今月は、米粉を使った山食パンをご紹介します。このレシピではパン作りに欠かせない『一次発酵』とオーブンの予熱が必要ないので、手早く作れますよ。ぜひお家でチャレンジしてみてくださいね♪

焼きあがりにバター(もしくは卵)を塗ることで、より美味しくなりますよ。

材料(19cm×10cm×8cm型 1本分)

  • パン用上新粉(米粉) 300g
  • 砂糖 18g
  • 塩 6g
  • スキムミルク 10g
  • ドライイースト 6g
  • バター 20g
  • 水 230cc強
     (生地が乾くため少し多めに)

作り方

  1. ボウルにパン用上新粉・砂糖・塩・スキムミルク・ドライイースト・常温で柔らかくしたバターを入れ、均一になるよう手で混ぜる。
  2. 1が混ざったら水を少しずつ加え、さらによく混ぜる。(耳たぶより柔らかいくらい)
  3. 2をまとめて、台の上にのせる。伸ばしたり叩きつけるなどして、15〜20分くらいよくこねる。

    はじめは、生地が台にこびりつきます。つかなくなるまでこねましょう!


  4. 3の表面がなめらかになったら、2等分して軽く丸める。生地に濡れ布きんをかぶせ、15〜20分くらい休ませる(ベンチタイム)。
  5. バターを型の内側に塗る。4を丸め直して型に入れ、発酵させる(型から約1cmはみ出るまで)。

  6. 5をオーブンに入れ、ガスオーブンなら170℃/電気オーブンなら180〜190℃で40分間焼く(濃いきつね色になるまで)。
  7. 焼けた6を型からはずし、表面にバターを塗る。粗熱をとったら出来上がり。

今月レシピを教えてくださったのは、中塚恵子先生です。道新文化センターの講座「焼きたてパンでおいしい食卓」の講師をされているほか、もともとお菓子屋さんだったというご自宅でも、お菓子やパンの教室を週2回開いています。


記事の内容は月刊fit2008年9月号掲載時点のものです。

Comments are closed.