Archive for 5月, 2013

仙鳳趾活貝牡蠣フライ定食

5月にリニューアルした、別保公園内の釧路町地産地消センター。『ロ・バザール』と名づけられ、この『パークカフェ』も同時にオープンしました!公園の自然を眺めながら食事が楽しめる、木のぬくもり溢れるお店です。メニューは地産地消センターという名の通り、釧路町内の食材を中心に使ったものがズラリ。中でもオススメなのが『仙鳳趾活貝牡蠣フライ定食』(1000円・無くなり次第終了)です。漁協直送の牡蠣は新鮮で、濃厚な旨味がギュっと凝縮!調理しても身が縮みにくいため、プリプリな食感が楽しめますよ。その他、『仙鳳趾かき天そば』や『おばんざいプレート』、各種スープカレーなども。夏場はテラス席もどうぞ♪目で舌で、自然の恵みを感じてくださいね。



北海道釧路郡釧路町別保原野南24線78−6

パークカフェ ロ・バザール

住所:釧路町別保原野南24-78-6(別保公園内)
電話番号:0154-62-3001
営業時間:飲食ゾーン/10:30〜17:00(LO.16:30)
           6月より10:30〜18:00(LO.17:30)

定休日:無休

記事の内容は週刊fit2013年5月24日号掲載時点のものです。

何度も訪れたくなる優しくて懐かしい味

昨年7月、米町公園近くに開店した『食事処 はやし』。お昼はラーメンやご飯もの、夜は居酒屋風に焼き鳥や揚げ物なども提供するお店です。こだわりの水を使った、優しくてどこか懐かしい味に惹かれるお客さんも多いそう。そんな同店の店主が自信を持ってオススメする一杯が『醤油五目あんかけラーメン』です。ラーメン専門店ではありませんが、スープは豚ガラ・鶏ガラ・昆布・魚ダシ・野菜などをじっくり煮込んで作られている本格派!上に乗ったトロトロで熱々のあんかけは、えび・いか・きくらげ・白菜などの具材がどっさりと入っていてボリューム満点です。もちろん食事処とあって、麺以外のメニューも◎。ラーメンスープを使った、珍しい『中華風カレー』や各種丼も人気です。


醤油五目あんかけラーメン〈750円〉
優しい味のあんが堪らない!
ボリュームはありますが、
あっという間に完食です。
塩味もどうぞ♪


醤油ラーメン〈500円〉
ご奉仕価格と銘打ち、
なんとワンコインで提供されています!
釧路風のあっさりとした味わいです。


塩チャーシューメン〈800円〉
ダシの旨味が存分に感じられる透き通った塩スープは、
細麺とチャーシューとの相性が抜群です。


その他のメニュー

知床ポークの豚丼…650円

生姜焼き定食…700円

中華風カレー…600円



北海道釧路市米町1丁目1−17

食事処 はやし

住所:釧路市米町1-1-17
電話番号:0154-41-2236
営業時間:11:00〜14:00、17:00〜22:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2013年5月24日号掲載時点のものです。

フランボワーズ

新橋大通のイトーヨーカドーにほど近い、老舗のケーキ店「釧路レカン」は気品ただよう白壁の洋館。ドアを開けると、ショーケースを飾る色鮮やかなスイーツたちが出迎えてくれます。釧路レカンのスイーツの特徴の1つは、無農薬農園で採れる自家製フルーツ。今回ご紹介する『フランボワーズ』(15㎝/2800円)にも、手摘みした木いちご(フランボワーズ)がふんだんに使われています。インパクトのある鮮烈な美しい赤色に、思わず「わあ♪」。ナイフを入れて切り分けると、純白の生クリーム、木いちごのムースとジャム、しっとり柔らかなスポンジが綺麗な層に。フレッシュで爽やかな甘酸っぱさは、後をひく美味しさです。手頃なカットケーキ(320円)もありますよ。



北海道釧路市新川町14−12

釧路レカン

住所:釧路市新川町14-12
電話番号:0154-25-1818
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火曜日・不定休

記事の内容は週刊fit2013年5月24日号掲載時点のものです。

カツカレー

シェフ厳選メニューが気軽に楽しめる、アクア・ベール内の『あくあcafe』。白とブラウンを基調とした明るい店内は、サラリーマンから女性客まで連日多くのお客さんで賑わいます。今回ご紹介するのは、大きなカツが乗った『カツカレー』(550円)。柔らかい豚ロースの一枚肉が、食感が楽しめるようサクッと揚げられています。カレーは自慢のオリジナルカレーで、スパイスがピリリと効いた専門店にも負けない味。煮込んだ玉ねぎの甘みとマッチし、甘辛い欧風カレーに仕上がっています。ボリュームもたっぷりで、このお値段で食べられることにビックリしてしまうかも。また先週より週替りランチも始まり、5月は2種のパスタが登場します!こちらも見逃せませんね。



