医療用ウィッグのボランティアで、芸能人が自分の髪を寄付している活動が気になります。くしろでも出来るお店はありますか?(美原 Y・Sさん)

影響力のある芸能人がイメージチェンジをすると、度々話題になりますよね。
中には髪のボランティアについて、話を耳にしたことがある人もいるのでは?
具体的にどのようなものか、調査してきました。

 
全国から寄付された髪の毛で医療用ウィッグを作成し、頭髪の悩みを持つ18歳以下の子どもたちに
無償でプレゼントしている活動を『ヘアドネーション』といいます!
活動の中心団体は大阪府にあるNPO法人
『Japan HairDonation&Charity』です。
 
実は2017年3月末に、くしろで初の賛同美容室として
『ヘアーライフ エミ』が登録されたばかり!
札幌で美容室を営む知人が登録したのをキッカケに、
ヘアドネーションの活動を知ったというオーナー。
お客さんからの要望もあり、登録店の手続きに踏み切ったんです。
 
実際に登録店となってから、5名がヘアドネーションのカットに
訪れているそう。
『ヘアーライフ エミ』では、
ウィッグにしようできる髪の長さ31cm以上の方を対象に受付を行っています。
カラーやパーマをしている髪でもOK。
 
また、スタイリングを含まない、寄付分のカットのみは
無料で行っていますよ。
 

 

※記事の内容は、月刊fit2017年6月号掲載時点のものです。

Leave a Reply