‘ビストロfit お菓子編’ カテゴリの記事

コロンとかわいいマカロンは、大人気のスイーツ!
色粉を変えると、カラフルにできますよ♪

メレンゲをつぶさないように注意しながら、生地と混ぜるのがコツ!


材料(10個分)

  • アーモンドパウダー
  • 粉砂糖
  • 卵白
  • 赤色粉
  • フルーツチョコ
  • A 卵白
  •  乾燥卵白
  •  グラニュー糖
  • B 水
  •  グラニュー糖

準備

  • 天板にオーブンペーパーを敷く。オーブンを160℃に予熱しておく。

作り方

  1. ボウルに、アーモンドパウダーと粉砂糖を合わせて2度ふるい、卵白を加えてゴムベラでしっかり練る。
  2. Aを別のボウルに入れ、ハンドミキサーで泡立て始める。
  3. 小鍋にBを入れて弱火で熱し、117℃になったら2にボウルの縁から糸状に加え、泡立てる。角の立つしっかりしたメレンゲを作る。水に溶いた赤色粉を加え軽く混ぜる。
  4. 3を1に入れ、ヘラで生地をボウルの底に押し付けるようにし、ツヤが出るまで混ぜる。(マカロナージュをします)
  5. 絞り袋に1cmの丸口金を付け、4を入れる。天板に20個絞り、表面を触って指につかなくなるまで乾燥させる。
  6. 130℃のオーブンで、15分焼く。粗熱が取れたらオーブンペーパーをはずし、冷ます。
  7. 冷ました6(10個分)にフルーツチョコをのせ、オーブンの余熱で溶かす。溶けたら残りの6を上にのせ、サンドしたら完成。

マカロナージュが命!です。Try and Brush up!



絞り袋で500円玉くらいの大きさに!


今回レシピを教えてくださったのは、クッキングサロン『YAMAKA』でパン教室を開いている製菓
衛生師の山本若恵先生です。パンとお菓子が専門で、「楽しく作る!」がモットーの明るい先生ですよ。
※今回使用した生ホイップ・ケーキの飾り他材料は、クッキングサロン『YAMAKA』で販売しております。


記事の内容は月刊fit2010年7月号掲載時点のものです。

今年のバレンタインは、チョコレートムースで想いを伝えませんか?
とろけるような滑らかさと軽い食感に、きっと彼もメロメロ!

「ムースは難しそう…」と思うかもしれませんが、ビックリするくらい簡単に作れますよ。
冷凍保存もOKです!


材料(18cmセルクル型 1台分)

  • 下敷き用ココアスポンジ(厚さ2cm) 1枚
  • クーベルチュールチョコ(ミルク) 100g
  • 卵白 80g
  • グラニュー糖 10g
  • 生クリーム 200cc
  • 粉ゼラチン 5g
  • 水 25cc

準備

  • 水25ccに粉ゼラチンを振り入れ20分置き、吸水させる。セルクル型にスポンジを敷いておく。

作り方

  1. 生クリームは7分立て(ヨーグルトを溶いたくらいの固さ)に泡立てる。
  2. チョコレートは60℃のお湯で湯せんにかけ、中心まで熱を伝えて溶かす(かき混ぜて無理に溶かそうとしないこと)。ゼラチンも湯せんにかけて溶かし、チョコレートと合わせる。
  3. 生クリームの1/4量を2に入れて混ぜ、なめらかになったら残りの生クリームを合わせる。
  4. 卵白を溶いて砂糖を加えてメレンゲを作り、3に2~3回に分けて泡を潰さないように加える。(メレンゲを全体に広げてから混ぜるのがコツ!)
  5. 予め準備しておいた型に4を流し入れ、冷蔵庫で1~2時間冷やし固める。
  6. 表面にココアを振り、お化粧をして出来上がり♪


今回レシピを教えてくださったのは、クッキングサロン『YAMAKA』でパン教室を開いている製菓
衛生師の山本若恵先生です。パンとお菓子が専門で、「楽しく作る!」がモットーの明るい先生ですよ。
※今回使用した生ホイップ・ケーキの飾り他材料は、クッキングサロン『YAMAKA』で販売しております。


記事の内容は月刊fit2010年1月号掲載時点のものです。

中性脂肪やコレステロールを抑える働きがある、そば粉とりんごを使ったマフィンをご紹介します。
とってもヘルシーな一品ですよ!

