‘釧路の麺類食べ歩き ぐる麺’ カテゴリの記事

これぞ本場の味豊富なメニューに目移りしそう!

 釧路公立大学そばにある『中華料理 全家福』は、中国人シェフが作る本場の中華料理をリーズナブルに楽しめるお店。一品料理や麺料理、定食などのセット、週替わりのランチなど、バラエティに富んだメニューが自慢です。なかでもボリューム満点の『五目あんかけ焼きそば』は、リピーターの多い一品。たっぷりの具材とやさしい味わいのあん、もっちり香ばしい麺のバランスがたまりません。そして『全家福』といえば『食べ飲み放題』が大人気!餃子や春巻、チャーハン、麺類など60種類以上のメニューと、ビールや焼酎、紹興酒といった豊富なドリンクを120分たっぷり楽しめますよ。「ガッツリ」も「おいしい」も両方叶えてくれる同店へ、ぜひ一度足を運んでみて♪なお、価格は税別です。



五目あんかけ焼きそば(醤油) 780円 
エビやイカなど海鮮のうまみと、野菜の甘さが調和したやさしい味わい。ボリュームも満点!塩味も選べます。



台湾ラーメン 680円
鶏ガラベースのすっきりしたスープと、ピリ辛のひき肉、ニラ、モヤシがベストマッチ!クセになるおいしさ。



43.017827,144.391913

中華料理 全家福

住所:釧路市文苑1-58-7
電話番号:0154-39-7666
営業時間:11:00〜15:0017:00〜24:00
定休日:第2、第3水曜日

記事の内容は週刊fit2018年10月12日号掲載時点のものです。

正統派博多ラーメンと豊富なメニューに自信あり

 昭和中央に店を構える『博多麺処 上々 ふくちゃん』は、本格的な博多ラーメンやチャンポンからご飯ものまで、色々楽しめるラーメン店。自慢のとんこつスープはクリーミーでコクがありながら、くさみがなく後味もさっぱりしています。オリジナルメニューも豊富で、なかでも『ホルモン焼きラーメン』は研究を重ねた自信作。丁寧に下ごしらえしたホルモンは、驚くほどやわらかくてジューシー!ホルモンが苦手な人にもオススメです。さらに、健康を気にする方のために、糖質カットのロカボ麺も登場。チャンポンと皿うどん以外は、プラス100円で変更できますよ。角煮丼などのミニ丼と通常サイズの博多ラーメンを一緒に楽しめる、お得なセットメニューもぜひどうぞ!なお、価格は税込です。



ホルモン焼きラーメン 930円 
鉄皿で熱々を楽しむ、まさに「焼き」ラーメン。醤油と味噌を合わせた深みのある味わいです。玉子を崩して召しあがれ!



揚げもつラーメン 910円
揚げたてのもつは、外はカリッと香ばしく、口に入れるとふんわり!なお、食材がなくなり次第終了します。



43.024177,144.355084

博多麺処 上々 ふくちゃん

住所:釧路市昭和中央4-3-5
電話番号:0154-51-9841
営業時間:11:00〜15:30/
17:00〜20:00(LO.19:30)
※水曜日は15:30まで
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)

記事の内容は週刊fit2018年9月28日号掲載時点のものです。

静かな住宅街に佇む 喫茶店で味わう 熱々のスパゲティ

 白樺台の住宅街にひっそりと佇む『コーヒー&ランチ えきすとら』は、今年で開店34年を迎える、昭和の雰囲気が漂う喫茶店。サイフォンで丁寧に淹れる『ホットコーヒー』(380円)の香りが店内を包み、、静かな時間が流れます。コーヒーの他、『コーラフロート』や『クリームソーダ』(各400円)など懐かしい定番の喫茶店メニューも。食事は『エビピラフ』、『チキンピラフ』(各550円)の他5種類のご飯もの、『ヤキソバ』(550円)や『ミートスパゲティー』(530円)など5種の麺類の他、軽食では『バタートースト』(300円)、『チョコレートパフェ』(430円)などのデザートも楽しめます。店主一人で切り盛りしているので、できるだけ時間に余裕をもってお出かけください。※価格は税込み。



ナポリタン 550円 
熱々の鉄板で卵を焼いて、スパゲティをのせた懐かしいスタイルのナポリタン。見た目よりもボリュームがあって、まろやかなケッチャップの味わいが口いっぱいに広がります。



オリジナルスパゲティー 550円
タマネギ、ピーマンの他数種類の野菜、エビ、カニカマと中太のスパゲティを自家製の手作りソースで炒めた和風味。一度食べると癖になるおいしさです。



42.961907,144.445195

コーヒー&ランチ えきすとら

住所:釧路市白樺台1-18-17
電話番号:0154-91-9502
営業時間:10:00〜19:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2018年9月21日号掲載時点のものです。