北海道釧路市栄町8丁目3

あくあcafe

住所:釧路市栄町8-3
電話番号:0154-23-8211
営業時間:11:00〜17:00
定休日:日曜日・祝日

記事の内容は週刊fit2013年5月17日号掲載時点のものです。

様々なトッピングで楽しむつるつる讃岐うどん

イオンモール釧路昭和内にある『うどん屋 麺小町』は、つるつるシコシコのうどんが美味しいお店です。定番のてんぷらや温玉から、山菜や納豆など、トッピングも豊富。うどんは道産小麦と、本場香川県から取り寄せたうどん粉を独自にブレンド。ダシも鯖やうるめいわし、宗田鰹などを使用したオリジナルです。コシの強いツヤツヤの麺に、深みのあるつゆがよく合います。うどんとご飯は、大盛りが無料なんですよ♪ 平日のランチタイムには、単品450円以上のうどんをご注文の方に、おにぎりをサービス(数量限定、なくなり次第終了)。丼物もあり、ミニ丼とぶっかけのセットなども好評です。


豆乳ごまだれサラダうどん〈600円〉
すりごまと豆乳、味噌を合わせたタレが、
鶏肉や玉ネギなどの野菜と、
うどんにピッタリ!
さっぱりいただける、
夏季限定メニューです。


肉みそうどん(冷or温)〈650円〉
挽き肉を八丁味噌で和えた、
ジャージャー麺風のうどん。
温玉のトロッと感と甘みが、
全体をまろやかにしてくれます。


ぶっかけ(冷or温)〈450円〉
のどごしのいい麺とダシの旨みを堪能できる、
シンプルな一品。
天かすや花かつおの風味が、
食欲をそそります。


その他のメニュー

小町うどん…700円

鍋焼うどん…850円

カレーうどん…600円



〒084-0902 北海道釧路市昭和中央4丁目18−1

うどん屋 麺小町

住所:釧路市昭和中央4-18-1
   イオンモール釧路昭和1階
電話番号:0154-52-5455
営業時間:11:00〜21:00
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2013年5月17日号掲載時点のものです。

あっさりとした中にもコクを感じる釧路ラーメン

富原小学校の向い側に位置する、釧路ラーメンのお店『めんぞう+』。鶏ガラベースであっさりした中にもコクが感じられるスープは、最後の一滴まで味わってもらいたいと化学調味料をなるべく使用しないよう作っているそう。釧路ラーメンらしく麺は細麺を使用し、スープに麺が負けないよう絶妙に全体のバランスが調整されています。煮込んだ上に一晩タレに漬け込まれた柔らかチャーシューは、阿寒ポークの肩ロースを使用。メニューはお手頃価格ですが、ラーメンに各種丼モノがセットになった平日限定のランチセットが更にお得なんです!半ラーメンにソフトクリームが付いたお子さまセットや小上がり席も用意されていて、小さなお子さん連れの方にもピッタリです。


みそラーメン〈690円〉
スープを麺に絡めて一気にすすれば、
コクのある味噌の香りが口いっぱいに。
炒めもやしのトッピングも嬉しい一品。


しょうゆラーメン〈590円〉
やっぱり人気のしょうゆ味。
特製煮玉子やチャーシューなどの各種トッピングで
自分好みにするのもオススメです。


しおラーメン〈590円〉
透き通ったスープからは、
あっさりながらもダシの深みが感じられます。
ペロリと一杯食べられちゃいますよ。


その他のメニュー

辛みそラーメン…750円

チャーシュー丼…290円

カップ入ソフトクリーム…190円



北海道釧路郡釧路町北都1丁目1−19

めんぞう+(プラス)

住所:釧路町北都1-1-19
電話番号:0154-37-2401
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜19:30
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2013年5月10日号掲載時点のものです。

豚のオイル蒸し

今回ご紹介する『天ぷら 彩』の『豚のオイル蒸し』(800円)は、フランス料理の〝コンフィ〟を照りダレで和テイストに仕上げました。豚ロースを岩塩や山椒などに2日間漬け込み、低温の天ぷら油で5時間ほど煮ると完成。『オイル蒸し』という名前とは裏腹にしつこさは無く、豚肉の持つ脂の旨味がぎゅっと閉じ込められた逸品です。お酒のお供としてもおかずとしても気軽につまめます。また飾り切りされた野菜などの盛りつけは季節感が出るよう工夫され、5月は遅い釧路の春をイメージしたものに。メニューも店主のアイディアで常に変わるため、いつ行っても新しい味に出会えそうですよ。和食一筋23年の店主が創りだすレベルの高い料理を、温かい雰囲気の中でいただけるお店です。



