こんにちは。
気温はあまり変わりませんが
なんとなく日射しが春めいてきましたね。

 

さて、月刊fit3月号は楽しんでいただけていますか?
3月号で私は『責任編集』を担当しました。
取材してきたのは、点字図書の世界。
点字には以前から興味はあったのですが
改めて触れてみて、その奥深さに感銘を受けました。
特にボランティアのみなさんの素晴らしさ!

 

取材に行くまではなんとなく
今私がやっているように
キーボードで文字を入力して
それが点字に変換されると思っていたんです(甘い)。
ですが、実際には
キーボードで使うのは6つのキーのみ!
パソコン入力ができるようになったとはいえ、
基本となるのは昔ながらの6点入力なんですね。

 

「やっていくうちに自然に覚えますよ」
とおっしゃっていましたが、
実際に作業を拝見して
本当にすごい! と思いました。

 

と同時に、
厚めのふかっとした紙に打ち出される点字はとてもきれいで
私もいつかボランティアに参加したいな~と
改めて思いました。

 

写真はパソコンが導入される以前に使われていた
『ブレーラー』と呼ばれる点字タイプライターで
通称アポロ(左)とカニ(右)。
タイプライター好きとしてはたまらないルックスで、
思わず「売ってください!」と言いそうになりました(笑)。

 

点字ボランティアに興味を持った方は
点字図書館(TEL 0154-24-7471)にお問い合わせくださいね。

 


書いた人:さわ
fitの一員として4年目に突入しました。
今年度の目標は「よく遊び、よく学び、よく食べ、よく働く」。
新しいことにもどんどん挑戦しながら、楽しく、まじめに、がんばります。

Leave a Reply

アーカイブ
日刊fit 公式ツイッター