‘うちの看板MENU’ カテゴリの記事

  栄町公園の向かい、アクアベールの隣にある『スパイスバー&ざっかや いてらく』は、カラフルな雰囲気の中でお酒を楽しめるお店です。その名の通り、雑貨も販売しているんですよ。ドリンクメニューを見ると「世界のビール」がずらりと並び、カクテルメニューも豊富。お酒によく合うフードメニューの中には、珍しいカンボジア料理(クメール料理)があるんです。『チャークニャイ・サイチュルーク(900円、税込み)』は、カンボジアではポピュラーな料理で、豚肉とピーマン、生姜を炒めたもの。甘じょっぱい味付けで、お酒のお供にピッタリ! 細切りにしてある生姜は「具」の一つで、シャキシャキ感とほのかに感じる辛さがアクセントになります。他に辛くないのにスパイシーな料理がいろいろあるので、ご賞味ください。6月にはメニューをリニューアルする予定なので、お楽しみに。



42.986461,144.387871

スパイスバー&ざっかや いてらく

住所:釧路市栄町8-1
電話番号:090-5075-0584
営業時間:17:00~25:00 金・土17:00~26:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2017年5月19日号掲載時点のものです。

 ホテルパコのそばにある『炭火焼こだま』。多くの食材は可能な限り道産にこだわっていて、特に豚肉はすべて道産なんです。道産肉は冷凍していない生の状態で仕入れていて、野菜も新鮮!一番人気の『豚ホルモン』は、『塩ホルモン』と『上ホルモン』があってハーフサイズもあります。両方食べたい方に喜ばれているのが『ミックスホルモン(500円、ハーフ260円)』。上ホルモンはやわらかで、塩ホルモンはコリコリとした食感が楽しめます。時間をかけ丁寧に洗浄、下処理しているので臭みは感じないんだとか。『さくらユッケ(720円)』は、馬刺の旨みと卵の黄身が絶妙なコンビネーション。釧路ではあまり見かけない「スーパードライエクストラゴールド」も飲めて、「かちわりワイン」は特に女性にウケてます。暖かくなるこれからの季節、ご家族やお仲間と一緒に美味しいお酒と焼肉で盛り上がりませんか。なお、価格は税込みです。



42.982892,144.387343

炭火焼 こだま

住所:釧路市末広町2-26
電話番号:0154-25-2989
営業時間:17:30~23:00(LO22:30)祝日〜22:00
定休日:日曜日、祝日の月曜日

記事の内容は週刊fit2017年5月12日号掲載時点のものです。

 末広の路地裏にひっそり佇む『炭火焼 きら』は、隠れ家のような雰囲気とおいしい料理で人気の居酒屋。旬の素材を使った炭火焼きや刺し身、揚げ物などのお馴染みメニューの他、ご飯物、パスタ、ピザと目移りしそうなほど料理の種類が豊富です。看板メニューは、宮崎県から直送した希少な霜降り馬刺しを贅沢にユッケにした『極上桜ユッケ』(980円)で、上品な脂が口の中でとろけるように広がり、馬肉の旨味が堪能できる一品です。
 地元産のウニをたっぷりとトッピングした『うにクリームパスタ』(1080円)も人気メニュー。まろやかな味わいのホワイトソースに近海産のウニ独特な甘みが加わり、チーズ、黒コショウで味を引き締めています。店内は、カウンターと落ち着いた個室があり、どこに座っても隠れ家で過ごしているような落ち着いた雰囲気の中で、食事が楽しめます。 ※料金は税別。



42.983467,144.387776

炭火焼 きら

住所:釧路市末広町3-1 六本木センター1F
電話番号:0154-23-9523
営業時間:18:00~24:00(LO23:30)
定休日:日曜日(日・月曜日が連休の場合は月曜日)

記事の内容は週刊fit2017年4月28日号掲載時点のものです。

 4月22日(土)より、『屈斜路湖 鶴雅オーベルジュSoRa』の今年度の営業がスタートします!宿泊だけでなく、シーズン中は毎日、日帰りランチやディナーの営業もしていますよ。中でもオススメなのが、鉄鍋のお料理を味わえるランチコース『NITAY〜ニタイ〜(3000円・税別)』。メインの鉄鍋のお料理は、肉・魚からお好みで選ぶことができます。地元でとれる旬の食材にあわせて調理をするので、どんなお料理がでてくるかはお楽しみに♪そのほか前菜・スープ・デザートが付いてきますよ。またランチはパスタがメインのコース(2000円・税別)やフルコース(4500円・税別)もあるので、シーンにあわせて利用してみて。お昼時は混雑する場合もあるので、事前の予約がオススメです(※ディナーは要予約)。柔らかな太陽の光がさしこむ開放的な空間で、四季の風景とともに食事を楽しんでみては?