材料を混ぜてオーブンで焼くだけの、簡単レシピ♪


材料(カップ14個分)

  • 薄力粉 300g
  • そば粉 100g
  • ベーキングパウダー 5g
  • 重曹 4g
  • 全卵 4個
  • 砂糖 240g
  • サラダ油 100g
  • 牛乳 60cc

りんごのソテー

  • りんご 2個(中サイズ)
  • バター 30g
  • 砂糖 30g
  • レモン汁 大さじ1

準備

  • 薄力粉・そば粉・ベーキングパウダー・重曹を混ぜ合わせ、よくふるっておく。

作り方

  1. りんごは皮をむき、イチョウ切りにする。バターと砂糖でソテーし(柔らかくしすぎないように注意)、レモン汁を加えて冷ます。
  2. ボウルに全卵・砂糖を入れ、ハンドミキサーでもったりするまで混ぜる。その後牛乳を加えて混ぜ、サラダ油を入れてよく混ぜ合わせる。
  3. 2にふるった粉と1を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる(混ぜすぎると粘りが出て硬くなるので注意!)。
  4. 3をカップに入れ、予め180℃に熱したオーブンで25分〜30分焼いたら出来上がり。

今回使用したそば粉他材料は、クッキングサロン『YAMAKA』でも販売しております。


記事の内容は月刊fit2009年11月号掲載時点のものです。

今回は、ふっくらおいしい肉まんじゅうのレシピを紹介します。
あんまんは、丸めたこしあん(30g)を包むと作れますよ!

材料<皮>(約40個分)

  • 薄力粉 600g
  • 強力粉 300g
  • 水 500g
  • コーヒー用ミルク(粉末タイプでも可) 100g
  • ラード(なければサラダ油) 30g
  • ドライイースト 大さじ1
  • ベーキングパウダー 大さじ1
  • 塩 少々
  • 砂糖 大さじ2

※上記分量で肉まん・あんまん各20個ずつ作れます。
ご家庭に合わせて分量を調整して下さい

材料<具材>(約20個分)

  • 豚ひき肉 300g
  • キャベツ 300g
  • たけのこ 150g
  • 銀杏(コーン・グリーンピースでも可) 100g
  • しいたけ 2枚
  • ニラ 20g
  • しょう油 大さじ5
  • 酒 大さじ5
  • 砂糖 大さじ8
  • ごま油 少々

皮を作る

  1. 水(ぬるま湯)にイースト・塩・砂糖・コーヒー用ミルク・ラードを入れ、かき混ぜる。
  2. 1に薄力粉と強力粉を加え、約1時間発酵させる(ボウルなどにラードを塗ってラップをする)。
  3. 発酵させて2にベーキングパウダーを均等にまぶし、5〜7分ほどよくこねる。

肉まんじゅうの作り方

  1. 肉(150g)を炒め、しょう油・酒(各大さじ2)・砂糖(大さじ3)を加えて冷やしておく。
  2. キャベツは1cm角に切り、他の野菜は荒みじん切りにする。
  3. 2の野菜(ニラ以外)を炒め、しょう油・酒(各大さじ2)・砂糖(大さじ3)を加えて味を付け、冷やしておく。
  4. 残りの肉(150g)にしょう油・酒(各大さじ1)・砂糖(大さじ2)・ごま油を少々加える。1と3とニラを合わせ、よくかき混ぜて冷やしておく。
  5. 皮を50〜60gの大きさに切り分け、4を包む。セイロで12〜13分間蒸したらできあがり。
    ※電子レンジの蒸し機能を使用すると、生地がふくらみません。

ポイント! 皮に具材を包むときは、 親指と人さし指で “つねる感じ”で つまんで!

