‘釧路の麺類食べ歩き ぐる麺’ カテゴリの記事

メニュー豊富で、野菜の旨みをいかしたラーメン店

 黄色い外観が目を引く、昭和町の『ラーメン さんぱち』。この店は全道各所に展開するさんぱちの中でも、一番メニューが豊富な店舗なんです。ラーメンはもちろんのこと、角煮丼や炙りチャーシュー丼、チャーハンなどご飯ものが多いのが嬉しいですよね。麺も太麺の『札幌麺』と細麺の『釧路麺』が選べるので、阿寒町や鶴居村、遠くは帯広から家族連れで来られる方も多いそうです。十代から八十代、幅広い年齢層に愛され続けるこの味、一度来店してみてはいかがでしょうか。14時までの〝お得〟なランチメニューもありますよ。尚、価格は税込です。



塩野菜ラーメン 900円 
女性に大人気のヘルシー野菜ラーメン。不足しがちな温野菜を、たっぷり美味しくいただける一品です。



味噌ネギラーメン 950円
さんぱちといえば味噌ラーメン!それに、味付けネギがた〜っぷり!



43.017737,144.363128

ラーメンさんぱち 釧路昭和店

住所:釧路市昭和町4-7-1
電話番号:0154-68-5638
営業時間:11:00〜23:30
定休日:年中無休

記事の内容は週刊fit2018年6月8日号掲載時点のものです。

中国料理一筋40年以上!本場の味を食べやすく

 三十間道路沿いの日赤病院近くにある『中国料理 志仙』。中国料理一筋40年以上という店主が作る、こだわりの味を堪能できますよ。本格的な中国料理を、日本人の口に合う味付けで楽しめます。これからの季節にオススメなのが『焼きそば』。麺が食べたいけれど、ラーメンだと暑い…というときにピッタリですよ。紹介した2品のほか、中国風で甘酸っぱいタレの『ざるラーメン(600円)』もさっぱりと食べられます。ほかにも、定番から個性的なものまでメニューが豊富。メニュー表に載っていないものは、店内に張り出されてあるので要チェック!麺類のほか、ごはん類やショーロンポーなどの点心、一品料理もありますよ。尚、価格は税込です。



上海風炒め焼きそば 800円 
上海料理を代表するメニューのひとつ、焼きそばをアレンジ。醤油ベースのタレと、ゴマ油の香りを堪能できる一品です。



ジャージャー麺 900円
冷たい麺に、挽き肉入りの温かい味噌餡をかけたジャージャー麺。水菜ともやしのシャキシャキとした食感も楽しめます。



42.999861,144.38278

中国料理 志仙

住所:釧路市新栄町13-13
電話番号:0154-25-4005
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜21:00(平日)11:00〜21:00(土・日曜・祝日)LO 20:30
定休日:木曜日

記事の内容は週刊fit2018年6月1日号掲載時点のものです。

落ち着いた雰囲気で味わうおしゃれな一皿

 釧路町にある『ニュー森のうさぎ 英国館』は、欧風のインテリアと美味しいメニューで女性に人気のお店。ご飯ものからデザートまで、バラエティに富んだメニューを楽しめます。特にパスタはソースにこだわり、食材とのバランスもバッチリ!盛りつけもおしゃれなので、味だけでなく目でも楽しめます。さらに注目は、新しくスタートしたビュッフェ形式のランチ(1000円〜)。ミックスフライやハンバーグなど4種類の主菜からひとつ選び、サラダやオムレツ、マリネなど10品以上ある副菜を自由に選べるんです。もちろん副菜はおかわり自由!野菜もたっぷり食べられるので、とってもヘルシーですね。食事からスイーツまで楽しめる同店で、ゆったりした時間を過ごしてみませんか?※価格は税込です。



ナスのクリームトマトスパ 1,100円 
自家製トマトソースに生クリームを加えてマイルドに。ナスときのこ類+トマトソースの相性もバッチリです!



シンプルカルボナーラ 1,050円
生クリーム、卵黄、チーズの濃厚なソースに、たっぷりの厚切りベーコン。シンプルだからこそ奥が深い味!



43.004337,144.406027

ニュー森のうさぎ 英国館

住所:釧路町新開4-32
電話番号:0154-64-1739
営業時間:11:30〜21:00(LO.20:15)※ランチ11:30〜14:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2018年5月25日号掲載時点のものです。

当たり前のことを丁寧にこの道40年の真面目な蕎麦

 国道391号沿いに店を構える『そば処 蝦夷家』は、ドライブ客はもちろん地元住民にも愛されているお蕎麦屋さん。開店20年、この道40年の店主が作る蕎麦は、丁寧な仕事ぶりが伝わる深い味わいが魅力です。宗田節と亀節の出汁に、甕(かめ)で熟成させたまろやかな返しを合わせたつゆは、雑味がなくすっきり!薄緑色の麺ともよく合います。天ぷらは常に揚げたて、鶏肉も冷凍ものは極力使わないなど、手間を惜しまず基本に忠実な生真面目さが美味しさの秘密。蕎麦のほか、うどんや丼ものもあり、それぞれプラス150円で大盛りにできます。ただし普通盛りでもボリュームがあるので、大盛りは腹ペコさんにオススメ。近郊へは出前もしてもらえますよ。※価格は税込です。



五目そば 950円 
プリプリの海老天、かしわ、ホウレン草、かまぼこ、油揚げがのったボリューム感のある一杯



かしわ種込 850円
たっぷり入ったかしわの美味しさを、自慢のつゆが引き立てます。
かしわ好きにはたまらない!



