Author Archive

466menu0428鶴居産チーズを使った三恵豚のコトレッタ

天然温泉源泉かけ流しの温泉宿『ホテル TAITO』内の『レストラン forest(フォレスト)』では、地場産の素材にこだわった料理をゆっくりと堪能できます。『鶴居産チーズを使った三恵豚のコトレッタ(ライス付き、1296円・税込)』は、この4月から登場の新メニュー。鶴居村のサツマイモを食べて育った「三恵豚」は脂が甘く柔らかな肉質が特徴です。外はサクッと中はふんわりジューシーに揚げたコトレッタ(カツレツ)と自家製トマトソースの相性が抜群!すっきりとした後味が楽しめますよ。鶴居産チーズの芳醇な風味も味わって。チーズは同ホテル内の売店で購入することもできます。5月末まで「週刊fitを見ました」のひと言でホットコーヒー1杯を無料でサービス!夕食時は宿泊客で込み合うため、食事のみを楽しみたい方は事前に問合せを。



阿寒郡鶴居村鶴居西1 鶴居ノーザンビレッジホテルTAITO内

レストラン forest(フォレスト)

住所:阿寒郡鶴居村鶴居西1
   鶴居ノーザンビレッジホテルTAITO内
電話番号:0154-64-3111
営業時間:11:00〜20:00(LO19:30)
     ※日帰り入浴
      月〜土曜日/11:00〜21:30(22:00 close)
      日曜日・祝日/10:00〜21:30(22:00 close)
定休日:年中無休

記事の内容は週刊fit2016年4月28日号掲載時点のものです。

465menu0422鹿丼

阿寒湖温泉街、まりも国道沿いにある『両国』は、阿寒で採れる食材を中心とした料理が味わえるお店。『鹿丼(1500円)』は、脂ののったロースとさっぱりとしたモモ肉を使用。どちらの美味しさも堪能できますよ。厚めに切った鹿肉はレアめに焼いており、その柔らかさにびっくり!臭みなどもまったくなく、創業以来使っているという秘伝の自家製のタレとの相性もバツグンです。運ばれてきたときの芳ばしい香りも食欲をそそりますよ。ほかにも『ワカサギ天ぷら(1200円)』など地場産のものや、自家製タレが好評な『ジンギスカン(1200円)』など北海道らしいメニューが豊富で、「観光地ならではのものを食べてもらいたい」という店主の想いを感じます。お土産には『鹿肉缶詰(600円)』もオススメですよ。なお、価格は税別です。



釧路市阿寒湖温泉2-1-3

両国

住所:釧路市阿寒湖温泉2-1-3
電話番号:0154-67-2773
営業時間:11:00〜20:00(19:30LO)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2016年4月22日号掲載時点のものです。

男性にも人気くしろならではのスパゲティー屋さん

「泉屋」出身のご主人が作るスパゲティーは、くしろの人には慣れ親しんだ味。1.9㎜のスパゲティーはもちもちしていて、自家製ソースがよくからみます。ミートソースは、一般的な量の1.5倍ほどの挽き肉を使っていて、ボリュームたっぷり。『ミートソース』や『ナポリタン』などのスパゲティーと、『ハンバーグ』や『ポーク生姜焼き』などをワンプレートで食べられる『コンビ』は、常連さんに特に好評! カレーライスやピラフなどのご飯もの、洋食の一品料理やセットメニューなども各種あるので、初めて訪れる方は、メニューを最後までチェックしてくださいね。不定休ですが、日曜夜の営業をお休みすることが多いとのこと。なお、表示価格は税込みです。


men042201ナポリタンとガーリックチキンのコンビ〈1,180円〉
ナポリタンは昔なつかしい味わい。もも肉を250g使用するチキンは、ガーリックが味のアクセントになっていて、後を引くおいしさです。


men042202ペスカトーレ ピレネ風〈830円〉
イカと数種類の野菜の他、鷹の爪も入っていて、見た目よりスパイシー。 ニンニクしょう油でオリジナルの味付けをしています。



釧路市共栄大通2-2-24

スパゲティハウス ピレネ

住所:釧路市共栄大通2-2-24
電話番号:0154-22-3213
営業時間:11:00~14:00
     17:00~19:30
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2016年4月22日号掲載時点のものです。

