Archive for 2月, 2013

顔がほころぶ、愛情たっぷり優しいパン

宮本にある『パン工房 フランボワーズ』は2006年にオープン。元々パン作りが好きだったという店主が開いたお店は、愛情たっぷりの優しいパンが魅力です。「自分たちもパンが好きで食べ歩くのですが、やっぱり種類は多い方が嬉しくて」との言葉どおり、約80種類のパンと焼き菓子が。訪れるお客さんもパンを楽しそうに選んでいますよ。素材にもこだわり、道産の小麦を中心に使用。地元のものを美味しく食べて応援できるというのは、満足感が味わえますよね。時には季節のイベントに合わせた焼き菓子も。春に向けて、桜を使ったパンも発売予定です。店頭で新しいパンに出会えるのも、楽しみのひとつですよ♪


ライ麦パン〈900円(ホール)230円(1/4カット)〉
土曜日限定発売。
道産のライ麦を40%配合した、
しっとりしたパン。
食物繊維やミネラルが豊富なんです。


フランボワーズ〈160円〉
お店の名前と同じパン!
サクサクのクロワッサンの中には、
カスタードクリームとフランボワーズジャムが。


フレンチトースト〈190円〉
道産の小麦を使った、
しっとりもちもちのフランスパンを
フレンチトーストに♪


梅しそデニッシュ〈210円〉
先月発売の新商品。
パンに梅しそ!?と思うなかれ。
ハム・青じそ・梅干し・タルタルソースのハーモニーが、
意外とマッチするんです。


ダブルチョコベーグル〈130円〉
土・日曜限定販売。
ココアを練りこんだベーグルの中にはチョコが。
木曜日はベーグルがお休みですよ。


ネギのタルティーヌ〈190円〉
タルティーヌとは、
パンの上に置いて焼いたものという意味。
軟白ネギ&ホワイトソース&ベーコンをのせて。
ネギのシャキシャキ感が嬉しい一品。


北海道釧路市宮本2丁目15−10

パン工房 フランボワーズ

住所:釧路市宮本2-15-10
電話番号:0154-41-4488
営業時間:8:00〜18:00
定休日:月・火曜日
URL:http://www.facebook.com/BakeryFramboise

記事の内容は週刊fit2013年2月15日号掲載時点のものです。

タルトレット

今週は、洋菓子店「クランツ」から、冬のおすすめスイーツをご紹介。香ばしいタルト生地に、甘さひかえめのカスタードクリーム、甘酸っぱいイチゴとのバランスが絶妙な「タルトレット」(231円)は、この季節の定番です。ベリー好きにはもう1品。『2012くしろスイーツグランプリ』でみごと準グランプリに輝いた「たんちょうの舞」(300円)は、リピーターの絶えない超人気商品だそう。なめらかな口あたりのココナッツムース、イチゴのピューレと甘さをおさえた生チョコレートのクリームが、美味しいハーモニーを奏でます。3品目はチョコレート好きにおすすめの「クラシックショコラ」(168円)。濃厚なのにぺろりと食べられる後味の軽妙さが魅力です。



北海道釧路市春採7丁目15−18

クランツ

住所:釧路市春採7丁目15番18号
電話番号:0154-46-5373
営業時間:9:00〜20:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2013年2月15日号掲載時点のものです。

モッツアレラとアンチョビのピッツァ

昨年オープンしたワインバー『カゼッタ イーノ』。カウンターとテーブル席があり、一人でゆっくり、またはお友達と賑やかに。それぞれの飲み方でお酒が愉しめるお店です。個性豊かで葡萄の品種も多いイタリアワインに惚れ込み、お店のワインは全てがイタリア産。およそ100種類、約400本を常備しているので、お気に入りの一本が見つかるはずです♪そんなこだわりのワインに合う、おすすめの一品が「モッツアレラとアンチョビのピッツァ(1200円)」。自家製トマトソースに、白糠酪恵舎のモッツァレラチーズをたっぷりのせ、トマトとアンチョビをトッピングして焼き上げます。アンチョビの塩味が、ワインをより甘く感じさせます。厳選されたワインと料理、ぜひご賞味下さい。



北海道釧路市栄町3丁目2

ワインバー・カゼッタ イーノ

住所:釧路市栄町3-2
電話番号:0154-22-4979
営業時間:18:00〜翌2:00
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2013年2月15日号掲載時点のものです。

ソフトワッフル

春採の老舗菓子店「くら重」は『くら最中』などの和菓子はもちろん、洋菓子の美味しさにも定評のあるお店。今回ご紹介するソフトワッフルは、別海産ミルクと新鮮たまごをたっぷり使った、ふわふわ食感がたまらない逸品。「生チョコ」「カスタード」「生クリーム」「いちご」の4種類(各136円)があり、どれもフレッシュな軽い口当たりのクリームです。あっさりした美味しさは、いくつでも食べられそう♪数量限定の商品なので、お買い求めはお早めに。このほか「2011くしろスイーツグランプリ」にエントリーされた、石炭をイメージした『黒いダイヤ』や、天然記念物のマリモをかたどった『カムイの贈物マリモ』など、釧路らしいお土産菓子も人気ですよ。



