‘うちの看板MENU’ カテゴリの記事

店主におまかせ!串五種盛

串の安さと、愛嬌満点の店主が魅力の焼き鳥居酒屋、『俺の串』。注文が入ってからお肉を切って串に刺すという店主こだわりの焼き鳥は、自家製のタレか塩コショウでじっくり丁寧に焼きあげます。「店主におまかせ!串5種盛(500円)」はお肉を熟知している店主のイチオシメニュー。どの串が出てくるかはその日の店主の気分次第!?単品で注文するよりもお得に提供してくれるという気前の良さも嬉しいですね。カウンター6席と、2階には小上がりもありますので、お一人で店主とのおしゃべりを楽しむもよし!お友達とワイワイ楽しむもよし!店主自慢の焼き鳥をた~っぷり堪能して下さいね。なお、こちらの串5種盛は、8月末までの期間限定となっていますので、早めにレッツゴー♪



北海道釧路市栄町3丁目1

俺の串

住所:釧路市栄町3-1
電話番号:0154-22-6383
営業時間:18:00~翌5:00(LO.4:30)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2011年7月22日号掲載時点のものです。

かみこみ豚ステーキ

鳥取の5丁目タウンに、今年1月オープンした『炉端 魁』は、季節の海鮮料理をはじめ、平日は生ビールが333円になるお得なプランが嬉しいお店。豚肉好きはモチロン、是非オーダーして欲しいのが「かみこみ豚のステーキ」(900円)です。究極に脂がのったかみこみ豚は、100頭に3頭程しかいないという貴重な豚です。厚めに切った霜降りのロース肉を、炭火でじっくり焼き、余分な脂身を落とし、旨味をギュッと閉じ込めます。甘辛のコク深い秘伝のタレとともに、柔らかな肉の上質な美味しさが、口いっぱいに広がりますよ。一週間前に予約をすると沖縄のアグー豚でも出来るので、二つの肉を食べ比べるのもいいかも。現役のサッカープレーヤーという大将と、美味しいお酒&スポーツの話題で盛り上がるのも◎



北海道釧路市鳥取大通5丁目16−3

炉端 魁

住所:釧路市鳥取大通5-16-3
  (5丁目タウン内)
電話番号:0154-52-8877
営業時間:平 日/18:00~翌1:00
     金・土/18:00~翌1:30
     日 /18:00~0:00
定休日:第2・4日曜

記事の内容は週刊fit2011年7月15日号掲載時点のものです。

ビーフシチューオムライス

『レストラン シトロン』は、手頃なお値段で、本格的な洋食が味わえるお店。おすすめは「ビーフシチューオムライス(シチュー100g)」(1000円・コーヒーorウーロン茶つき)です。4日間煮込んだ自家製デミグラスソースのお肉は、牛一頭から六人分しかとれない貴重なほほ肉を使用しています。煮込み時間が3時間とは思えないほどの柔らかさは、上質なお肉を使っているからこそなんだとか。また、お肉の上にそえられたマスタードが味を締めるポイントになっています。オムライスの卵は、熱したフライパンの上で素早くかき混ぜるのがフワフワになる秘訣♪ランチタイムには、「選べるランチ」も大好評です。お店向かいの茅野公園で、お散歩を楽しんだ後、ゆっくりお食事するのもいいですね。



北海道釧路市桜ケ岡2丁目9−13

レストラン シトロン

住所:釧路市桜ヶ岡2-9-13
電話番号:0154-91-2428
営業時間:11:30~14:30 17:00~21:00
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2011年7月15日号掲載時点のものです。

