‘うちの看板MENU’ カテゴリの記事

 くしろのカレー専門店として、根強い人気を誇る『カレーの店からす亭』。メニューによってビーフ・チキン・ポーク・エビなど、ベースとなるルーを使い分けるのがお店のこだわりです。そんな20種類以上あるカレーメニューの中から、今回ご紹介するのが『スタミナガッツカレー(1,180円・税込)』。カレーの中にはプルプルのホルモンやガッツが、たっぷり入っています!パンチのある食材にあわせるのは、味噌ベースの特製ルー。しっかりとした旨味を残しつつ、まろやかな後味に仕上げていますよ。当初は試験的に作ったメニューでしたが、今ではすっかり定番になるほどの人気ぶり!ぜひ一度、お試しあれ。またカレーにはサラダ・スープのほかに、食後にはアイスキャンディーとコーヒーが付いてきてボリュームも満点です。お店でのお食事はもちろん、お持ち帰りもできるので気軽に利用してみては?



43.006409,144.382946

カレーの店 からす亭

住所:釧路市中園町7-16(橋本ビル1階)
電話番号:0154-23-3099
営業時間:11:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日:火曜日(祝日は営業)

記事の内容は週刊fit2018年4月13日号掲載時点のものです。

 アツアツのご飯と一緒に、極上のジンギスカンを頬張りませんか?今回ご紹介する『ジンギスカン定食(特上ラム・一人前)1200円・税込』は、ラムの中でも質が高いといわれている「モモ」の部位を厳選しています。脂肪に比べて赤身の割合が多いことから、肉本来の旨味をしっかりと感じられるのが特徴です。両面の色が変わる程度にさっと火を通したら、食べごろ。柔らかくてジューシーなジンギスカンは、箸がとまらなくなる美味しさですよ!特製ダレと肉のエキスが染み込んだ野菜も併せて堪能して。定食のお肉は特上ラムのほか、ラム(一人前、1060円・税込)・マトン(【上肉】一人前、990円・税込)、(【並肉】一人前、890円・税込)もあるのでお好みをどうぞ。また「お肉をたっぷり食べたい!」という方のために、各定食1・5人前のメニューもありますよ。



43.005982,144.406395

松尾ジンギスカン

住所:釧路町木場1-8
電話番号:0154-37-0939
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:15)16:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2018年4月6日号掲載時点のものです。

 お手頃価格のメニューが数多く揃う『和風れすとらん かまど屋』。この4月で29周年に入る同店の原点が『チキンカツ定食(レギュラー・780円・税込)』です。開店当初からザンギと共にかまど屋を支えてきたメニューなんですよ。チキンカツが1枚のシングルから5枚のジャンボまであり、レギュラーが2枚入で一番人気。長年の常連さんも「コレが目当て!」という方が多く、ふっくらと柔らかい身とサックサクの衣がたまらない一品です。知床産の生肉を使うなど全てにこだわりがありますが、一番は油の温度。高温すぎると焦げ、低温すぎるとベタつく…常に温度には気を抜かないことで、この食感が生まれるんです。汁物は、夜はみそ汁・ランチはみそ汁か半ラーメンが選べます。新メニューのファミリーパック(チキンかつ丼・ザンギ・ポテトフライ・サラダ付きで880円税込)にも注目!



43.011957,144.39337

和風れすとらん かまど屋

住所:釧路市芦野2-2-2
電話番号:0154-37-8881
営業時間:11:30〜14:30 18:00〜22:00(LO.21:45)
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2018年3月30日号掲載時点のものです。

 『鮨・肉・酒肴 志 KOKOROZASHI』は和モダンの店内で、ゆったりと食事を楽しめます。お客様一人ひとりに心を込めておもてなしし、苦手な食材やアレルギーがあれば申し出ていただきたいので、事前予約を推奨しています。お酒に合わせた料理にするなど、リクエストにも応えてくれますよ。二度目以降の来店の際は料理内容を変えたりと、細やかな心遣いがウレシイですね。基本は季節ごとのコースで、8品5000円のコース『ふらの和牛と小笠原農園さんの野菜のグリル フォアグラ味噌フォンデュ(単品2300円)』は、絶妙な焼き加減。和牛ならではの至福の美味しさを楽しんで。軽く食事をされたい方には6品で3000円の、ハレの日やボリュームが欲しい方にはグレードアップした9品8000円のコースもご用意できます。今後21時以降は単品メニューも登場予定なので、食事はもちろん2軒目などにもどうぞ。なお、価格は税別です。



