‘釧路の麺類食べ歩き ぐる麺’ カテゴリの記事

SNS映えもバッチリ!フォトジェニックなカフェ

 昨年の9月にオープンした『カフェレスト ぱぴぱ』は、新橋大通のリーフタウン内にあるオシャレカフェ。ソファ席もあり、ゆったりと寛げます。春からはテラス席でワンちゃんと一緒に過ごすこともできますよ。好きな写真をラテアートにできるマシンもあり、記念日やサプライズにもオススメです。ほかにもパンケーキなどSNS映えするメニューがたくさん。オトクなランチセットは、お好きなメニュー+380円で前菜とドリンク付きのAセット、お好きなパスタ+400円でミニピザ付きのBセット、お好きなパスタ+700円でミニピザと前菜とドリンク付きのCセットがありますよ。尚、価格は税込です。



ペペロンチーノ 800円 
ベーコン・しめじ・ほうれん草と具材が大きく、食べごたえも◎。シンプルな中にピリッとした辛さを感じる一皿です。



ナポリタン 800円
オーソドックスなケチャップ味のナポリタン。パスタの王道を召し上がれ。



カフェレスト ぱぴぱ

カフェレスト ぱぴぱ

住所:釧路市新橋大通6-1-15 リーフタウン内
電話番号:0154-64-6188
営業時間:11:00〜21:00(LO20:30)
定休日:木曜日

記事の内容は週刊fit2019年3月15日号掲載時点のものです。

モダンな店内で風味豊かな手打ちそばを

 「さっと食べて、店を出る」そんなイメージを覆し、思わず長居してしまいたくなるそば屋が鶴居村にあります。『村の小さなそば屋 たまゆら』は、店主の平井さんがこだわり抜いた「手打ちそば」を堪能できるお店。自慢のそば作りは、摩周産のそばの実を製粉するところから始まります。淡い緑色を帯びたそばは、打ちたての証。口に含むと、鼻へ抜けるような豊かな香りが広がりますよ。喉越しの良いそばは、あっという間に完食してしまうこと間違いなし。また14時以降は平井さんの奥様が手作りしたシフォンケーキやエスプレッソといったカフェメニューも楽しむことができます。そばを食べた後に、ほっと一息ついてみては?※表示価格は全て税込。



二八割子そば 1,380円 
とろろなど、5種の食材がのったそばを食べ比べできます。二人前の量なのでシェアするのも◎。



二八冷やしかしわそば 980円
北見出身の店主が、故郷の味を再現。冷たいそばの上に、温かいかしわ肉がのっています。お店イチオシの一品をぜひお試しあれ!



村の小さなそば屋 たまゆら

村の小さなそば屋 たまゆら

住所:鶴居村鶴居東3-64-3
電話番号:0154-64-7129
営業時間:11:00〜18:30 ※蕎麦が無くなり次第終了
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2019年3月8日号掲載時点のものです。

寒い季節に、辛味の効いた台湾ラーメンはいかがでしょう

 昨年7月に幸町に移転し、リニューアルオープンした『拉麺 はちべえ』。背脂が入った濃厚こってり系の『はちべえラーメン』や、釧路風のあっさりラーメン、ゆず塩や塩レモンなどのオリジナリティあふれるものまで豊富なメニューで人気です。スープは、動物系と乾物系の食材をそれぞれ煮出し、バランスを考えて配合したダブルスープ。自家製の中太、細麺は、スープの味の種類によって使い分けています。この時期、特に人気の一品が、『台湾ラーメン』(800円)と『台湾まぜそば』(800円)の台湾シリーズ。台湾という名前が付いているのに名古屋が発祥という変わり種の一品です。台湾まぜそばにはミニライスが付いているので、残ったスープでおじや風に食べるのがおすすめです。※価格は税込み



こってり系魚介とんこつヘビー 800円 
釧路では珍しいスタイルの濃厚どろどろ系スープは、見た目からは想像つかない、まろやかな甘みのある味わい。極太麺と見事なマリアージュ!



