‘うちの看板MENU’ カテゴリの記事

 もちもちの米粉パンが人気の『米粉ぱん工房COCO』に、新商品「米ワッサン・オ・ザマンド(100円)」が登場しました。札幌や首都圏で話題の「オ・ザマンド」をCOCO流にアレンジ!看板商品の米ワッサンにバター、卵、アーモンドプードル、ラム酒で作ったアーモンドクリームをかけ、スライスアーモンドをトッピングして焼き上げました。表面はカリッとして、中の生地はしっとりもちもち♪アーモンドの風味とラム酒の香り、ほどよい甘さが後を引くおいしさですよ。数に限りがあるので気になる方はお早めに!ほかにも、同じく新商品のハード系パン「いちじくとクリームチーズ(190円)」や、ボリューム感がたまらない「クロックムッシュ(230円)」もオススメ!定番からアレンジパンまで揃うCOCOで、あなたのお気に入りを見つけちゃおう!※価格は税込です。



42.99599,144.38344

米粉ぱん工房COCO

住所:釧路市若松町19-9
電話番号:0154-65-9006
営業時間:8:30〜18:00
定休日:月・火曜日

記事の内容は週刊fit2018年4月27日号掲載時点のものです。

 鳥取大通の裏手に店を構える『四季料理 きむら』は、その名の通り四季折々の料理を落ち着いた雰囲気で楽しめる隠れ家的なお店。旬の食材を使い和食の技巧を凝らした繊細な味はもちろん、目でも楽しめますよ。そんな同店で、期間限定の『お花見会席セット(2600円・要予約)』がスタート!今が旬のタケノコを土佐煮などで味わえるほか、お造り、タコの柔らか煮、桜色に染めたもち米でひき肉を包んだ「桜蒸し」など、春らしい料理をたっぷり堪能できますよ。期間は4月29日から5月6日まで。メニューはその日の仕入れによって多少変わります。美しく彩られた料理を食べながら、お花見気分を味わってみませんか?そのほか、日曜日限定のおまかせランチ(2500円〜・要予約)もおすすめ。個室もあるので、会合や法要など、大切な時間を過ごしたい日にぴったりです。※価格は税込です。



43.01423,144.34789

四季料理 きむら

住所:釧路市鳥取大通5-3-3
電話番号:0154-52-8880
営業時間:17:30〜22:00(LO.21:30)※ランチは日曜日のみ11:30〜14:30(要予約)
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2018年4月27日号掲載時点のものです。

 鳥取大通沿にある『酒房 はにゅう』が、昨年11月にリニューアルオープン!カウンターには水槽が設置され、中には新鮮な貝類が。刺身やバター焼きなど好みの調理法をオーダーすることができますよ。そんな新鮮なホタテを使ったのが『ホタテのカルパッチョ(800円・税別)』。オニオンスライスにトマトやキュウリ、パプリカなどの色鮮やかな野菜と、たっぷりのホタテが並びます。オリジナルの和風ドレッシングがよく合いますよ。シックな店内には、カウンターと小上がりのほか個室もあり、1人でも仲間とでも気軽に入れます。3名からの飲み放題は90分1680円・180分3000円。お料理は3500円から。カラオケやフリーWi-fiもありますよ。駐車場も完備しているので、行きは車で、帰りは運転代行という使い方も。今なら「fit見たよ」で生ビール1杯サービス!



43.010426,144.359712

酒房 はにゅう

住所:釧路市鳥取大通2-7-22
電話番号:0154-53-2525
営業時間:18:00〜24:00
定休日:月曜日(ほか臨時休業あり)

記事の内容は週刊fit2018年4月20日号掲載時点のものです。

 くしろのカレー専門店として、根強い人気を誇る『カレーの店からす亭』。メニューによってビーフ・チキン・ポーク・エビなど、ベースとなるルーを使い分けるのがお店のこだわりです。そんな20種類以上あるカレーメニューの中から、今回ご紹介するのが『スタミナガッツカレー(1,180円・税込)』。カレーの中にはプルプルのホルモンやガッツが、たっぷり入っています!パンチのある食材にあわせるのは、味噌ベースの特製ルー。しっかりとした旨味を残しつつ、まろやかな後味に仕上げていますよ。当初は試験的に作ったメニューでしたが、今ではすっかり定番になるほどの人気ぶり!ぜひ一度、お試しあれ。またカレーにはサラダ・スープのほかに、食後にはアイスキャンディーとコーヒーが付いてきてボリュームも満点です。お店でのお食事はもちろん、お持ち帰りもできるので気軽に利用してみては?



