‘うちの看板MENU’ カテゴリの記事

409menu0417鶴居村産豚肉三恵豚の塩こしょう焼定食

鶴居村の幌呂郵便局近くの住宅地にある『食堂 大和』は、カレーやラーメン、スパゲティからお酒のおつまみまである、地元に根付いたお店です。『鶴居村産豚肉 三恵豚の塩こしょう焼定食(並150g 1100円)』は、厚めにカットした豚肉を塩こしょうでシンプルに味付け。一緒に炒めるニンニクのコクがアクセントになっていて、また食べたくなるという常連さんも多いとか。エサにサツマイモを食べさせている三恵豚は肉質がやわらかな上、脂があっさりしているのでもたれる感じがなく、女性でもペロッと食べられちゃうとか。『並250g(1700円)』や『上150g(1250円)』などもありますよ。三恵豚の仕入れの関係で、日によって品切れになったり、提供できない場合があるそうで、事前に確認されることをオススメします。なお、価格は税込みです。



鶴居村幌呂西4-22-4

食堂 大和

住所:鶴居村幌呂西4-22-4
電話番号:0154-65-2085
営業時間:11:30〜21:00(LO.20:30)
定休日:木曜日

記事の内容は週刊fit2015年4月17日号掲載時点のものです。

408menu0410牛すじ煮込み

手間ひまかけた日替わりのおばんざいが好評の『酒処 彩』。できる限り地場産にこだわった食材で作る、旬のお料理が食べられます。『牛すじ煮込み(600円・税抜)』は圧力鍋で煮込んでいるので、牛すじはトロトロやわらかで、ゴボウとコンニャクにもしっかり味が染みています。まろやかな醤油ベースの味付けで、お酒のお供にピッタリですよ。刺身や焼き物、揚げ物、一品料理にデザートもあるので、女子会にもイイですね。全国各地の日本酒が揃っていて、あれこれ飲んでみたくなりそう。もちろん焼酎もあります。カウンター10席と小上がりは10名程度。宴会は人数や予算など相談に乗ってくれるので、詳しくはお問い合わせください。女性店主ならではのシックな店内は、隠れ家的な雰囲気。美味しいお酒とお料理で、オトナの時間を過ごしてみてはいかがですか。



釧路市栄町2-1-1

酒処 彩

住所:釧路市栄町2-1-1
電話番号:0154-22-0220
営業時間:18:00〜23:00
定休日:日曜日、月曜日

記事の内容は週刊fit2015年4月10日号掲載時点のものです。

407menu0403摩周ガレットセット

川湯温泉街の中に位置する『カフェ ノーブル』。レトロな雰囲気の店内で、ゆったりと贅沢な時間が過ごせます。こちらで食べられるのが、季節の野菜を使った『摩周ガレットセット(1180円税込)』。摩周そば粉を使用した生地に、たっぷりの野菜とチーズやベーコンが包まれています。そばの風味を感じる生地は香ばしく焼きあげられ、外はカリッと中はモチッと。具の野菜も本来の旨味や食感が引き出され、ガレット生地とベストマッチ!セットのポテトスープは川湯産のジャガイモを使っており、甘くて優しい味。まあるい形がかわいらしい摩周産小麦の自家製パンはふわふわで、スープともよく合います。他にもカレーやパスタなど、野菜をたっぷり使ったメニューが。今の季節は手に入りにくいですが、夏になると地場産の野菜が登場します!



弟子屈町川湯温泉1-4-8

カフェ ノーブル

住所:弟子屈町川湯温泉1-4-8
電話番号:015-483-3418
営業時間:11:00〜21:00
定休日:木曜日

記事の内容は週刊fit2015年4月3日号掲載時点のものです。

405menu0320テネレッロ・シラリカを味わうこんがり焼きカレー

店主のセンスが見え隠れする、こじんまりとした店内は女性おひとり様でも気軽に立ち寄れる雰囲気。釧路労災病院そばの『BENAMART』は、スープカレーやチーズハンバーグ、スイーツが人気。新メニュー『テネレッロ・シラリカを味わう、こんがり焼きカレー(税込1050円)』も店主自信の一品ですよ。トマトや玉ねぎなど野菜の旨みに託したシンプルなカレーと、白糠酪恵舎の『テネレッロ・シラリカ』、野菜をオーブンで香ばしく焼きます。ナチュラルチーズの食べやすさとハードチーズの熟成した旨みが楽しめる『テネレッロ・シラリカ』を合わせることで、濃厚な味わいに。半熟の目玉焼きをくずしながらとろ〜り感を満喫してください。スパイシーとまろやかさのマッチングは、一度食べたらクセになること間違いなし!