レシピを教えてくださったのは、本格中華料理やオリジナルメニューが楽しめる『中国料理 志仙』(釧路市新栄町13-13)です。
今回使用した「肉まんじゅう」の材料は、クッキングサロン『YAMAKA』で購入しています。


記事の内容は月刊fit2009年9月号掲載時点のものです。

今回は、小麦粉の代わりに『米粉』を使ったロールケーキを紹介します。
シフォンケーキのような、しっとりした食感が楽しめますよ♪

米粉にはグルテンが入ってなく、小麦粉アレルギーの人におすすめ。
小麦粉の代わりに使用する時は生地を少し休ませ、粉の5%の水分を加えるとしっとりします!

材料(天板25cm×29cm×3cm)

  • 卵(Lサイズ)  2個(120g)
  • 米粉(国産) 45g
  • 黒すり胡麻 10g
  • 蜂蜜 小さじ1/2
  • 牛乳 小さじ1
  • ごま油 小さじ1/2
  • シロップ(砂糖1:水1) 50cc
  • グラニュー糖 10g
  • 生クリーム 80cc
  • 栗の甘煮 8粒

準備

  • 2枚重ねた天板にオーブンペーパーを敷く。オーブンは170℃で予熱しておく。

作り方

  1. ボウルに卵をほぐし、砂糖を加える。泡立て器の中に収まる硬さになるまで、しっかりと泡立てる。
  2. 黒すり胡麻と米粉をよく混ぜ合わせ、1にさっくりと合わせる。
  3. 小さな器に蜂蜜・ごま油・牛乳を入れて熱し、2に手早く加える。
  4. 2枚重ねの天板に3の生地を入れ、ナイフなどで表面を平らにする。
    霧吹きで水分を均等に行き渡らせた後、オーブンで焼く。
    (電気オーブンは180℃-10分〜12分、ガスオーブンは170℃-10分)
    ※使用機種によって増減あり
  5. 焼き上がったらシロップを表面に塗り、乾かないようにビニール袋でカバーして冷ます。
  6. 生クリーム・砂糖を泡立て、5に薄く塗る。刻んだ栗を散らしてロールする。
  7. 6を均等に切り、ホイップクリームと栗を飾ったら完成。


今回レシピを教えてくださったのは、クッキングサロン『YAMAKA』でパン教室を開いている製菓衛生師の山本若恵先生です。パンとお菓子が専門で、「楽しく作る!」がモットーの明るい先生ですよ。
※今回使用した米粉などの材料は、クッキングサロン『YAMAKA』でも販売しております。


記事の内容は月刊fit2009年6月号掲載時点のものです。

今回は、手軽に作れるパイケーキをご紹介します。
とっても華やかなので、クリスマスのホームパーティーにも最適ですよ!

30分ほどで作れる、簡単レシピです♪


材料(10cm×10cm・6個分)

  • 冷凍シート(ミニパイピークス) 6枚
  • 〈フィリング〉
    • かぼちゃペースト  200g
    • 砂糖 35g
    • 無塩バター 30g
    • 卵黄 1/2個
    • 洋酒 小さじ1
    • ナツメグ 適量
    • シナモン 適量
    • バニラオイル 適量
    • 塩 適量
  • ホイップクリーム(A)
    • ホイップパウダー 30g
    • 砂糖 小さじ1
    • 牛乳 40cc
  • 栗の渋皮煮(むき甘栗でも可)  適量
  • かぼちゃの種 適量

準備

  • オーブンは230°Cに予熱しておく

フィリングを作る

  • かぼちゃペーストは室温に戻し、砂糖を加えて小鍋にかける。
    鍋底に薄い膜が張ったらバター・塩を加える。
    卵黄を入れて2分ほど火を通し、香辛料・洋酒を加えて冷やしておく。

作り方

  1. 5分ほど室温に置いた冷凍パイピークスにフォークで穴を開け、冷凍庫で15分休ませる。
  2. 1の表面に卵を塗る。230℃のオーブンで5分焼いた後、180℃に下げて10分焼く。焼き上がったら金網に乗せて冷ましておく。
  3. ボウルにAを入れ、底に氷を当てながら泡立てる。
  4. パイの上にクリームを「大さじ2」ずつのせ、フィリングをモンブラン口金を付けた袋で絞る。栗の渋皮煮・かぼちゃの種を飾ったら、出来上がり。