43.006409,144.382946

カレーの店 からす亭

住所:釧路市中園町7-16(橋本ビル1階)
電話番号:0154-23-3099
営業時間:11:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日:火曜日(祝日は営業)

記事の内容は週刊fit2018年4月13日号掲載時点のものです。

 アツアツのご飯と一緒に、極上のジンギスカンを頬張りませんか?今回ご紹介する『ジンギスカン定食(特上ラム・一人前)1200円・税込』は、ラムの中でも質が高いといわれている「モモ」の部位を厳選しています。脂肪に比べて赤身の割合が多いことから、肉本来の旨味をしっかりと感じられるのが特徴です。両面の色が変わる程度にさっと火を通したら、食べごろ。柔らかくてジューシーなジンギスカンは、箸がとまらなくなる美味しさですよ!特製ダレと肉のエキスが染み込んだ野菜も併せて堪能して。定食のお肉は特上ラムのほか、ラム(一人前、1060円・税込)・マトン(【上肉】一人前、990円・税込)、(【並肉】一人前、890円・税込)もあるのでお好みをどうぞ。また「お肉をたっぷり食べたい!」という方のために、各定食1・5人前のメニューもありますよ。



43.005982,144.406395

松尾ジンギスカン

住所:釧路町木場1-8
電話番号:0154-37-0939
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:15)16:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2018年4月6日号掲載時点のものです。

 お手頃価格のメニューが数多く揃う『和風れすとらん かまど屋』。この4月で29周年に入る同店の原点が『チキンカツ定食(レギュラー・780円・税込)』です。開店当初からザンギと共にかまど屋を支えてきたメニューなんですよ。チキンカツが1枚のシングルから5枚のジャンボまであり、レギュラーが2枚入で一番人気。長年の常連さんも「コレが目当て!」という方が多く、ふっくらと柔らかい身とサックサクの衣がたまらない一品です。知床産の生肉を使うなど全てにこだわりがありますが、一番は油の温度。高温すぎると焦げ、低温すぎるとベタつく…常に温度には気を抜かないことで、この食感が生まれるんです。汁物は、夜はみそ汁・ランチはみそ汁か半ラーメンが選べます。新メニューのファミリーパック(チキンかつ丼・ザンギ・ポテトフライ・サラダ付きで880円税込)にも注目!



43.011957,144.39337

和風れすとらん かまど屋

住所:釧路市芦野2-2-2
電話番号:0154-37-8881
営業時間:11:30〜14:30 18:00〜22:00(LO.21:45)
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2018年3月30日号掲載時点のものです。

 『鮨・肉・酒肴 志 KOKOROZASHI』は和モダンの店内で、ゆったりと食事を楽しめます。お客様一人ひとりに心を込めておもてなしし、苦手な食材やアレルギーがあれば申し出ていただきたいので、事前予約を推奨しています。お酒に合わせた料理にするなど、リクエストにも応えてくれますよ。二度目以降の来店の際は料理内容を変えたりと、細やかな心遣いがウレシイですね。基本は季節ごとのコースで、8品5000円のコース『ふらの和牛と小笠原農園さんの野菜のグリル フォアグラ味噌フォンデュ(単品2300円)』は、絶妙な焼き加減。和牛ならではの至福の美味しさを楽しんで。軽く食事をされたい方には6品で3000円の、ハレの日やボリュームが欲しい方にはグレードアップした9品8000円のコースもご用意できます。今後21時以降は単品メニューも登場予定なので、食事はもちろん2軒目などにもどうぞ。なお、価格は税別です。



