こんにちは。さわです。
突然ですが
本日 3月6日 は何の日かご存じですか?
この日は「世界一周記念日」。
1967年のこの日、日本航空が
日本初の世界一周路線を開始したそうです。

 

世界一周なんて夢のまた夢…とは思いつつ
行ってみたい国のきれいな景色を
インターネットで眺めることがよくあります。

 

ヨーロッパの小さな街の市場
大きな川べりに繁る奇妙な形の草木
一面雪と氷に覆われた土地

 

自分がもしこの場所に生まれ育ったらどうだったろう
などと、少々子どもっぽい想像をしていると
なんだかちょっとだけ、視界が開けるような気持ちになるんです。

 

日頃からfitを通して、
くしろの魅力、くしろのいいところをよく考えますが
同じように、くしろ以外の場所についても
以前よりずっと関心を持つようになりました。
そんな自分の関心の変化を、驚きながら楽しんでいます。

 

さて、現在編集室では月間fit4月号の作業が大詰め。
4月号は読者アンケートでもリクエストの多い
あるものの特集をお届けしますよ。
楽しみにお待ちくださいね。

 

それでは世界各地の素敵な街を思いながら
今週も元気にスタートします!

 


書いた人:さわ
fitの一員となって今年で3年目。
1日を、1週間を、1年を大切に
着実&心豊かに過ごしていきたいです。

今日は女の子の節句「ひなまつり」ですね
 

ひな人形を飾り、親戚が集まり
ちらし寿司やハマグリのお吸い物、
あられを食べて、白酒のんで
女の子を祝って賑やかに過ごす日と
思っていました。
 

実は、この「ひな祭り」は単なるお祭りではなく
女の子が健やかに成長し幸せを願う日。
ということなのです。
ひな人形を飾るのは
人形に女の子の厄災を身代わりになって
引き受けてもらうためだそうです。
また、厄払いの意味があるので
一夜飾り(3月2日から1日だけ飾ること)は避けられ
遅くとも2月の中旬くらいまでには
飾らないといけないそうです。
 

みなさんのお宅ではどうですか?
飾っていますか?
 

わが家の娘達はすっかり大きくなったので
今となっては関係はないのですが
当時(子ども達が幼い頃)
経済的にも苦しいわが家のとった行動は
人形を購入するお金が無いので
人形は作ろう!と、木材を彫刻刀で削り
御内裏様とお姫様の2体を作り
色を塗って
屏風とか飾りも作って飾りました。
翌年からも、わが家ではその木彫りの
ひな人形を飾っていました。
経済的に無理だけど
なんとか祝ってあげたいと思う
親心ですが、娘達にとっては
さみしいひな祭りだったと思います。
 

そんな娘達も大きくなって
ひな祭りはしなくなったのですが
日本のお祭り行事なので
世間で最近騒がれている
ハロウィン?よりも
3月3日と5月5日が盛大になればいいのにと
思う次第です。
 

今年のわが家には女の子も
男の子もいないので
影ながら、みなさんのお子さまの
成長と幸せを祈りたいと思います。
 

最後に、ひな祭りで飾られる
桃の花には元々
「魔除け」や「長寿」のパワーがあるそうですよ〜!
 
女の子はいないのですが
桃の花を漬けたお酒と、
桃の葉をお風呂に入れて
邪気を払って元気に毎日を過せるように
わが家の女性達のために用意したいと思います。

 





書いた人:おやびん

春になるとなぜかウキウキするのは私だけ?春の臭いが好き!山菜が好き!季節が好き!

この春も、fit読者のみなさんが、何をfitに期待してるのかを探究し 楽しい情報を提供できるよう、コツコツとページ作りに勤しんで参ります。

 

 

月刊fit3月号では
巻頭特集『もしもに備える、くしろの防災』を
コアさんと一緒に担当させていただきました。

 

7~6Pでは、過去の災害についてお話を聞くため
厚岸町・浜中町・白糠町へ。

 

改めてまちの被害状況を聞いて
災害の恐ろしさ・悲しさを、ひしひしと感じました。

 

同じことを繰り返さないために
各市町村で専門の対策本部を設けたり
新たな施設をつくるなど対策を行っていましたが、
中でも驚いたものが、コチラ!

