‘釧路の麺類食べ歩き ぐる麺’ カテゴリの記事

老舗洋風居酒屋ならではのパスタをどうぞ

1987年創業の『暖炉料理 七人の小人』は、レンガ調の建物がオシャレな洋風居酒屋。メニューは本格洋食からおつまみや軽食まで、幅広いラインナップ。ワインやカクテルはもちろん、焼酎や日本酒もあります。こだわり素材のパスタは10種類以上あって、目移りしそう。オリジナリティのある品だけでなく、オーソドックスなパスタにもそれぞれ工夫が感じられるんですよ。『自家製焼きのパン(238円)』は毎日18時頃に焼き上がります。人気があるので、事前予約がオススメ。他に『パエリア』などの炊き込みご飯料理や『ラザニア』は調理に時間が掛かるため、予約しておくと希望の時間に提供してもらえます。4名以上からは宴会コースもあり、ミニ結婚式も可能。なお、表示価格は税別です。


men071001ミートソース〈676円〉
挽肉は道産の牛と豚の合挽を使用。
手間ひまかけて作った
デミグラスソースの爽やかな酸味と、
深みのある濃厚な味わいを堪能して。


men071002田舎風スパゲティ〈676円〉
フランスの田舎で食べることがあるというガツ肉(豚の胃)は、
じっくり煮込んでやわらかに。ニンニクの芽やシメジと一緒に炒め、
白ワインとアンチョビソースで仕上げています。



釧路市栄町8-23 SDビル

暖炉料理 七人の小人

住所:釧路市栄町8-23 SDビル
電話番号:0154-24-4744
営業時間:17:00〜23:00
     土曜24:00迄/日曜22:00迄
定休日:火曜日(水曜が祝日の場合、火曜営業、水曜休業)

記事の内容は週刊fit2015年7月10日号掲載時点のものです。

何の変哲もないだけど、優しく懐かしい一杯

釧路市から道道53号を鶴居方面に向かう、その途中、「ラーメン」ののぼりと大きなイラストが描かれたコンテナが目を引く『ラーメンいがらし』があります。思わず「お母さん」と呼びたい雰囲気の店主が、定年後に何かやろうと始めたこの店も、今秋で5年目を迎えます。豚ゲンコツや鶏ガラで取る出汁と手作りのタレを合わせたスープが、細麺にマッチ。体に優しい素材を心がけ、年配の方でも食べやすいあっさり味になっています。ほかに生姜焼定食や豚丼もあり、プラス100円でミニラーメンをつけることもできます。お母さん一人で切り盛りしているので、混んでいる時は時間がかかることをご了承ください。なお、価格は税込みです。


men070301冷やしラーメン〈750円(夏期限定)円〉
トッピングの量にビックリ!
食べ応え十分なのにペロッといけるのは、
黒酢で作ったまろやかなタレで食べ飽きしないから。
優しい味です。


men070302正油ラーメン〈650円〉
昔ながらの、というフレーズがしっくりくる一杯。
チャーシューの煮汁も加えた
醤油ダレのコクがたまりません。



43.15091,144.320698

ラーメンいがらし

住所:鶴居村下幌呂南1線43-13
電話番号:0154-65-2171
営業時間:11:00〜16:30
定休日:火曜日

URL:http://

記事の内容は週刊fit2015年7月9日号掲載時点のものです。

香川発ならではコシのあるうどんをどうぞ

さぬきうどんの本場・香川県発祥で有名な『はなまるうどん イオンモール釧路昭和店』が、5月にOPENしました! カウンターで、最初に天ぷらなどお好みのトッピングや、おにぎりなどを選んでからうどんを注文し、商品を受け取った後に会計をする本場スタイル。太めのうどんはコシがあり、つるつるもちもちしています。カツオやイワシ、サバなど数種類の削り節でダシを取ったつゆは、コクがあって後味スッキリ。ほとんどのうどんに『大・中・小』があるんですよ。ご飯物とうどんのセットも各種あって、特に『カレーとうどんセット(530円)』は早くも人気です。家族で、仲間で、ショッピングやボーリングなどの行き帰りにいかがですか? なお、価格は税込みです。


