Author Archive

手打ちパスタを楽しめるカジュアルなイタリアン

  合同庁舎のすぐ横にある『RISTORANTE ITALIANO centotto』では、カジュアルに本格的なイタリアンを楽しめます。メニューは基本的にセットで、ランチは前菜盛り合わせと自家製パンが付いたパスタが1000円から。他に前菜3種盛り合わせがセットになった『ピッツァランチ(1200円)』や、限定3食の十勝牛150gの『イタリアンステーキランチ(1480円)』なども好評です。夜はパスタやピッツァなどのコースがあって、イタリアワインも各種取り揃えているのでご一緒にいかがですか。自慢のパスタは毎日シェフが手打ちで作っているので、モチモチとしていてソースがよくからみます。最大18席なので、予約がオススメ。なお、価格は税込みです。



トリュフのぜいたくカルボナーラ~「パッパルデッレ」平打ち麺で~〈1300円〉
全卵とトリュフ、トリュフオイルで仕上げた大人のカルボナーラ。生クリームを使っていないので、コクがあるのにくどくないんです。前菜盛り合わせと自家製パンが付いてます。



ウニとキャベツの濃厚クリームソース(前菜盛り合わせ、自家製パン付)〈1300円〉
ウニのコクとキャベツの甘みをクリームソースがまとめてくれて、あっさりした後味。もっちり食感の自家製「タリアッテッレ」は、シェフ自慢の一品。



42.987134,144.377308

centotto

住所:釧路市浪花町12-1-16 富士マンション浪花1F
電話番号:0154-68-5554
営業時間:11:00〜15:00/17:00~21:00
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2017年4月28日号掲載時点のものです。

 末広の路地裏にひっそり佇む『炭火焼 きら』は、隠れ家のような雰囲気とおいしい料理で人気の居酒屋。旬の素材を使った炭火焼きや刺し身、揚げ物などのお馴染みメニューの他、ご飯物、パスタ、ピザと目移りしそうなほど料理の種類が豊富です。看板メニューは、宮崎県から直送した希少な霜降り馬刺しを贅沢にユッケにした『極上桜ユッケ』(980円)で、上品な脂が口の中でとろけるように広がり、馬肉の旨味が堪能できる一品です。
 地元産のウニをたっぷりとトッピングした『うにクリームパスタ』(1080円)も人気メニュー。まろやかな味わいのホワイトソースに近海産のウニ独特な甘みが加わり、チーズ、黒コショウで味を引き締めています。店内は、カウンターと落ち着いた個室があり、どこに座っても隠れ家で過ごしているような落ち着いた雰囲気の中で、食事が楽しめます。 ※料金は税別。



42.983467,144.387776

炭火焼 きら

住所:釧路市末広町3-1 六本木センター1F
電話番号:0154-23-9523
営業時間:18:00~24:00(LO23:30)
定休日:日曜日(日・月曜日が連休の場合は月曜日)

記事の内容は週刊fit2017年4月28日号掲載時点のものです。

 4月22日(土)より、『屈斜路湖 鶴雅オーベルジュSoRa』の今年度の営業がスタートします!宿泊だけでなく、シーズン中は毎日、日帰りランチやディナーの営業もしていますよ。中でもオススメなのが、鉄鍋のお料理を味わえるランチコース『NITAY〜ニタイ〜(3000円・税別)』。メインの鉄鍋のお料理は、肉・魚からお好みで選ぶことができます。地元でとれる旬の食材にあわせて調理をするので、どんなお料理がでてくるかはお楽しみに♪そのほか前菜・スープ・デザートが付いてきますよ。またランチはパスタがメインのコース(2000円・税別)やフルコース(4500円・税別)もあるので、シーンにあわせて利用してみて。お昼時は混雑する場合もあるので、事前の予約がオススメです(※ディナーは要予約)。柔らかな太陽の光がさしこむ開放的な空間で、四季の風景とともに食事を楽しんでみては?



43.572463,144.301815

屈斜路湖 鶴雅オーベルジュSoRa

住所:川上郡弟子屈町屈斜路269
電話番号:015-484-2538
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:00)18:00〜22:00(L.O.20:00)※ディナーは要予約
定休日:無休(※冬期間は休業)

記事の内容は週刊fit2017年4月21日号掲載時点のものです。

ガッツリ系と地元素材にこだわったラーメン

 3月にOPENした『昇憲魂(しょうけんだましい)』は、おなじみ「昇憲」の3つめのお店。ただ、コンセプトは他の2店舗とは少し異なります。豚頭と背ガラを使ったトンコツラーメンはガッツリ二郎系の、その名も「魂ラーメン」。あっさり釧路系ラーメンは、釧路地方で獲れるネコ足昆布や中札内の鶏ガラなどでダシを取り、アサリやカキは厚岸産を使用。チャーシューも「魂ラーメン」以外は、釧路町の海藻ポークなんですよ。自家製麺は、全て道産小麦100%。メニューに合わせて細麺と極太麺がありますが、チェンジできるので注文時にリクエストしてくださいね。食券販売機の下の方に「味噌変更券(100円)」と「辛味噌変更券(200円)」があります。なお、価格は税込みです。