42.983458,144.386567

鮨・肉・酒肴 志 KOKOROZASHI

住所:釧路市末広町3-4
電話番号:0154-65-5257
営業時間:17:30〜24:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2018年3月23日号掲載時点のものです。

 緑ヶ岡にオープンしたばかりの『cafe fika』。「fika」とは「ひと休みしてコーヒーを飲みながらおしゃべりを楽しむ」というスウェーデン流の食文化のことで、来た人にゆったり過ごしてほしいという願いが込められているそう。北欧風ブルーグリーンの壁が印象的な店内の一角には、キッズ用ティピーテントが置かれ、子ども連れでも気兼ねなく過ごせそうです。そんな同店の看板ランチメニューは『チーズハンバーグ(980円)』。国産牛と阿寒ポークを使ったジューシーなハンバーグは、ナイフを入れると熱々のチーズがとろ〜り!トマト味の効いたデミソースで、最後までさっぱり美味しく食べられます。ライス、サラダ、スープにドリンクもつきますよ。そのほか、カルダモンの効いた北欧風シナモンロールや、月に2回の限定メニューのキッシュもオススメ!※価格は税込です。



42.989108,144.410367

cafe fika

住所:釧路市緑ヶ岡4-6-8
電話番号:0154-65-5608
営業時間:11:00〜19:00 ※ランチタイム11:00〜14:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2018年3月16日号掲載時点のものです。

 緑ヶ岡にオープンしたばかりの『cafe fika』。「fika」とは「ひと休みしてコーヒーを飲みながらおしゃべりを楽しむ」というスウェーデン流の食文化のことで、来た人にゆったり過ごしてほしいという願いが込められているそう。北欧風ブルーグリーンの壁が印象的な店内の一角には、キッズ用ティピーテントが置かれ、子ども連れでも気兼ねなく過ごせそうです。そんな同店の看板ランチメニューは『チーズハンバーグ(980円)』。国産牛と阿寒ポークを使ったジューシーなハンバーグは、ナイフを入れると熱々のチーズがとろ〜り!トマト味の効いたデミソースで、最後までさっぱり美味しく食べられます。ライス、サラダ、スープにドリンクもつきますよ。そのほか、カルダモンの効いた北欧風シナモンロールや、月に2回の限定メニューのキッシュもオススメ!※価格は税込です。



42.985249,144.383071

オルディネール

住所:釧路市黒金町7-2-2 マリントピアクシロ1F
電話番号:0154-31-3622
営業時間:ランチ11:30〜14:00 ディナー18:00〜23:00(LO.22:00)
定休日:日曜日※祝日はランチ営業なし

記事の内容は週刊fit2018年3月9日号掲載時点のものです。

 『丼丸 海の匠』は、昨年11月にオープンした海鮮丼のお持ち帰り専門店。新鮮なネタとコスパの良さが評判のお店です。2月からはメニューも増え、選べる丼は50種類!しかも全品540円というお手頃価格で楽しめます。人気の『バラ丼』はエビ、マグロ、玉子、カニなど自慢のネタがたっぷり!あれこれ食べたい欲張りさんにピッタリですよ。まぐろ好きにはたまらない『まぐろネギトロ丼』もオススメ。ガッツリ食べたい人には、シャリ大盛(645円)、ネタ大盛(755円)、シャリ・ネタ大盛の特盛(860円)もあります。さらに毎月10日・20日・30日はお客様感謝デーとして、並盛500円、シャリ大盛600円、ネタ大盛700円、特盛800円という嬉しいサービスも♪あらかじめ電話で注文しておけば、待ち時間なしで受け取れます。ランチや夕食にいかがですか?なお、価格はすべて税込です。



