‘うちの看板MENU’ カテゴリの記事

 シックなエントランスの先に広がる「和の空間」で、家族や友人・恋人と一緒に食事を楽しみませんか?『釧路ふく亭 櫂梯楼』では、ほとんどの席がパーテーションで区切られているため、周りの目を気にせずにゆったりと過ごすことができます。ランチ・ディナータイムともに様々なメニューがありますが、中でも注目してほしいのが『北海五目釜めし(920円・税別)』。釜めしはオーダーを受けてから、一つずつ丁寧に炊き上げています。そのため「炊きたての美味しいごはんが食べられる」と好評なんです。木蓋を開けると、ふわりと漂うお米の香りに食欲をそそられるハズ。サケ・ホタテ・エビ・ジャガイモなどの食材とともに、桜エビの出汁で炊き上げた釜めしをぜひご賞味あれ。さらに同じご飯ものでは、お寿司もオススメなので要チェック☆



43.010708,144.396202

釧路ふく亭 櫂梯楼

住所:釧路市芦野1-2-8
電話番号:0154-65-1185
営業時間:ランチ11:00〜15:00(LO.14:30)
     平日17:30〜22:30(LO.22:00)
     金曜日・土曜日・祝前日17:00〜23:00(LO.22:00)
     日曜日・祝日17:00〜22:00(LO.21:00)
定休日:6〜8月は無休

記事の内容は週刊fit2018年7月6日号掲載時点のものです。

 釧路明輝高校そばに店を構える『B&T カリーカフェ』は、ネパール出身のシェフが作る本格カリーが人気のお店。日本人にも親しみやすいイエローペーストをはじめ、豆をベースにしたダル、ほうれん草ベースのグリーンなど、様々なカリーを楽しめます。なかでもお店イチオシの『バターマサラ(800円)』は、トマトベースのジューシーなレッドペーストに、ほろっとほぐれるチキン、たっぷり添えたバターのコクと香りがリッチな一皿。辛さは10段階からお好みでどうぞ。別売りのライスやターメリックライス、5種類あるナンはどれも絶品!カリーと一緒にぜひどうぞ。そのほか、豊富なセットメニューのなかで特に人気なのが、エビカリー・チキンチーズカリー・ティッカサラダ・ライス・ナンの『B&Tセット(1000円)』。食後には甘さ控えめのラッシーもオススメ♪※価格は税込です。



43.014863,144.386518

B&T カリーカフェ

住所:釧路市愛国西1-37-17
電話番号:0154-36-6696
営業時間:平日11:00〜15:00/17:00〜22:00
     土・日曜日・祝日11:00〜22:00
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2018年6月29日号掲載時点のものです。

 赤横でジンギスカンがリーズナブルに食べられる店として評判の『ぶりすけ』。炭焼きのジンギスカンの匂いが、店の外まで漂い、ついつい足を止めるお客さんの姿も。看板メニューは店名にもある自家製の『ぶりすけ』(400円)。ぶりすけは、英語でブリスケット(Brisket)と呼ばれる前足の周りの部位の名称で、程よい歯ごたえと濃厚な味わいが特徴です。フルーティーな味わいと、スパイシーな味わいのタレが添えられているので、お好みでどうぞ。他にも、『ラムハンバーグ』(600円)や『チーズラムハンバーグ』(650円)、『ラムギョーザ』(400円)などがあり、どの料理もラム肉好きにはたまらないメニューが揃っています。10種類のカクテルも400円で、お財布を気にせずに楽しめますよ。7席ほどの小さなお店なので予約がベスト。※価格は税込み。



42.984201,144.389081

釧路赤ちょうちん横丁 ぶりすけ

住所:釧路市川上町4-1
電話番号:090-2573-3893
営業時間:18:00~24:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2018年6月22日号掲載時点のものです。

 『展望レストラン ワンピース』は、高台からの景色を楽しみながら、おいしい洋食をリーズナブルにいただけると評判のお店。1階はテーブル席、子ども連れでもゆったり過ごせる小上がり、2階は窓に面したカウンター席になっていて、眺めの良さがカップルにも人気です。看板メニューの『ふわふわ半熟オムライス(800円・税込)』は卵をたっぷり3個も使い、ふんわりとろ〜っと仕上げた自信作。チキンライス・卵・デミグラスソースのハーモニーに思わず顔がほころびます。昔ながらの包むタイプのオムライスもあるので、食べ比べるのも楽しそう♪パスタ、ハンバーグ、カレーのほか定食類も充実。特に日替わりのメインメニューにライス・スープ・サラダ・ドリンクが付いた『日替わりセット(1000円・税込)』は常連さんにも好評です。パフェやあんみつなどデザート類もオススメ!