今回レシピを教えてくださったのは、クッキングサロン『YAMAKA』でパン教室を開いている製菓衛生師の山本若恵先生です。パンとお菓子が専門で、「楽しく作る!」がモットーの明るい先生ですよ。
※今回使用したミニパイピークス・かぼちゃペースト・ホイップパウダー他材料は、クッキングサロン『YAMAKA』でも販売しております。


記事の内容は月刊fit2008年11月号掲載時点のものです。

今月は、米粉を使った山食パンをご紹介します。このレシピではパン作りに欠かせない『一次発酵』とオーブンの予熱が必要ないので、手早く作れますよ。ぜひお家でチャレンジしてみてくださいね♪

焼きあがりにバター(もしくは卵)を塗ることで、より美味しくなりますよ。

材料(19cm×10cm×8cm型 1本分)

  • パン用上新粉(米粉) 300g
  • 砂糖 18g
  • 塩 6g
  • スキムミルク 10g
  • ドライイースト 6g
  • バター 20g
  • 水 230cc強
     (生地が乾くため少し多めに)

作り方

  1. ボウルにパン用上新粉・砂糖・塩・スキムミルク・ドライイースト・常温で柔らかくしたバターを入れ、均一になるよう手で混ぜる。
  2. 1が混ざったら水を少しずつ加え、さらによく混ぜる。(耳たぶより柔らかいくらい)
  3. 2をまとめて、台の上にのせる。伸ばしたり叩きつけるなどして、15〜20分くらいよくこねる。

    はじめは、生地が台にこびりつきます。つかなくなるまでこねましょう!


  4. 3の表面がなめらかになったら、2等分して軽く丸める。生地に濡れ布きんをかぶせ、15〜20分くらい休ませる(ベンチタイム)。
  5. バターを型の内側に塗る。4を丸め直して型に入れ、発酵させる(型から約1cmはみ出るまで)。

  6. 5をオーブンに入れ、ガスオーブンなら170℃/電気オーブンなら180〜190℃で40分間焼く(濃いきつね色になるまで)。
  7. 焼けた6を型からはずし、表面にバターを塗る。粗熱をとったら出来上がり。

今月レシピを教えてくださったのは、中塚恵子先生です。道新文化センターの講座「焼きたてパンでおいしい食卓」の講師をされているほか、もともとお菓子屋さんだったというご自宅でも、お菓子やパンの教室を週2回開いています。


記事の内容は月刊fit2008年9月号掲載時点のものです。

今月のレシピは、日本に古くから伝わる和菓子『水無月』です。
一般的には薄力粉を使いますが、米粉を代用すると白く・キレイに仕上がります。
材料を混ぜて蒸すだけなので、誰でも簡単に作れちゃいますよ♪

一晩置くと固くなりますが、蒸しなおせば美味しく食べられます。


材料(13cm×15cm型)

  • 白玉粉 15g
  • 水 135cc
  • くず粉 23g
  • 米粉(リファリーヌ) 53g
  • 砂糖 105g
  • 甘納豆(小豆) 70g

みつ (仕上げに艶を出すためのもの)

  • 砂糖 50g
  • 水 50cc

みつを作る

  1. 鍋に砂糖と水を入れ、ひと煮立ちさせる。
  2. 火を止めて、冷ましておく。

作り方

  1. 白玉粉を入れたボウルに、水を少しずつ加えながら混ぜる。
  2. 1の水が半分になったら、くず粉を加える。粉が溶けたら残りの水を入れ、よく混ぜる。
  3. 2に米粉と砂糖を加えて混ぜ、裏ごしする。

    裏ごしをすると、仕上がりがキレイになります!