43.037154,144.456308

そば処 蝦夷家

住所:釧路町河畔7-44
電話番号:0154-40-1010
営業時間:11:00〜18:00
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2018年5月18日号掲載時点のものです。

シンプルに、丁寧にプレートで楽しむ絶品パスタはいかが?

 鶴野東にある『カフェ セルポア』をご存じですか?1月のオープン以来、居心地の良さとおいしいメニューが評判のお店です。「セルポワ」とは、料理の基本である塩・コショウを意味するフランス語で、奇をてらわずシンプルに…という想いが込められているそう。ナポリタン風の「ベーコンとピーマンのトマトソーススパゲティ」は、ケチャップを使わずトマトのおいしさをじっくり引き出したトマトソースが絶品。サラダとスープもついてバランスもバッチリです。プラス200円でオリジナルブレンドのコーヒーも飲めますよ。肉料理や魚料理を日替わりで楽しめる「本日のプレート」もおすすめ。日替わりのメニューはLINEで配信されるので、気になる方は「釧路 セルポワ」で検索を!※価格は税込です。



ベーコンとピーマンのトマトソーススパゲティ(サラダ・スープ付) 800円 
ベースとなるトマトソースは、甘さと酸味のバランスが絶妙!



ミートソーススパゲティ(サラダ・スープ付) 800円
うま味たっぷりなのに重すぎない、セルポワ流ミートソース。



43.019859,144.324855

カフェ セルポワ

住所:釧路市鶴野東1-14-2
電話番号:090-2875-3739
営業時間:11:30〜19:00(LO.18:30)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2018年5月11日号掲載時点のものです。

伝統と新しさどちらも味わえるおそば屋さん

 くしろバス本社近くに店を構える『東家文苑店』は、現在のお店に移転して今年で21年。先代からの伝統をしっかり守りつつ、オリジナルメニューも豊富な人気のお店です。特にこれからの季節におすすめなのが『にらとろそば』。冷水でキリッとしめた冷たいそばの上に、茹でたニラ、とろろ、卵をのせ、冷たいつゆでいただきます。ニラのシャキッとした食感と甘さが、そばに合う!さっぱりしているのにスタミナ満点で、一度食べたらクセになりますよ。ほかにも、定番の『ざるそば』や『かしわ』はもちろん、『冷やし月見』、『冷やし納豆』などの冷たいそば、丼ものまでメニューも豊富。そばと丼の両方を楽しみたい方には、セットメニューもオススメです。※価格は税込です。



にらとろそば 950円 
彩りよく茹でたニラと冷たい麺。両方の美味しさが引き立つ個性派のおそばです。



翁そば 950円
そば粉100%の更科そば。十割そばならではの香りと食感を、甘めのつゆで楽しめます。



43.019872,144.384941

東家 文苑店

住所:釧路市文苑2-15-14
電話番号:0154-38-5878
営業時間:11:00〜19:30(LO.19:00)火曜日11:00〜14:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2018年4月27日号掲載時点のものです。

居心地のいい人気カフェで本格パスタに舌鼓

 ケーキやパフェなどの各種デザートからピザやご飯ものまで、豊富なメニューが人気の『ぱらだいすかふぇ』。パスタ好きが足しげく通うことでも知られる同店で、特に人気なのが『ワタリガニと地中海シーフードのパスタ』です。イタリア産トマトと生クリームを合わせたソースには、ワタリガニをはじめ、ムール貝、アサリ、エビなど魚介のうま味が凝縮!平打ちの麺とも相性抜群で、一度食べたらやみつきになりますよ。ドリンクメニューも充実しているので、食事はもちろん仲間や友人とゆっくりお茶を楽しみたい日にもぴったり。毎月第1・3金曜日にはパスタ・ピザ・サラダのバイキング、毎週土・日曜日はスイーツ好きにはたまらないデザートとドリンクのオーダー式バイキングも♪※価格は税込です。



ワタリガニと地中海シーフードのパスタ 1,280円 
魚介のうま味がぎゅっと詰まった濃厚ソースが絶品です。もちもちの平打ち麺も◎!



