月刊fit2011年3月号の内容はコチラ!

ホテルdeグルメ~Lunch or Dinner?~

パ「ホテルの食事は、敷居が高そう…」と敬遠しているアナタにこそ読んでほしい、『ホテルdeグルメ』。ホテルレストランからホテル内の居酒屋まで、オススメのランチとディナーをご紹介します。モーニングも見逃せない!

おとなの社会見学

社会見学…。大人になると、懐かしく感じますよね。でも、大人になった今だからこそ楽しめる社会見学も、あるんです!私たちに身近なアレやコレは、どうやって作られているんだろう?レッツ社会見学!

素敵な第一印象のためのビジネスマナー教室

就職前線異常なし!の時代はもう遠い昔。超就職氷河期の現在、社会人としてのマナーを身につけてアイツより一歩先に進んじゃおう!基本的なマナーからメイクの仕方や言葉使いまで、知っておきたいビジネスマナーを伝授。『デキる自分』を演出できるかも!?

春採にある『ぼくぜん』でランチ中に、ギターとバイオリンの二人組の演奏を聴きました!
あの二人のことが知りた~い!(米町 M・Wさん)

 
 
 『ぼくぜん』と言えば、焼肉!なのに、ギターとバイオリンの演奏?
どんな二人組なんだろう?曲目は?などなど、気になることばかり…。
そのナゾを確かめるため、現場まで向かった隊員が目にしたものとは!?
       ◆
 

 

 ややっ!?ちょうど、ギターとバイオリンを抱えた2人が
店内に入っていくではありませんか!
隊員も、後をつけて突入です。
 
そのとき香ばしい香りと共に、ステキな音色が聞えてきました!
焼肉を食べながら、優雅な音色に耳をかたむける…。
とっても贅沢な時間ですね。
 
『情熱大陸』や『となりのトトロ』、クラシックなど4~5曲を演奏し、
お客さんから拍手が沸き起こっていましたよ。
そんな二人組に、お話を伺いました!
 
 

 

▲ 知っている曲なら即興で演奏できるとのこと。リクエストしてみては?
 

二人のユニット名は『山音』と書いて『やのん』。
ギターの山崎さん、バイオリンの山本さんの名字に共通する『山』、
そして二人が奏でる『音』。
さらに音楽用語の『カノン』にもかけているんです!
20代のフレッシュな若者デュオですよ!
 
 
山崎さんは幼稚園児の頃からエレクトーンを習い、
山本さんは自宅がピアノ教室だったためピアノがオモチャ代わりだったりと、
二人とも幼少時代から音楽に触れてきたようです。

さまざまな音楽活動をしていた山崎さん。
にたまたま卒業した専門学校に行事の手伝いに行った際、
山本さんと出会ったそう。
 
そして話をしているうちに、バイオリンが弾けると知ったんです。
音更町出身の山本さんは、
通っていた高校でオーケストラ部に入りバイオリンを始めたとか。
 
 
「ギターとバイオリンのコンビは面白い!」と思った山崎さんは
「一緒に組まないか」と誘い、
末広の路上で演奏するように。
それが、2009年の秋のこと。
 
そんな二人の音楽を偶然耳にした、
三ツ星レストランシステムの社長が感銘を受け
「うちのお店で演奏してほしい」と誘ったんですよ!
運命の出会いは、どこに転がっているか分からないものですね~。
 
 

 

▲三ツ星レストランの各店舗で毎週日曜日の昼・夜に演奏しています!

 
 
 
【協力】
韓国焼肉レストラン ぼくぜん春採店
釧路市春採7-1-15

 
 
調査報告
ギターとバイオリンを奏でる二人組は、『山音』!毎週日曜日の昼・夜に、ステキな音楽が聴けるのだっ!

 
 

※記事の内容は、月刊fit2011年1月号掲載時点のものです。

釧路市動物園にアルパカが来ると聞きました。詳しく知りたいです。(昭和 M・Kさん)

 
 
CMでもお馴染みの、アルパカが釧路にやってくる!?
それは是非この目で拝んでおかなくてはと、
隊員がやってきたのは釧路市動物園。
『アルパカお披露目式』に潜入しちゃいましたよ!
     ◆
 

11月7日に一般公開となった、
釧路市動物園の新しい仲間アルパカ。
旧キリン舎に3頭入園しており、
 
 
名前は白色のオスが『ネプチューン』・
白色のメスが『エルシー』・
茶色のメスが『トパーズ』です。

 
 
この名前は元々いたアメリカの牧場で付けられたもので、
今年1歳を迎えました。
アメリカと日本で検疫を済ませた後、
千歳から6時間も車に揺られて11月2日に釧路に辿り着きました!
 