 

白糠町のドローンです。

昨年の台風で
茶路中学校や町営住宅の屋根が剥がれる、
倒木による通行止めなどの被害が出た白糠町。

 

このことをキッカケに購入を決意したんです。
災害時の調査をはじめ、
普段は農地調査などにも利用する予定なのだとか。

 

ちなみに全道的に見ても
ドローンを保持している市町村は数少なく
釧路管内では初導入とのことでした。

 

このように各市町村で対策は行っていますが、
やはり一人一人の備えが大切だと思います。
ぜひ誌面を参考に、もしもに備えた準備をしてくださいね!

 

 


書いた人:きき
夏季オリンピック開催年と同じ歩みだと気付き、なんだか感慨深くなりました。
社会人&ライター4年目のききです。
3年で学んだ基礎を活かし、今年は〝面白おかしく丁寧に〟やっていきたいです。

こんにちは。さわです。
早いもので今日から3月!
このあいだお雑煮を食べたばかりなのに…
と、ちょっと呆然としています。
とはいえ、ずいぶん春らしくなりましたね。

 

3月といえば卒業シーズン。

 

月刊fit3月号の『責任編集』で
音別町の『富貴紙』すきを体験させていただきましたが、
音別町の小・中学校では
今年も『富貴紙』の卒業証書が配られるとお聞きしました。
取材にお邪魔した1月後半には、
全員分の卒業証書はすき終わっていましたが
卒業生のみなさんにとって
きっと思い出に残る証書になるでしょうね。

 

1枚1枚色合いや質感の異なる和紙。
なかでも『富貴紙』は
フキの繊維がどんな模様を生み出すのか
すいてみるまでわかりません。
そこが魅力であり難しさなんですね~。

 

3月号の『編集後記』にも書きましたが
全国で音別町にしかない『富貴紙』が
長く長く受け継がれていってほしいなと思います。

 

ちなみにこの写真は原料液を混ぜているところ。
未漂白の青ブキの割合で、色合いがずいぶん変わるそうです。

そしてその青ブキを使って「fit」と書いてみたところ。

快くご協力いただいた釧路市音別町地域振興課の皆様、ありがとうございました!

 


書いた人:さわ
fitの一員となって今年で3年目。
1日を、1週間を、1年を大切に
着実&心豊かに過ごしていきたいです。

 

久しぶりに月刊fitの発行日に
誌面の告知をさせていただくことになりました。ききです。
早速ですが、月刊fit3月号の表紙を覗いてみましょう!

サーモンピンクで、一足先に春を先取り☆
なにやら消防服や、くじらすくの写真が見えていますね~。
それでは、誌面の内容を詳しくチェックしていきましょう!

 

 

 

●巻頭特集『もしもに備える、くしろの防災』

「備えあれば、憂いなし」と言いますが、
今回はくしろの防災をテーマにした特集です。
過去に起きた災害の数々…。辛く、悲しい記憶ですが
同じことを繰り返さないために過去の出来事から学び、
もしもの事態に備える準備や知識を学びましょう!