men062601コクうまサラダうどん〈 小 430円/中 530円〉
たっぷり野菜はうどんとの相性も抜群で、ヘルシー!
ドレッシングは「焙煎胡麻」か「生姜と玉葱」が選べます。
なお、「大」はありません。


men062602温玉ぶっかけ(冷・温)
〈小 300円/中 400円/大 500円〉

とろっとした温泉玉子がうどんに絡む、
テッパンの組み合わせ。
一番人気のメニューを、
まずはご賞味あれ。



釧路市昭和中央4-18-1

はなまるうどん イオンモール釧路昭和店

住所:釧路市昭和中央4-18-1
  (イオンモール釧路昭和店フードコート2F)
電話番号:0154-55-0870
営業時間:9:00~21:30(LO)
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2015年6月26日号掲載時点のものです。

季節の地元素材が活きた心のこもったパスタ

駅前の『Cafe&Dining マコズキッチン』では、阿寒ポークや厚岸産あさりなど、可能な限り地元食材を活かした料理が食べられます。パスタは一人前150gと少し多めなので、男性の方でも満腹になりそう。自家製デザートもあり、材料が手に入れば、地元の有機野菜を使ったスイーツを作ったりしてるんですよ。デザート3種盛り合わせは、特に女性に好評。15時まではサラダorスープとドリンクが付いた『本日の日替りランチ(880円)』がオススメ。夜は各種ディナーセットの他、『ちょい飲みセット(1000円)』もイイですね。夜メニューのピッツァ以外は、テイクアウトも可能。裏手にある石田興業の駐車場の30分無料券がもらえるので、お車の方はご利用ください。なお、価格は税込みです。


men061901ペスカトーレ(魚介のトマトソース)〈1,180円〉
大きなあさりは厚岸産で、エビやムール貝など、
季節ごとの海の幸を堪能できます。
タカの爪やニンニクと、
トマトの風味が絶妙にマッチしています。


men061902ボロネーゼ(ミートソース)〈980円〉
挽き肉は、牛肉と阿寒ポークを使った
贅沢な一品。トマトの酸味や
甘みとのバランスがよく、
a黒コショウがほんのり香ります。



釧路市北大通12-2

Cafe&Dining マコズキッチン

住所:釧路市北大通12-2 ノーストリート12 1F
電話番号:050-3703-4787
営業時間:12:00〜15:00、18:00〜21:00
定休日:日曜日・祝日

記事の内容は週刊fit2015年6月19日号掲載時点のものです。

食いしん坊さんも小食の方も大満足の中華メン

双葉町にある『華獅子菜館』は、リーズナブルに中華が楽しめるお店です。『黒酢のスブタ』で単品700円、丼物800円など、中華の単品や丼物が各種あるんですよ。ハーフメニューも丼500円、単品450円と、小食の方やサイドメニューにと喜ばれています。『肉味噌チャーハン(700円)』や『蟹玉チャーハン(900円)』など、個性的なチャーハンは大盛も好評。ラーメンは鶏ガラのみでダシを取ったスープと細麺なので、中華らしさがありつつも、後味はさっぱり。汁物以外は、テイクアウトもできます。なお、6月16日、17日、18日は貸切のため、夜の一般営業はお休みするのでご注意ください。表示価格は税込みです。


men061201ピリ辛ラーメン〈800円〉
唐辛子と一緒に炒めたモヤシと挽き肉はスッキリとした辛さ。
醤油ベースのスープは辛くなく、
混ぜると程よい辛さになるんですよ。


men061202坦々麺〈800円〉
自家製ラー油で練り上げた胡麻ペーストに、
花山椒が効いたスープ。
辛さの中にコクもあって、
辛い物好きにはたまりません。



釧路市双葉町11-19

華獅子菜館(ホアシーズーツァイカン)

住所:釧路市双葉町11-19
電話番号:0154-23-6006
営業時間:11:00〜14:00(LO.13:45)
     17:00〜21:00(LO.20:45)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2015年6月12日号掲載時点のものです。