 
来たばかりの頃は、
不安だったのか「キューン」と鳴くこともありましたよ(カワイイ!!)。

この日は元気に走り回っていました!!
 

 アルパカが入園したキッカケは、
ゾウの『ナナ』とキリンの『キリコ』がいなくなり、
「お客さんに喜んでもらえる動物を仲間入りさせたい!」という思いから。
 
カンガルーなども候補に上がっていましたが、
もっと穏やかで気軽に触れ合えるアルパカに決まりました。

動物園にアルパカを導入するのは、
道内では釧路市が初めてのこと。
お客さんに慣れてくれるか心配していましたが、
順調に飼育が進んでいるようです。
 

今後は一日も早くお客さんが
アルパカに触れられるようにすることが、
動物園の目標なんだとか。
 
またアルパカは年に一度毛刈りが必要。
その上質な毛を使ったグッズも考えていますよ。
見ているだけでも愛嬌のあるアルパカですが、
動きも大変可愛いです!
ぜひ実物の彼らに会いに行ってみて下さいね!!
 


 

・ ポニーと同じくらいの身長ですよ。
 

・ これが運ばれてきたときに、入っていた箱だ!


・ 旧キリン舎に作られた『アルパカ村』。
 

・ とても見ている…。
※右からメスのエルシー・オスのトパーズ・オスのネプチューン

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 
【取材協力】
釧路市動物園
釧路市阿寒町下仁々志別11
℡(0154)56‐2121

アルパカの可愛らしさは間近で見ておくべき!釧路市動物園の新しいスターになりそうだ!

 
 
 
 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2010年12月号掲載時点のものです。

月刊fit2011年2月号の内容はコチラ!

ラーメン天国2011

パンパカパ~ン!お待たせしました!今月号の巻頭を美味しく飾るのは、みんな大好き“ラーメン”です。王道から個性派まで、たっぷりご紹介しますよ。アナタを魅了する一杯が、絶対に見つかるハズ。さぁ、今すぐページをめくって!

チョコっと幸せバレンタイン

バレンタインの時期が近づいてきました。今年はちょっぴりリッチな“こだわりチョコ”で愛を伝えてみませんか♪ホテルやお店などで買える本格チョコや、愛情たっぷり手作りチョコをご紹介します。ライターが挑戦した薔薇チョコ&馬チョコにもご注目~。

fitクローズアップインタビュー「熱き職人魂」

そ熟練した技術でモノを作る『職人』たちに、その熱い想いをインタビューしました。真っ直ぐに追い求める姿勢は、まさに職人魂。不定期連載『fitクローズアップインタビュー』の第4弾です。

 
春採にあった移動販売車の焼き鳥屋さん『しげちゃん』が、店舗になったと聞きました。詳しく教えてください!(桜ヶ岡 M・Kさん)
 
 
 『しげちゃん』は、夕方になるとコーチャンフォー駐車場の向かいに現れる
焼き鳥屋の移動販売車。
そこが、店舗になった!?
何故だろう?これは、確かめるっきゃない!
     ◆
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『しげちゃん』は、生肉を使用し
炭火で焼き上げた串が自慢の焼き鳥屋。
これまでは移動販売車として春採で営業していましたが、
同じ地で店を構えたんですよ。
 
なぜ今、店舗になったかというと、
車が傷んできたということと、
雨が降ると営業ができないということ、
さらにこの場所に愛着があるということ。
 

『しげちゃん』が春採で営業をはじめたのは6年前。
店主は元炭鉱マンでしたが閉山したため、
市役所の臨時職員などを経て
この店をオープンさせました。
 
元々料理が好きで居酒屋を始めようとしていたけれど、
開店にはお金がかかる…
店主が悩んでいると、
友人から移動販売車で焼き鳥屋を始めたら?
というアドバイスをもらったんだとか。
 
最初は軽自動車から始めた『しげちゃん』ですが、
この度10月1日から店舗になったんですよ!
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
▲新鮮な生肉は、色もツヤツヤとしていますね!