冷製ウニのクリームパスタ 1,030円
夏限定の冷製パスタがひと足早くスタート!リピーター続出の一皿です。



43.006626,144.382351

ぱらだいすかふぇ

住所:釧路市中園町7-12
電話番号:0154-32-2040
営業時間:11:00〜22:00 ※祝日は21:00まで
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2018年4月20日号掲載時点のものです。

白い更科麺は、細さが魅力この味わいを楽しんで

 柳町にある『そば処 東家旭』は、創業40年以上の歴史ある蕎麦店。車通りの多い柳橋通からだと分かりにくいかもしれませんが、広い駐車スペースと趣のある外観が目を引きます。特徴は、美しい白の更科で蕎麦にしては細い麺。お客様からも慣れるまでは、そうめんや冷や麦のようと言われたこともあるそう。今では「この麺じゃないと」という常連さんが多いんです。札幌にある「東家寿楽」で修行したという味わいを堪能できますよ。平日限定のランチセットは、かしわ・ざるのどちらかと、ミニ天丼・小鉢・ソフトドリンク付きのメニュー。食べごたえのある一品です。なお、表示価格は税込みです。



冷やしかしわ 950円 
ひとつの器に冷たいお蕎麦と鶏もも肉のソテー、サラダがのったメニュー。鶏肉は表面がカリッとし、口に入れると柔らか。ボリューム満点で、若い方にも好評です。



カレーそば 700円
お店独自のブレンドをしたスパイスを使ったカレーそばは、「ここのじゃないと!」というリピーターも多いんですよ。



43.004977,144.380329

そば処 東家旭

住所:釧路市柳町8-8
電話番号:0154-24-0750
営業時間:11:00〜17:00
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2018年4月13日号掲載時点のものです。

餃子の人気店で週末の昼に麺メニューはいかが?

 おいしい手作り餃子が食べられると評判の『餃子小舎 喜口』が、明日4月7日(土)から土曜日、日曜日、祝日のみ、昼営業を開始することになりました。土曜日は10時半から、日曜日と祝日は9時半から(どちらも15時まで)と、ランチはもちろん朝昼兼用のブランチにウレシイ時間帯なんです。ランチにピッタリなお昼限定のメニューが揃っていて、もちろん餃子もありますよ。夜は今まで通り居酒屋スタイルなので、昼と夜で違う楽しみ方ができますね。それぞれの好みやメンバー、用途に合わせた休日のランチタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。また4月第2週より、定休日が水曜日となるのでご注意くださいね。なお、価格は税込みです。



油そば(温玉トッピング付き) 600円 
太ちぢれ麺に醤油ベースのコクのあるタレ。基本(550円)はチャーシュー1枚とネギ、メンマがのっていて、温玉やキムチ、チーズ、チャーシューなどのトッピング(プラス料金)があります。



ラーメンチャーハンセット(昼のみ) 800円
ちょっと小さめの醤油ラーメンとチャーハンのセット。あっさりシンプルな王道のくしろラーメンとチャーハンは鉄板の組み合わせ。



43.007052,144.389878

餃子小舎 喜口

住所:釧路市愛国東2-5-15
電話番号:0154-38-5038
営業時間:土曜10:30~15:00/日祝9:30~15:00 夜(水曜・日曜以外)17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:水曜日、日曜夜(連休の場合変動あり)

記事の内容は週刊fit2018年4月6日号掲載時点のものです。

地元素材が活きている旭川ラーメンをどうぞ

 文化会館近くにある『旭川ラーメン 熊の屋』。スープはとんこつ、鶏ガラ、煮干し、昆布、野菜でダシを取るのが旭川ラーメンの特徴。こってりしてるのかと思えば、意外とあっさりしているんですよ。道産小麦100%の少加水麺は、つるつるとしていてコシがあります。主に阿寒ポークを使用しているチャーシューはやわらか。昆布などの海産物やタマネギ、米なども道産のものを使っていて、「北のめぐみ愛食レストラン」に認定されています。定食や丼物、カレーもあって、小ラーメンにミニ丼やミニチャーハン、ミニサラダが付いた『豚丼セット(950円)』や『チャーハンセット(850円)』などのセットメニューも人気。仕事中のランチや、休日にご家族と一緒にいかがですか?なお、価格は税込みです。



特製旭川ラーメン 950円 
もやしや白菜、ピーマン、人参などが入ったみそ野菜ラーメンにチャーシューが4枚のったボリューム満点の一品。スープには具材の旨みと甘みが染み込んでいます。



熊の屋ラーメン 800円
コーン、ワカメ、チャーシュー、紅ショウガとバターをトッピング。さっぱりしょう油のスープにバターのコクがベストマッチ。



43.010382,144.375436

旭川ラーメン 熊の屋

住所:釧路市東川町2-10
電話番号:0154-22-2270
営業時間:11:00~15:00/17:00~20:30(L.O.20:00)
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2018年3月30日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 33 34 35 Next