こだわりの魚介豚骨スープと個性的なラーメン

5月にOPENしたばかりの『魚介豚骨ラーメン 古川』は、釧路町の住宅街の中にあります。カツオの厚削りなどの魚介ダシと豚骨で取ったダブルスープは、深みのある味わいで濃厚だけど、後味はさっぱり。魚介ダシだけのあっさりラーメンもあります。みそ味と辛みそはコシのある中太麺、しょう油味と塩味、あっさり系は細麺と、麺もそれぞれの個性に合うものを選んでいるんですよ。チャーシューはオーブンで一度ローストポークを作り、その後煮汁に一晩漬けているので、やわらかくて豚肉の旨みがギュッとつまってます。魚介豚骨のラーメンにはピンクペッパーがのっていて、噛むとふんわりコショウの香りが口の中に広がります。トッピングもあるので、お好みでどうぞ。なお、価格は税込みです。


men060501魚介豚骨みそ〈880円〉
炒めた鶏の挽き肉とモヤシが入ったスープは、
濃厚なダシとみその甘みがマッチして
います。意外にしつこくないので、一度
食べたらやみつきになるかも?


men060502チーズ魚介豚骨(しょう油)〈880円〉
ラーメンとチーズのコラボは、後を引く美味しさ。
とろ~りとろけるチーズがアクセントの、
女子ウケメニューです。



釧路町光和4-18-3

魚介豚骨ラーメン 古川

住所:釧路町光和4-18-3
営業時間:11:00〜20:00
定休日:水曜日(祝日の場合は営業、翌木曜日休み)

記事の内容は週刊fit2015年6月5日号掲載時点のものです。

釧路名物つぶとそばのコラボレーション

飲んだ後にそばを食べたいと思うことはありませんか? そんな時は末広の『つぶ家』はいかがですか。釧路人の好物つぶとそばの両方を提供したいという、店主の思いがつまったお店です。カツオ節と2種類の削り節でダシを取ったこだわりのつゆは、具材の味を引き立ててくれます。麺は、クロレラ入りの緑色と細めの白いそばのどちらかを選べるんですよ。他に『つぶ焼(3ヶ590円~)』や『お持ち帰りつぶ折(880円)』、『かみこみ豚の豚丼(800円)』などもあって、シメだけでなく、ちょっと一杯という時や食事にもいいですね。もちろんアルコール類も各種あります。『あさりの味噌汁(300円)』は、新鮮なあさりのエキスたっぷりなので、一度お試しあれ。なお、価格は税込みです。


men052901つぶざる〈740円〉
プリプリした厚岸産つぶの
旨みがつゆに染み込んでいます。
つぶと相性のいいおろし生姜の薬味が付いていて、
貝の生臭さを消してくれます。


men052902かしわ蕎麦〈630円〉
深みのあるつゆとつるっとしたノド越しのそばが、
かしわ肉と合います。
ネギの他に天かすも付いているので、
お好みでどうぞ。



釧路市末広4-10

つぶ家

住所:釧路市末広4-10 ポプリビル1F
電話番号:0154-24-1228
営業時間:18:00〜翌6:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2015年5月29日号掲載時点のものです。

札幌ラーメンならではコクのあるスープとちぢれ麺

『味の時計台 鳥取店』は、今年3月にOPENしました。つるつるとした中太ちぢれ麺は、厳選した小麦粉を使用し、自社工場で製造しています。豚骨や野菜をじっくり煮込んでダシを取ったスープは、素材の旨みが凝縮していてコクがあるんですよ。釧路3店舗と帯広店のみのオリジナルメニューも豊富で、新登場のトマトラーメンは女性にオススメ。バターやコーン、キムチ、ネギチャーシューなど、トッピングもいろいろ選べて、自分好みのラーメンを楽しめそう。麺の硬さやスープの濃さは調整できるので、気軽にリクエストしてくださいね。普通サイズの餃子やチャーハンの他、「セット餃子(3個)」や「半チャーハン」などもあるので、お腹の空き具合に合わせてどうぞ。なお、価格は税抜きです。


