Author Archive

489menu0930オールしらぬかミルフィーユセット

地元・白糠の食材を使った豊富な料理を楽しめる同店。人気ナンバーワンメニューの『オールしらぬかミルフィーユセット(サラダ・ライス・スープ・コーヒー付き、1300円)』は、サラダからメインのハンバーグまで白糠の山の恵みを一皿で堪能できる逸品です。特徴はダブルハンバーグにダブルチーズ。茶路めん羊牧場のラム肉を使ったものと馬木葉のエゾシカ肉で作ったものの二種類のハンバーグを一度に味わえます。ハンバーグとハンバーグの間には、酪恵舎のモッツァレラチーズがたっぷり。さらに、食べる直前にはハンバーグの上にモンヴィーゾチーズをすりおろしてくれます。食後には、酪恵舎のチーズと根釧牛乳をベースにした『はまなすのプリン(296円〜)』がオススメ。生キャラメルやブルーベリーなど5つの味を楽しめますよ。※価格は税別です。



42.954648,144.07799

レストラン はまなす

住所:白糠郡白糠町東2条南2-1-26
電話番号:01547-2-2188
営業時間:11:00〜14:30
     17:00〜21:00
定休日:水曜日(火・水、水・木と連休の場合もあり。)

記事の内容は週刊fit2016年9月30日号掲載時点のものです。

488menu0923シーフードグリル温野菜添え

文苑の住宅街にたたずむ『カフェレストラン ポン・ヌフ』は、間もなくオープンから15年を迎えます。素材の味を生かした本格的な洋食を気軽に味わえるとあって、客足が途絶えることはありません。『シーフードグリル温野菜添え(950円・税込)』は、エビやホタテ、サーモンなどの魚介類を贅沢に堪能できるため、地元の人だけでなく観光客にも人気の逸品です。魚介類は主に道内の漁港で水揚げされた新鮮なものを使用。付け合せの野菜も旬のものを取り入れています。下味がついているのでそのままでも美味しくいただけますが、さっぱりとした後味が特徴のピストソースとコクのある醤油ソースをお好みでかけると、一味違った深みのある味わいに。店内にはテーブル席の他、小上がりもあるので、家族連れでも気兼ねなく食事を楽しめます。



43.017674,144.383472

カフェレストラン ポン・ヌフ

住所:釧路市文苑1-24-3
電話番号:0154-38-0070
営業時間:11:00〜22:00(LO21:15)
定休日:第3水曜日

記事の内容は週刊fit2016年9月23日号掲載時点のものです。

487menu0916ビリケンのおすすめアラカルト

今年の8月に末広町にオープンしたばかりの同店では、世界各国で親しまれているビールを気軽に味わえます。その数は、なんと100種類!ボトルビールが1本500円からとお手頃価格なのも魅力です。ビールと共に味わいたいのが、20種類のフードメニュー。中でもオススメは、ボリューム満点の『ばか盛りポテト(680円)』、甘辛い味付けがクセになる『バファローチキン(580円)』、サルサソースとサワークリームがたっぷりかかった『ナチョス(500円)』の3点です。ビリヤード台もあるので、お酒を飲みながらのプレイも可能。また、店内には大型テレビも完備。ソファー席や夜景を楽しめるカップルシートもあり、様々なシーンに利用できます。お得な飲み放題のプランもありますよ。※価格は税別です。



42.982917,144.387192

世界のビールが飲める店 ビリケン

住所:釧路市末広町2-22-1LSビル4F
電話番号:0154-24-0001
営業時間:20:00〜翌3:00
定休日:日曜日(月曜日が祝日の場合は営業)

記事の内容は週刊fit2016年9月16日号掲載時点のものです。

486menu0909シェフのきまぐれコース

『RISTORANTE ITALIANO centotto(チェントット)』。関東や関西で修行したシェフが地産地消にこだわり、釧路でも気軽にイタリアンを楽しんでほしいと7月に開店しました。食材は可能な限り釧路産や道産を使っているんですよ。『シェフのきまぐれコース(税込3500円、2名様以上、前日までに要予約)』は、前菜盛り合わせとパスタ、肉料理、デザート、カフェ他2品の計6品。夜のフルコースで、イタリアンを堪能できます。またランチコースは「前菜盛り合わせ」と「自家製パン」「選べるパスタ」で税込1000円とお手頃価格。早くもリピーターが続出なんだとか。シェフ1人で調理するため、提供に少し時間が掛かったり、仕入れ状況でメニューが変更になる場合があります。また最大18名と席数が多くないため、予約がオススメです。