  4. クッキングペーパーを敷いた型に3を2/3だけ流し込み、15分蒸す。
  5. 4の上に甘納豆を散らし、余った生地を流し入れてさらに20分蒸す。
  6. 蒸し上がった5を、型から外す。みつを上面に塗って、冷ます。
  7. 6を四つ切りにし、さらに三角形に切る。皿に盛りつけたら出来上がり。

今月レシピを教えてくださったのは、中塚恵子先生です。道新文化センターの講座「焼きたてパンでおいしい食卓」の講師をされているほか、もともとお菓子屋さんだったというご自宅でも、お菓子やパンの教室を週2回開いています。


記事の内容は月刊fit2008年6月号掲載時点のものです。

冷凍パイ生地(パイエース)を使った、5種類のメニューをご紹介します。
どのレシピも、パイ生地は冷凍の状態から使って下さいね。


マスカルポーネクリームのミルフィーユ


材料

  • 冷凍パイ生地(パイエース) 1枚
  • マスカルポーネチーズ 100g
  • 卵黄 1個
  • グラニュー糖 20g
  • 生クリーム(八分立てしたもの)  50cc
  • カステラ(市販) 2切れ
  • 苺(スライスしたもの)  10粒分
  • 粉糖  適量
    • エスプレッソコーヒー液(抽出したもの) 大さじ3
    • (あれば)コーヒーリキュール  大さじ2

準備

  • オーブンは余熱しておく。

作り方

  1. グラニュー糖と卵黄を合わせて、湯せんにかける。人肌になったら湯せんから外してよくホイップし、マスカルポーネチーズと合わせる。さらに、生クリームと混ぜる。
  2. カステラはそれぞれ1cmの厚さに切り、ハケでAを塗る。
  3. 冷凍パイ生地にフォークで穴を空け、230℃のオーブンで5分焼く。その後上下を返して2分焼き、さらに180℃で8分焼く。
  4. 3の粗熱をとったら、表面に粉糖をふりかけて横からナイフを入れ二等分する。
  5. 『パイ生地・1で作ったクリーム・苺・カステラ・苺・1で作ったクリーム・パイ生地』地』の順に層を作ったら、できあがり。

風車


材料(2個分)

  • 冷凍パイ生地(パイエース・9cm×9cm角にカットしたもの) 2枚
  • 卵液(溶き卵)  1個分
  • 粉チーズ・黒コショウ・クルミ 各適量

作り方

  1. 冷凍パイ生地に卵液を塗り、4つ角に深い切り込みを入れる。
  2. 1に粉チーズ・黒コショウをふる。折り紙の『風車』を折る要領で四隅をつまみ、中央に合わせ重ねる。
  3. 2の重なった部分に、上からクルミを強く押し付ける。230℃のオーブンで10分焼いたら、出来上がり。

ブッシェ


材料(2個分)

  • 冷凍パイ生地(パイエース) 1枚
  • 卵液(溶き卵) 1個分
  • ホイップクリーム  適量
  • 苺・キウイなど  各適量

準備

  • 冷凍パイ生地を菊型(大)で2枚くり抜く。1枚はフォークで穴をあける。もう1枚は菊型(小)でくり抜き、ドーナツ状の生地を残し卵液を塗る。塗った面が重なるように、2枚を重ねる。

作り方

  1. 準備で作った冷凍パイ生地を230℃で5分、その後200℃で再度8分焼く。
  2. 焼きあがった1にホイップクリーム・苺などを飾り付けたらできあがり。

サクリスタン


材料

  • 冷凍パイ生地(パイエース・『風車』などで余った生地) 適量
  • シナモンシュガー 適量

作り方

  1. 余った冷凍パイ生地を重ねてシナモンシュガーをふり、2mmの厚さに伸ばす。
  2. 1を2cm幅に切って両端を2度ひねったら、冷蔵庫で20分休ませる。
  3. 230℃のオーブンで7分焼いたらできあがり。

ソーセージロール


材料

  • 冷凍パイ生地(パイエース・『ブッシェ』レシピで余った菊型の生地) 数枚
  • ソーセージ 数本
  • 卵液(溶き卵) 1個分
  • (お好みで)黒ゴマ 少々

作り方

  1. 冷凍パイ生地を2mmの薄さに伸ばし、ソーセージを巻く。
  2. 1に卵液を塗り、(黒ゴマをふったら)冷蔵庫で20分休ませる。
  3. 230℃のオーブンで7分焼いたら、できあがり。

記事の内容は月刊fit2008年2月号掲載時点のものです。