ザンタレ

運動公園通り沿いに面する『居酒屋 えん家』は、カウンターと奥に小上がりがあり、オーナー夫婦2人で切り盛りしているアットホームなお店です。出来たての美味しい料理を食べてもらいたい思いで、全て注文を受けてから、一から作るこだわり。愛情たっぷりの真心こもった美味しさは言うまでもありませんが、リーズナブルでボリュームも凄いんです。本当に一人前?と疑いたくなるような「ザンタレ」(530円)は、自慢の一品です。大きな鶏モモ肉3枚を下味と衣をつけ、カラッと揚げます。食べやすい大きさにカットし、千切りキャベツの上に並べ、特製のタレをたっぷりとかけます。酸味の利いた程よいさらりとしたタレは、さっぱりとしているので最後まで飽きずに食べられますよ。夏にピッタリ☆



北海道釧路市芦野3丁目1−19

居酒屋 えん家

住所:釧路市芦野3丁目1-19
電話番号:0154-37-8558
営業時間:18:30~23:59(LO.23:30)
定休日:月曜日・その月の最終日曜日

記事の内容は週刊fit2011年7月8日号掲載時点のものです。

カニハンバーグセット

老舗洋食店『レストラン トキワ』は、釧路で愛されておよそ80年、変わらない美味しさを継承しつつ、地産地消にも積極的に取り組んでいます。30年ほど前、地元の新鮮なカニを使って港町ならではのメニューをと、先代が考案したのが、今では名物となったカニハンバーグ。美味しさを追求し、完成には7年もの月日を費やしました。カニの食感や旨味を生かしながらも、柔らかくジューシーで、ハンバーグとしての期待も裏切らない逸品です。オリジナルのトマトソースは、ほんのり酸味のある昔ながらの優しい味わい。サラダが添えられ、ライス、スープ、自家製アイスクリーム、コーヒー付きの「カニハンバーグセット」(1250円)は、テレビや雑誌に何度も紹介されてきた確かな味。ぜひご賞味下さい。



北海道釧路市新富町9−9

レストラン トキワ

住所:釧路市新富町9-9
電話番号:0154-22-5311
営業時間:昼11:00~14:00
     夜17:00~21:30(LO21:00)
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2011年7月1日号掲載時点のものです。

おとな様ランチ

国道371号線沿い、ピンクの看板が目に鮮やかな『食事処ペチカ』は、4月28日にオープンしたばかり。ペチカのある店内は店主の人柄あふれる居心地の良さが人気です。麺類は勿論、和洋中と幅広いメニューが魅力。定食やセットメニューも豊富で、ボリュームも満点。その中でちょっと変わった名前のメニューを発見!「おとな様ランチ」(1000円)は、一つひとつ丁寧に作られた真心こもった美味しさが、ワンプレートで楽しめます。これはまさに、大人の為のお子様ランチではありませんか。甘辛のタレがたっぷりのジューシーなポークジンジャーに、サクサクのエビフライ、オムレツにチキンライスとサラダ・スープ付きです。35年間市内で店を経営していた店主の、歴史を物語る深い味わいに大満足すること間違いなし!



北海道釧路郡釧路町中央3丁目

食事処 ペチカ

住所:釧路町中央3-52-1
電話番号:0154-40-3514
営業時間:11:00~19:30
定休日:木曜日

記事の内容は週刊fit2011年7月1日号掲載時点のものです。

酢豚定食

材木町にお店を構えて今年で30年を迎える『なかの食堂』は、一歩お店に入ると、まるで昭和にタイムスリップしたよう。昔の映画のポスターや、ピンクレディーグッズ等レトロな雑貨が並びます。独特な雰囲気も魅力ですが、一つひとつ手作りのおふくろの味は、幅広い世代に人気です。開店当初から変わらないメニューは、どれもイチ押し!なのですが、今回は『酢豚定食』(900円)を紹介します。下味のついた一口大の豚肉は、衣をつけてじっくりと揚げます。肉の旨味を閉じ込めジューシーな仕上がりに。彩り豊かな野菜とともに、たっぷりと絡められた特製の甘酢あんは、程よい酸味の中にコクがあり、ご飯がどんどん進む美味しさです。サラダ、ご飯、味噌汁、お新香付、ボリュームもあって大満足ですよ。



