鳥取の住宅街にオシャレな食器屋さんがあるらしいのですが、探しても見つからず…。ぜひ探し出してほしいです! (昭和中央 H・Yさん)

オシャレな食器屋さんと聞くと目立ちそうなものですが、見つからないのはなぜ?
依頼主のH・Yさんにお電話してみたところ「外観では分かりにくい、隠れ家的なお店らしいんです。
一点もののオシャレな食器を販売しているそうなんですが…」とのこと。
この情報を頼りに、聞き込みと調査を続けていたところ、何やらそれらしきお店のホームページを発見!
記載している住所も鳥取なので間違いなさそうです。
早速、現地へ。
なんと、たどり着いた場所は一般住宅!看板もないので、見つからないのも納得です。
敷地内に足を踏み入れると、住宅に隣接した小さな建物から女性が出迎えてくれました。
      ◆
釧路市鳥取北4‐12‐3にある『Norah』は、作家が手掛けた器と生活雑貨を販売しているセレクトショップ。
営業時間は水~土曜日の11~17時まで。
住宅の一部を改装した店内では、常時8名ほどの作家の作品を取り扱っています。
また年に数回、期間限定で一人の作家の作品に絞った展示・販売を行う、企画展も開催していますよ。
店主である高橋加奈さんが『Norah』をはじめたキッカケは、器好きである母の影響から。
というのも、実は昨年まで母である慶子さんが、年に数回この場所で企画展を行っていたんです。
高校時代に器や工芸品の魅力にひかれ、収集をはじめた慶子さん。
器を通じて全国各地に知り合いができたことから「くしろでも器を好きな人同士が交流できる場所をつくり、
自らも器の魅力を発信していきたい」と19年前に自宅で『ぶらり慶』をOPENしたんです。
そんな慶子さんの姿を見ているうちに、自然と娘の加奈さんも器の魅力にひかれていったのだとか。
そして一年半ほど前に、オンラインショップ限定で『Norah』を開業し、
今年5月に慶子さんからスペースを譲り受けるかたちで店舗販売もスタートしたんです。
開店してから日が浅く、納得のいく看板が作れていないため、今のところホームページでのみ
店舗情報を公開しているそう。
隠れ家的な食器屋さんの真相は、器に魅せられた親子が作り上げた素敵な空間でした!

fit2016-12月号-P048

fit2016-12月号-P048

fit2016-12月号-P048

fit2016-12月号-P048

※記事の内容は、月刊fit2016年12月号掲載時点のものです。

Leave a Reply