知る人ぞ知る中華店ならでは 中華らしい麺類をどうぞ

今年で開業30周年の『中国料理 楓林』は、くしろではご存知の方も多いはず。一品料理からごはんもの、点心、セットメニューにデザートまで、本格中国料理がいただけます。特にごはん類は、「チャーハン」「おこげあんかけ」「丼物」「あんかけごはん」に、中華のおかずが付いたご飯とのワンプレートメニューと豊富なんです。麺類もあんかけやきそばとラーメン各種は、いずれも中国料理店ならではのラインナップ。一般的な「しょう油ラーメン」や「塩ラーメン」もありますよ。麺類とごはんもの、一品料理は、一部を除き「大・中・小」のメニューが用意されているので、腹ペコさんも小食の方も、自分の食欲に合わせて選べるのがウレシイですね。なお、表示価格は税込みです。


men041501ホッキヤキソバ〈中720円(大920円)〉
この冬の期間限定メニューでしたが、好評につきレギュラーメニューになりました! たっぷりの野菜とホッキのエキスが染み込んだあんは、まろやかな味わい。


men041502炸醤湯麺(四川風挽肉みそラーメン)〈中720円(大920円)〉
豚挽肉の旨みと甘みで、味噌ベースのスープは奥深い味。細麺がつゆにも挽肉にもぴったりマッチしています。



釧路市松浦町8-2

中国料理 楓林

住所:釧路市松浦町8-2
電話番号:0154-25-0134
営業時間:11:00~15:30
     17:00~21:00
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2016年4月15日号掲載時点のものです。

464menu0415刺身定食

くしろ水産センターの1階に店を構える『くしろ港町 釧ちゃん食堂』は、今年2月のオープン以来、連日多くの人で賑わっています。1日20食限定の『刺身定食(1200円・税込)』は、本マグロ・サーモン・真イカ・エビの刺身盛に釧路産「釧鯖」の塩焼きとご飯・お味噌汁・小鉢までついてボリュームたっぷり!もちろん魚は市場から新鮮なものを厳選して仕入れているため、地元の漁業関係者もうなる味わいですよ。さらに、ふっくらツヤツヤのご飯は北海道産のななつぼしを使用と、素材にとことんこだわっています。他にも、ウニやイクラがのった豪華な『海鮮丼(1000円・税込)』などを手頃な価格で堪能できますよ。店内には物販コーナーも併設しているため、魚の切り身や一夜干しなどの加工品を購入することも可能です。



釧路市浜町3-18 くしろ水産センター1F

くしろ港町 釧ちゃん食堂

住所:釧路市浜町3-18 くしろ水産センター1F
電話番号:0154-25-1117
営業時間:7:00〜15:00
定休日:日曜日・祝日

記事の内容は週刊fit2016年4月15日号掲載時点のものです。

458menu0408夕焼けプレート

釧路市生涯学習センターの9階にあり晴れた日には釧路の街並みや阿寒岳を望むことができる『展望レストラン まいづる』。『夕焼けプレート(2000円・税込)』は夕日を眺めながらゆっくりお酒と食事を堪能できる新メニューです。『夕日ハイボール』と『夕焼けハイボール』それぞれ1杯ずつに全ドリンクの中からお好みの1杯で計3杯の飲み物がセットになってお得感たっぷり!自家製のザンギやクリームコロッケなどの他、サーモンのカルパッチョ、生ハムとモッツァレラチーズのサラダが付いて彩りも鮮やかですよ。少しずつ色々な料理を楽しめるのも嬉しいですね。昼の時間帯でもいただくことができるので注文はお気軽に。他にもホットケーキなどの軽食から和食洋食デザートまで豊富な料理を味わうことができますよ。



釧路市幣舞町4-28 釧路市生涯学習センター まなぼっと幣舞9階

展望レストラン まいづる

住所:釧路市幣舞町4-28
   釧路市生涯学習センターまなぼっと幣舞9階
電話番号:0154-44-4455
営業時間:11:00〜21:00(LO20:30)
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2016年4月8日号掲載時点のものです。

オシャレなカフェで本格パスタに舌鼓

洋食のほか、豊富なドリンクメニューに、デザートも揃っている『ぱらだいすかふぇ』。パスタはイタリア産にこだわり、メニューに合わせて種類を選んでいます。アルデンテに仕上げてあるので、ほどよい歯ごたえで最後までのびにくいんです。パスタの大盛りは、いずれも+150円。季節限定メニューやランチメニューなどもあるので、店内のメニューは要チェックですね。エスプレッソや紅茶、中国茶の種類が多く、ケーキやパフェなどもあるので、食事以外にもゆったりとした時間を楽しめそう。コース料理やパーティー料理、飲み放題プランもあり、貸し切りパーティもできます。パーティーなどは24時まで利用可能なので、詳しくはご相談ください。なお、表示価格は税込みです。


men040801ワタリガニのトマトクリームパスタリングイーネ〈980円〉
トマトの酸味がほんのりと感じられるソースは、生クリームでまろやかにまとめてあります。太めの平打ち麺が、ワタリガニのコクがある濃厚ソースにピッタリ!