北海道釧路市材木町15−8

なかの食堂※

住所:釧路市材木町15-8
電話番号:0154-42-1773
営業時間:11:00~20:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2011年6月24日号掲載時点のものです。

スープカレーパスタ

老若男女問わず人気のスープカレー店、『サラデジャンタル ノボ』から、昨年大好評だった「スープカレーパスタ(980円)」が、6月と7月の季節限定メニューとして復活です!鶏ガラや野菜など、厳選した食材をじっくり煮込んだオリジナルスープは、トマトベースに仕上げました。スープの中にパスタを入れ、小さく切って煮込んだ、たくさんの夏野菜をのせたら完成…と思いきや、パスタと夏野菜の間にモッツァレラチーズがた~っぷり!トマトの酸味とチーズが丁度良いバランスでパスタと絡み、夏野菜の甘さと旨みも一緒に味わえる贅沢な一品です。スープの種類と辛さは選べるので、自分好みの味を見つけてみては?平日のランチタイムに食事をされた方には、ソフトドリンク又はミニデザートのサービスも実施していますよ。



北海道釧路市文苑4丁目65−2

サラデジャンタル NOVO(ノボ)

住所:釧路市文苑4-65-2
  (釧路公立大学前東陽ビル2F)
電話番号:0154-38-7890
営業時間:11:30~21:30(LO)
定休日:毎週水曜日
   (祝日の場合翌日休み)

記事の内容は週刊fit2011年6月24日号掲載時点のものです。

ワンプレートイオルごはん

フランスの伝統的な料理、そば粉を使ったガレットが気軽に食べられる『ガレットカフェ・イオル』に、新メニューが登場しました。「ガレットに入っているポークが美味しい!」というお客様の声に応え、ローストポークが主役となり、日替わりのお惣菜、玄米おにぎり、季節のサラダがワンプレートに。口の中でほろほろととろける柔らかさが自慢のローストポークは、香草等をまぶした阿寒ポークを、低温のオーブンでじっくり焼き上げる手間隙かけた逸品です。実は系列店のフレンチレストラン〝イオマンテ〟のレシピなんですって。チーズ風味のソースでどうぞ。サラダも阿寒の契約農家直送の新鮮野菜を使用。地元の美味しさたっぷりの「ワンプレートイオルごはん」(850円)コーヒー付は、ランチ限定です。



北海道釧路市芦野1丁目7−1

ガレットカフェ・イオル

住所:釧路市芦野1-7-1
電話番号:0154-64-5118
営業時間:11:00~21:00(LO.20:30)
定休日:木曜日

記事の内容は週刊fit2011年6月17日号掲載時点のものです。

斬技(ざんぎ)サンド

『PAKUPAKU』は、幅広い年齢層に利用されている、お持ち帰り専門店です。オススメはなんといっても「斬技(ザンギ)サンド」(340円)。何度も試作を重ねた、ふっくらしたバンズは、オーナーのこだわりで少し甘みがあるんですよ。それに合うようにと、釧路のご当地グルメのザンギは、濃い目の味付けでカリッと揚げています。その上には、シャキシャキのキャベツとオリジナルのソースがたっぷり。柔らかいバンズと新鮮野菜がお肉の旨みをひきたて、一度食べたらやみつきになること間違いなし!の美味しさです。全てが道産食材というのも嬉しいですよね。プラス300円でセット(ポテトorオニオンリングとソフトドリンク)にもできます。これから、新メニューもぞくぞく登場する予定ですのでお楽しみに!



北海道釧路市光陽町11−10

Take Out Food Shop PAKU PAKU(パクパク)

住所:釧路市光陽町11-10
電話番号:0154-25-8989
営業時間:11:00~20:00
定休日:年中無休

記事の内容は週刊fit2011年6月10日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 ... 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 Next