 

 

●プチ特集『fit読者オススメ! くしろのお土産』

いつもお土産選びに悩んでしまうアナタ…必見です!
今回は事前に募集した読者アンケートの結果に基づき
「贈って喜ばれたくしろのお土産」をご紹介。
さらにfit編集室で気になったものも併せてピックアップしてきました。
ぜひ、お土産選びに活用してみてくださいね~。

 

 

●インフォメーション『春に向けて!! カラダいきいき&リフレッシュ』

新年度へ向けて、凝り固まったカラダをほぐしてリフレッシュ!
治療院やサロンの情報をどど~んとご紹介しています。
「こんな方にオススメ」という項目を読めば、
自分の症状を改善してくれる治療院等を見つけることができるかも?
料金等も細かく記載されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

さらに、9時30分頃からFMくしろ『あなたにfit』で
おやびん編集長が月刊fit3月号について、アツく語る予定です。
こちらも要チェケラ~☆(ラジオDJ風に)。

 

 

 


書いた人:きき
夏季オリンピック開催年と同じ歩みだと気付き、なんだか感慨深くなりました。
社会人&ライター4年目のききです。
3年で学んだ基礎を活かし、今年は〝面白おかしく丁寧に〟やっていきたいです。

こんにちは。さわです。
久しぶりに帰省した娘から、もう着なくなった洋服をもらいました。
子どもからのおさがり…(笑)。

 

さて、いよいよ明日は月刊fit3月号の発行日♪
3月号は、過去から学び未来に備える特集と
ごあいさつやお出かけの手土産などにピッタリな情報をお届けします。
ほかにも、冬の疲れをリセットできるスポット紹介など
盛りだくさんな内容になっていますので
楽しみにお待ちくださいね。

 

そして3月号で私は『責任編集』を担当しました。
音別町で「あるもの」を作る体験をさせていただいたのですが
これが本当に楽しくて、奥が深くて、感銘を受けました。
お読みいただけると嬉しいです。

 

急に雪が降ったり
ぽかぽかと春の陽気になったり
落ち着かない天気が続いていますが
寒くておうちで過ごす日などは
fitをたっぷり楽しんでくださいね。
読者アンケートもお待ちしています!

 


書いた人:さわ
fitの一員となって今年で3年目。
1日を、1週間を、1年を大切に
着実&心豊かに過ごしていきたいです。

こんにちは、ゆうです。

先日は急に暖かくなって、結構雪が融けたのに

また寒くなってきましたね。

少しは春めいてきたかな?と、ちょっと期待しちゃいましが、

北海道の冬はまだまだ終わらないですよね(^^;。

 

 

とはいえ、プロ野球の世界ではキャンプ真っ盛り!

道内の情報番組の、ファイターズのキャンプ情報を

楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか。

しかも! 今年の夏は、釧路での試合もありますからね。

私も今から、チケットの発売を手ぐすね引いて待っています(笑)。

 

 

正直、個人的に好きな選手が数人いなくなってしまって

例年以上に寂しい気持ちが強いんですが、

シーズンが始まれば、そんなことは言ってられないですよね、多分・・・。

去年の日本一も、もう過去のこと(キッパリ)。

新たなシーズンに向けて、選手も頑張ってほしいですし、

私たちファンも頑張って応援しましょうね(^0^)/

 


書いた人:ゆう

野球と歴史が好きな、ちょっとマニアックな主婦。そんな趣味のせいか、「男っぽい」と言われることもしばしば。

それを褒め言葉だと勘違い(?)している。釧路への郷土愛と旺盛な好奇心をモットーに、頑張ります!!

保存

保存

保存

保存

こんにちは。
今週も始まってしまいましたね…気がつけばもう2月も20日です。
早い~!
 
ところで皆さま、先週2月17日発行の週刊fitはご覧になられましたか!?
そこにあったひとつの広告に目を奪われた私。
「完全マンツーマン ダイエットジム」!
結果にコミット…どこかで聞いたことのあるフレーズですが、
これまで数々のダイエットに失敗し、
運動をする時間もまったくなく(時間があるとつい違うことをしてしまう…)
気がつけば燃費の超悪い身体ができあがっておりました。
 
大食いというわけでもなく、お菓子はまあ食べるのですが
普通に3食食べただけで太りますからね。
もうどうしてよいか分かりません!
先日、「今年の目標は”筋肉をつけて体温を上げる”!」と
宣言したばかりなので、これは良い機会だ~!と
さっそくオープニングキャンペーンに申し込んでみました。
 
その第1回目が本日なのです!
ギスギスした身体には興味がないので、健康体型というか
体脂肪を減らしたいです。
もう病気一歩手前くらいですからね、年齢のせいにはしてはいけない!
と思うわけです。
 
結果は乞うご期待!
今度こそ頑張ります!!(フラグではありません)
 
 





書いた人:コア

ライター8年生になりました!そんなに経つのですね~。

今年も旅に仕事に全力投球するぞ!