42.987132,144.377311

centotto(チェントット)

住所:釧路市浪花町12-1-16富士マンション浪花1F
電話番号:0154-68-5554
営業時間:11:00〜15:00
     17:00〜21:00
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2016年9月9日号掲載時点のものです。

コクのあるトンコツとあっさり釧路風どちらも楽しめます

春採の『ラーメン純水』は、トンコツとあっさりの両方を楽しめるラーメン店。「釧路風らーめん」はカツオ節や鶏ガラ、野菜などを使ったダシで、飽きの来ない奥深い味わい。後味さっぱりのスープに細麺が相性抜群なんです。濃い口スープが自慢の「純水らーめん」は、いわゆるトンコツ清湯です。トンコツや鶏ガラ、背脂をメインにダシを取ったスープに、中太の卵麺がピッタリ。どちらの麺も、自家製なんですよ。他に、辛さが病みつきになりそうな「地獄ラーメン」などもいかがですか。サイドメニューに人気の『ギョーザ(5個・350円)』は、お持ち帰りもできます(容器代+50円)。お店の入り口に券売機があるので、先に食券をご購入ください。なお、表示価格は税込みです。


men090901純水風濃厚チャーシュー〈1,050円〉
濃厚なスープは白濁している「白湯スープ」。大きめのチャーシューが6枚も入っていて、ボリューム満点!みそ、塩、正油があって、限定20食です。


men090902釧路鶏だし かしわそば〈750円〉
釧路風のスープに、さらに親鶏と豚バラチャーシューが入っているので、あっさりしているのに、食べ応えがあるんです。



42.978679,144.413459

ラーメン 純水

住所:釧路市春採7-2-23
電話番号:0154-46-2573
営業時間:11:00~20:45
    (火~金14:45~17:00close)
定休日:月曜日(祝日の場合営業、翌日休み)

記事の内容は週刊fit2016年9月9日号掲載時点のものです。

住宅街に佇む客足が途絶えない更科そばの人気店

武佐の住宅街にひっそりと佇む『八松庵』。旧店舗は末広のオクノデパートにありました。昭和56年、現在地に移転。営業時間中は常に客足が途絶えない更科そばの人気店です。自家製麺される更科そばは、コシがありつるつるとしたのど越し。3種類のかつお節とコンブを使用した出汁と、創業以来の手法で作られたかえしのそば汁との相性も絶妙で、冷たいそばも、温かいそばもおいしくいただけます。そばの味だけでなく、500~600円代とお手頃価格で、ボリュームあるメニューが充実していていることも人気の秘密。オリジナルのタレで焼く「豚丼」(710円)や、一枚肉を揚げる「鳥かつ丼」(710円)など、ご飯物も評判です。


men090201天ざる〈1,250円〉
大ぶりのエビ2本、ピーマン、ナス、シイタケの揚げたての天ぷらが味わえる、ボリュームいっぱいの人気メニュー。薬味に大根おろしが添えられていて、最後までさっぱりと食べられます。


men090202きつねそば〈650円〉
程良い味加減に煮込まれたボリューム感たっぷりの油揚げは、ふっくらジューシー。しっかりしたカツオ出汁のつゆとも相性ぴったり。



42.982753,144.427407

八松庵

住所:釧路市武佐3-10-1
電話番号:0154-46-6935
営業時間:11:00~20:00
定休日:木曜日

記事の内容は週刊fit2016年9月2日号掲載時点のものです。

豊富なメニューと多彩な味わいが人気の秘密

コープさっぽろ貝塚店の隣で、橋南幹線通に面した『つけ麺・拉麺 虎吉』。背脂が旨味、甘みを引き立てる「つけめん」、コクと深みの「濃厚系ラーメン」と「虎吉ラーメン」、カツオダシであっさり味の「和風ラーメン」、細縮れ麺が澄んだスープに良く絡む昔ながらの「釧路ラーメン」の5種類があり、それぞれに多彩な味のバリエーションが楽しめます。スープは鶏ガラ、トンコツ、野菜、魚介などを十数時間以上に煮込んで旨味を凝縮した深いコクのある味わい。麺はスープと好みに合わせて、細麺、中細麺、中太麺、太麺の4種類から選べます。濃厚派からあっさり派まで幅広いメニューがあるので、あれこれ選んで自分だけの一杯が楽しめるお店です。


men082601和風つけ麺醤油〈850円〉
スープはほんのりしたユズの香りがアクセントになり、カツオダシの旨味をさらに引き出しています。ボリュームのある麺も最後まであっさりといただけます。塩味も選べますよ!


