Archive for 5月, 2015

415menu0522『ほっ』セット

今年4月4日にオープンした『おでん・一品料理 ほっこり』。旬の食材を使った自慢のおでん・一品料理を肴に、日本酒や焼酎を楽しめます。カウンター席のみの、こじんまりとした店内ですが、渋くて落ち着いた雰囲気が漂う、大人の隠れ家的なお店です。今回ご紹介するのは、お得な『ほっ』セット(1480円税込)。その日の店主オススメのおでん4品と小鉢に、生ビールが2杯ついたセットは、一日の終わりに「ほっ」と一息つくのにもピッタリ。それぞれ単品で頼んだ場合1780円相当のものが300円分オトクなんです。追加でおでん(110円税込〜)、もつ煮こみ(490円税込)・生ハム(690円税込)などの一品料理や他のお酒をオーダーするのも良いですね。シメには、鶏ダシおでんのつゆを使ったうどん・お茶漬け(各430円税込)がオススメです。



釧路市愛国西1-11-6

おでん・一品料理 ほっこり

住所:釧路市愛国西1-11-6(ジャマイカ屋台村内)
電話番号:090-7655-5159
営業時間:18:00〜翌1:00
定休日:無休

記事の内容は週刊fit2015年5月22日号掲載時点のものです。

札幌ラーメンならではコクのあるスープとちぢれ麺

『味の時計台 鳥取店』は、今年3月にOPENしました。つるつるとした中太ちぢれ麺は、厳選した小麦粉を使用し、自社工場で製造しています。豚骨や野菜をじっくり煮込んでダシを取ったスープは、素材の旨みが凝縮していてコクがあるんですよ。釧路3店舗と帯広店のみのオリジナルメニューも豊富で、新登場のトマトラーメンは女性にオススメ。バターやコーン、キムチ、ネギチャーシューなど、トッピングもいろいろ選べて、自分好みのラーメンを楽しめそう。麺の硬さやスープの濃さは調整できるので、気軽にリクエストしてくださいね。普通サイズの餃子やチャーハンの他、「セット餃子(3個)」や「半チャーハン」などもあるので、お腹の空き具合に合わせてどうぞ。なお、価格は税抜きです。


men052201豚角煮玉子ラーメン(味噌)〈980円〉
時間をかけて煮込んだ角煮はやわらかで、
口の中で肉がほどけます。
煮卵も黄身がトロッとしていて、
スープとの相性もピッタリ。
塩味と醤油味もあります。


men052202野菜ラーメン〈840円〉
いろいろな野菜とたっぷりの
白髪ネギがのっていて、
自家製チャーシューもGOOD!
味噌、塩、醤油味から選べます。



釧路市鳥取北10-12-9

味の時計台 鳥取店

住所:釧路市鳥取北10-12-9
電話番号:0154-64-6226
営業時間:11:00〜23:30(LO)
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2015年5月22日号掲載時点のものです。

414menu0515生姜焼定食

米町公園そばの『食事処 はやし』はご近所さんが集うアットホームなお店。オススメの『生姜焼定食(750円)』に使う豚肩ロースは、道産のものを選んでいます。焼いてから絡めるオリジナルのタレは、白いごはんが進みます。お肉が柔らかく優しい味が好評ですよ。また、ラーメンも人気で醤油ラーメンはワンコイン(500円)で提供しています。ランチタイムには、ミニチャーハンやミニ豚丼などラーメンとのセットもオトク!昼だけでなく、夜は焼き鳥や揚げ物などの一品料理やアルコールも加わり居酒屋としても利用できるのもウレシイところ。お客さんの要望や店主の創作でメニューも随時増えていて、手作りのワンタンメンも新登場しました。飽きのこない懐かしい味と雰囲気で、子どもから年配の方まで家族みんなでのんびり食事を楽しめますよ。なお、表示価格は税込みです。



釧路市米町1-1-17

食事処 はやし

住所:釧路市米町1-1-17
電話番号:0154-41-2236
営業時間:11:00〜14:00、17:00〜22:00
定休日:日曜日・祝日

記事の内容は週刊fit2015年5月15日号掲載時点のものです。

昔ながらの中華屋さんでいただく麺類

以前、末広にあった老舗中華料理店『八宝園 本店』で働いていた店主が、43年前に独立してのれん分けしたのが『八宝園 分店』。先代から受け継いだ味を、今も守り続けています。ラーメン類は鶏ガラとトンコツでダシを取ったスープと、中細麺がベストマッチ。自家製チャーシューは国産にこだわっていて、豚肉の旨みがしっかり感じられます。中華の一品料理やご飯物の他、『ホイコーロー定食(900円)』や『八宝菜定食(1150円)』(いずれもサラダ、漬け物、スープ、ライス付き)は、老若男女に人気。平日は『日替わりランチ(800円)』などもありますよ。奥の和室席にはお子様向けのオモチャもあるので、ご家族連れも気兼ねなく利用してほしいとのこと。なお、価格は税込みです。