 

 『しげちゃん』で使用している肉は、
鶏肉は『知床鶏』豚肉は『阿寒ポーク』。
すべて生肉で、冷凍物は一切使っていません。
 

毎日仕入れをしているのですが、
早々に売り切れることも多いんですよ。
炭火のふんわりとした焼き加減と、
モンゴルの塩を使っているという
絶妙な味付けに夢中の人が多いのも頷けます!

串は全て130円。
今の時期から冬期間は、
特製の『ホルモン煮込み』が限定20食で出ていますよ。
 
人気メニューなので、食べたい方はお早めに!

 

 モットーは「良いものをボリューム多く」。
その通り、人気のザンギも380円とは思えない程の量!
大満足できますよ。
 
出来上がるまでに10分~15分程待ちますが、
電話予約しておけばすぐに出来たてが食べられます。
営業時間は16時半~23時まで。
定休日は月曜日です。
お持ち帰り専門なので、
お家でゆっくり味わってくださいね。
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ 店主の手さばきで、絶妙な焼き加減の串が食べられます!

 

【取材協力】
炭火串焼 しげちゃん
℡090-4877-1663
 
 

調査報告
春採にある焼き鳥屋『しげちゃん』。
炭火でじっくり焼き上げたあの味は変わらず、
10月1日より店舗にて営業中!

 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2010年12月号掲載時点のものです。 
 
 
 
 

月刊fit2011年1月号の内容はコチラ!

クリーミーな魔法

寒~い冬に恋しくなるのが、ホワイトソースたっぷりのあったかメニュー。定番から変り種まで、選りすぐりの9品が揃っていますよ☆ホワイトソースのアレンジ術も伝授しちゃいます。アナタも、クリーミーな魔法にかけられてみませんか?

お正月のいろは

釧路人のお正月の過ごし方って?寝正月?それとも…?fit誌上で募集した、アンケートの結果を大発表!そして、お正月を全力で楽しむ1日をシミュレーション。いつもは家でゴロゴロ派の人も、アクティブに行動するのもいいかもしれませんよ~。

風邪&インフルエンザに負けない!

そろそろ風邪&インフルエンザの流行期。みなさん、予防などはしていますか?「私だけは大丈夫」と思わずに、念には念を入れてくださいね。意外と知らない基礎知識や、予防に良い食べ物など、これで今年の風邪&インフルエンザ対策はバッチリ!

釧路市役所の市長室って、どんな感じなのかな?市長の1日のスケジュールも知りた~い!(光陽町 I・Yさん)
 
 
いつの世も、なかなか見られないものに
興味を持つのが人というもの(?)。
今回は、釧路市長に関係する依頼が届きました!
皆さんのギモン、まとめて解決しちゃいま~す。

      

釧路市役所には、『市長室』と『市長応接室』があります。
市長の業務や市役所内部の会議などは『市長室』で、
表敬訪問などの外部の人と会うときは、
『市長応接室』を使っています。

 

『市長室』は、基本的に一般の人は足を踏み入れられない場所。
今回は、たしかめ隊員が特別に入れてもらったんです!
初めて足を踏み入れた市長室の感想は、
 

重厚!
 
片側の壁一面に釧路市の航空写真があり、
広い部屋の手前には会議用の大きな机が。
その奥に市長の机がありました!
広くて、使いやすそうですよ。
本棚には釧路市の歴史などの本も。
この部屋で、市政が動いているんですね~。
 
 


 

▲ 奥に見えるのが、市長の机だっ!
 
 


 

▲ 『市長応接室』には、歴代の市長の写真が。

 
 
 
では、市長のスケジュールはどうなっているんでしょう。
ある1日のおおまかな例ですが、
来客対応→議会出席→市役所の各課との打ち合わせ→
中学校の表敬訪問対応→総会→帰宅という風になっており、
文字通り分刻みでスケジュールをこなしているんです!
 
