飼うことができるとか。

警察犬を育てるには
意外と時間とお金が必要になってくるので、
最終的には飼い主さんの正義感が重要になってくるんですね。
しかし稀に警察犬としての才能を持つ犬もいるそうなので、
訓練して挑戦してもいいかも?

未来の釧路の平和を守るのは、アナタの犬かもしれない…!?

fit-P028-たしかめ隊

fit-P028-たしかめ隊1

【取材協力】
北海道警察釧路方面本部鑑識課
マキドッグスクール(札幌市)

【調査報告】
どんな犬種でも審査をパスすると、
嘱託警察犬として活躍する
ことができた!!

※記事の内容は、月刊fit2013年11月号掲載時点のものです。

じゅんかんコンビニについて
使い方など詳しく知りたい。       (大楽毛 H・Oさん)

 
一言だけ書かれていたこの依頼。
コンビニは分かりますが、じゅんかんって…?
移動販売車のようなものかと考えていた隊員が、
偶然ホーマック中園店近くの
足立産科婦人科医院の横を通りかかったときでした。
 
fit-P029-‚½‚µ‚©‚ß‘à
 

あ〜!!看板に書かれた
「じゅんかんコンビニ」の文字!
普通のコンビニエンスストアと全然違うんですが…
えっ、これのこと!?
看板には
「リサイクル・ポイント制」などの文字も。
無人のようですし、どんなところなんでしょう?
 

     ◆
 

『じゅんかんコンビニ24』は
リサイクル処理を専門とする㈱マテックが管理している、
古紙などの資源物を24時間受け付けている回収施設。
新聞などの古紙・ペットボトル・アルミやスチール缶・
鍋などの金属製品・携帯やパソコンの本体・
ゲーム機などの小型家電の6種類を持って行けば、
24時間いつでも回収してくれます。
専用カードを作ることで会員となり、
重さや種類に応じてポイントが貯まる仕組み。
種類によって違いますが
雑誌8kgで30ポイント程度です。
500ポイント貯まると、
500円分のQUOカードにしてくれるんですよ。
QUOカードなら色々な場所で使えますし、
嬉しいですね〜!
 
ペットボトルなどは溜まりがちなので、
気が付いたとき一気に捨てられるのも魅力的です。
けれど隊員は考えました。
違反する人や
全く関係ないゴミを捨ててしまう人もいるのでは?と。
 
でも、大丈夫!
実は『じゅんかんコンビニ24』には
至る所に監視カメラが設置してあり、
車のナンバーや人の顔を
係の人が24時間チェックしているんです!
監視カメラは
他にもリサイクルBOXが満杯になっていないか
確認する役目も。
これなら安心なわけですね。
 
では、さっそく具体的な使い方を見せちゃいますよ!

 
fit-P029-たしかめ隊2
 
fit-P029-たしかめ隊3
 
fit-P029-たしかめ隊4
 
fit-P029-たしかめ隊5
 
fit-P029-たしかめ隊6
 

【取材協力】
㈱マテック
 
 

【調査報告】
いつでも好きなときに利用できて、
ポイントを集めるとQUOカードがもらえる
便利な資源物回収施設だった!!
 
 
 

※記事の内容は、月刊fit2013年10月号掲載時点のものです。

新橋大通にある喫茶店の
パウリスタの外観に『1910』という
数字が書いてありました。
開業した年なんでしょうか?(中園町 A・Sさん)

 
そうなのでは?と思った隊員ですが、
考えてみると1910年は明治43年。
今から103年も前。
…歴史あるお店ですが、
さすがにそんな昔からはやっていないかも。
さっそく聞いてみました。
 
fit-P029-たしかめ隊
 
「ちょっとお聞きしたいんですが、
外壁の1910という数字は
パウリスタが開業した年のことですか?」
「いえ、あれは東京の銀座にある
パウリスタという喫茶店がオープンした年なんです」。
 

銀座の!?
急に東京の話が出てきて、ますます謎が深まります。
「詳しい話はマリーギャルソンのマスターに…」
とのことなので突撃することに。
 

     ◆
 

愛国にあるマリーギャルソンとパウリスタは、
実は姉妹店。
元々現在の北洋銀行釧路中央支店の裏にあった『
カフェ・デ・ジャルダン』というお店
(1977年創業)が本店でした。
 
オーナーは
現在のマリーギャルソン・マスターである佐々木さん。
釧路出身で東京の大学へ通っていた佐々木さんは
当時からコーヒー好きで、
大衆向けの喫茶店として
日本で初めて営業した
銀座のパウリスタがお気に入りの店でした。
 
その後釧路へ戻ってきてから喫茶店を始め、
1989年に2店舗目を構えるときに
『パウリスタ』という喫茶店の発祥でもあるお店と
同じ名前をつけようと決めたんだそう!
 
また銀座のパウリスタは
全国へコーヒーを広めたキーコーヒーの創業者が
関係していたお店。
キーコーヒーを扱うという関係もあって
お店の名前を同じにしたという経緯も。
 
なるほど~。
パウリスタという名前に思い入れがあって、
1910の数字が掲げられていたんですね。
お店に秘められた歴史あり!

