‘うちの看板MENU’ カテゴリの記事

ブタモダン焼き(そば入り)

大阪の旨いもんが釧路にやってきた!明るく気さくな店主、そして老若男女問わず多くのお客さんで賑わう『なにわもん』は、いわば粉モンの店。看板メニューは「ブタモダン焼き(そば入り)」(800円)です。モダン焼きとは、お好み焼きの具材にそば(又はうどん)が加わったもの。ボリューム満点で、お得感たっぷりな一品です。具材はシンプル、だからこそ生地にはとことんこだわります。本場大阪出身の、店主の腕の見せ所です。そのままでも美味しく食べられますが、生地の美味しさを活かすように作られた、自家製ソースとマヨネーズでさらに旨さ倍増!テイクアウトもできるので、電話で予約しておくとおうちでアツアツが食べられますよ。



北海道釧路市春採4丁目30

お好み焼き・鉄板焼き なにわもん

住所:釧路市春採4-30-23
電話番号:0154-43-1288
営業時間:平日/17:00〜23:00(LO.22:30)
     土日祝/11:30〜23:00(LO.22:30)
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日火曜日が休み)

記事の内容は週刊fit2012年1月13日号掲載時点のものです。

土鍋ハンバーグ

国道38号沿いにある『レストラン 八白』は、創業30年以上の老舗レストラン。その厨房をずっと守り続けるシェフがオススメするのは、「土鍋ハンバーグ(1100円)」(ライス・サラダ付)です。140gのハンバーグを特製ソースで煮込むのは、なんと土鍋!これが、最後までアツアツのまま食べられると大好評なんです。さらに、ハンバーグの上のチーズがとろりと溶けてまろやかに。カボチャやブロッコリーなどの野菜が彩りを添えて、食欲をそそります。ここで嬉しいお知らせ♪1月7・8・9日の3日間に限り、こちらのメニューを1000円でご提供してくれますよ。100円引きでおトク!おせちや雑煮に飽きた週末、ぜひみなさんでいかがですか。



北海道釧路市星が浦大通1丁目4−35

レストラン 八白

住所:釧路市星が浦大通1-4-35
電話番号:0154-52-1713
営業時間:11:00〜22:00(LO.21:30)
定休日:無休

記事の内容は週刊fit2012年1月6日号掲載時点のものです。

幣舞橋の夕日角煮

幣舞橋のふもとにある、落ち着いた佇まいの『小上り 藤』。9月15日にオープンし、刺身や焼き物、肉料理などメニューが豊富です。こちらで食べられる『幣舞橋の夕日角煮』(800円)は、1日限定5食のスペシャルメニュー。じっくり煮込んだ大きな豚肉は柔らかく、トロトロの脂身がたまりません。釧路の夕日に見立てた温泉玉子は、少しずつ付けて食べても豪快にかけてもよし、お好みで味わってくださいね。トロ〜ッとした長イモもアクセントになり、飽きずに食べることができますよ。他にもマスターが市場で直接選んだ旬の美味しい魚など、メニューにないものが登場することもあります。小上がりとカウンターの店内で、ゆっくり寛いでくださいね。宴会場がある2階からは釧路川を見渡すこともできます。



北海道釧路市末広町2丁目8

小上り 藤

住所:釧路市末広町2-8-3
電話番号:0154-23-5090
営業時間:17:00〜24:00(LO23:30)
定休日:日曜日 ※月曜日が祝日の場合は営業

記事の内容は週刊fit2011年12月22日号掲載時点のものです。

にくじゃが

ジャンルを問わず前菜からデザートまで、全てのメニューを店主一人で手掛ける創作料理が魅力の『佐々木商店』。従来のイメージを覆す「肉じゃが(680円)」は、見た目、豚の角煮のよう。北見産の豚バラ肉を使ったこの角煮!?の上には、じゃがいもや玉ねぎなどをペースト状にした餡がたっぷり。これを一緒に口の中に入れて食べてみると…やっぱり肉じゃがなんです。よりコクを出すため煮汁に黒糖を使い、黒糖焼酎がよく合う一品に仕上がりました♪定番メニューの他に日替わりメニューもあり、行く度に違うメニューが楽しめますよ。 今後はお酒の種類をより充実させる予定。それぞれのお酒に合った料理とともに、贅沢なひとときをお過ごしください。