men051501あんかけヤキソバ〈680円〉
特注の太めの麺は食べ応えがあって、
塩味ベースのあんは後味さっぱり。
野菜や豚肉の他、スライスした
ツブが入ってるのが釧路らしいですね。


men051502五目メン〈750円〉
素材の味が、塩味のスープに染みわたってます。
ポーチドエッグ状の卵が入っていて、
ふわっ、とろっとアクセントに!



釧路市喜多町9-42

八宝園 分店

住所:釧路市喜多町9-42
電話番号:0154-22-8934
営業時間:11:00〜20:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2015年5月15日号掲載時点のものです。

413menu0508日替わり定食

新富士の公設卸売市場内にある『食事の店 はな膳』は、母と姉妹で切り盛りしていて、家庭的な料理がお手頃価格でいただけます。毎朝、市場で仕入れるので、材料はいつも新鮮。肉も冷凍していないものを使っているんですよ。『日替わり定食(650円)』は、ご飯と味噌汁、漬け物と小鉢2品付き。一日おきに肉と魚をメインにしていますが、お好みで肉を魚に、魚を肉に変更することもできます。日替わり定食に限り、ご飯のおかわり自由。他に丼物やカレーライス、めん類などもあり、手作りの『餃子定食(750円)』も好評です。市場の入口に守衛室がありますが、特に手続きなどは必要ないので、気軽にお立ち寄りください。店舗は正門の右手、駐車場脇の平屋の建物にあります。なお、価格は税込みです。



釧路市新富士町6-1-23

食事の店 はな膳

住所:釧路市新富士町6-1-23公設卸売市場内
電話番号:0154-53-7288
営業時間:6:00〜13:30
定休日:日曜日・祝日

記事の内容は週刊fit2015年5月8日号掲載時点のものです。

手間を惜しまず作り上げるラーメンの旨みを堪能して

栄町にある『らーめんダイニング 妥流舞』。夜18時30分からの営業で、夕食や飲んだ後の〆にもピッタリですよ。スープは魚介と鶏、さらに旬の野菜でダシをとっています。今の時期なら、新玉ネギや春キャベツなど、 “そのときに美味しいもの〟を使っているんですよ。最低でも2日間は煮込むというスープの奥深い味を楽しんで。塩ラーメンにも使っているというオリジナル調味料の『塩だれ(800円・税抜)』も自慢の一品。野菜炒めやドレッシングなどにも使える無添加の調味料で、原料は天然素材のみ。牛すじラーメンに使われる牛すじは、隠し味にワインをプラス。すべてのメニューが丁寧に作られていると感じます。餃子やチャーハンなど、ラーメン以外のメニューも人気ですよ。


men050801牛すじ中辛(みそ)〈950円(税込)〉
3日ほど煮込んだトロットロの牛すじが、
辛みとコクのスープとベストマッチ!
辛さは1番から10番まで選べます(中辛は2番)。


men050802ラーメン(塩)〈670円(税込)〉
自慢の塩だれを使った、
透き通ったスープのラーメン。
あっさりしつつ、
奥行きのある味わいです。



42.984338,144.387614

らーめんダイニング 妥流舞(だるま)

住所:釧路市栄町4-13
電話番号:0154-31-5855
営業時間:18:30〜翌2:00(月〜木曜日)
     18:30〜翌2:30(金・土曜日)
定休日:日曜・祝日

記事の内容は週刊fit2015年5月8日号掲載時点のものです。

411menu0501ピリ辛ジャンボ串3本セット

昨年5月にオープンした『炭火焼鳥 ひどり』は、生の精肉を使った本格炭火焼鳥が味わえるテイクアウト専門店です。肉の旨みを閉じ込め、香ばしく焼き上げた串焼きは、全部で35種類。鶏串・豚串から、牛串や少し珍しい部位などのアラカルト串が1本130円から注文できます。他にもお弁当やご飯物、ザンギなども。今回紹介する『ピリ辛ジャンボ串3本セット』は、fitのために作ってくれた新メニュー!通常の倍大きい鶏串・豚串と手羽先串を万人受けするピリッと辛めの味付けで仕上げました。通常980円のところ、5月中は900円!さらに、オープン一周年の記念イベントが5月22〜24日の3日間開催。期間中は一部商品を除き100円とおトクですよ。バイキング形式で、選ぶ楽しさも♪なお、表示価格はすべて税抜きです。