42.989327,144.376247

丼丸 海の匠 釧路駅前店

住所:釧路市寿1-1-3
電話番号:0154-64-9130
営業時間:11:00〜19:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2018年3月2日号掲載時点のものです。

 栄町公園そばの『リ・カーサ』では、地元産や旬の食材を使った創作イタリアンが楽しめます。現在「星空の黒牛フェア」を開催中(3月末まで)。標茶の「星空の黒牛」はご存知でしょうか。知らないという方はもちろん、名前はよく目にするけど食べたことがないという方に一度食べてほしいと、生産者の協力を得て、数種類のメニューを用意しました。『星空の黒牛Lボーンステーキ(4980円・税込み)』は、500~600gほどのボリュームのある、L字型に骨の付いたサーロインステーキなんです。分厚い肉なのに、箸でも切れるほどやわらか。噛むとジューシーで、肉の旨みが口いっぱいに広がります。3~4人でシェアするのがオススメ。他にお手頃なメニューもあるので、流通量の少ない貴重な星空の黒牛を、この機会にご賞味ください。ワインの品揃えも豊富で、カクテル各種はもちろん、日本酒もあるので、美味しい料理のお供にどうぞ。



42.984417,144.387989

リ・カーサ

住所:釧路市栄町4-2-5 MTヒルズビル1F
電話番号:0154-24-0041
営業時間:17:30~翌1:00(LO24:30)
定休日:日曜日(月曜日が祝日の場合、日曜営業、月曜休業)

記事の内容は週刊fit2018年2月23日号掲載時点のものです。

 釧路駅前にある『石臼そばと肴 だいこう』の名物メニューは、丹精込めて作る『クジラのベーコン(1300円・税込み)』です。主に釧路産のクジラを湯通ししてから塩漬けにし、米ぬかで煮ることで臭みを取り、更に3~4時間かけて煮ていて、とても手間がかかっているんです。新鮮なのでクセもなく、まろやかな旨みと程よい塩気がお酒によく合います。クジラ好きの地元客の他、観光や出張などで来たお客さんにとても喜ばれているんだとか。その他のメニューも地元の魚介が中心で、店主が毎日吟味したものを仕入れています。石臼引きのそばも好評で、お酒の後のシメはもちろん、そばだけを食べにくる方も珍しくないそうなので、お気軽にどうぞ。定食や丼物も各種ありますよ。カウンターと小上りがあり、宴会プランもご用意しているので、詳しくはお問合せください。食事だけでも、お酒を傾けながらゆっくりという方にもおススメですよ。



42.989649,144.381781

石臼そばと肴 だいこう

住所:釧路市黒金町13-1 駅前大光ビル1F
電話番号:0154-23-2882
営業時間:17:00~22:00(LO21:30)
定休日:日曜日、祝日

記事の内容は週刊fit2018年2月16日号掲載時点のものです。

 阿寒湖温泉にある『ダイニングキッチン 心花』は、阿寒の食材をふんだんに取り入れ、地産地消をテーマにした料理が人気です。看板メニューは、AAO(安全・安心・おいしい)エゾシカ料理推進協議会から、マイスターとして認定された店主が作る『えぞ鹿肉ロースト』(1200円)。「ザ・プレミアム鹿肉(認証エゾシカ肉)」を丁寧に処理、じっくりとローストし、さらに酸化を防ぐためにナタネ油に漬け込むという手間暇惜しまずに作り上げた逸品。ガーリックとベリーの2種類のソースが、凝縮されたシカ肉の旨味を引き立てています。ご当地カクテル「マリモヒート」の考案者でもある店主が、阿寒湖に沈む夕日をイメージした第2段の『レイクサンセット』(650円)を発表!はちみつとチーズの塩味が絶妙な『心花ピザ』(800円)や、阿寒湖産ワカサギを使用した『雄阿寒盛り天ぷら』(1000円)も人気です。※価格は税込み



43.433309,144.092305

ダイニングキッチン 心花(ときめき)

住所:釧路市阿寒湖温泉4-1-27
電話番号:0154-65-8032
営業時間:18:30~24:00
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2018年2月9日号掲載時点のものです。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 38 39 40 Next