こってり系魚介とんこつ 辛味噌ホルモン 880円
土鍋で煮込むので最後まで熱々が食べられる。コリコリした豚ホルモンがまろやかな辛さのスープにぴったり。



麺屋 彰

麺屋 彰

住所:釧路市昭和南3-2-1
電話番号:080-6068-3354
営業時間:11:00~14:30、17:30~20:30
定休日:月曜日(祝日の場合翌日)、第1火曜日(月曜祝日の場合は繰り越して水曜休み)

記事の内容は週刊fit2019年3月1日号掲載時点のものです。

寒い季節に、辛味の効いた台湾ラーメンはいかがでしょう

 昨年7月に幸町に移転し、リニューアルオープンした『拉麺 はちべえ』。背脂が入った濃厚こってり系の『はちべえラーメン』や、釧路風のあっさりラーメン、ゆず塩や塩レモンなどのオリジナリティあふれるものまで豊富なメニューで人気です。スープは、動物系と乾物系の食材をそれぞれ煮出し、バランスを考えて配合したダブルスープ。自家製の中太、細麺は、スープの味の種類によって使い分けています。この時期、特に人気の一品が、『台湾ラーメン』(800円)と『台湾まぜそば』(800円)の台湾シリーズ。台湾という名前が付いているのに名古屋が発祥という変わり種の一品です。台湾まぜそばにはミニライスが付いているので、残ったスープでおじや風に食べるのがおすすめです。※価格は税込み



台湾ラーメン 800円 
たっぷりの豚挽き肉、ニラ、長ネギをトウガラシで辛く味付けして炒めた辛味の効いた醤油ベースのスープ。寒い季節にはぴったりの一杯です。



台湾まぜそば 800円
ノリ、ネギ、カツオ粉、ニラ、温泉玉子に、たっぷりの肉味噌をトッピング。よく混ぜ込んで食べるのがおススメ。



拉麺 はちべえ

拉麺 はちべえ

住所:釧路市幸町7-3-10
電話番号:0154-31-1616
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:45)
定休日:月曜日(祝日の場合、翌火曜日)

記事の内容は週刊fit2019年2月22日号掲載時点のものです。

王道と個性派両方味わえるラーメン店

 あっさりスープに細麺の「釧路ラーメン」が味わえるお店として、多くのファンが訪れる同店。実はマヨネーズが入っている『クリーミーラーメン』やジャンボチャーシューや辛味を加えた『特製ラーメン』などが各種あり、まさに王道と個性派2つのタイプのラーメンが味わえるんです。スープのベースとなる出汁には、鰹節や昆布などの食材を使用。さっぱりとした後味でありながら、しっかりと旨味も感じることができますよ。麺は細麺が基本ですが、味噌には中太麺をあわせています。居酒屋などが建ち並ぶ「夜来人銀座」からほど近いので、飲む前に腹ごしらえをするのも良いかもしれませんね。※価格は全て税込。



ネギラーメン(味噌) 900円 
2種の味噌をブレンドし、奥深い味わいに仕上げています。ネギとラー油の風味がアクセントに!



醤油ラーメン 650円
「店の顔」ともいえる、ロングセラーの醤油ラーメン。初来店で何を食べるか迷ったら、まずはシンプルなコチラをお試しあれ!