 
土日は、平日よりは比較的緩やかですが、
休みはほとんどないそうですよ。
そんな忙しい市長なので、
個人が直接会うことはなかなか難しいようです。
 
 
市長に伝えたいこと、
釧路のまちづくりや市政への提言などがあったら
『秘書課』もしくは『市民協動推進課』へ
事前に電話をしてくださいね。

 
 
その他、市役所の1階などに設置してある
『市長へのポスト』を活用する手も。
市役所の他にも、まなぼっとや図書館などに設置されています。
メールで送ってもOKですよ。
 
 
自分の意見で釧路が良くなるとしたら、嬉しいですよね~!

 
 
 

 
 


 
 

▲ 赤い『市長へのポスト』。専用用紙に記入してくださいね。普通のポストへ入れてもOK。
 
 


 
 

▲ これが、市長がいつも座っている椅子。前市長の頃から使っているそう。
 
 


 
 

▲ 机の上には、立派な机上札が!
 
 


 
 

▲ 釧路を訪れた有名人のサインも飾ってあります。
 TRFのSAMさんから力士の把瑠都関まで!
 
 


 

▲ 艦船の写真など、市長に送られたものが飾ってありましたよ~。

 
 

調査報告
釧路市長の部屋は、広くて重厚感に溢れていた!分刻みのスケジュールをこなす市長が、一息つけそうな落ち着いた空間!

【取材協力】
釧路市役所 総合政策部秘書課
釧路市黒金町7-5
(0154)23-5151 

 
 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2010年11月号掲載時点のものです。

『KUSHIRO』と書かれている、変わった青い自動販売機を見かけました。あれは何ですか?(武佐 K・Tさん)

 
 
変わった自販機?と思いつつ市内を探してみると…
見つけました、本当に青い自販機です。
どうやらコカ・コーラが設置している模様。
さっそく聞いてきちゃいましたよ!
 

     ◆

 

2010年6月から
北海道コカ・コーラボトリング釧路事業所が独自に始めた、
釧路でスケート競技に精を出す
子ども達を応援するために設置した自動販売機。

こちらの自動販売機で
1本ドリンクを購入する度に、
1円が寄付される
んです。
 

集まったお金は
1年間単位で継続して釧路市スポーツ振興基金へと寄付され、
スケートリンクの修繕やスポーツ団体の運営費などに
あてられることになっています!
 
 
将来的には年間100万円の寄付が
見込まれていますよ。

 
 

 
 

▲分かりやすい真っ青なフォルム。活動に賛同してくれたお店の前に設置されています。
 
 

現在釧路市内を中心に
設置されている台数は43台。

そのうち青いラッピングが施されているのは6台で、
その他は自動販売機の上部のポスターが目印ですよ。
 
 
設置場所はスポーツに関連する建物か、
もしくは市民の目に止まりやすく売上の多い所を選出しているので、
目にした方もいるのではないでしょうか?
 
青いラッピングが特別に施された自動販売機は、
この活動に賛同してくれたお店の前などに新しく設けられたもの。
 
今年中に70台の普及を目指しており、
100台・200台とどんどん増やしていく予定なんだとか。
 
 
 
コカ・コーラの飲料を一本買うだけで
簡単に地元のスポーツが応援できてしまう画期的なシステムです!
積極的にこの自動販売機を利用して
『氷都釧路』を盛り上げる子ども達を支援して行きたいですね!
 
 


 
 
 

▲かわいいピンク色のラッピングが目印の『ピンクリボン』自動販売機!!
 
 

また、北海道コカ・コーラボトリングでは
乳ガンの早期受診推進などのための、
『ピンクリボン』も応援しており、
道内キャンペーンとして
特別ラッピングの自動販売機を普及させていますよ!

 
売上の数パーセントが
北海道対がん協会に寄付されます。
こちらの自販機も見かけた際は利用してみてくださいね!
 
 

【取材協力】
北海道コカ・コーラボトリング釧路営業所
釧路市南浜町9-16
℡(0154)23-3131
 
 

調査報告
購買者参加型の自動販売機で子ども達を応援し、地元を元気にしよう!
 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2010年11月号掲載時点のものです。

月刊fit2010年12月号の内容はコチラ!

変身カタログ~ステキに生まれ変わる!~

「イマイチな見ためを変えたいけれど、何をどう変えたらいいのか分からない…」そんなアナタを、fitがプロデュースいたします。ファッションで、ヘアスタイルで、ダイエットで、この冬はステキに変身しちゃおう!

