産後ケアについて、具体的にどのようなものか知りたいです。(厚岸町 M・Hさん)
 
「産後ケア」と聞くと、なんとなく妊娠・出産に関する事柄のように思いますが、
具体的にはどのようなものなのでしょうか?
くしろで本格的な産後ケアに取り組んでいる
『助産院 マタニティアイ』でお話を聞いてきました。
 

産後ケアとは出産後のお母さんの心と体をケアするために、
カウンセリングなど様々なプログラムを行う事業のこと!
日本では出産後から比較的早い段階で、
子どもの育児を自宅ではじめるのが一般的。
その後、保育園などに通うまでは各家庭で育児をすることがほとんどです。
 
しかし産後ケアでは、助産院や専門の施設でリフレッシュの時間をとりながら、
育児について学んでいくというものなんです。
また子どもの年齢に関わらず、
子育て中の母親であれば誰もが産後ケアを利用できます。
そのため行っているプログラムも多岐に渡り、
出産直後の対象者へ向けたものもあれば、幼児と一緒に参加できるものなど実に様々です。
 

『助産院 マタニティアイ』で行っている産後ケアは、大きく分けて2つ。
一つは複数のプログラムを体験できる滞在型で、
時間別に4時間の『ショートディ』
・8時間の『ロングディ』
・一泊する『宿泊型』があります。
母乳・育児相談をはじめ、リラックス効果のあるアロマリンパケアなど、
その人の状況に応じてプログラムを組み立てますよ。
 

 
ちなみに釧路町・厚岸町・浜中町では、
滞在型の産後ケアを利用する町民を対象に、
利用料金の一部を負担する制度もあります。
対象者の条件など、各町村で異なるので詳細は役場へお問い合わせを。
 

 
もう一つは、興味のあるプログラムを選択して利用する参加型です。
毎日、予約制で行っている『助産院ランチ』をはじめ、
定期開催している『親子向けのヨガ教室』などがあります。
 

 

「一人で悩みを抱えて子育てをするお母さんを少しでも減らして、
元気になってもらいたい」という思いで、
2015年の4月から、本格的に産後ケアをスタートした『助産院マタニティアイ』。
 
近年、退職年齢が上がり親世代も働いているなどの理由から、
「気軽にアドバイスを聞ける相手がいなくて不安」
と感じるお母さんが多いそう。
産後のみならず、産前の相談も受け付けているので、
お悩みの方は気軽に問い合わせてみて。
 
 

 

※記事の内容は、月刊fit2017年8月号掲載時点のものです。

Leave a Reply