現在建て替え工事中の温根内ビジターセンターが、どんな建物になるのか知りたいです。(鶴居村T・Yさん)

鶴居村温根内に位置する温根内ビジターセンター。
周辺の木道や鶴居軌道で観察できる動植物や釧路湿原についての
情報発信などを行っており、利用したことがある人も多いのでは?
実は今年5月から建て替え工事を行っている最中なんです。
どんな建物になるのか詳しく調査してきました!
      ◆
建物は来年春の完成を目指しており誰もが利用しやすく、
湿原をより身近に感じることができる施設へと生まれ変わります!
それでは、具体的にどのような施設になるのかご紹介していきましょう。
新施設ではバリアフリーを積極的に取り入れ、多言語に対応できるような
設備が整えられています。
例えば車いす専用の通路がある出入口を設けたり、木道利用のマナーや
見どころなどが一目で分かるイラストの案内を充実させるんです。
さらに様々なシーンで利用できる、休憩スペースやレクチャールームもありますよ。
このように機能面で便利になることはもちろん、メインとなる展示内容も一新されます。
新しい展示室は、従来に比べ3倍ほどのスペースに拡大!
釧路湿原の代表的な生きものや湿原と人との関わりについての紹介パネルなど、
様々な資料を展示します。
さらに木道や鶴居軌道で見られる動植物の情報をリアルタイムで発信していきますよ。
また体験型の展示もあり、例えば「湿原の落とし穴」と言われている『やちまなこ』
の中を体感できるようなものなどを制作予定です。
展示を見てから実際に木道や鶴居軌道を歩くことで、より湿原を身近に感じたり、
様々な発見ができるなど楽しみが広がるというわけなんですね。
今回建て替えに至った理由は、築25年が経ち建物の老朽化が進んでいたことと、
外国人や学校教育など、多様化する利用者ニーズに応えられるようにするため。
4年前から環境省・鶴居村・ビジターセンタースタッフなどで話し合いをすすめ、
誰もが利用しやすいような施設を目指して建て替えの計画をすすめてきたんです。
新施設の開館日は決まり次第ホームページ【http://hokkaido.env.go.jp/kushiro/】
で情報を公開予定。
ぜひ春になったら湿原の散策とともに立ち寄ってみては?

fit9-P034-たしかめ隊

fit9-P034-たしかめ隊

fit9-P034-たしかめ隊

fit9-P034-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2017年1月号掲載時点のものです。

Leave a Reply