‘釧路の麺類食べ歩き ぐる麺’ カテゴリの記事

素朴でどこか懐かしい半世紀の歴史と伝統を受け継ぐ味

昭和24年に製麺会社として雄別で開業後、ラーメン店として昭和45年に白糠駅前へ移転。古くから地元の人々に愛されてきた『老麺 やはた』のこだわりは「自家製」。麺やスープはもちろん、チャーシューやワンタン、メンマなど具材の一つ一つまで丹精を込めて手作りしています。コシのある細めの縮れ麺は、とんこつと魚介だしをベースにしたスープとの相性も抜群!あっさりしすぎず濃すぎずにちょうど良く、どこか懐かしさを感じさせる優しい味わいですよ。道東道の開通でますます来店しやすくなった同店。麺とスープの他にチャーシューとメンマがついた持ち帰り用(1箱2食分・1400円)はお土産にもピッタリ!お店の味をお宅で楽しむことができますよ。※価格は税込です。


men040101しょうゆチャーシューワンタンメン〈950円〉
大判のチャーシュー3枚にワンタンが6個入ってボリュームたっぷり!


men040102商みそチャーシューメン〈950円〉
コクがあるのにくどくない!一度食べたら病みつきになる人気メニュー。



白糠郡白糠町東一条南1-1-41

老麺 やはた

住所:白糠郡白糠町東一条南1-1-41
電話番号:01547-2-2317
営業時間:11:00〜20:00(スープがなくなり次第終了)
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)

記事の内容は週刊fit2016年4月1日号掲載時点のものです。

長年親しまれている釧路ラーメンをどうぞ

『秀航園』は食事時間を過ぎても客足の途絶えることがありません。細縮れ麺とあっさりスープの正統派釧路ラーメンと、店主のアイディアがあふれるオリジナリティの高い品の両方が楽しめます。多くのメニューでは「正油味」「塩味」「味噌味」が選べます。大きめのチャーシューは、一度も冷凍されていないという国内産の生肉を仕入れていて、豚の旨みが凝縮しています。じっくり煮込んであるので、口の中でトロッとほどけるようなやわらかさ。武佐にお店があった頃、体調を気遣うお客さんのリクエストに応えるうちにできたという『かきラーメン』。正油味と塩味はラードを使っておらず、スープがあっさりしていて、最後まで美味しくいただけますよ。なお、表示価格は税込みです。


men032501かきラーメン〈1,200円〉
大ぶりの牡蠣が7個ものった、贅沢メニュー。牡蠣のエキスがスープに独特のコクを生み出し、たっぷりワカメも入っていてヘルシーですね。


men032502とろけるラーメン〈750円〉
大きめのチャーシューとネギにメンマと、シンプルなラーメン。たっぷり背脂が、麺によくからんで、クリーミーな口当たりなんです。



釧路町桂木5-4-4

秀航園

住所:釧路町桂木5-4-4
電話番号:0154-37-0006
営業時間:11:00〜20:00(LO.19:50)
定休日:水曜日(祝日の場合営業、翌日休み)

記事の内容は週刊fit2016年3月25日号掲載時点のものです。

こってりもあっさりもひと工夫をこらしたNEOラーメン

愛国商店街の愛国ビル1Fに、2月にOPENしたばかりの『麺屋 彰‐しょう‐』。二十時間かけて煮込んだとんこつと、煮干しと魚のアラで取ったダシをブレンドしたダブルスープ。とんこつと魚介ダシのバランスのいい深い旨みが、中太ストレート麺にマッチしています。じっくり煮込んだ自家製チャーシューは2種類あって、肩ロースはあっさり系に、それ以外にバラ肉をと、それぞれの味に合うものをチョイス。『チャーシュー(250円)』『味玉(100円)』などの他、にんにくや生姜、魚粉などの無料のトッピングも楽しんで。お子さん連れでもゆっくり食事を楽しめるようにと、キッズスペースもあるんですよ。駐車場はビルの横の他、裏手にもあるので安心です。なお、価格は税込みです。


men031801魚介とんこつ(スタンダード)〈700円〉
とんこつスープのほどよいこってり感に、魚介のダシが効いています。大きめのチャーシューはやわらかでいて噛み応えもあって、スープとの相性も抜群!


men031802NEO釧路ラーメン〈650円〉
魚のアラと煮干しで取ったダシはコクがあり、背脂で甘みがプラスされています。あっさり過ぎないニュータイプの釧路ラーメン。



43.006653,144.393902

麺屋 彰 ‐しょう‐

住所:釧路市愛国東2-15-1愛国ビル1F
電話番号:080-6068-3354
営業時間:11:30〜15:00、17:30〜22:00
土曜日/11:30〜14:30、18:00〜23:30(スープがなくなり次第終了)
定休日:火曜日

URL:http://

記事の内容は週刊fit2016年3月18日号掲載時点のものです。

釧路町の食材を生かした麺類はいかが?