43.021259,144.386863

炭火焼鳥 ひどり

住所:釧路市文苑4-27-1
電話番号:0154-65-9232
営業時間:11:00〜14:00、17:00〜21:00(日曜日は20:00まで)
定休日:水曜日・第二火曜日

記事の内容は週刊fit2015年5月1日号掲載時点のものです。

410menu0424ジャマカレーランチプレート

今週月曜日(20日)にリニューアルオープンした『ジャママートコーヒー』。今まで以上に充実したランチメニューの中から、今回は『ジャマカレー ランチプレート(1080円税込)』をご紹介。メインのカレーは13種類のスパイスをブレンドし、トマト・シシトウ・チキンなどを加えてじっくり煮込んでいます。食べる前にココナッツミルクをかけることで、スパイスの香りがぐっと引き立ち、まろやかな味わいに!また福神漬の代わりにトッピングされているザワークラウトはキャベツを酢漬けしたもので、カレーとの相性も抜群なんです。プレートには他に、季節の野菜を取り入れたサラダ・日替わりスープ・デザート(コーヒーゼリーかバニラアイスが選べます)がついていますよ。ランチはもちろんのこと、モーニングもやっているので、ぜひ利用してみてくださいね。



釧路市愛国西1-11-6

ジャママートコーヒー

住所:釧路市愛国西1-11-6(カラオケボックスジャマイカ内)
電話番号:0154-38-5331
営業時間:8:00〜18:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2015年4月24日号掲載時点のものです。

412menu0501くしろ海藻チャーシューまん

冬季限定販売だったにも関わらず、3万個も売り上げがあった〝よしやす〟のぶたまん3種。そのすさまじい人気から、このたび通年販売することが決定しました!なかでもオススメなのが『くしろ海藻チャーシューまん(1個300円・税抜)』。阿寒の菓子処松屋が手掛けたというフカフカの生地の中には、釧路町達古武産の海藻ポークで作ったチャーシューがゴロッと入っていますよ♪肉本来の味わいを活かしつつ仕上げたチャーシューは、口の中でとろけるようなジューシーな食感が特徴です。肉専門店がこだわりぬいた極上のぶたまんをぜひ一度、ご賞味あれ!お店では冷凍された状態で『くしろ海そうぶたまん』・『くしろ海そう牛ぶたまん』とともに販売しています。自宅のレンジで温めるだけで、いつでも食べられるので、お酒のおつまみとしていただくのもオススメですよ♪



釧路市文苑4-27-5

食肉工房 よしやす

住所:釧路市文苑4-27-5
電話番号:0154-39-4129
営業時間:9:30〜18:30
定休日:無休

記事の内容は週刊fit2015年5月1日号掲載時点のものです。

鶴居村産のそば粉で作った十割そばをどうぞ

鶴居村のどさんこ牧場近くにある『杜のそば処 雪裡』。そばの実は、村内にある3ヘクタールの畑で6月に種を蒔き、9月に一年分を収穫します。製粉から全て自家製造したそばは断面が丸く、機械で圧縮しているので歯ごたえがあって、つるつるとしたノド越し。カツオ節でダシを取り、きび砂糖を使っているツユは、まろやかな味わいです。大きな窓からは阿寒の山並みが見え、冬はすぐそばでタンチョウを見られることもあるとか。鶴居村の道道53号を鶴見台の少し手前で右折し、標茶方面に向かう道道243号をしばらく走った後、山道を登りかけた所に看板があるので、そこから入ってください。ドライブがてらに、ちょっと足を伸ばしてみてはいかがですか。なお、価格は税込みです。


men050101もり〈1,000円〉
つけダレは後味さっぱりで、
そばを食べた後も、
そば湯で割って飲み干したくなります。
十割そばなのに切れにくく、
個性的な食感を楽しめるんですよ。


men050102豚丼とそばセット かしわ(中) 〈1,500円〉
ツユに鶏肉のダシが染みて、
さらにコクが増しています。
豚丼は、鶴居産の三恵豚を使用。
『かけ(1,300円)』もあります。



43.19917,144.353571

杜のそば処 雪裡

住所:鶴居村字中雪裡南
電話番号:080-9581-1895
営業時間:11:00~14:00
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2015年4月25日号掲載時点のものです。