北海道釧路市豊川町9−22

たべのみどころ マル吉 佐々木商店

住所:釧路市豊川町9番22号
電話番号:0154-22-9406
営業時間:17:30〜23:30(LO22:30)
定休日:日曜日・第一月曜日

記事の内容は週刊fit2011年12月16日号掲載時点のものです。

くしろっ子ホルモン

焼肉レストランピットインの姉妹店『炉端・焼き肉くしろっ子』が、MOO2階の港の屋台にオープンして3週間。炉端焼きと焼き肉が一度に楽しめると好評で、さっそく多くのお客さんで賑わっています。看板メニューは、第1回釧路B級グルメバトルに出品した「くしろっ子ホルモン」。アクセントのネギをシロコロホルモンで巻いたものが、串に6個…メニュー名・店舗名にもかかっているんですね。ホルモンの歯ごたえを残しつつ柔らかく仕上げた、ボリュームのある一品。味噌だれと醤油だれをブレンドしたオリジナルだれを使用。1本300円、ハーフ(3個)150円・ミニ(2個)100円もあります。また、ワンコインランチ牛丼など500円で楽しめるメニューも昼・夜ともに充実していますよ。



北海道釧路市錦町2丁目4

炉端・焼き肉 くしろっ子

住所:釧路市錦町フィッシャーマンズワーフMoo 2F
電話番号:0154-23-0600
     080-1890-2427
営業時間:昼/11:30〜14:00、夜/17:00〜24:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2011年12月16日号掲載時点のものです。

トムヤムフォー

店内に足を踏み入れると、そこは南国バリのリゾート地を思わせる『チャンティカ』。本格的なアジアンフードが楽しめると人気のカフェです。こちらの看板メニューが『トムヤムフォー』(890円)。フォーとは米粉を使用した麺で、ベトナム料理の代表と言われているんです。トムヤムクンがベースになっていますが、食べやすいようにと酸味と辛味がまろやかになっています。辛いのがお好みの方は、お店の方に一言声をかけてください。唐辛子などを足してくれます。野菜もたっぷりでヘルシー。他にもスイーツやドリンクなど、ここでしか味わえない工夫がされたものばかり。オーナーが直接仕入れた雑貨や洋服もあり、それを買うために来店する方も。お食事だけじゃなく、オリエンタルな空間を楽しめるお店です。



北海道釧路市花園町1−1

food cafe チャンティカ

住所:釧路市花園町1-1
電話番号:0154-25-5504
営業時間:月〜木/11:30〜22:00(LO21:00)
     金・土/11:30〜23:00(LO22:00)
      日 /11:30〜21:00(LO20:00)
     ※毎日15:00〜17:00はティータイム
定休日:不定休
※駐車場に限りがあるため、乗り合わせの上来店してください。

記事の内容は週刊fit2011年12月9日号掲載時点のものです。

ザンギ丼

明日12月3日(土)、和商内にオープンする『ザンギ魂』。くしろザンギ王決定戦2011で準優勝のザンギが、満を持して登場です!今回紹介するのは『ザンギ丼(420円)』(写真はメガ盛り 720円)。始めに中温〜低温の油でじっくり、次に高温で揚げる2度揚げをしているので、肉の旨みを閉じ込めたジューシーなザンギが出来上がるんです!このザンギにゴマ油の風味をきかせた甘辛いタレを絡ませて、海苔をのせたご飯の上に…。長ネギも味と食感のアクセントになっていますよ。もちろんザンギ単品(一人前400円)もあります。テイクアウトのみなので、お家でじっくり味わってください。お客さんの「美味い!」の声が励みになるという店主の渾身のザンギ、ぜひ食べてみてくださいね。