北海道釧路市春採6丁目7

菓子処 くら重

住所:釧路市春採6-7(フクハラ春採店となり)
電話番号:0154-42-4937
営業時間:10:00〜20:00(日曜日は18:00)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2013年2月8日号掲載時点のものです。

幸せを呼ぶ、パンの香り

MOO1階にある『ジョンヌドール』。平成元年、MOOがオープンした当時からこの場所でパンを焼いています。通りがかりに、パンの美味しい香りを嗅いだことのある人も多いのでは?自慢は、道東ではひとつしかないという釜で焼きあげる香ばしいフランスパン。外側カリッと、中はふんわりの食感を楽しんで。近隣の会社員や地域の方などから愛され、「ここのパンじゃないと」という常連さんも。常時80種類ほどのパンが店頭に並び、意欲的な新作も度々登場していますよ。注文は電話でも受け付けているので、お気軽に問い合わせてみて。その日の気分で食べたいパンを選ぶ幸せを、味わってください♪


黒糖金時ブレッド〈330円(1本) 170円(ハーフ)〉
十勝大正金時豆を生地に練り込み、
中にもたっぷり。
素朴な甘みと香りは、
一度食べたらクセになります♪


ハニーアップル〈165円〉
デニッシュ生地にほんのり甘い
りんご&カスタード!
最強の組み合わせです!


ピタ ベーコンエッグ〈175円〉
ふんわりパンに、ベーコン・たまごサラダ・
レタスをはさんでボリュームアップ♪
他にもピタ ポテト(110円)・
ピタ コロッケ(150円)などが。


明太フランス〈110円〉
香ばしいフランスパンに、
明太子ソースをトッピング。
風味豊かなパンですよ。


焼きむしパン〈100円〉
蒸しパンを焼いちゃった!?
サクッとした軽い口当たりが特徴の、
新感覚のパン。



北海道釧路市錦町2丁目4

J&Dジョンヌドール

住所:釧路市錦町2-4 MOO1階
電話番号:0154-23-0360
営業時間:10:00〜19:00
定休日:年中無休(元日は除く)

記事の内容は週刊fit2013年2月8日号掲載時点のものです。

ラーメン共和国でも賞賛された根室の味

 根室に本店がある『しげちゃんラーメン 釧路店』は、札幌ラーメン共和国の第一期卒業店。3年前の春に満を持して釧路店をOPENしました。魚介系と豚骨や鶏ガラ、野菜などからダシを取り、さっぱりしていながらも奥深いスープを生み出します。釧路人にはなじみやすい、細ちぢれ麺は自家製。常に新しい味を探求していて、これからも続々と新メニューが登場予定です。その代表格が「ミルクラーメン(750円)」。牛乳でまろやかになったスープが、道東らしい逸品。お子様ラーメンやお子様ランチもあって、ゆったりとした店内はお子様連れにも人気です。何度か足を運んで、いろんな味を試してみたいですね。


背脂野菜ラーメン〈900円〉
てんこ盛りの野菜と、
大きめチャーシューがボリューミーな二郎系ラーメンは、
背脂のコクがポイント!
みそ、しお、正油味があります。


辛みそラーメン〈750円〉
豆板醤の辛さがクセになりそう。
とろっと煮卵が、辛いスープにピッタリ。
辛さは調整できるので、
注文時にお申し出ください。


セットメニュ―(みそラーメン+チャーシュー 丼)〈1,000〉
あっさり系みそラーメンと、
甘めのタレが絶妙なチャーシュー丼のおトクなセット。
他のラーメンと丼メニューも選べます。


その他のメニュー

みそ野菜ラーメン…800円

とんこつラーメン…750円

白湯ラーメン…750円



北海道釧路市鳥取大通3丁目20−20

しげちゃんラーメン 釧路店

住所:釧路市鳥取大通3-20-20
電話番号:0154-52-6888
営業時間:11:00~LO.19:50
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2013年2月8日号掲載時点のものです。

唐揚げ弁当

約40年、地域に密着してきた商店をお弁当屋さんにリニューアルして1年。『弁当・おもと商店』は、変わらず近所のお年寄りや子どもたちをはじめ、サラリーマンや自動車学校の生徒さんなど多くの人が利用し、愛され続けています。お弁当は20種類ほどあり、中でもおすすめなのが、「唐揚げ弁当(550円)」です。唐揚げは、蓋が閉まらないほどのボリューム!シンプルに塩・胡椒で下味をつけた鶏肉を、醤油ベースのタレに漬け込み、表面はカリッと中はジューシーに揚げた自慢の一品です。副菜は五品入りますが、何が入るかはその日のお楽しみ♪ご飯大盛はプラス50円。おかずは単品で買うこともできます。電話予約すると、待たずにホッカホカのお弁当が食べられるのも嬉しいですね。