大魂ラーメン(醤油・塩)〈980円〉
ニンニクや野菜、メンマとチャーシューが5枚のっています。大きめの丼の中身は1.8kgにもなり、ボリューム満点 ! ニンニク抜きなども可能です。



厚岸産あさりラーメン(醤油・塩)〈980円〉
厚岸漁協から直接買い付けるアサリは、生きたまま届けられるので新鮮そのもの。あっさりスープは、ダシとアサリの旨みが凝縮しています。



43.01214,144.393193

昇憲魂

住所:釧路市芦野2-2-3
電話番号:0154-65-7222
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:45)17:00~20:00(L.O.19:45)
定休日:水曜日(祝日の場合営業、翌日休業)

記事の内容は週刊fit2017年4月21日号掲載時点のものです。

選べる自家製麺とこだわり食材のラーメン

 釧路西郵便局裏手にある『麺や 北町』。入り口を入るとすぐに製麺スペースがあり、その場で麺を作っています。麺は4種類。「全粒粉細麺」と「太麺」「平打ち麺」は、いずれも道産小麦100%。指定がなければ「いつもの細麺」で提供されます。スープは、丁寧に下処理した鶏ガラ、丸鶏、豚骨から作る「鶏がらスープ」と、羅臼昆布と鰹節や鯖節などの魚介系の「鰹ダシ」の2種類を別々に作り、注文されてから合わせます。他の食材も季節に合わせて厚岸産のアサリ、阿寒のエゾシカ、土佐生姜、蘭越町のアスパラなど、それぞれ産地などを吟味して、こだわりのラーメンに仕上げているんですよ。メニューが豊富なので、いろんなラーメンが楽しめますね。なお、表示価格は税込みです。



  汁なしエゾシカタンタン  〈850円〉
エゾシカの肉みそがトッピングされた汁なしタンタン麺。花椒や甜麺醤のタンタン麺ならではの甘辛い香りが食欲をそそります。ラー油の量もリクエストできますよ。



正油ラーメン〈680円〉
王道の釧路ラーメンは、あっさりスープと細麺がベストマッチ。後味すっきりのスープは、つい飲み干しちゃいそう。



43.017694,144.337998

麺や 北町

住所:釧路市鳥取大通7-5-12
電話番号:0154-51-1555
営業時間:11:00~15:00/17:00~20:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2017年4月14日号掲載時点のものです。

 言わずと知れた釧路を代表する老舗『レストラン泉屋 本店』。「行けば、やっぱりスパゲティを食べちゃう」という方も多いのではないでしょうか。でもステーキやハンバーグ、オムライス、カレーなど、洋食全般のメニューが揃っているので、普段はスパゲティしか頼まないという方もいかがでしょうか。特に人気なのが、ご飯ものと肉料理やフライなどのセットメニューです。『牛スペシャルライス(928円・税込み)』は、昭和34年の創業当時から変わらない一皿。ご飯の上に牛肉と目玉焼きがのっていて、しかもスパゲティやサラダも付いているんです。スパゲティは「ミート」「イタリアン」「泉屋風」の中から選べるのもウレシイですね。牛肉は、独自にブレンドしたコクのあるソースがからめてあります。ほんのり甘みが感じられ、香ばしさもあってご飯にピッタリ。栄養バランスも良く、量もしっかりあるので、是非ご賞味あれ。



42.982616,144.386895

泉屋本店

住所:釧路市末広町2-28
電話番号:0154-24-4611
営業時間:11:00~21:30(L.O.21:00)
定休日:月1回 火曜日(不定週)

記事の内容は週刊fit2017年4月14日号掲載時点のものです。

国道44号沿いのロードサイド店は多彩なラーメンが人気の秘密

 厚岸町尾幌の国道44号沿いの『太厚食堂』は、昼時には大型トラックのドライバーや地元客、週末には多くの観光客で賑わいます。メニューはラーメンを中心に、ボリュームのある丼物が人気。特にラーメンは定番の「醤油ラーメン」と「塩ラーメン」(各700円)、「味噌ラーメン」(750円)、200グラムのたっぷりモヤシが入った「野菜ラーメン」(各150円増し)が評判。細ちぢれ麺と鶏ガラ、野菜を使ってじっくり煮出したまろやかスープの組み合わせが抜群です。他にも女性にも人気のボリューム満点「カツラーメン」(1000円)、厚岸産の大ぶりのカキをトッピングした「牡蠣ラーメン」(1050円、味噌50円増し)、濃厚なのにあっさりと食べられる「ホルモンラーメン」(味噌・塩各1000円)など多彩な味わいのラーメンが楽しめます。※価格は税込みです。



  ホルモンラーメン(味噌) 〈1,000円〉
十勝産の生ホルモンとタマネギ、ニンジンなど4種類の野菜を炒め、2種類の味噌をブレンドしたスープで煮込んだ濃厚なのにあっさり食べられます。ホルモンは口の中でほろりと溶ける柔らかさ。塩味も選べます。



牡蠣ラーメン(塩)〈1.050円〉
厚岸町産の大ぶりのカキを贅沢にトッピング。あっさりスープにカキの風味が加わり、磯の香りが広がります。クリーミーな味わいのカキは一度食べると病みつきになりそう!