別保公園内の『Park Cafe ロ・バザール』は、仙鳳趾のカキや海藻ポーク、生姜など、釧路町産の食材を生かした料理を食べられるカフェレストラン。麺類はスパゲティや、昆布森産の昆布を練り込んだ「昆布そば」が各種揃ってます。他にも『海藻ポークの生姜焼き定食(920円)』や『仙鳳趾カキフライ定食(1000円)』に、丼ものやカレーライスなどもありますよ。3月中旬からは、ソフトクリーム「クレミア」がくしろ初登場! 生クリーム分が多く濃厚で、ラングドシャのコーンと、プレミア感たっぷりなんだとか。看板メニューの『カキボナーラ(1000円)』は、現在仙鳳趾が稚貝を育てる時期で数量確保が難しいため、5月半ばからの再登場予定です。なお、表示価格は税込みです。


men031101スパカキ〈1,000円〉
仙鳳趾産のカキフライは衣がサクッとしていて、中のカキはクリーミーな、釧路町ならではの一皿。ミートソースとカレーソースのどちらかを選べます。


men031102和風きのこスパゲティ〈650円〉
きのことベーコンのスタンダードなスパゲティ。醤油ベースのさっぱりとした味付けで、老若男女に幅広く愛されています。



釧路町別保原野 南24線78-6 別保公園内

Park Cafe ロ・バザール

住所:釧路町別保原野南24線78-6 別保公園内
電話番号:0154-62-3001
営業時間:10:30〜18:00
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2016年3月11日号掲載時点のものです。

457menu0304特製法要折コース

旧『末広館』から、昨年1月に店名を変更した『末広館 りをふく』。スタッフは以前のままで、心を込めておもてなししてくれます。『特製法要折コース(7560円)』は持ち帰り用の折と、会場で食事できる料理がセットになっているんですよ。配達もできる他、法要のための会場もあり(料金別途)、詳細な打ち合わせや案内状などのお手伝いもしてもらえるんだとか。法要コースはアレンジ可能で、5400円から(1週間前までに要予約)。料理は一品一品手をかけていて、全て手作りなので、心温まる法要の場できっと喜ばれることでしょう。通常はすき焼きやしゃぶしゃぶの他、各種宴会や会席料理(要予約)も可能なので、会合や仲間内の食事会などにいかがですか。なお、価格は税込みです。



釧路市末広町2-26

末広館 りをふく

住所:釧路市末広町2-26末広館2F
電話番号:0154-22-9454
営業時間:17:30〜22:00(LO.21:30)
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2016年3月4日号掲載時点のものです。

優しさと温もりあふれる空間の癒しナポリタンで元気を充電

就労支援施設『Sipuo fare!』内にある『Sipuo Cafe』は、焼きたてパンとスイーツ、ナポリタンが自慢のカフェ。いるだけで元気をもらえるような、色彩豊かで温もりのある空間が広がります。卵や野菜、果物など地元・くしろ産の素材にこだわった本格的なメニューの数々を落ち着いてゆっくりと味わえますよ。ナポリタンのトッピングはハンバーグの他にシーフードやオムエッグなど4種類。+100円で通常300gの麺を400gに増量することもできます。さらに、毎月1日は「まんぷくの日」として、通常価格で麺が500gに!お腹も心もきっと満足。今月20日(日)と21日(月・振休)は開店4周年のアニバーサリーフェアも開催予定でお得なサービスがもりだくさんですよ! ※価格は税込です。


men030401昔なつかしナポリタン(ハンバーグトッピング)〈 950円(単品650円+ハンバーグ300円)円〉
じっくり煮込んだタマネギの旨みが
ギュッと詰まった王道のナポリタンに、
自家製ハンバーグのトッピングでボリューム満点!


men030402グリーンナポリタン〈750円〉
自家製のホウレンソウソースをふんだんに使用した
身体に優しいナポリタン。
卵やケチャップとの相性も抜群!



釧路市新川1-7

Sipuo Cafe(シッポ カフェ)

住所:釧路市新川1-7
電話番号:0154-32-4080
営業時間:火〜金曜日/10:00〜18:00
     土曜日/11:00〜18:00
     日曜日/11:00〜20:00

定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2016年3月4日号掲載時点のものです。

新感覚のつけ蕎麦を焼肉と一緒にどうぞ

川上町の『つけ蕎麦・焼肉 ひいら木』は、昨年11月『焼肉 一輝』から移転リニューアルしました。焼肉の他、一品料理もあって、お酒を飲みながら食事を楽しめるお店で、個性的なつけ蕎麦も提供しているんですよ。実家がそば屋さんなので、そのノウハウを生かした「つけ蕎麦」という新しい食べ方ができ、藪蕎麦と更科蕎麦のどちらかを選べます。サイドメニューには、おばあちゃんから受け継いだという『かしわ佃煮(380円)』が好評。その佃煮が入った『かしわおにぎり(300円)』も蕎麦のお供にピッタリ。2000円以上飲食されると、「5丁目パーキング」の2時間無料券がもらえて、蕎麦だけを食べていくお客さんも珍しくないとか。なお、表示価格は税込みです。


men022601チャーシューつけ蕎麦〈980円〉
厚めに切ってから炙ったチャーシューと、
鶏チャーシューが別盛りに。
チャーシューと味玉は蕎麦用のダシで煮込んであって、
蕎麦やつけ汁と相性バツグン!


men022602チーズカレー
つけ蕎麦〈880円〉

チーズとカレーの、王道の組み合わせ。
カレー南のつゆにスパイスを数種加えていて、
ダシの風味の後から辛さが
追いかけてきます。



釧路市川上町5-1  5丁目ビル1F

つけ蕎麦・焼肉 ひいら木

住所:釧路市川上町5-1 5丁目ビル1F
電話番号:0154-23-6180
営業時間:18:00〜翌2:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2016年2月26日号掲載時点のものです。

ハンバーグとパスタが自慢のお店でランチはいかが?