 
【取材協力】
マリーギャルソン
カフェ パウリスタ
 
 

【調査報告】
銀座のパウリスタが
お気に入りだったオーナーがちなんでつけた、
喫茶店発祥の年号だった!
 
 
 

※記事の内容は、月刊fit2013年10月号掲載時点のものです。

私が住んでいる地域は
新興住宅のため町内会がありません。
町内会はどうやって作るの?        (昭和北 M・Sさん)

町内会というと、あたり前のように身近に感じていた隊員。
しかし、町内会がない地域があるなんて!
地域住民の中には「町内会に入りたい」
と思っている人もいるのではないでしょうか?
それに町内会はどうやって作るのか、確かに気になる!
早速『釧路市連合町内会』の会長さんに
お話しをうかがってきましたよ。

町内会の役割には、
地域の助け合いや、住みやすい環境作りがあります。
例えば、子どもたちを見守る防犯パトロールであったり、
街路灯の設置・管理を行うなどです。

町内会というと
ラジオ体操や盆踊りなど地域交流のイメージが強いですが、
それ以外にこのような活動をしているのですね。
釧路市で町内会がないのは昭和や文苑といった、
いわゆる『新興住宅街』と呼ばれる地区の一部。
このような地区が「町内会を作りたい!」と思った場合、
どのような手順が必要なのでしょうか?

町内会の作り方について聞いてみると
「まずは自分の地域を住みやすい環境にしたいという
思いが必要です」とのこと。

町内会作りは、
まず地域で抱える問題や課題を挙げていくことから始まります。
よく町内会を作るキッカケとなるのが
街路灯の設置。
確かに自分の家の周囲が暗く視界が悪いと、
危険を伴うことがあるので不安ですよね。

次に近所の人々へ声をかけて発起人を集います。
安心して暮らせる地域作りに、
より貢献してくれる人を探すことが大切ですよ。
発起人は一世帯につき一名で、平均して5〜6人ほどが必要です。

発起人が集まったら、町内会の範囲を定めます。
範囲は最大、町内会が重複しない同じ地区。
範囲が決まったら地域の人々に声をかけていきます。
町内会がない地域同士で設立しようとした場合、
極端にいえば昭和の端と端の世帯だけで一つ作ることが出来ます。
しかし近い方が何かと連絡を取りやすいので
あまり現実的ではありませんね。

ちなみに昭和と文苑などでは、
地区が違うので作ることが出来ません。
このとき同じ地区に町内会へ属していない世帯があれば、
町内会へ誘いましょう。
加入世帯数がどんどん増加するのは構いませんが、
もし人数が集まらなければ
発起人として集まった人達だけで作ることも可能。
ですが町内会を発展させ、
少しでも住みよい地域に改善していくには、
やはり人の力が必要になってきます。

例えば加入世帯が多いほど、
経費の負担も軽くなりますよね。
なので加入世帯を増やすには、
町内会活動を知ってもらう
チラシやポケットティッシュなどを利用しながら、
効果的に呼び掛けていくのがポイントですよ。

最後に集まった人たちで、設立総会を開きます。
設立総会では主に約束事や事業計画・予算について
話し合います。
そのためには町内会の活動内容に合わせた部が必要となり、
各部の部長・副部長も決めます。
部には『街路灯などの事業計画や予算を管理する総務部。
交通安全や事故防止を呼びかける防災交通安全部。
ボランティア活動を行う福祉部。
緑化運動や環境の美化に努める保健環境部。
子どもの安全パトロールを行う青少年部。
高齢者の手助けを行う婦人部。
広報誌の発行をする広報部。』などがあります。

ここまでの過程を終えたら『地区連合町内会』・
『釧路市連合町内会』に加盟し手続きをします。
これで町内会の完成です!
この工程を一人で行うことも出来ますが、
『釧路市連合町内会』に相談してもOK。
丁寧にアドバイスをしてくれるので、
スムーズに町内会作りが出来ますよ。
町内会作りは結構大変なので、
最初の「自分の地域を住みやすい環境にしたい」
という思いが大切になってくるんですね。

そんな町内会ですが、
残念ながら釧路市内の加入率は全道で最下位に近いのだとか。
しかし、町内会費以上に楽しめる焼肉パーティーや
生け花教室を開催している町内会もあるんですよ!

さらに災害時に備えた応急手当の講習会などもあり、
いざというときに役立ちます。
町内会を上手く活用することで、
充実した生活を送れるのですね!
なお『釧路市連合町内会』では
10月に『町内会加入促進強調月間』を実施しています。

町内会について、気軽に相談してみては?

【取材協力】
釧路市連合町内会
釧路市幸町3-3
釧路市観光国際交流センター内
(0154)23-5151

 

 

【調査報告】
町内会づくりは地域住民がより良い生活環境を
整える為に協力して作り上げられるものだった!