42.983458,144.386567

鮨・肉・酒肴 志 KOKOROZASHI

住所:釧路市末広町3-4
電話番号:0154-65-5257
営業時間:17:30〜24:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2018年3月23日号掲載時点のものです。

 緑ヶ岡にオープンしたばかりの『cafe fika』。「fika」とは「ひと休みしてコーヒーを飲みながらおしゃべりを楽しむ」というスウェーデン流の食文化のことで、来た人にゆったり過ごしてほしいという願いが込められているそう。北欧風ブルーグリーンの壁が印象的な店内の一角には、キッズ用ティピーテントが置かれ、子ども連れでも気兼ねなく過ごせそうです。そんな同店の看板ランチメニューは『チーズハンバーグ(980円)』。国産牛と阿寒ポークを使ったジューシーなハンバーグは、ナイフを入れると熱々のチーズがとろ〜り!トマト味の効いたデミソースで、最後までさっぱり美味しく食べられます。ライス、サラダ、スープにドリンクもつきますよ。そのほか、カルダモンの効いた北欧風シナモンロールや、月に2回の限定メニューのキッシュもオススメ!※価格は税込です。



42.989108,144.410367

cafe fika

住所:釧路市緑ヶ岡4-6-8
電話番号:0154-65-5608
営業時間:11:00〜19:00 ※ランチタイム11:00〜14:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2018年3月16日号掲載時点のものです。

 緑ヶ岡にオープンしたばかりの『cafe fika』。「fika」とは「ひと休みしてコーヒーを飲みながらおしゃべりを楽しむ」というスウェーデン流の食文化のことで、来た人にゆったり過ごしてほしいという願いが込められているそう。北欧風ブルーグリーンの壁が印象的な店内の一角には、キッズ用ティピーテントが置かれ、子ども連れでも気兼ねなく過ごせそうです。そんな同店の看板ランチメニューは『チーズハンバーグ(980円)』。国産牛と阿寒ポークを使ったジューシーなハンバーグは、ナイフを入れると熱々のチーズがとろ〜り!トマト味の効いたデミソースで、最後までさっぱり美味しく食べられます。ライス、サラダ、スープにドリンクもつきますよ。そのほか、カルダモンの効いた北欧風シナモンロールや、月に2回の限定メニューのキッシュもオススメ!※価格は税込です。



42.985249,144.383071

オルディネール

住所:釧路市黒金町7-2-2 マリントピアクシロ1F
電話番号:0154-31-3622
営業時間:ランチ11:30〜14:00 ディナー18:00〜23:00(LO.22:00)
定休日:日曜日※祝日はランチ営業なし

記事の内容は週刊fit2018年3月9日号掲載時点のものです。

 『丼丸 海の匠』は、昨年11月にオープンした海鮮丼のお持ち帰り専門店。新鮮なネタとコスパの良さが評判のお店です。2月からはメニューも増え、選べる丼は50種類!しかも全品540円というお手頃価格で楽しめます。人気の『バラ丼』はエビ、マグロ、玉子、カニなど自慢のネタがたっぷり!あれこれ食べたい欲張りさんにピッタリですよ。まぐろ好きにはたまらない『まぐろネギトロ丼』もオススメ。ガッツリ食べたい人には、シャリ大盛(645円)、ネタ大盛(755円)、シャリ・ネタ大盛の特盛(860円)もあります。さらに毎月10日・20日・30日はお客様感謝デーとして、並盛500円、シャリ大盛600円、ネタ大盛700円、特盛800円という嬉しいサービスも♪あらかじめ電話で注文しておけば、待ち時間なしで受け取れます。ランチや夕食にいかがですか?なお、価格はすべて税込です。



42.989327,144.376247

丼丸 海の匠 釧路駅前店

住所:釧路市寿1-1-3
電話番号:0154-64-9130
営業時間:11:00〜19:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2018年3月2日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 39 40 41 Next