Author Archive

経験とアイディアが生きている個性派ラーメン

昨秋OPENした『拉麺・つけ麺 穂澄』。中華料理と市内の人気ラーメン店「虎吉」での経験を生かした店主のアイディアが生きています。麺は「虎吉」の自家製麺を仕入れいているんですよ。「穂澄拉麺」は豚骨をベースに鰹節や煮干、仕上げにジャガイモと玉ネギを加えてあって、濃厚でいてまろやかな味わい。「中華そば」は昆布と煮干しベースに鰹節と親鶏もプラス。『和・中華皮そば(730円)』は店主のオリジナルで、カリカリに炒めてからダシで煮た親鶏の皮がトッピングされています。全ての麺メニューは、+50円で「辛チェンジ」、+100円で「激辛チェンジ」が可能。2月いっぱい「限定ごはん」の『パイコウハン』(1日20食限定)を提供しています。なお、価格は税込みです。


men012001穂澄味玉潮〈830円〉
スープは濃厚でありながらこってりし過ぎず、旨みとまろやかさが融合しています。味が染みている玉子は、麺やスープとの相性もピッタリ。


men012002穂澄チャーシュー味噌〈930円〉
5種類の味噌と香味野菜、低温で熟成した胡麻を合わせたスープ。炙りチャーシューはやわらかで、厚めに切ってあるので食べ応えアリ!



42.987872,144.371884

拉麺・つけ麺 穂澄

住所:釧路市海運1-13
電話番号:0154-95-0700
営業時間:11:30~20:00(L.O.19:45)
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2017年1月20日号掲載時点のものです。

506menu0120アイスバイン

昨年の11月にオープンした『ノーザンレストラン ポーカー』。チーズの製造過程で生まれた乳酸菌とホエイ(乳清)をたっぷり与えて育てた「北海道はまなかほえいとん」を使った料理が自慢のお店です。同店が自信を持っておすすめする『アイスバイン(1600円)』は、丁寧に下処理をしたほえいとんのすね肉を、骨付きのままコンソメベースのスープでじっくりと煮込んだ逸品。ナイフやフォークがす〜っと入り、口の中でホロリととろけるような柔らかさです。ほどよい塩加減がお肉の旨みを引き出し、コクのある味わいに。腸詰めから調理までを全て店内で行っている『Porker sソーセージの盛り合わせ(860円)』やモッツァレラチーズをふんだんに使った『カプレーゼ(660円)』などもあり、ワインや海外ビールなどのお酒もすすみますよ。落ち着いた雰囲気の店内で、ゆっくり食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。※価格は税別です。



42.983402,144.388319

ノーザンレストラン ポーカー

住所:釧路栄町3-2
電話番号:0154-25-1010
営業時間:月〜木曜日17:00〜翌1:00
     (金・土曜日は2:00まで)
定休日:日曜日・祝日

記事の内容は週刊fit2017年1月20日号掲載時点のものです。

505menu0113レディースステーキコース

今年で創業36年を迎える老舗洋食店『レストラン グリーンパーラー』。ホテル等で修業を積んだシェフが創りだす料理はどれもこだわりの詰まった逸品です。中でもこちらのお店のウリは何といってもステーキ。最高級のA5ランクの国産黒毛和牛をはじめ、ポーターハウス、テンダ―ロインやヒレなど本格的なステーキをお好みに合わせて愉しむことができます。勿論女性向けのメニューも充実しており、今回シェフがオススメするのが『レディースステーキコース(ヒレ・3500円(税込)』。ちょっと小さめな150gのヒレステーキに、ポタージュ・サラダ・バターロール・コーヒー・デザートが付いた豪華なコースです。脂身の少ないヒレにサラダやデザートも付いて女性にピッタリです。他にもデミグラスの深い旨みが自慢のハンバーグやスパゲッティ、新鮮な海の恵みが堪能できる魚介のミックスフライなど多種多様な料理が味わえるのも魅力の一つです。



43.071213,144.169907

レストラン グリーンパーラー

住所:釧路市駒牧10(空港交差点・阿寒ICから共に車で3分)
電話番号:0154-56-2705
営業時間:10:30~21:00
定休日:月2回 火曜日

記事の内容は週刊fit2017年1月13日号掲載時点のものです。

むかしなつかしいラーメンに身も心もほっこり

釧路町の『ラーメン むかし屋』は、昔ながらの釧路ラーメンはもちろん、辛味噌らーめんやつけ麺、ご飯ものとのセットメニューなどが食べられます。魚系と動物系でダシを取るダブルスープは、さっぱりしていながらも奥深いコクが感じられます。自家製の細ちぢれ麺とはベストマッチで、初めての方でも、どこか懐かしさを感じる味わい。細麺とスープに合うように、メンマは手作業で細く裂いています。つけ麺は2種類。『全粒粉つけ麺(冷)』はヘルシーな全粒粉の太麺を、アツアツの付け汁につけていただきます。『だし釜つけ麺(温)』は、麺が温かいダシ汁に入っているんですよ。夜のみ『ギョーザ(7個・350円)』もあるので、ラーメンのお供にどうぞ。なお、表示価格は税込みです。