らーめん春鶴

らーめん◯美春鶴(まるみしゅんかく)

住所:釧路市鳥取大通7-24
電話番号:0154-55-7192
営業時間:11:00〜14:00 18:00〜21:00
定休日:水曜日(※日曜夜休業)

記事の内容は週刊fit2019年2月15日号掲載時点のものです。

どこか懐かしい味わい深いラーメンは、小さな屋台が原点

 三共通に面した『ラーメン屋 夏堀』は、清潔感あふれる店内にスタッフの元気な声が広がる人気のラーメン店。15種類の北海道産の野菜、魚介、鶏ガラ、トンコツから時間をかけてじっくり煮だしたスープはあっさりした味わいで、極細縮れ、中太の2種類から選べ特注麺の相性が絶妙。どの味のラーメンも箸が止まらなくなるおいしさです。北海道産の豚肉を使用した大きなチャーシューは、口の中でとろけてしまうほどの軟らかさ。最近の評判メニューは、阿寒ポークを甘辛い濃厚ダレで煮込んだチャーシューを使った「なっつ飯」(300円)。ちび盛(250円)もあるので、サイドメニューにおすすめです。かき氷「夏乃雪」(ティラミス600円)の他、デザートも各種ありますよ。※価格は税込み。



ネギラーメン(醤油) 930円(味噌は50円増し) 
北海道産軟白ネギを山盛りにトッピング。ピリッと辛くてシャキシャキした白髪ネギと極細麺を一緒に食べると、今までにない食感で病み付きになりそうなおいしさです。



バターコーンラーメン(塩)920円(味噌は50円増し)
まろやかな味わいのスープは、食べ進むうちにバターが溶け出して風味豊かな味の変化が楽しめます。トッピングの具材もボリューミーで大満足間違いなし。



ラーメン屋 夏堀

ラーメン屋 夏堀

住所:釧路市春日町4-3
電話番号:0154-35-3812
営業時間:昼11:00〜15:00(L.O.14:45) 夜17:00〜20:00(L.O.19:45)
定休日:水曜日(火曜日は昼のみ営業)

記事の内容は週刊fit2019年2月8日号掲載時点のものです。

お買い物中にふらりと立ち寄れるお蕎麦屋さん

 のれんをくぐると、ショッピングモール内とは思えない落ち着いた和の空間が広がっています。席は家族連れにピッタリな小上がりや、お一人様も気兼ねなく食事ができるカウンターなどがあり様々なシーンで利用できそう♪自慢のそばはクロレラ入りで、鮮やかな緑色が印象的!「つゆ」の要ともいえる出汁には宗田節をメインに、少量の鯖節をあわせることでコクのある味わいに仕上げています。ツルッと喉越しの良いおそばを、堪能してみてはいかがでしょう?また欲張りさんには、そばとご飯ものが楽しめる「セットメニュー・900円〜」もオススメです。そのほか単品のご飯ものや、お子様ランチなどもありますよ。※価格は全て税込。



天南 950円 
大きなエビ天と、ネギをたっぷりあしらった「天南」。そばつゆの良い香りが鼻孔をくすぐります。



カレー南 900円
ちょっぴりスパイシーな「カレー南」は、冬にピッタリ!一口食べると、鶏の旨味が広がります。余ったつゆに、ライスを入れて〆るのも◎。



そば処 日本橋 イオンモール釧路昭和店

そば処 日本橋イオンモール釧路昭和店

住所:釧路市昭和中央4-18-1イオンモール釧路昭和 1F
電話番号:0154-55-7178
営業時間:11:00~21:00
定休日:無休

記事の内容は週刊fit2019年2月1日号掲載時点のものです。

個性的なラーメンを支えるこだわりの魚介豚骨スープ

 釧路町光和の住宅街に店を構えるラーメン店『魚介豚骨ラーメン 古川』。こだわりのスープは、丁寧にとった魚介と豚骨のダブルスープです。魚介と豚骨の絶妙なバランスと、濃厚なのにしつこくないのが特徴。麺は縮れ麺で、スープがよく絡みます。みそ味と辛みそはコシのある中太麺、しょう油味と塩味、あっさり系は細麺…と、麺もそれぞれの個性に合うものを選んでいます。大きなチャーシューは存在感バツグン。口にすると、柔らかさと豚肉の旨みを感じます。「魚介豚骨ラーメン」のほか、「あっさり魚介」や「つけ麺」「まぜそば」など、自分好みの味が選べますよ。味が濃いと感じたら気軽に声をかけてください。スープを持ってきてもらえますよ。尚、価格は税込です。