釧路市中園町12-10

BENAMART

住所:釧路市中園町12-10
電話番号:0154-22-9585
営業時間:平 日/11:00~24:00、日曜日/11:00~20:00
定休日:木曜日

記事の内容は週刊fit2014年3月20日号掲載時点のものです。

404menu0313バッファローチキンウイング

栄町公園そばの『カフェリブレ。』は、内装がポップなアメリカン調の、カジュアルなお店です。『バッファローチキンウイング(6ピース・500円)』は、アメリカではポピュラーなメニューだとか。国産の手羽を塩茹でしてから揚げて、さらに照りが出るまでタバスコベースのソースで焼きます。ピリ辛で、ビールのお供にピッタリ!12ピース(900円)もおトクですよ。パスタやサラダ、揚げ物、一品料理などがあり、『フィッシュ&チップス(800円)』や、『ザンギ&チップス(800円)』も好評。100分1500円の飲み放題コースは、個人で飲み放題を決められる新システムです。生ビールはもちろん、ハイネケンやコロナ、ハートランドなど各国のビールもあり、ドリンクメニューが豊富なので、一次会だけでなく二次会や三次会にもどうぞ。なお、表示価格は税込みです。



釧路市栄町4-13

カフェリブレ。

住所:釧路市栄町4-13民謡センター1F
電話番号:0154-64-1072
営業時間:18:00〜翌3:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2015年3月14日号掲載時点のものです。

403menu0307牛スジとホルモンのスープ煮込み

パステルパークそばの小路にひときわ目立つ看板『イワさんのホルモン』。その名の通りホルモンをはじめとする炭火焼や、一品料理が食べられるお店です。カウンター7席だけのお店ですが、だからこそ店主のこだわりが隅々まで行きわたっています。まめに市場に足を運び、道産を中心に産地にもこだわった食材を吟味して仕入れているんですよ。オリジナルの『牛スジとホルモンのスープ煮込み(450円・税込)』は、他の料理の邪魔をしないようにと、あえて塩味でまろやかな味付けにしてあります。お酒のお供はもちろん、シメにもよさそう。道東産の牛スジとホルモンは、丁寧に下処理をしているので、臭みやクセがありません。圧力鍋でガッチリ煮込んでいるので、やわらくてトロトロ! 道産のメークインは自然の甘みを感じます。お好みで黒コショウか唐辛子をかけて召し上がれ。



釧路市末広町2-9

イワさんのホルモン

住所:釧路市末広町2-9
電話番号:0154-23-4200
営業時間:17:30〜翌1:00(LO.24:30)
定休日:日曜日(事前予約があれば営業)

記事の内容は週刊fit2015年3月7日号掲載時点のものです。

402menu0227厚切り牛タンシチューオムライス

新富士にあるオムライス専門店『ALOHA』は、足を伸ばしてくつろげる小上がり、ゆったりとしたソファー席、異国の雰囲気漂うテーブル席とシーンに合わせて利用できるお店です。ケチャップ・和風・ホワイトソース・デミグラスの4つの味で展開する、種類豊富なオムライスから今回は『厚切り牛タンシチューオムライス(Mサイズ1480円・税別)』をオススメ!鶏ガラ・香味野菜・牛すじをじっくり煮込み、旨みがギュッと詰まった自家製デミグラスソースと、厚みがあるのにホロホロとろける濃厚な味わいの牛タンをトッピングした食べ応えのある一皿です。店名の通りハワイアン料理や、パンケーキなども女性に人気!また、『スペアリブ(690円・税別)』はオーナーが自画自賛するほどの美味しさです。お財布に優しいランチセットも見逃せませんよ。