men052201豚角煮玉子ラーメン(味噌)〈980円〉
時間をかけて煮込んだ角煮はやわらかで、
口の中で肉がほどけます。
煮卵も黄身がトロッとしていて、
スープとの相性もピッタリ。
塩味と醤油味もあります。


men052202野菜ラーメン〈840円〉
いろいろな野菜とたっぷりの
白髪ネギがのっていて、
自家製チャーシューもGOOD!
味噌、塩、醤油味から選べます。



釧路市鳥取北10-12-9

味の時計台 鳥取店

住所:釧路市鳥取北10-12-9
電話番号:0154-64-6226
営業時間:11:00〜23:30(LO)
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2015年5月22日号掲載時点のものです。

昔ながらの中華屋さんでいただく麺類

以前、末広にあった老舗中華料理店『八宝園 本店』で働いていた店主が、43年前に独立してのれん分けしたのが『八宝園 分店』。先代から受け継いだ味を、今も守り続けています。ラーメン類は鶏ガラとトンコツでダシを取ったスープと、中細麺がベストマッチ。自家製チャーシューは国産にこだわっていて、豚肉の旨みがしっかり感じられます。中華の一品料理やご飯物の他、『ホイコーロー定食(900円)』や『八宝菜定食(1150円)』(いずれもサラダ、漬け物、スープ、ライス付き)は、老若男女に人気。平日は『日替わりランチ(800円)』などもありますよ。奥の和室席にはお子様向けのオモチャもあるので、ご家族連れも気兼ねなく利用してほしいとのこと。なお、価格は税込みです。


men051501あんかけヤキソバ〈680円〉
特注の太めの麺は食べ応えがあって、
塩味ベースのあんは後味さっぱり。
野菜や豚肉の他、スライスした
ツブが入ってるのが釧路らしいですね。


men051502五目メン〈750円〉
素材の味が、塩味のスープに染みわたってます。
ポーチドエッグ状の卵が入っていて、
ふわっ、とろっとアクセントに!



釧路市喜多町9-42

八宝園 分店

住所:釧路市喜多町9-42
電話番号:0154-22-8934
営業時間:11:00〜20:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2015年5月15日号掲載時点のものです。

手間を惜しまず作り上げるラーメンの旨みを堪能して

栄町にある『らーめんダイニング 妥流舞』。夜18時30分からの営業で、夕食や飲んだ後の〆にもピッタリですよ。スープは魚介と鶏、さらに旬の野菜でダシをとっています。今の時期なら、新玉ネギや春キャベツなど、 “そのときに美味しいもの〟を使っているんですよ。最低でも2日間は煮込むというスープの奥深い味を楽しんで。塩ラーメンにも使っているというオリジナル調味料の『塩だれ(800円・税抜)』も自慢の一品。野菜炒めやドレッシングなどにも使える無添加の調味料で、原料は天然素材のみ。牛すじラーメンに使われる牛すじは、隠し味にワインをプラス。すべてのメニューが丁寧に作られていると感じます。餃子やチャーハンなど、ラーメン以外のメニューも人気ですよ。


men050801牛すじ中辛(みそ)〈950円(税込)〉
3日ほど煮込んだトロットロの牛すじが、
辛みとコクのスープとベストマッチ!
辛さは1番から10番まで選べます(中辛は2番)。


men050802ラーメン(塩)〈670円(税込)〉
自慢の塩だれを使った、
透き通ったスープのラーメン。
あっさりしつつ、
奥行きのある味わいです。



42.984338,144.387614

らーめんダイニング 妥流舞(だるま)

住所:釧路市栄町4-13
電話番号:0154-31-5855
営業時間:18:30〜翌2:00(月〜木曜日)
     18:30〜翌2:30(金・土曜日)
定休日:日曜・祝日

記事の内容は週刊fit2015年5月8日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 ... 7 8 9 10 11 12 13 ... 25 26 27 Next