北海道釧路市黒金町13丁目25

ザンギ魂

住所:釧路市黒金町13-25(和商市場内)
電話番号:0154-24-3355
営業時間:8:00〜18:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2011年12月2日号掲載時点のものです。

博多こだわり醤油モツ鍋

あったかお鍋の季節です!『活菜酒場 夢我』は、関東のモツ鍋店で修行を重ねた店主が経営する隠れ家的なお店。特選素材を使う「博多こだわり醤油モツ鍋(一人前1200円)」(写真は二人前)は、入手困難だった黒毛和牛の小腸を直接仕入れることが可能となり、実現した一品。あっさりとした醤油ベースの自家製和風スープに具材を入れて煮込むと、ぷるっぷるのモツから出る旨みたっぷりの脂がスープとなじみ、クセになる美味しさに早変わり。さらに、薬味の柚子胡椒が美味しさを引き立てます。〆には、長崎の製麺所から直送される、ちゃんぽんをどうぞ。脂の甘みと適度な歯ごたえのモツと、旨みが溶け出した極上のスープ。最後の一滴まで楽しんで下さいね。



北海道釧路市愛国西1丁目11−6

活菜酒場 夢我

住所:釧路市愛国西1-11-6(ジャマイカタウン2F)
電話番号:0154-38-5151
営業時間:18:30〜翌2:00(LO翌1:30)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2011年12月2日号掲載時点のものです。

てっちり

「活」にこだわり、それぞれの海山の幸に合った調理法で提供し、手頃な料金ながら、最高の贅沢を楽しませてくれるお店、『ふく亭』。美味しく食べられる時期の限られている旬の今こそ、食べて欲しいと、料理長が自信をもってオススメするのが、「てっちり(一人前2500円)」です。(写真は三人前です。)11月~3月末までの季節限定のてっちりには、山口県下関産のトラフグを使用しています。昆布とフグのアラでとったダシ汁に、野菜などと一緒にフグの切り身を入れ、鍋で煮込みます。フグの旨みをさらに引きたてる自家製のポン酢につけて食べると、ホロっと身が崩れ、淡白なのに深みを感じる味わいが口いっぱいに広がりますよ。冬の味覚、お酒とともに堪能してみませんか?



北海道釧路市栄町4丁目2

海山ぶつ居酒屋 ふく亭

住所:釧路市栄町4-2
電話番号:0154-24-8744
営業時間:17:00〜23:00
定休日:12月31日・1月1日

記事の内容は週刊fit2011年11月25日号掲載時点のものです。

焼きカレー

明るく、ぬくもりのある店内でこだわりのコーヒーや食事が楽しめる『カフェレストラン ピシュ』。一度食べたらリピーターになる人が多いという「焼きカレー(サラダ付き)」(880円)は自家製のカレーにトロ〜ッとしたチーズが絡んだ、たまらない一品。チーズを加えることでまろやかになったカレーと、バターライスの相性もバッチリ。焼きたてのアツアツをどうぞ♪毎週月曜日のランチタイムは、サラダの他にデザートと元町キャラバンコーヒーが付いて890円とお得に食べられますよ。他にもプレミアム抹茶アイスや、まろやかでコクと甘さのあるコクテール堂のコーヒーなどデザートやドリンクも豊富。食事をするとドリンクが200円引きなのも嬉しいですね。



北海道釧路市新栄町3−17

カフェレストラン ピシュ

住所:釧路市新栄町3-17
電話番号:0154-22-0067
営業時間:11:00〜19:00
     ※ランチタイムは月〜金曜11:30〜14:00
定休日:日曜日
URL:http://cafe-bisou.com/

記事の内容は週刊fit2011年11月18日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 ... 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 Next