以前、警察から自転車のイエローカードをもらったことがあるのですが、罰則などあるのでしょうか?(釧路町 T・Kさん)
 
自動車の場合はキップを受け取った後に罰則金の支払いや免許の点数が引かれますが、
自転車のイエローカードは?
詳細を聞くため北海道釧路方面釧路警察署へ。
 
自転車のイエローカードは、交通違反者に対して注意をうながすために配布しています!
例えば酒酔い運転・並走・無灯火・二人乗り・スマートフォン操作や
音楽を聴きながらの走行・ブレーキのない自転車での走行など、
危険行為が対象となります。
 
イエローカードを手渡された時点では注意喚起が目的のため
罰則や罰金はありません。
ただし交通事故を起こした場合や事故に匹敵する状況の場合は
講習などの指導が入ります。
 
イエローカードといっても、事故につながる危険行為をしている
ことには変わりないので注意するようにしましょう。
 
実はイエローカードと酷似しているもので【自転車安全指導カード】があります。
こちらは小学生を対象に配布されるもので、例えばイエローカードの場合は
『信号無視』と記載されている項目が『信号を守りましょう』と分かりやすい
言い回しや振り仮名とともに説明されているんです。
 
自動車のように免許や年齢に関係なく乗れることから、
幅広い世代に注意喚起ができるように2つのカードがあるという
わけなんですね。
 
自転車安全指導カードも受け取ったからといって、イエローカードと
同じように罰則が発生することはありませんが、
家庭で今一度、自転車のルールを確認するようにしましょう。
 

 
両カードの配布は平成25年8月に、北海道警察が全道的に導入したもの。
以前は現場で口頭による注意喚起をしていましたが、
危険な行為が一目で分かり形として手元に残ることから
カードが採用されたんです。
 
また北海道釧路方面釧路警察署では独自に
『サイクルセーフティーラリー946』を実施しています。
この活動は自転車の無事故・無違反達成者に、抽選で商品券1万円分などの
賞品を贈呈するというもの。
取締のみならず、ルールを守っている自転車利用者に
還元する活動も行っているんですね。
参加手続きは北海道釧路方面釧路警察署で行えますよ。
 
最後に、基本的な自転車のルールについてご紹介。
自転車は軽車両にあたるので、原則車道の左側を走り、車両用の信号に従いましょう。
また公園内の道などは歩行者が優先です。
徐行したり自転車を押して通るなどの気遣いを。
一時停止の標識なども見逃さないようにしましょう。
 

 

※記事の内容は、月刊fit2017年6月号掲載時点のものです。

Leave a Reply