 

 

※記事の内容は、月刊fit2013年10月号掲載時点のものです。

ハーベストチャーチという教会の窓に
料理教室の張り紙があったのですが…
詳しく教えてください。         (釧路町 R・Sさん)

 
依頼を受けた隊員はとある日曜日、
礼拝を行っているという時間に合わせて
ハーベストチャーチへお邪魔。する
と料理教室の先生である奥様にお話を聞くことに成功。
どうやら張り紙の通り料理教室が開かれている模様です。
後日、教室の開催日が近いということで隊員も参加することに…。
 

     ◆
 

料理教室は月に一度行われています!
先生が事前に生徒へメールを送り、
出席数が多い日に料理教室を行うそう。
生徒は全員で13名いるそうですが、毎月の参加は自由。
平均して7人ぐらいが集まります。
月謝は料理教室へ行ったときのみ、
1000円を支払えば良いのだとか。
 
料理は主食とおかずを作ることが多いですが、
デザートを作る月も。
レシピは家庭で簡単に作れるものにこだわり、
手に入りやすい食材で
健康や美容に良い料理を作っていきます。
例えば、お邪魔した際に作っていたベークドチーズケーキは、
クリームチーズを使用せず豆腐を使用することで
ヘルシーに仕上げているそうです。
 

この料理教室を始めたのは5~6年前のこと。
キッカケは毎年教会で行っているクリスマスパーティー。
そこでバイキング形式に料理を並べて振る舞ったところ、
お客さんに
「美味しくて見た目も華やかだけど、どうやって作るの?」
と聞かれたんだとか。
そこで
「意外と簡単にできるものだから、教えられるかも」と思い、
教室を始めたそう!
また教会を地域の方のコミュニティの場にしたいと考えて
料理教室を続けています。
和やかな雰囲気のなか
生徒の皆さんも楽しそうに料理を作っていましたよ。
 
fit-P023-たしかめ隊1
 
【取材協力】
釧路ハーベストチャーチ
釧路市昭和南4-33-8
0154-51-8615
 
【調査報告】
和やかな雰囲気のなか、誰でも華やかな料理が
簡単に作れるようになる教室だった!
 
 
 

※記事の内容は、月刊fit2013年9月号掲載時点のものです。

毎朝、柳町公園の噴水前を通ると、
大人数でラジオ体操が
行われていて気になっています。
どういう集まりなの? (中園町T・Mさん)   

大人数とは一体どれほどのもの?
早速、隊員もラジオ体操が行われる朝の6時30分に、
柳町公園の噴水前にお邪魔してみることに。
すると開始時間に合わせて公園内で
パークゴルフやウォーキングをしていた人々が、
その足を止めて集まって来たではありませんか。
さらに外からも人が続々と集まり、
総人数はなんと50名ほどに!
一体どういう集まりなの?謎が深まります…。

fit-P023-たしかめ隊

ラジオ体操終了後、
現在ラジオを管理している梅岡さん・今さん・川添さんと
このラジオ体操を始めた永田さんに
詳しいお話をうかがってみました。

この場所でラジオ体操が始まったのは平成12年のこと!
毎年5月〜10月の期間中、土・日に関係なく
毎朝行われており、雨の日はお休みです。
特に誰かが音頭を取っているのではなく、
その時その場にいて参加したい人が気軽に加わるスタンス。
隊員が初めてお邪魔した際も、
自然と参加しやすい雰囲気でしたよ。

ラジオ体操を柳町公園で始めた当初は、
たった3名ほどで行っていました。
しかし、回数を重ねるうちに1人・2人と人数が増えていき、
平均して20名の人々が集まるように。
さらに「今年に入ってから、
何故か急に人数が増え50名ほどになったんだよね」と梅岡さん。
中には車で来る人もいるので、
住んでいる地区に関係なく
朝のラジオ体操から友人が出来た人もいるそうですよ。
ラジオ体操に来ていた人が労災病院に入院した際には、
窓越しからラジオ体操に参加していたことも。

このラジオ体操を始めた永田さんは、
元々中園公園で町内会が行う
夏休みのラジオ体操に参加していました。
あるとき「夏休みだけでなく毎朝ラジオ体操がしたい。
それに健康にも良いのでラジオ体操の良さを
もっとたくさんの人に知ってほしい」と思ったそう。
それから釧路町や堀川町の公園など
「もっと誰でも気軽に参加出来る公園はないか」と、
様々な場所へ足を運んでラジオ体操をしてみました。
そんな中「最高の場所だ」と惚れ込んだのが柳町公園!
そしてこの公園に決めたのです。

確かに柳町公園は舗装がされており緑も豊かで、
ラジオ体操をする場所にピッタリですよね。
夏休みになるとラジオ体操の管理が町内会になり、
住んでいる地区問わず子ども達やその保護者も来るそうです。
今年は80人ぐらいになったんだとか。
隊員も久しぶりに早起きをして、
朝の空気に触れたら
スッキリと気持ちの良い一日がスタート出来ましたよ。

【調査報告】
ラジオ体操は気軽に参加しやすい雰囲気から、
様々な場所から参加者が集まって
きていた!

 

 

※記事の内容は、月刊fit2013年9月号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 17 18 19 Next