昨年の目標、「字幕なしで海外映画&ドラマを見ること!」は

あまり達成できたといえないので、今年も同じ目標で語学勉強にも取り組んでいきたいです。

こんにちは。さわです。
2月に入って少しずつ暖かくなってきましたね。
ついこの間まで毎日のように
「ネギどっさりの鍋を食べて温まりたい!」と思っていましたが
先週あたりから「葉物野菜をサラダで食べたい」と、心境と味覚に変化が。

 

個人的には
冷たいもの、苦いもの、酸味のあるものを食べたくなったら
春が来たな~と感じます。
そして何よりお豆腐ですね。
湯豆腐一辺倒だったのが、ある日を境に冷奴に。

 

先日は月刊fit2月号のプチ特集でご紹介した
『鶴居のんき工房』さんの『つるい丹頂豆腐』を冷奴でいただきましたよ。
コクがあるのに後味はさっぱり。
大豆本来のやさしい甘さが印象的でした。

 

醤油でもポン酢でも美味しいのですが
ちょっといいお塩とオリーブオイルで食べてもいいかも!
また買いにいかなくちゃと思っています。
fit2月号に
販売場所と曜日が載っていますので
移動販売車を見かけたら
ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

 

さて、編集室では月刊fit3月号の作業も終わり
4月号に取りかかり始めたところです。
季節感も体感も先取りしながら
楽しんでいただける誌面になるようがんばります!

 


書いた人:さわ
fitの一員となって今年で3年目。
1日を、1週間を、1年を大切に
着実&心豊かに過ごしていきたいです。

 

 

今年のバレンタインデーはいかがでしたか?
青春fit部のアンケート結果にもありましたが、
私も学生時代はもっぱら〝友チョコ派〟でした(笑)。

 

特に高校時代は、日常でも
各々お気に入りのお菓子を学校へ持ってきて
休み時間などに、むさぼるように食べていたのですが(食べ盛り)
バレンタインデーは日常に輪をかけて、お菓子祭りのような状態に!
教室中にチョコレートをはじめとするお菓子が飛び交い、
それはそれは、ゆかいな日でした。

 

かくいう私も、その一大イベントにのっかり
チョコレートケーキを作成。
クーラーボックスにホールごと突っ込み、学校へ。

 

お昼休みに、友人の目の前でケーキをカットするという
パフォーマンス(?)を行いながら
お菓子をくれた子の席や教室を回り歩いていました。
(今思えば、アホですね)。

 

そんな私の思い出話はこの辺にしておいて…
バレンタインデーが終わったということは
次に来たるは「3月14日のホワイトデー」ですよね!
チョコレートをもらった皆様、お返しは何にしますか?

 

現在、書店・コンビニエンスストアにて販売中の
『ひがし北海道ぐるめぐり Sweets&Bread』では
くしろをはじめ、道東のお菓子屋さん情報がたっぷりと載っていますよ!

 

大切なあの人のために、
お返しは地元パティシエが腕を振るったスイーツなんていかがでしょうか?
お菓子選びの参考に、ぜひ手に取ってみてくださいね(^^)

 

 

 


書いた人:きき
夏季オリンピック開催年と同じ歩みだと気付き、なんだか感慨深くなりました。
社会人&ライター4年目のききです。
3年で学んだ基礎を活かし、今年は〝面白おかしく丁寧に〟やっていきたいです。

アーカイブ
日刊fit 公式ツイッター