42.991947,144.403358

展望レストラン ワンピース

住所:釧路市材木町21-78
電話番号:0154-43-2888
営業時間:11:30〜15:30(LO.15:00) 17:00〜21:00(LO.20:30)
定休日:月曜日・第3日曜日

記事の内容は週刊fit2018年6月15日号掲載時点のものです。

 新緑が心地よいこれからの季節。広大な緑の大地と、庭に咲き誇る色とりどりの花を眺めながら、ゆったりと食事を楽しみませんか?エディブルフラワー(食用花)で飾り付けをした『ガーデンランチ(2100円・税込)』は、華やかな見た目で素敵なランチタイムを演出してくれます。内容も充実しており、サラダやテリーヌなどが盛りつけられたメインの「ガーデンプレート」をはじめ、パスタ・パン・ケーキ・飲み物がセットに!それぞれの材料に旬のものを取り入れているため、細かな内容は日によって変化しますよ。お店の敷地内で育てたハーブや野菜・自家製チーズ・鶴居村菱沼農場の「幸せ牛乳」など、地元ならではの食材を使ったランチを堪能してみませんか?素材の味を活かした料理は、カラダにもやさしいと評判です。ぜひドライブがてら、丘の上にあるファームレストランへ車を走らせてみて。



43.258346,144.341973

ファームレストラン ハートンツリー

住所:鶴居村字雪裡496-4
電話番号:0154-64-2542
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日

記事の内容は週刊fit2018年6月8日号掲載時点のものです。

 釧路フィッシャーマンズワーフMOOの2階、『港の屋台』にある『志づ川』は、昼夜を問わず、焼き魚やお刺身などの定食類が手頃な料金で食べられるお店として人気です。看板メニューは『海鮮チャーハン』(800円)で、ホッキやサーモンが入っていて、エビは丸ごと一匹をトッピング。季節によってはイカやタコが入ることもあります。魚介の旨味がしみこんだ、あっさりした塩味で、最後までさっぱりとしたおいしさ。日替わりの小鉢、漬物がセットになっています。定食類では刺身3点、味噌汁、漬物がセットになった『塩焼サバ定食』(700円)や、大ぶりの『ホッケ焼定食』(1000円)が人気で、夜のメニューでは『ツブ入り刺身6点盛り合わせ』(1200円)など新鮮な魚介や、『ジンギスカンプレート焼き』(900円)が評判です。※価格は税込み



42.981772,144.383386

炉ばた 志づ川

住所:釧路市錦町2-4 釧路フィッシャーマンズワーフ MOO2階
電話番号:090-8270-1049
営業時間:昼11:30~14:00 夜17:00~23:45
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2018年6月1日号掲載時点のものです。

 国道240号に面し、道の駅「阿寒丹頂の里」に隣接した温泉宿泊施設『丹頂の里 赤いベレー』。その施設内にある『レストラン鶴』では、釧路の特産品を使ったバラエティー豊かなメニューが揃い、特に阿寒黒毛和牛やモルト牛、阿寒もみじ(シカ肉)、阿寒ポークを使ったステーキや定食、丼物が人気です。この春に新登場したのが『釧路御膳』(単品1140円、ごはんセットはプラス350円)。釧路産スケソウダラをシソとチーズで包んで揚げたフライ、阿寒ポークの照り焼き、阿寒もみじ(シカ肉)の角煮、阿寒モルト牛のローストのセットで、地域の特産品がまるごと味わえます。程よいボリュームなので女性にもオススメ。日曜日には道の駅で阿寒ポーク(500円)、モルト牛(1000円)のバーベキュー(悪天候中止)も楽しめますよ。※価格は税込み。