創業103年の老舗が丹精込める、絶品手打ち蕎麦

 創業は大正4年、今年で103年を迎える老舗、『北大通 東家』。現在は4代目が、引き継いだ味を守りながら時代に合わせたメニューを取り入れています。そば粉は摩周産を使用しており、今月の末くらいからは新そばが登場予定。香り高い新そばを堪能してくださいね。宗田節などで取った出汁で作るコクのあるまろやかなタレと、そばの相性はバッチリです。思いっきりそばを味わえる『晩酌セット』は、本日の道産手打ちそばやそばの実を使ったやきみそなど盛りだくさん。ほかにもワンプレートに美しい料理が並ぶ『蕎麦会席』(10日前までに要予約)などのさまざまなメニューが。尚、価格は税込です。



晩酌セット 2,450円 
福司か北の勝1合に、手打ちそば・焼き味噌・そば揚げなどそばづくし!まさにそば屋の晩酌セットです。



二色せいろ 950円
日により、石臼挽きの「貴美せいろ」、更科粉に芥子の実を練り込んだ「けしせいろ」、「田舎そば」の中から2種類が味わえます。



42.98379,144.385352

北大通 東家

住所:釧路市北大通4-3
電話番号:0154-23-9391
営業時間:11:30〜15:00 18:00〜21:00※日曜日11:30〜売り切れ次第終了
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2018年9月14日号掲載時点のものです。

 『ラーメン えびす家』は、あっさりしたまろやかなスープの『正油ラーメン』(700円)が人気のラーメン店。最近、裏メニュー的だった一品の定食が、北大通り界隈のビジネスマンやOLに大評判に!その名も『もの凄い鯖定食』(800円)。どうしてもの凄いのか?それは、茨城県の神栖市波崎町にある干物屋、越田商店の「もの凄いサバ」を使っているから。このサバは、創業以来45年以上、塩を注ぎ足してきた熟成つけ汁につけ込んで、天日で干した「サバの文化干し」。そのおいしさは全国区で、ブランド的なサバなんです。口に運べば、旨味、塩味、甘みがジュワーッと広がり、まさにもの凄い味わいに感動!他には『焼秋刀魚定食』(1000円)や、『ラーメンと日替わり丼』(900円)なども。午後5時30分からはお手頃価格の居酒屋メニューも豊富に揃っています。※価格は税込み。



42.98603,144.384595

ラーメン えびす家

住所:釧路市北大通8-1(北8ビル裏)
電話番号:090-1382-6915
営業時間:11:00〜14:30 17:00〜21:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2018年9月14日号掲載時点のものです。

7種の具材と麺を豪快に混ぜて召し上がれ!

 愛知県名古屋市発祥のグルメ「台湾まぜそば」を食べられるお店が、6月にOPEN!特注の中太麺の上にはニラ・ニンニク・ネギなどをはじめ、醤油や唐辛子で味付けをしたひき肉「旨辛ミンチ」をトッピングしています。さらに味の決め手となっているのが、「本鰹」を使った魚粉。一般的には鯖を使用しますが、あえて鰹をあわせることで蕎麦文化に馴染み深い釧路人好みの味に仕上げているんです。またレンゲに盛られた白米は「追い飯(おいめし)」と呼ばれるもので、いわば〆。器の中に余った具材とご飯を混ぜれば、最後にまた違う楽しみ方ができますよ。「少し辛さが苦手」という方には、辛くない台湾まぜそばがオススメです。
※価格は全て税別です。



台湾まぜそば 850円 
ニラの風味が食欲をそそります。程よい辛さがクセになる美味しさです。



醤油らーめん 700円
旨味を濃縮した魚介系のスープに、細麺をあわせています。厚切りのチャーシューはじっくり煮込むことで、とろけるような柔らかさを実現。



42.984148,144.385489

台湾まぜそばと海鮮串 ㊂藤木田

住所:釧路市末広町5-1
電話番号:080-1871-3403
営業時間:18:00〜3:00※9月9日㈰以降は変更する場合があります。
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2018年8月24日号掲載時点のものです。

手間ひまかけた麺とスープが味の決め手

 春採ショッピングセンターの一角にある『喜多の味らーめん』は、お昼どきを過ぎても客足が絶えないお店。とんこつ、鶏ガラ、魚介でじっくりとったスープは、すっきりと雑味がなく、世代を問わず好まれるおいしさです。麺はオーナーのご子息が経営する『麺や北町』の自家製麺を使用。コシのある細縮れ麺が、繊細なスープとよく合います。一番人気の『みそ野菜ラーメン』は、たっぷりの野菜がのったヘルシーな一杯。野菜から出た水分でスープが薄まらないように、絶妙な火加減で調理されています。あっさり味の正油ラーメンや、つるんとした喉ごしのワンタン麺、辛さに深みのある激辛ラーメンもオススメ!食後にピッタリのソフトクリームもありますよ♪※価格は税込です。



