釧路町公民館で「子ども一人でも入れる食堂」と書かれた
ポスターを発見。具体的にどんな食堂なのか確かめて! (釧路町 R・Yさん)

一般的に大人が利用するような渋い食堂のイメージと子どもが結びつかず、困惑する隊員。
一体、どのような食堂なのでしょう?
釧路町河畔7ー52ー1にある『釧路町公民館(遠矢支所)』でポスターを見てみたところ、連絡先の記述が。
問い合わせをして、後日詳細をうかがってきました~。
      ◆
『くしろ子ども食堂~いただきます~』は、毎月第2月曜日の15~19時に釧路町公民館2階会議室で開かれています!
ここで食事をいただけるのはもちろん、絵本の読み聞かせや、体を動かすミニゲームも行われているんです。
例えるなら「夜ご飯が食べられる児童館」といったところでしょうか。
子どもを対象にした食堂ですが、大人も利用OK。
ただし、食堂の運営者と一緒に子どもを見守りながら食事をするのが条件です。
利用するには事前予約が必要で、料金は高校生以上300円・小中学生100円・幼児無料となっています(各税込)。
『くしろ子ども食堂~いただきます~』は、今年の4月11日に第一回目が開催されたばかり。
運営をしているのは、釧路町協働のまちづくり活動団体『きずなネットワーク』。
代表の加藤さんをはじめ、釧路町や市内に住む主婦6名が活動メンバーです。

fit-P030-たしかめ隊

なぜ、この度「子ども一人でも入れる食堂」を設けたのかというと、
目には見えない問題を抱える子どもや家族の支えになりたかったから。
昔に比べると、物がありふれており一見豊かそうに感じる現代。
しかし全国的に見ると、子どもの貧困率は年々上昇しているんです。
父子・母子家庭はもちろん、夫婦共働きでも経済的に苦しい家庭があります。くしろも例外ではありません。
「親の仕事を気遣い、毎晩インスタント食品で夕食を済ませていたり、一人きりで不安な思いを抱えながら
留守番をする子どもに寄り添えたら…」そんな思いで『くしろ子ども食堂~いただきます~』は誕生したんです。
手作りで栄養バランスが考えられた食事の提供をはじめ、地域の大人に見守られながら安心して過ごせる場所は、
子どものみならず悩みを抱えた親御さんにも心強い存在ですよね。

fit-P030-たしかめ隊

メニュー構成は主に、メインの食事・スープ・デザートといった内容で、野菜を中心に摂れるよう意識しています。
過去にはチキンカレーライス・野菜コンソメスープ・フルーツポンチなどが登場していますよ。
近日の開催日時は6月13日。
電話をはじめ、メール【coco-711614@docomo.ne.jp】・フェイスブックでも予約の受付をしているので、
気軽に問い合わせしてみて♪

fit-P030-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2016年6月号掲載時点のものです。

Leave a Reply