釧路市新富士4-8-25

オムライス専門店 アロハ

住所:釧路市新富士4-8-25
電話番号:0154-65-9894
営業時間:11:30〜14:30、17:30〜0:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2015年2月27日号掲載時点のものです。

401menu0220肉豆腐鍋

炭が燃える音に耳を傾けながら、ゆっくりと酒を楽しむ。『炉ばた くまの家』では大きな炉端をぐるりと囲むようにカウンター席があり、新鮮な魚介や串料理を目の前で焼き上げて提供してくれます。今回は、アツアツの新メニュー『肉豆腐鍋(680円+税)』をご紹介。醤油ベースのつゆに豚肉とたっぷりの野菜、豆腐一丁をまるごと鉄鍋へ。炉でしっかり熱を通したら、最後に卵を落として完成。まろやかな卵が具材に絡み、どこかホッとする優しい味わいです。シメには具材の旨味が溶け込んだつゆに、ご飯を入れて雑炊で頂くのも◎。まだまだ寒い釧路の夜にピッタリな一品は、特に焼酎との相性が良いので是非一緒にオーダーしてみて!他にも『羅臼産ほっけ(980円+税)』や大きくてボリュームのある『鳥串(250円+税)』もオススメです。



釧路市栄町2-1

炉ばた くまの家

住所:釧路市栄町2-1(ホテルパコ向かい)
電話番号:0154-64-6098
営業時間:18:00〜23:00
定休日:日曜・祝日

記事の内容は週刊fit2015年2月20日号掲載時点のものです。

400menu0213アボカドディップのチキングラタン

釧路川沿いの『カフェ ティアラ』は、ロココ風のロマンチックな店内。白と淡いピンクを基調とした内装は、女性の夢が詰まっているようで、忙しい日常を忘れさせてくれます。フレンチトーストやパフェ、ケーキ類などのスイーツに、コーヒーやジュースの他、フレーバーティーも豊富で、バラの天然エキスが香るローズジュースも気になります。ハンバーグやドリア、ガパオライスなど、軽食はどれも女性には程よい量です。『アボカドディップのチキングラタン(800円・税込)』は、焼いたチキンの上にアボカドディップをのせ、チーズをかけて焼きました。クリーミーなアボカドのまろやかな風味と、ほんのり香ばしいチーズがやさしい味わい。サフランライスとサラダ、サイドディッシュが一品付いてます。友人同士やおひとり様で、贅沢な時間を過ごしてみてはいかがですか?



釧路市旭町13-7

カフェ ティアラ

住所:釧路市旭町13-7
電話番号:080-6088-7640
営業時間:11:30〜17:30(LO.17:00)
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2015年2月13日号掲載時点のものです。

399menu0206そら豆と海鮮のかき揚げ

鳥取北の住宅街に昨年6月にオープンした居酒屋『蒼ぞら』は、カウンター6席と小上がり2卓のアットホームな雰囲気。旬のものにこだわった一品料理を楽しみに飲兵衛たちがやってきます。今回、春の食材そら豆を使ったメニューが新登場!『そら豆と海鮮のかき揚げ(750円税込)』は、そら豆とホタテ・エビなど日によって替わる魚介を合わせた上品な味。さっくりふわっとした食感がたまりません。天つゆと塩、お好みで酒菜にいかがですか。自らも酒が好きというマスターが、釧路にないめずらしいものを探し、全国各地の日本酒を取り揃えているのも魅力。ほかの居酒屋では見かけないラベルが並びます。常連さんのリクエストにも応え取り寄せることもあるとか。オススメの刺身や自家製〆サバを、銘酒と一緒にお楽しみください。



釧路市鳥取北4-6-9

鳥取厨房 蒼ぞら

住所:釧路市鳥取北4-6-9
電話番号:0154-51-3388
営業時間:18:00〜23:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2015年2月6日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 ... 7 8 9 10 11 12 13 ... 33 34 35 Next