みそ野菜ラーメン 1,000円 
白菜、もやし、人参等がどっさり入ってボリューム満点!コクがあるのにマイルドなスープは、特製麺との相性もバッチリです。



正油ラーメン 700円
魚介の風味が際立つ正油味は、シンプルだからこそ奥深い味。まさにくしろラーメンの王道をいく一杯です。



42.975961,144.412381

喜多の味らーめん

住所:釧路市春採7-1春採SC内
電話番号:0154-46-5581
営業時間:月・水〜金曜日11:00〜15:00
土・日曜日11:00〜15:00/16:00〜19:00
定休日:1火曜日

記事の内容は週刊fit2018年8月10日号掲載時点のものです。

サバ節まで手作り スープ作りにも麺にも深いこだわり

 和商市場の中に店を構える『ラーメン 邦紀』は、観光客はもちろん地元民にも親しまれている人気のお店。数日かけて煮込むスープは、とんこつ、鶏ガラ、昆布、玉ネギなどたっぷりの野菜に、自家製のサバ節とチカの煮干し、砂エビを加えたこだわりの味。魚介の風味に野菜の甘さが溶け込んだ上品なコクが特徴です。もっちりした麺は、北海道産小麦「春よ恋」「ゆめちから」「きたほなみ」をブレンドした自家製麺。チャーシューには阿寒ポークが使われています。冬に人気の『辛みそラーメン』ですが、夏の暑い日に汗をかきながら食べるのもオススメ!スタミナ満点なので夏バテ解消にもいいですよ。丼ものや定食などご飯ものも豊富。市場で買い物の際には、ぜひ立ち寄ってみて♪※価格は税込です。



辛みそラーメン 900円 
味の決め手は日本・韓国・中国の唐辛子を独自にブレンドした味噌。コクのある辛さが癖になります。隠し味のバターも◎!



ホタテかき揚げセット 800円
サクッと揚がった新鮮なホタテが大人気!市場のラーメン店ならではの嬉しいセットです。



42.989246,144.380033

ラーメン 邦紀

住所:釧路市黒金町13-25 和商市場内
電話番号:0154-22-2662
営業時間:月〜土曜日8:00〜18:00 日曜日8:00〜16:00
定休日:10月末までは無休

記事の内容は週刊fit2018年8月3日号掲載時点のものです。

定番からオリジナルまで 歴史と新しさが 共存する名店

 『寿庵』は創業六十年をこえる老舗のそば店。先代の味をしっかり引き継ぎながらも、地元の食材を取り入れ独創的なメニューを考案するなど、歴史と新しさが共存する人気のお店です。早朝から打ち始めるそばは更科、つゆは三種類の鰹でとった出汁を代々引き継いだかえしで割るなど、手間を惜しまず作るそばが自慢です。一方で、新しいメニューも積極的に考案。柔軟な発想で作るメニューの数々は、世代を問わず喜ばれています。今ではすっかりおなじみとなった丼とそばのセットメニューも、元々は先代が考えたものだとか。家族であれこれ頼むのもよし、日本酒と一緒に蕎麦前を楽しむもよし。いろいろな味わい方ができる同店へ、ぜひ足を運んでみて!※価格は税込です。



冷やしカツそば 880円 
まかないから生まれた夏限定の人気メニュー。かみこみ豚の熱々のカツを、冷たいそばでさっぱり味わえます。



エビとちくわの冷やし天そば 950円
サクッと揚がったエビとちくわの食感がたまらない、夏限定メニュー。



42.991056,144.37387

そば処 頓化苑 寿庵

住所:釧路市寿1-3-17
電話番号:0154-22-2679
営業時間:11:00〜15:00 17:00〜20:00
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2018年7月27日号掲載時点のものです。

リクエストの声に応えて人気メニュー復活!

 別保公園にある『パークカフェ ロ・バザール』といえば、仙鳳趾産の牡蠣や海藻ポークなど、釧路町のおいしい食材を使った料理が人気のレストラン。開放感のある明るい店内で、スパゲティやそば、定食、デザートなど様々なメニューを楽しめます。そんな同店では先日、お客さんの熱いリクエストに応えて『スパカツ』や『スパカキ』などの人気メニューが復活しました!くしろのソウルフードをロ・バザール流に仕上げた熱々の鉄板メニューは、大人にも子どもにも大好評。あとを引くおいしさにリピーター続出の逸品です。そのほか、カカオの上品なビター感とマイルドな甘さが人気の『チョコソフト』も販売開始。チョコとミックスがあるのでお好みでどうぞ♪※価格は税込です。



スパカツ 880円 
さっくり揚がった阿寒ポークのカツと、熱々のミートソースのハーモニーが絶品!



スパカキ 1,000円
仙鳳趾産の牡蠣を使ったフライは濃厚でクリーミー!釧路町ならではの一皿です。



42.99487,144.460924

Park Cafe ロ・バザール

住所:釧路町別保原野南24線78-6 別保公園内
電話番号:0154-62-3001
営業時間:10:30〜18:00(LO.17:30)
定休日:年中無休

記事の内容は週刊fit2018年7月20日号掲載時点のものです。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 31 32 33 Next