43.572463,144.301815

屈斜路湖 鶴雅オーベルジュSoRa

住所:川上郡弟子屈町屈斜路269
電話番号:015-484-2538
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:00)18:00〜22:00(L.O.20:00)※ディナーは要予約
定休日:無休(※冬期間は休業)

記事の内容は週刊fit2017年4月21日号掲載時点のものです。

 言わずと知れた釧路を代表する老舗『レストラン泉屋 本店』。「行けば、やっぱりスパゲティを食べちゃう」という方も多いのではないでしょうか。でもステーキやハンバーグ、オムライス、カレーなど、洋食全般のメニューが揃っているので、普段はスパゲティしか頼まないという方もいかがでしょうか。特に人気なのが、ご飯ものと肉料理やフライなどのセットメニューです。『牛スペシャルライス(928円・税込み)』は、昭和34年の創業当時から変わらない一皿。ご飯の上に牛肉と目玉焼きがのっていて、しかもスパゲティやサラダも付いているんです。スパゲティは「ミート」「イタリアン」「泉屋風」の中から選べるのもウレシイですね。牛肉は、独自にブレンドしたコクのあるソースがからめてあります。ほんのり甘みが感じられ、香ばしさもあってご飯にピッタリ。栄養バランスも良く、量もしっかりあるので、是非ご賞味あれ。



42.982616,144.386895

泉屋本店

住所:釧路市末広町2-28
電話番号:0154-24-4611
営業時間:11:00~21:30(L.O.21:00)
定休日:月1回 火曜日(不定週)

記事の内容は週刊fit2017年4月14日号掲載時点のものです。

 釧路町で27年間変わらぬ手作りの味で、大勢のファンを魅了する『ネーベン・フルス』。約10ページのメニューブックには、セットメニューの他、どれもこれも食べてみたくなる料理がびっしりと並んでいます。看板メニューは「Wチーズハンバーグ」(ライス・スープセット1400円)。食べやすさを考慮して、ポークとビーフの挽き肉を5対5の割り合いにした生地をナチュラルチーズとチェダーチーズのダブルチーズで包み込むように焼き上げています。ハンバーグは200グラムとボリュームも満点で、ソースはデミとカレーの2種類から選べます。リピーターに人気の限定メニューは4月1日から始まった「ハムカツランチ」(デザート付き1000円)で、野菜がたっぷり入って食欲をそそる香りのスープカレーが決め手です。定番の「ネーベンバーガー」(600円)も要チエック!※価格は税込みです。



42.99527,144.465247

Neben Flus(ネーベン・フルス)

住所:釧路町別保1-8
電話番号:0154-62-2620
営業時間:11:30~15:00 17:00~20:00(L.O.19:45)
定休日:木曜日 第3水曜・木曜日

記事の内容は週刊fit2017年4月7日号掲載時点のものです。

  釧路公立大学正門の向かい、カラオケまねきねこの入っている東陽ビル2Fにある『サラデジャンタルNOVO』は、こだわりのスープカレーが食べられるお店。スープは鶏ガラや野菜など、厳選した20種類以上の食材を10時間以上かけて煮込んでいます。ターメリックバターライスは、S~LLまで量を選べるんですよ(LとLLはプラス料金)。毎年好評の月替わり限定メニュー『濃厚エビエキス スープカレー(ラビオリ入り、1280円・税込み)』が4月限定で復活。通常メニューの「エビスープ」よりさらに濃厚で、エビの旨みと溶かしてあるクリームチーズがスパイスの辛さと融合して、特有のコクを生み出します。もちもちの自家製ラビオリと、大きめにカットした野菜が食べ応えアリ!辛さは1番から5番まで選べるので、お好みのスープカレーが楽しめます。なお、数量に限りがあるので、品切れの際はご了承ください。