北海道釧路市川上町3丁目

天ぷら 彩

住所:釧路市川上町3-3-3第一舟見ビル2階
電話番号:0154-24-3151
営業時間:18:00〜23:00
定休日:日曜日・祝日

記事の内容は週刊fit2013年5月10日号掲載時点のものです。

無添加志向の釧路ラーメンをどうぞ

住之江町の『元祖くしろらーめん 柳苑』。25年前に開業した当時は、まだ「釧路ラーメン」という概念が浸透していなかったことから、釧路らしいラーメンを提供したいという想いを店名に込めました。製麺屋さんに特注で作ってもらっている麺は、手もみならではのモッチリ感があります。細麺と太麺をお好みで選べるんですよ。みそ味用の白湯スープはしっかり煮込んで、コクがあります。みそ以外は魚介系でダシを取ったさっぱり味。チャーシューやしなちくも含め、自家製の物は化学調味料は使っていません。お一人様はもちろん、広い小上がりがあるので、お子様連れの方でもゆったり食事を楽しめます。


りゅうえんら~めんピリ辛〈700円〉
ほどよい辛さのスープは醤油ベース。
かいわれのシャキシャキ感や焼いた長ネギの甘さがアクセントに。
辛さは調節できるので、お申し出ください。


辛みそら~めん〈850円〉
みそベースのスープは、後を引く辛さ。
トッピングの旨辛の肉みそを後からスープに混ぜると、
また違った味を楽しめますよ。


みそら~めん〈700円〉
2種類のみそを合わせたスープは、
奥深くまろやか。
初めてでもどこか懐かしさを感じる、
やさしい味わいです。


その他のメニュー

しょうゆら~めん…600円

しおら~めん…600円

やさいら~めん…800円



北海道釧路市住之江町11−31

元祖くしろらーめん 柳苑

住所:釧路市住之江町11-31
電話番号:0154-24-7272
営業時間:11:00〜19:00(LO)
定休日:水曜日・木曜日

記事の内容は週刊fit2013年5月2日号掲載時点のものです。

春の彩りランチ

今回ご紹介する釧路プリンスホテル一押しの『春の彩りランチ』(ご飯・お味噌汁付 1480円)は、5月7日(火)〜31日(金)までの期間限定メニューです!旬の道東食材を中心に春をイメージした料理を、可愛らしく彩り豊かに9つの小鉢に盛りつけました。近海で獲れた「鱒焼き浸しの粒マスタード風味」、今が旬の「山菜と海老真薯の天婦羅」、くず粉を練った「蓬豆腐」、地元野菜の「白菜と法蓮草のお浸し帆立だしで」などその一品一品のこだわりを堪能できます。食後は広いラウンジでコーヒーや紅茶をどうぞ。太平洋を一望しながら、ゆったりとした時間の中でちょっと贅沢なランチを愉しみませんか?この他、ディナータイムは各種会席から単品メニューも取り揃えられています。



北海道釧路市幸町7丁目1

釧路プリンスホテル和食(17階)

住所:釧路市幸町7-1
電話番号:0154-31-1111
営業時間:ランチ 11:30〜13:30
    (ランチ定休日/土・日・祝日)
     ※表紙のメニューは平日のランチのみの提供です

記事の内容は週刊fit2013年5月2日号掲載時点のものです。

えびのチリソースランチセット

『中華堂 ふうふう』は、鳥取大通から一本裏通りの住宅街に位置するお店。本格中華が食べたいときにはココ、と多くのお客さんが足を運びます。中でも支持されているのは、この『えびのチリソース』(900円)。ご飯・スープなどがセットになった、お得な定食ランチです。自慢のチリソースは濃厚で、豆板醤がしっかりと効いた本格中華ならではの辛さ!辛いモノ好きの方にぜひ食べてみて欲しい、ご飯が進む一品です。ランチにのみ添えられたオムレツ風の玉子には、チリソースをディップして。『五目あんかけ焼きそば』(750円)もオススメです!4人から利用できる宴会コースもありますよ。広い小上がり席もあり、大人数の方やご家族連れの方も利用しやすいお店です。



北海道釧路市鳥取北9丁目3−2

中華堂 ふうふう

住所:釧路市鳥取北9-3-2
電話番号:0154-53-5545
営業時間:11:00〜20:30
     ※ランチセットは17:00まで
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2013年4月26日号掲載時点のものです。

Pages: 1 2 Next