43.015921,144.700971

太厚食堂

住所:厚岸町尾幌332
電話番号:0153-56-2205
営業時間:11:00~16:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2017年4月7日号掲載時点のものです。

 釧路町で27年間変わらぬ手作りの味で、大勢のファンを魅了する『ネーベン・フルス』。約10ページのメニューブックには、セットメニューの他、どれもこれも食べてみたくなる料理がびっしりと並んでいます。看板メニューは「Wチーズハンバーグ」(ライス・スープセット1400円)。食べやすさを考慮して、ポークとビーフの挽き肉を5対5の割り合いにした生地をナチュラルチーズとチェダーチーズのダブルチーズで包み込むように焼き上げています。ハンバーグは200グラムとボリュームも満点で、ソースはデミとカレーの2種類から選べます。リピーターに人気の限定メニューは4月1日から始まった「ハムカツランチ」(デザート付き1000円)で、野菜がたっぷり入って食欲をそそる香りのスープカレーが決め手です。定番の「ネーベンバーガー」(600円)も要チエック!※価格は税込みです。



42.99527,144.465247

Neben Flus(ネーベン・フルス)

住所:釧路町別保1-8
電話番号:0154-62-2620
営業時間:11:30~15:00 17:00~20:00(L.O.19:45)
定休日:木曜日 第3水曜・木曜日

記事の内容は週刊fit2017年4月7日号掲載時点のものです。

  釧路公立大学正門の向かい、カラオケまねきねこの入っている東陽ビル2Fにある『サラデジャンタルNOVO』は、こだわりのスープカレーが食べられるお店。スープは鶏ガラや野菜など、厳選した20種類以上の食材を10時間以上かけて煮込んでいます。ターメリックバターライスは、S~LLまで量を選べるんですよ(LとLLはプラス料金)。毎年好評の月替わり限定メニュー『濃厚エビエキス スープカレー(ラビオリ入り、1280円・税込み)』が4月限定で復活。通常メニューの「エビスープ」よりさらに濃厚で、エビの旨みと溶かしてあるクリームチーズがスパイスの辛さと融合して、特有のコクを生み出します。もちもちの自家製ラビオリと、大きめにカットした野菜が食べ応えアリ!辛さは1番から5番まで選べるので、お好みのスープカレーが楽しめます。なお、数量に限りがあるので、品切れの際はご了承ください。



43.020627,144.394652

サラデジャンタルNOVO

住所:釧路市文苑4丁目65-2(東陽ビル2F)
電話番号:0154-38-7890
営業時間:11:30〜21:30
定休日:毎週水曜日(祝日の場合営業、翌日休み)

記事の内容は週刊fit2017年3月31日号掲載時点のものです。

元祖カキそばの店で最近大人気の一品はエビ天入りのかき天そば

厚岸町出身の店主が考案した元祖カキそばが味わえる『元祖かきそば 玉川庵』。昭和47年の創業以来、変わらぬ味を求めて、市民だけでなく釧路を訪れるビジネスマンや観光客に釧路を代表する味覚の一つとして評判です。世界的にも有名なグルメ本「ミシュランガイド北海道版(2012)」でも一つ星を獲得した名店です。そばは、十勝産をメインにブレンドしたそば粉を使用し、太めに切られた手打ちの自家製麺と、ほんのり甘く素材の旨味を凝縮した出汁との相性が絶妙な味わい。かきそばの他、カキフライ、酢がきとカキ三昧が楽しめる『かきコース』(3200円)も人気です。『酢がき』と『かきフライ』は単品(各1050円)でも注文できます。※価格は税込みです。



  かき天そば〈1,850円〉
たっぷりと入ったカキのプリプリした食感と、揚げたての大ぶりなエビの天ぷらのサクサクした食感が一度に楽しめる至福な一杯。一度食べたらこの料金にも納得がいきます。


かきそば〈1,400円〉
厚岸町産のカキは、まろやかでクリーミーな味わい。ワカメも多めにトッピングされていて、出汁は磯の香りがほんのり漂います。



43.016211,144.345374

元祖かきそば 玉川庵

住所:釧路市鳥取大通5-7-17
電話番号:0154-51-4628
営業時間:11:00〜19:30
定休日:第2・第4月曜

記事の内容は週刊fit2017年3月31日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 73 74 75 Next