men040802ペペロンチーノ〈690円〉
ニンニクと鷹の爪のシンプルパスタは、イタリア産のバージンオリーブオイルが決め手。辛さは調節できるので、注文時にリクエストして。



釧路市中園町7-12

ぱらだいすかふぇ

住所:釧路市中園町7-12
電話番号:0154-32-2040
営業時間:月~土11:00~22:00(LO21:30)
     日祝 11:00~21:00(LO20:30)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2016年4月8日号掲載時点のものです。

458menu0401仔羊のアロスト季節の野菜添え

昨年9月にオープンしたばかりの『ファームレストランCuore(クォーレ)』は『茶路めん羊牧場』が運営する羊肉と地場産の素材にこだわったレストラン。『仔羊のアロスト 季節の野菜添え(2800円)』は、牧場から届けられた仔羊のかたまり肉を、低温でじっくりローストした逸品です。特有の臭みがなく軟らかで羊肉へのイメージが変わりますよ。付け合せの野菜は時季により近隣の農園から新鮮なものを入手しているため、素材本来の旨みをしっかりと味わうことができます。「料理を通じて白糠の魅力を伝えたい」と語る漆崎雄哉シェフの熱い想いが感じられますね。くしろの新鮮な魚介類を使用したメニューや、コース料理(3800円・5000円・7000円の3種類、2名以上で前日まで要予約)もオススメですよ。※価格は税別です。



白糠郡白糠町茶路西一線87-1

ファームレストラン Cuore

住所:白糠郡白糠町茶路西一線87-1
電話番号:01547-2-5030
営業時間:火・水・木・日曜日 11:30〜18:00(LO.17:00)
     金・土曜日 11:30〜15:00(LO.14:00)
           18:00〜21:00(LO.20:00)
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2016年4月1日号掲載時点のものです。

素朴でどこか懐かしい半世紀の歴史と伝統を受け継ぐ味

昭和24年に製麺会社として雄別で開業後、ラーメン店として昭和45年に白糠駅前へ移転。古くから地元の人々に愛されてきた『老麺 やはた』のこだわりは「自家製」。麺やスープはもちろん、チャーシューやワンタン、メンマなど具材の一つ一つまで丹精を込めて手作りしています。コシのある細めの縮れ麺は、とんこつと魚介だしをベースにしたスープとの相性も抜群!あっさりしすぎず濃すぎずにちょうど良く、どこか懐かしさを感じさせる優しい味わいですよ。道東道の開通でますます来店しやすくなった同店。麺とスープの他にチャーシューとメンマがついた持ち帰り用(1箱2食分・1400円)はお土産にもピッタリ!お店の味をお宅で楽しむことができますよ。※価格は税込です。


men040101しょうゆチャーシューワンタンメン〈950円〉
大判のチャーシュー3枚にワンタンが6個入ってボリュームたっぷり!


men040102商みそチャーシューメン〈950円〉
コクがあるのにくどくない!一度食べたら病みつきになる人気メニュー。



白糠郡白糠町東一条南1-1-41

老麺 やはた

住所:白糠郡白糠町東一条南1-1-41
電話番号:01547-2-2317
営業時間:11:00〜20:00(スープがなくなり次第終了)
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)

記事の内容は週刊fit2016年4月1日号掲載時点のものです。

458menu0325絶品カルボナーラリゾット

久寿里橋のたもとにたたずむ『ビストロバー ベルジュエーワン』は、釧路川を眺めながらゆっくり食事とお酒を楽しめるお店です。『絶品カルボナーラリゾット(1100円・税別)』は、厚岸産の大粒なアサリを贅沢に使ったブロード(だし)が味の決め手。アサリの旨みが卵やチーズと絶妙に絡み合い、コク深いながらもしつこくない味わいに。「まずは一度食べてみてください!」とシェフが自信を持ってオススメする一皿は、ワインとの相性も抜群ですよ!3月からメニューを一新した同店では、焼き立てあつあつで人気のピザを4分の1サイズ、2分の1サイズでも味わうことができるようになりました。宴会のプランも豊富。歓送迎会などをお考えの方は「肉類を増やしてほしい」「ヘルシーな料理で」などの要望もぜひ気軽に相談を。



釧路市川上町2-2-12

ビストロバー ベルジュエーワン

住所:釧路市川上町2-2-12
電話番号:0154-65-7788
営業時間:火〜土曜日/17:00〜翌1:00(LO.翌0:30)
     日曜日/17:00〜0:00(LO.23:30)
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2016年3月25日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 70 71 72 Next