men010602ワンタン麺(醤油)〈800円〉
国産の豚挽肉と北見産タマネギで作った餡を、秘伝のスープで味付けしてあります。ワンタンは各メニューに+150円でトッピングできますよ。


men010601味噌ラーメン〈750円〉
基本のダブルスープに、白や赤など3種類の味噌をブレンド。コクと旨みが感じられ、マイルドな味わいです。



43.001972,144.403508

ラーメン むかし屋

住所:釧路町新開2-27
電話番号:0154-38-7808
営業時間:11:30~15:30/17:00~21:00
定休日:月曜日(祝日の場合営業、翌火曜日休み)

記事の内容は週刊fit2017年1月6日号掲載時点のものです。

504menu0106ムール貝と野菜のリゾット

昨年の2月にオープンした『レストラン 釧路ソワニエ』。ヨーロッパで修業をしたシェフが腕を振るう、フランス料理の技を生かした洋食を堪能できます。メニューは月替わりなので、毎月新しい味わいを楽しめるのも魅力的。寒いこの季節にシェフがおすすめするのは、上品な彩りが食欲をそそる『ムール貝と野菜のリゾット(950円)』。野菜の自然な甘さや食感に加えて、ムール貝の旨みとチーズのコク、バターの風味が絶妙に調和してまろやかな味わいに。素材の美味しさをしっかりと味わって欲しいと語るシェフの思い入れが詰まった一皿です。体も温まりますよ。+400円でスープと4種類のマリネを盛り合わせたサラダが付いたお得なセットも楽しめます。魚介の旨みたっぷりの『シーフードカレー(1000円)』や濃厚な『カルボナーラ(昼1000円、夜1100円)』などもぜひ味わって。※価格は税込です。



42.986552,144.387589

レストラン 釧路ソワニエ

住所:釧路市栄町8-2
電話番号:0154-95-0902
営業時間:11:30~13:30 18:00~21:30
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2017年1月6日号掲載時点のものです。

オフィス街に人気ラーメン店OPEN

北大通の「みずほ銀行」となりに、既に市内で定評のあるラーメン店『純水 北大通店』が、この11月にOPENしました。カツオ節や鶏ガラ、野菜などを使ったダシの「あっさり釧路ラーメン」は細麺で。トンコツ青湯の「純水ラーメン」は、トンコツや鶏ガラ、背脂などでダシを取っていて、太めの卵麺がよく合います。麺はいずれも自家製なんです。トッピングの白髪ネギは、こだわりの軟白ネギを使っているので辛味がほとんどなく、ラーメンとの相性もバッチリ。『あっさり釧路半ラーメン(500円)』は、ご飯ものと一緒に注文する人が多いんだとか。なお、年末は31日の昼まで営業、年始は1~4日まで休業で、5日(木)から通常営業します。表示価格は税込みです。


men122201純水辛みそ〈800円〉
シコシコとした太麺は、コシがあります。濃厚な純水みそのスープに、トッピングされている辛みそを溶きながら食べるので、自分好みの辛さを楽しめますよ。


men122202あっさり釧路ラーメン(正油)〈600円〉
細いちぢれ麺は、釧路ラーメンならでは。スープは、あっさりしていながらも深いコクを感じます。大きめのチャーシューはやわらか。



42.985359,144.383794

純水 北大通店

住所:釧路市北大通7-2
電話番号:0154-65-7444
営業時間:11:00~15:00/17:00〜21:00
定休日:月曜日 ※祝日の場合は営業、翌日休み

記事の内容は週刊fit2016年12月22日号掲載時点のものです。

503menu1222花咲ガニのクレープ包みアメリカンソース

栄町に店を構えて16年目を迎える『伊酒屋 すと〜りあ』。イタリアン一筋のオーナーシェフが腕を振るう本格的な料理を手頃な価格で味わえます。シェフが自信を持ってオススメする『花咲ガニのクレープ包み アメリカンソース(1180円・税別)』は、女性客を中心にリピーターの多い人気メニューです。花咲ガニの身がたっぷり入ったクリームソースを丁寧に焼き上げたクレープでふんわりと包み込んで、クリーミーな味わいに。甘エビをベースにした濃厚なアメリカンソースがカニの旨みを引き立てています。他にも、旬の素材をふんだんに使った料理が盛りだくさん。この季節には『真タチのステーキ バルサミコ風味(1180円・税別)』なども登場します。素材の美味しさを生かした料理を気軽に楽しんでほしいと語るシェフ。落ち着いた雰囲気の店内で、シェフとの会話を楽しみながら料理やお酒を味わってみてはいかがでしょうか。