北海道釧路市愛国東1丁目29

住所:釧路市愛国東1-29-9
電話番号:0154-37-0182
営業時間:10:00〜19:00
定休日:日曜・祝日※祝日は営業している場合があります

記事の内容は週刊fit2013年2月8日号掲載時点のものです。

札幌ラーメンと釧路限定メニューが楽しめます

釧路町木場のショッピングゾーンにある『味の時計台 釧路木場店』。中太ちぢれ麺とコクのあるスープが札幌ラーメンならでは。とんこつや昔風ラーメンなどもあり、幅広いメニュー構成です。トッピングも定番のメンマやネギの他、ネギチャーシューやホタテなど独自のものもありますよ。さらに「もつチゲラーメン(870円)」や「あんかけ焼そば(700円)」、「半チャーハン(300円)」など、釧路限定メニューも多いんです。自家製のキムチはカツオの旨みが効いていて、お鍋にピッタリ♪ お持ち帰りする人も多いとか。閉店が24時なので、仕事やレジャーの後にも、ゆっくり食事ができますね。


豚角煮たまごラーメン〈980円〉
釧路だけの一品は、ボリュームたっぷり。
黄身がとろっとした半熟たまごと、
やわらかな角煮は絶品。
味噌・醤油・塩味があります。


五目ラーメン〈880円〉
白菜、ニンジン、
キクラゲなどたっぷり野菜と豚バラ肉、
エビなど具だくさん。
素材の旨みが効いた、
あっさりめの味を楽しんで。


味噌ラーメン〈750円〉
子どもから大人まで幅広い年齢層に人気の、
これぞザ・味噌ラーメン!
札幌ラーメンらしい看板メニューです。


その他のメニュー

札幌風あっさりラーメン…500円

ネギチャーシューメン…1,100円

正油とんこつラーメン …700円



北海道釧路郡釧路町木場2丁目1−10

味の時計台 釧路木場店

住所:釧路町木場2-1-10
電話番号:0154-39-2022
営業時間:11:00~24:00(LO23:30)
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2013年2月1日号掲載時点のものです。

おでん

釧路駅前にあり、観光客や仕事帰りのサラリーマンが気軽に立ち寄る『おでんや みず季』。アットホームな店内で、明るい店主との会話も弾みます。「おでん(一品150~300円)」は、老若男女問わず人気の看板メニュー。透き通った出汁は、道南産の昆布や鰹などで試作を重ねて作られた、あっさり味。20種類以上ある具材にはしっかり味が染み、一つひとつに旨味が凝縮されています。2日煮込んだ位が食べ頃なんだとか。おでんを注文すると必ずついてくるのが、お取り寄せしているとろろ昆布。具にたっぷりのせて食べると、さらに味わい深くなりますよ。おでんにピッタリ、日本酒の品揃えも豊富です。心も体も芯まで温まりそうな店ですね。季節限定、オーナー手作りの紅鮭飯寿司も好評です。



〒085-0014 北海道釧路市北大通13丁目2

おでんや みず季

住所:釧路市北大通13丁目2-20
電話番号:0154-25-1515
営業時間:18:00〜22:00
定休日:日曜・祝日

記事の内容は週刊fit2013年2月1日号掲載時点のものです。

食事処でいただく麺メニューいろいろ

港近くの『食工房いろは』は、メニュー豊富な食事処です。定食やセット物、カレーに丼物に加え、そば、うどん、ラーメン、スパゲティーと麺のメニューも多く、どれにしようか迷っちゃいそう。平日はサラリーマンで、土曜や祝日は家族連れで賑わいます。カツスパゲティーにピラフが付いている「トルコライス(850円)」は、両方食べられると人気。スパゲティーは鉄板で提供される釧路スタイルで、オリジナルメニューもありますよ。こんなにメニューが多いのに、更科のそばは自家製麺と、手間ひまかけています。テーブル席と小上がりがあるので、おひとり様はもちろん、グループでも好みのメニューを楽しんで♪


かに玉そば〈700円〉
かにのむき身の旨みが、
そばにコクをプラスしてくれます。
とじた玉子がとろみのあるつゆとマッチして、
身体の芯から温まります。


あんかけ焼きそば〈700円〉
イカや豚肉、エビ、キクラゲ、白菜など、具だくさん!
素材の美味さが、
醤油やオイスターソースで
味付けたあんに染み込んでいます。


チキンミート〈750円〉
皮をパリッと焼いた鶏肉のソテーがトッピングされた裏メニュー。
自家製ミートソースは、デミグラスソースの濃厚な味わいです。


その他のメニュー

ハンチャンメン(ラーメン+小チャーハン) …800円

鍋焼きうどん…550円

天丼セット…900円



北海道釧路市仲浜町7−20

食工房 いろは

住所:釧路市仲浜町7-20
電話番号:0154-25-7797
営業時間:11:00~19:30
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2013年1月25日号掲載時点のものです。

Pages: 1 2 Next