その名の通り釧路町桂木4丁目にある『ハンバーグ&パスタの店 桂木4丁目レストラン』。各種パスタの他、ハンバーグやグラタン、オムライス、ポークチャップなどの洋食メニューが揃っています。デミグラスソースやトマトソースは、手間暇を惜しまず丁寧に手作りしているんだとか。パスタは全品サラダ付きで、鉄板皿で提供される『釧路ミート(900円)』もありますよ。食事をした方はソフトドリンクが200円引きに。『イタリアンジェラート(各350円)』や『ワッフル(400円)』などもあるので、食後のデザートにどうぞ。オシャレな店内にはカウンター席もあるので、女性一人でもゆっくり食事ができそうですね。なお、表示価格は税込みです。


men021901ボンゴレロッソ〈950円〉
厚岸産の大きめのアサリがふんだんに入っていて、
食べ応えがありそう。自家製トマトソースは、
ニンニクのスライスで味に奥行きとコクがあります。


men021902カルボナーラ〈950円〉
卵とパルメザンチーズでまろやかな味わい。
生クリームを使っていないので後味さっぱりで、
最後まで飽きがこないんですよ。



43.012116,144.407945

ハンバーグ&パスタの店桂木4丁目レストラン

住所:釧路町桂木4-20
電話番号:0154-64-7039
営業時間:11:30〜15:00(LO)
定休日:火曜日、第3水曜日

記事の内容は週刊fit2016年2月19日号掲載時点のものです。

移転後も変わらぬ味観光客にも人気の有名店

平成10年の開業時から益浦にあった『ラーメン屋 夏堀』が、平成26年12月春日町に移転しました。席数は3倍近くに増え、駐車場も最大で11台停められるんですよ。できる限り道産食材を使用し、阿寒ポークのバラ肉のチャーシューはやわらか。旨みがギュッと凝縮しています。つるっとのど越しのいい細縮れ麺は特注品で、魚介と鶏ガラ、野菜から取ったダシで作るスープとの相性もバツグン! 全メニュー正油と塩味があり、味噌味は50円増しです。道内外のメディアにもしばしば取り上げられ、夏場は観光客も多いんだとか。以前よりアクセスが便利になった新店舗に是非どうぞ。なお、表示価格は税込みです。


men021201バターコーンラーメン(塩味)〈920円〉
羅臼の海洋深層塩を使っている塩味は、
まろやかで甘みを感じるほど。
バターがコクをプラスし、
全体をマイルドに仕上げてくれます。


men021202ワンタンメン(正油味)〈880円〉
阿寒ポークの挽き肉が入った
ワンタンが7個入っていてボリューミー。
一見濃そうなスープは、
意外とあっさりしてるんですよ。



釧路市春日町4-3

ラーメン屋 夏堀

住所:釧路市春日町4-3
電話番号:0154-35-3812
営業時間:11:00〜15:00(LO.14:45)
     17:00〜20:00(LO.19:45)
     ※火曜日は昼営業のみ
定休日:水曜日(祝日の場合は営業、翌日休業)

記事の内容は週刊fit2016年2月12日号掲載時点のものです。

454menu0212もんじゃ焼き 辨天

『もんじゃ焼き 辨天』は、くしろの新鮮な魚介類を使った、本格的なもんじゃ焼きが味わえるお店。『辨天もんじゃ焼(1000円)』は、カツオや昆布をベースにした自家製の出汁に、たらこや桜エビ、イカゲソなど七福神にちなんで7種類の具材がたっぷり!カウンターと小上がりに備え付けの鉄板から漂う香ばしさに食が進みますよ。焼きながらあつあつをいただけるのが嬉しいですね。焦げ目をつけてパリッとした食感を楽しむのが「粋」ですが、焼き方や食べ頃などはスタッフが丁寧に教えてくれるので安心ですよ。『パフェもんじゃ焼(800円)』や『ぶた玉(850円)』などの他、焼き肉を楽しむこともできます。スイーツも豊富に用意。色々堪能したい方には、120分食べ飲み放題で3500円のプランがオススメですよ! ※価格は税別です。



釧路市川北町6-1

もんじゃ焼き 辨天(べんてん)

住所:釧路市川北町6-1モアコート菊地1F
電話番号:0154-31-5511
営業時間:平日/18:00〜23:00(LO)
     土日/17:00〜23:00(LO)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2016年2月12日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 25 26 27 Next