富士見坂桜ヶ丘通で、腕に鷹をのせて歩いている人を見かけるのですが、一体どこの誰?(白樺台 Y・Sさん)
 
鷹と散歩を楽しんでいるなんて、確かに気になります!
依頼主のY・Sさんをはじめ、
様々な目撃情報を頼りに調査してみると、
噂の人物と直接お会いできることに。
 

こちらが、趣味で鷹を飼っている川瀬さん!
 

 

この写真を見て、もしかしてお気づきの方もいるのでは?
実は、川瀬さんは末広町にある飲食店『たつや×たつや』で活躍中の
コミックダンサーなんです。
 
現在も飼っている狼犬のことで調べものをしていたところ猛禽類に出会い、
すっかり魅了されてしまったそう。
今の鷹は飼い始めてから4年が経ちますが、
その前はハヤブサなどを飼育していた時期もあるんですよ。
 
鷹を腕にのせて散歩をしている理由は、調教の一環のため。
「腕の上は安心できる場所」として覚えさせているんです。
日々、茨城県にある猛禽類の専門店や
全国の飼育仲間と交流しながら、
大切に鷹を育てていますよ。
 
【取材協力】
たつや×たつや
釧路市末広町5-13(オリエンタルプラザ4F)
0154-25-7117

 

 

 

※記事の内容は、月刊fit2017年9月号掲載時点のものです。

Leave a Reply