やっぱり主役はクリスマスケーキ!

テーブルを一気にクリスマスムードに染めてくれるのは、やっぱりケーキですよね♪今年はどんなケーキにするか、誌面を眺めて存分に悩んでください!読者プレゼントもあるよ~。

ぶらり街並写真館~番外編 タイムスリップ~

まちを歩いていると、ふとした時に目につく「どこか懐かしい風景」。第4回目は「番外編」として、ちょっぴりレトロな街並みを探してきました。過去の写真ではなく、現代の写真でもタイムスリップできちゃうんですよ。

釧路港に新しい製氷工場が完成したようですが、普通の氷とどう違うの?(白糠町 A・Yさん)

 
 
氷って、水を冷やしてできるあの氷でしょ?
正直、どれも同じでは?と思ってしまいます。
 

でも新しい製氷工場ができたからには、何か違いがあるハズ!
と、今年の6月に稼働を始めた
釧路東水冷凍へ行って来ました!
衝撃の事実を掴んできましたよ~。
 


 
 
新しい工場で作っているのは、『窒素氷』というもの。
普通の氷は水道水で作るので、酸素などを含んでいます。
 

しかし特殊な窒素発生機で水道水に窒素を入れると、
そこから酸素や塩素が追い出されて
99%窒素しか入っていない氷ができるんです。
 

酸素が入っていない窒素氷で包まれたモノは酸化しにくく、
雑菌の繁殖も防ぐ事ができるんですよ。
しかも、溶けにくい!

 
漁業や鮮魚店など直接氷で魚を冷やすところには、うってつけですね~。
 


ここで、窒素発生機から窒素を水道水に入れていきます。

 
 
製氷工場では、
①窒素発生機で水に窒素を入れる
②製氷室で冷やし、窒素氷にする
③出来上がった窒素氷を貯氷室に貯めておく
④窒素氷を販売する。
という大きく分けて4つの工程があります。
 

窒素氷はほとんど自動で作られているんです。
窒素ガスを入れた水は5℃くらいに冷やされ、
ポンプで4階の製氷室に運ばれます。
そこで、約25分凍らせると窒素氷の完成。
一度に400㎏ほど作ることが出来ます。
 
 
水道水を使った普通の氷は、出来るまでに約45時間かかるそうなので、
出来上がる時間が短縮されたんですよ。

 
さらに普通の氷は、四角く大きな形で製造されていますが、
窒素氷は小さな冷えたプレートに窒素水をかけて凍らせているので、
細かく砕かれているんです。
 

窒素氷の造られる窒素発生機は、
釧路の『昭和冷凍プラント』という会社が開発したもの。
特許を取得している発生機です。
 


これが窒素発生機!
画期的な発明で、
文部科学大臣賞なども取っているとか!

 
 
窒素氷は、なんと自動販売形式!
専用のIDチップを外に設置されている
『氷販売操作盤』にかざすと作動する事ができ、
欲しい分だけを購入することができるんです。

 
工場内には監視室があり、
パソコンのモニターでしっかり監視していますよ!
 
 


監視室では、自動販売機を24時間監視していますっ。

 
 
しかし、この自動販売機で購入できるのは、
漁業の業者の方だけ。といっても、
この記事を読んで「窒素氷が欲しい!」と思った方もいますよね~。
ご安心あれ!

 
 
窒素氷は釧路東水冷凍の事務所で購入することができ、
20㎏で630円。

釣りや、キャンプに行く時に買っていく人が多いんですよ!
 


これが購入できる窒素氷です!

 
 
窒素氷は無菌のため、味がしないんです!
水道水の氷と比べてみるのも面白いかも。
 

漁業が盛んな釧路にピッタリの窒素氷。
もっと新鮮な食材が楽しめそうですね♪
 
 

【取材協力】
釧路東水冷凍(株)
釧路市海運3-1-3
℡(0154)25-0191
 
 

調査報告
6月から稼動した製氷工場で作っているのは『窒素氷』。
その特徴は、酸化しにくく雑菌の繁殖も防ぐのだ!
 
 
※記事の内容は、月刊fit2010年10月号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 ... 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 Next