men082602和風ラーメン塩味〈730円〉
麺と相性抜群のスープはしっかりしたカツオダシにオリジナルのネギ油が香り、最後まで飲み干したくなるあっさり味。醤油味も選べます。



42.99724,144.410369

つけ麺・拉麺 虎吉

住所:釧路市貝塚3-4-20
電話番号:0154-41-9988
営業時間:11:30~20:00(スープがなくなり次第終了)
定休日:月曜日・第3火曜日

記事の内容は週刊fit2016年8月26日号掲載時点のものです。

484menu0826絶品ラムチャック!

今年の6月にオープンしたばかりの同店は、ジンギスカンやラムしゃぶ、もつ鍋などを堪能できるお店です。店名の由来は、北海道発祥のジンギスカンが東京へ進出し、さらに洗練された料理となって「くろふね」のごとく釧路へ来航したという発想から。店主一押しの「絶品ラムチャック!(790円、野菜は別注文)」は厳選した羊の肩肉の中心部分のみを使用。クセが無く柔らかでジューシーな味わいは、これまでジンギスカンを敬遠していた人にもオススメ。タレはさっぱり系と濃厚系の2タイプを用意しています。薬味を入れて、お好みでどうぞ。テーブル席や小上がりはもちろん、カウンター席や最大20名で宴会を楽しめる無煙ロースターの席も完備。様々なシーンに利用できますよ。※価格は税別です。



42.98248,144.386887

ジンギスカンと鍋 日本橋 くろふね

住所:釧路市末広2-13ホテルパコ釧路1F
電話番号:0154-32-0000 070-2000-0946
営業時間:17:00〜23:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2016年8月26日号掲載時点のものです。

483menu0819かみこみ豚肩ロースの炭焼きグリエ

赤ちょうちん横丁にある『創作居酒屋信田流(のぶたりゅう)』。札幌の割烹での経験を活かし、和食をベースにしながらも、フレンチなど洋食のエッセンスも加えた創作料理が楽しめます。『かみこみ豚肩ロースの炭焼きグリエ(990円・税込み)』は、十勝産のかみこみ豚を遠赤外線効果のある備長炭でじっくり焼きます。焼いては休ませ、焼いては休ませと、時間をかけて焼くので、中までしっかり火が通った肉はほんのりピンク色。やわらかく、肉の旨みをしっかり感じることができるんですよ。タマネギを使ったおろしポン酢に、黒蜜を合わせたソースでいただきます。季節ごとの野菜は、基本的に道産のものを使用。調理に少し時間がかかるので、早めに注文してください。席数が少ないので、特に週末は予約がオススメ。10月中旬に移転予定です。



42.984344,144.389071

創作居酒屋 信田流(のぶたりゅう)

住所:釧路市川上町4-1-5(赤ちょうちん横丁内)
電話番号:090-6440-9311
営業時間:18:00~翌1:00
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2016年8月19日号掲載時点のものです。

482menu0812かみこみ豚丼(レギュラー)

今年の7月にアベニュー・クシロから和商市場内に移転したばかりの同店。看板メニューの『かみこみ豚丼 レギュラー(肉4枚・サラダ・お新香・みそ汁付き、850円)』は旧店舗の時代から多くの人に愛されてきました。豚肉はかみこみ豚のロースを使用。箸で切れるほどの柔らかさとジューシーな味わいが特徴です。コクのあるタレがよく絡んで食が進みますよ。観光客が多く訪れますが、地元の人にこそ何度も足を運んでほしいと語る店主。手軽に美味しく食べられ、飽きのこない料理をと『牛スタミナ定食(850円)』などの新メニューも開発!香り高いコーヒーはもちろん、人気のソフトクリームやジェラートなどスイーツも充実しています。※豚丼スモールは肉2枚(550円)、ジャンボは肉8枚(1380円)。価格は税込です。



42.989236,144.379921

エスプレッソバー ポラリス

住所:釧路市黒金町13-25(和商市場内)
電話番号:0154-23-3441
営業時間:8:00〜18:00(冬季8:00〜17:00)
定休日:日曜日(和商市場の定休日に準ずる)

記事の内容は週刊fit2016年8月12日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 70 71 72 Next