白糠町の消防署で新たに消防広報車を導入したそうですが、
そもそも消防広報車とは何に使用する車なのですか?(堀川町R・Hさん)

疑問解決のため『釧路市西消防署 白糠支署』へお邪魔すると、目の前に消防広報車が。

fit-P044-たしかめ隊

詳しくお話を聞いてみました。
   ◆
消防広報車は主に火災予防の広報活動をはじめ、消防車・救急車が侵入できない
現場への支援活動や消防署員・資器材の搬送など、多岐に渡って使用されています!
消防広報車のメインとなる設備は、車の上についているスピーカー。
火の用心を呼びかける自動音声を流すことができたり、ワイヤレスマイクと連動させて
音響装置代わりに使用することも可能なんです。
そのほか消防車と同じように、赤色警光灯やサイレンなどの機能も備わっていますよ。
また駆動力に優れていることから、林道や砂地といった足場の悪い現場にも行くことができます。
そのため林野火災の情報収集や、山間部におけるドクターヘリの離発着時に医師・看護師を
現場搬送するなどの役割も担っているんですよ。

fit-P044-たしかめ隊

※記事の内容は、月刊fit2017年2月号掲載時点のものです。

Leave a Reply