43.020627,144.394652

サラデジャンタルNOVO

住所:釧路市文苑4丁目65-2(東陽ビル2F)
電話番号:0154-38-7890
営業時間:11:30〜21:30
定休日:毎週水曜日(祝日の場合営業、翌日休み)

記事の内容は週刊fit2017年3月31日号掲載時点のものです。

 春採中学校そばの春採館にある『焼鳥ダイニング つ串んぼ』は、焼鳥などの串ものや焼きものの他、お酒にピッタリの一品料理などが楽しめます。『ホルモン鍋(800円)』は一人用の鍋にホルモンとゴボウやニンジン、大根、タマネギ、豆腐などを、醤油と味噌で味付けて煮込んであります。手間暇かけて下ごしらえするホルモンは、一度一時間以上煮込んだ後、さらに野菜と一緒に煮るので、やわらかでクセがありません。ホルモンと野菜のエキスが染み出た汁は、まろやかで旨みが凝縮しているんですよ。長ネギは最後に入れているので、シャキシャキとした食感がアクセントに。大人6名様以上の宴会は通常より10%OFFとおトク。串もの各種(1本100~200円)と『焼鳥弁当(800円)』や『手羽ギョウザ(250円)』などの持ち帰りメニューもあって、事前に電話予約すれば待ち時間がないと好評です。なお、表示価格は税込みです。



42.969935,144.415144

焼鳥ダイニング つ串んぼ

住所:釧路市春採6-8-25(春採館1F)
電話番号:0154-42-4388
営業時間:16:30~23:00
定休日:毎週水曜日、第3火曜日

記事の内容は週刊fit2017年3月24日号掲載時点のものです。

本場のネパールカリーが味わえる『ネパール・インドレストラン ビスターレビスターレ』。好評の食べ放題フェアが、4月9日(日)までの金曜・土曜・日曜・祝日限定で開催中です。11~15時のランチタイムは『ナン&カリーバイキング』(大人1000円、小学生600円、幼児無料、サラダ付)。5種類のナン&ライスと9種類のカリーが食べ放題。17~21時の『スペシャルディナー』(大人1500円、小学生800円、幼児無料)は、ナンやカリーだけでなく、タンドリーチキンやネパール風ギョウザの「マライティッカ」など20品以上が食べ放題なんです。どちらも+200円でソフトドリンク飲み放題、デザート食べ放題となります。豊富なカリーメニューはマイルドなものもあって、お子様にも喜ばれています。ナンはプレーンの他、チーズナンやガーリックナンなどもあるんですよ。この機会に本格カリーをご賞味あれ。



43.01194,144.357712

ビスターレ ビスターレ

住所:釧路市鳥取大通3-4-7
電話番号:0154-53-9766
営業時間:平 日11:00~15:00 17:00~21:30(LO)土日祝11:00〜22:00(LO)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2017年3月17日号掲載時点のものです。

釧路川を臨む、絶好のロケーションに建つ『レストラン&コミュニティ イオマンテ』。生産者の顔が分かる地場食材をふんだんに使用し、アイヌ料理の文化や精神をエッセンスにした『くしろフレンチ』とも言うべき独創的な料理が楽しめる名店です。ディナーは、『Saison』(5000円)、『Kushiro』(8000円)の2コースあり、予約制の『Memoir』(1万800円)は、結婚記念日、誕生日など特別な日の料理として人気です。『そば粉のくしろガレットセット』(3800円・デザート、コーヒー付き)は、予約制で火曜~木曜日限定のメニュー。弟子屈町のそば粉と阿寒ポークの自家製ハム、釧路管内のナチュラルチーズ、色とりどりの春野菜をふんだんに使って味はもちろん目でも楽しめ、足繁く通う常連もいる評判の一品です。予約をすればコース料理のメインにもできます。※コース料理はすべてサービス料込み、税別です。



42.982413,144.387061

レストラン&コミュニティ イオマンテ

住所:釧路市末広町2-23(河畔駐車場向い)
電話番号:0154-65-1802
営業時間:18:00~21:00(L.O)
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2017年3月10日号掲載時点のものです。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 33 34 35 Next