43.144264,144.144973

丹頂の里 赤いベレー レストラン鶴

住所:釧路市阿寒町23-36
電話番号:0154-66-2330
営業時間:昼11:00~15:30(L.O.15:00)夜17:00~20:30(L.O.20:00)日曜・祝日は通し営業
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2018年5月25日号掲載時点のものです。

 北大通に面したビジネス街にある『居酒屋 ヒート』は、カウンター10席だけのとても落ち着ける雰囲気の居酒屋さん。手作りのおいしい料理と豊富な日本酒が揃い、仕事帰りにふらりと立ち寄り、軽く一杯という気分のときにぴったりのお店です。
看板メニューは、『四川風麻婆豆腐』(880円)。豆腐をまるごと一丁使い、2~3人でも十分に楽しめるボリュームで、四川赤山椒を使用した本場の味わい。ピリッとした刺激的な辛さでついついビールが進みます。他にも、開店以来の人気メニュー『生ラムつくね(2本)』(680円)は、ラム好きにはたまらない一品で、甘辛ダレに卵の黄身を絡めて食べるのがポイントです。ランチタイムの『チキンカツ+しょうが焼き』、『ザンギ+しょうが焼き』(各700円)は、ボリュームもありコスパ最強とサラリーマンに評判です。
※価格は税別です。



42.988414,144.382936

居酒屋 ヒート

住所:釧路市北大通12-2
電話番号:0154-64-5283
営業時間:11:30~13:30(ランチ)※17:00~0:00
定休日:土曜日

記事の内容は週刊fit2018年5月18日号掲載時点のものです。

 愛国の『ジャママートコーヒー』からリニューアルした『ユアーズ ダイニング』内に、インド・ネパール料理のお店がオープンしました!その名は『ガンジス』。インドやドバイで経験を積んだシェフが、独自にブレンドしたスパイス(マサラ)で作る本格カリーを楽しめます。なかでもディナー限定メニュー『インディアン チキンレッグ カリーセット(1360円)』は、カレー好きならぜひ食べてほしい一皿。たっぷりの玉ネギとトマト、パプリカをじっくり炒め、オリジナルのマサラ、玉ネギの種を隠し味に加えました。ほろほろになるまで煮込んだチキンレッグがボリューム満点!ナンまたはライスにサラダ、デザート付きです。ほかにもタンドリーチキンやネパール風焼きそばなどの一品料理も充実。セットメニューは、ラッシーなど各種ドリンクが100円引きになりますよ♪※価格は税別です。



43.011302,144.382393

ガンジス

住所:釧路市愛国西1-11-6 ジャマイカタウンYOURs DINING内
電話番号:0154-38-5331
営業時間:11:30〜21:30(LO. 21:00)※ディナー18:00〜
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2018年5月11日号掲載時点のものです。

 もちもちの米粉パンが人気の『米粉ぱん工房COCO』に、新商品「米ワッサン・オ・ザマンド(100円)」が登場しました。札幌や首都圏で話題の「オ・ザマンド」をCOCO流にアレンジ!看板商品の米ワッサンにバター、卵、アーモンドプードル、ラム酒で作ったアーモンドクリームをかけ、スライスアーモンドをトッピングして焼き上げました。表面はカリッとして、中の生地はしっとりもちもち♪アーモンドの風味とラム酒の香り、ほどよい甘さが後を引くおいしさですよ。数に限りがあるので気になる方はお早めに!ほかにも、同じく新商品のハード系パン「いちじくとクリームチーズ(190円)」や、ボリューム感がたまらない「クロックムッシュ(230円)」もオススメ!定番からアレンジパンまで揃うCOCOで、あなたのお気に入りを見つけちゃおう!※価格は税込です。



42.99599,144.38344

米粉ぱん工房COCO

住所:釧路市若松町19-9
電話番号:0154-65-9006
営業時間:8:30〜18:00
定休日:月・火曜日

記事の内容は週刊fit2018年4月27日号掲載時点のものです。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 39 40 41 Next