魚介豚骨カレーラーメン(味噌・辛味噌) 980円 
この冬から始めた新メニュー!こだわりのスープと数十種類のスパイスをブレンドしたカレーの相性◎。



オリーブオイルとチーズのまぜそば 880円
オリーブオイルをかけたまぜそばは、とろけるチーズのコクが後引く美味しさ。



魚介豚骨ラーメン 古川

魚介豚骨ラーメン 古川

住所:釧路町光和4-18-3
営業時間:11:00〜20:30(LO.20:00)
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2019年1月25日号掲載時点のものです。

おいしい肴で一献。「そば前」を嗜み、こだわりのそばで〆

 そばを食べる前に、日本酒と肴を嗜むことを「そば前」といいますが、栄町にある『そば酒房 明松』は、その「そば前」が楽しめる、釧路では数少ないお店として人気です。そば前の定番の肴として人気の『だし巻き玉子』(650円)は、ふわふわで熱々、ワサビ漬けを添えて食べる『板わさ』(500円)も日本酒にピッタリの塩梅。そばは、北海道産のそば粉を使い、手打ちにこだわった自家製麺で、そばの香りが立ち、軟らかくも固くもない絶妙な歯応えです。そば汁は、2種類のカツオ節とコンブを丁寧に煮出した出汁に特製の返しを加え、ほんのり甘く旨味が凝縮され、食べ進むうちに、そばと出汁が口の中で絶妙に絡みます。そばに良く合う、日本酒や焼酎類も豊富に揃っています。※価格は税込み。



もりそば 600円 
そば本来の風味と香りがダイレクトに感じられ、口の中いっぱいに広がります。薬味の山わさびが、そばの旨味を一引き立てくれます



鴨南蛮 980円
鴨肉は注文が入ってから焼き上げるため、肉汁が閉じ込められとてもジューシー。香ばしく焼かれたネギと、鴨の脂が溶け出した出汁も絶妙な相性で、まろやかな味わいです。



そば酒房 明松

そば酒房 明松

住所:釧路市栄町3-2
電話番号:0154-22-9007
営業時間:18:00~翌1:00 L.O.翌0:30(そばが無くなり次第終了)
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2019年1月18日号掲載時点のものです。

エビの旨味が濃縮!名店とコラボした究極の一杯

 ラーメンをはじめ、ご飯もの・一品料理さらに夜は居酒屋メニューと、お食事から晩酌まで幅広いシーンで利用できる『らーめん居酒屋 まるせい.』。この冬、市内のラーメン店『魚一 らーめん工房』とコラボした新ラーメンが誕生しました!その名も、エビ醤ラーメン(850円)。まるせいがこだわり抜いた魚介ベースのスープに、魚一特製のエビ醤をプラス!さらに、ラーメンの上には鮮やかな桜色が目を引くエビ天かすと、風味豊かなエビ粉をトッピングしています。一口食べると、口いっぱいにエビの旨味が広がりますよ!またエビ天かすの香ばしさが良いアクセントになっており、箸がとまらなくなる美味しさです。ぜひお試しあれ。なお、価格は税込です。



エビ醤ラーメン 850円 
魚一とコラボした、この冬新登場のラーメン。透き通ったスープには、エビの旨味がたっぷり!



塩チャーシューめん 850円
まるせい自慢の大判チャーシューが三枚のった、ボリューム満点の一杯。スープがあっさりとしているので、女性も食べやすいと好評です。



42.991923, 144.419674

らーめん居酒屋 まるせい.

住所:釧路市貝塚2-17-35
電話番号:0154-42-8111
営業時間:11:00〜14:30 17:30〜22:00 日曜日・祝日 11:00〜15:00 17:00〜21:00
定休日:月曜日(祝日の場合、翌日休)

記事の内容は週刊fit2019年1月11日号掲載時点のものです。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 33 34 35 Next