42.983578,144.388234

伊酒屋 すと〜りあ

住所:釧路栄町3-12
電話番号:0154-23-9478
営業時間:17:30〜24:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2016年12月22日号掲載時点のものです。

501menu1216温燻3種

赤ちょうちん横丁から川上町へ昨年移転リニューアルオープンした『鉄板居酒屋 えびす』。具だくさんでボリュームたっぷりのお好み焼きなど鉄板焼きメニューの他にも、多彩な料理を味わうことができます。店主自慢の『温燻3種(1000円)』は、豚肉のスペアリブや牛タン、チーズ、ポテトサラダ、タマネギなどの中からその時季におすすめの燻製3種類を盛り合わせにした一皿。添加物を使わずにじっくりと燻しているため、素材の旨みと香ばしさを安心して楽しめますよ。ワインなどお酒のお供にもぴったりです。何人かでシェアして食べるのも良いですね。店内では、蒸しガキや牛しゃぶしゃぶの食べ放題(いずれも60分1500円)も好評開催中!宴会コース(4000円から)の料理内容については、人数や予算、好みなど気軽に相談を。年明けからはお好み焼きのデリバリーも開始します!お楽しみに。※価格は税別です。



42.983927,144.389478

鉄板居酒屋 えびす

住所:釧路市川上町3-1 第2舟見ビル1F
電話番号:0154-21-3532 080-3230-6991
営業時間:17:30〜23:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2016年12月16日号掲載時点のものです。

499menu1209ピカタ定食

三共通沿いの中華料理店跡地に10月にオープンしたばかりの『めし処 まる屋』。カウンターとテーブル席のシンプルな店内では、家庭的な味わいの定食や釧路ラーメンなどを堪能できます。店主自慢の『ピカタ定食(850円)』は、肉厚な豚肉に卵を絡めてジューシーに焼き上げた逸品。お肉は箸で簡単に切れるほど柔らかで、ケチャップをベースにした甘めのソースとの相性も抜群です。付け合せとしてサラダの他に日替わりでおかずが2〜3品、さらに漬物と汁物、ご飯がついてボリューム満点!栄養バランスもばっちりです。『日替わり定食(700円)』や鶏の皮をトッピングした『皮ラーメン(750円)』などもぜひ味わって。お昼時は込み合うので、ゆっくり食事を楽しみたい方は時間をずらしての来店をおすすめします。※価格は税込です。



42.996862,144.386697

めし処 まる屋

住所:釧路市双葉町11-19
電話番号:090-6876-8140
営業時間:11:00〜17:00 ※料理がなくなり次第終了
定休日:日曜日・祝日

記事の内容は週刊fit2016年12月9日号掲載時点のものです。

くしろを代表する老舗のそば

飲食店に限らず、くしろを代表する老舗の『竹老園 東家総本店』。帰省客や観光客はもとより、地元の人にも長年愛され続け、伝統の味を受け継いでいます。クロレラ入りの緑色のそばは、誰もが認めるくしろのソウルフードですね。冷たいそばは、しこしことしたコシと鼻に抜けるそばの香りが楽しめます。そばつゆは宗田ガツオ一本でダシを取っていて、深いコクの中にほんのり甘みを感じます。人気の『そば寿司』は、サイドメニューとして注文する人が多いですよね。『東家汁の素』は麺類はもちろん、煮物などの料理にも広く活用できるので、一度お試しあれ。年末は31日まで通常営業、年始は3日から営業します。なお、表示価格は消費税込みです。


men120901海老天ぷらそば(二本入)〈1,350円〉
こだわりの胡麻油だけで揚げる、大きな海老の天ぷら。ほお張ると海老の甘みが口いっぱいに広がって、つい顔がほころんでしまうほどなんですよ。


men120902無量寿そば〈870円〉
冷たいそばを純正黒胡麻油で和え、その上に生卵、きざみのり、長ネギ、ワサビをのせてあります。胡麻油の風味が絶妙な逸品です。



42.972137,144.391878

竹老園 東家総本店

住所:釧路市柏木町3-19
電話番号:0154-41-6291
営業時間:11:00〜18:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2016年12月9日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 75 76 77 Next