Archive for 6月, 2015

419menu0619激厚!牛タン塩焼き

鳥取の住宅街にある『炭火ダイニング 晴れる家』は、フレンドリーな雰囲気でくつろげる、アットホームな居酒屋です。『激厚!牛タン塩焼き(780円)』は、1本から8枚ほどしか取れないという、牛タンの中でも特にやわらかい部分のみを使用。一般的な牛タンの厚切りは6㎜程度なのに対し、約1㎝ほどの激厚ぶりの贅沢な逸品です。とろろ飯と味噌汁、サラダが付いた定食(1580円)にもできますよ。炭火焼や鉄板料理、創作料理など、メニューも豊富。アイスクリームから本格派までデザートもあって、特に『めーぷるトースト(550円)』は女性にオススメです。お持ち帰り用の『手作りギョーザ(40個・1680円)』は、お土産に喜ばれそう。宴会プラン(4名以上)は2000円から、詳しくはお問い合わせください。なお、価格は税別です。

 


43.02098,144.330783

炭火ダイニング 晴れる家

住所:釧路市鳥取北9-13-22
電話番号:0154-55-0008
営業時間:17:00~24:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2015年6月19日号掲載時点のものです。

季節の地元素材が活きた心のこもったパスタ

駅前の『Cafe&Dining マコズキッチン』では、阿寒ポークや厚岸産あさりなど、可能な限り地元食材を活かした料理が食べられます。パスタは一人前150gと少し多めなので、男性の方でも満腹になりそう。自家製デザートもあり、材料が手に入れば、地元の有機野菜を使ったスイーツを作ったりしてるんですよ。デザート3種盛り合わせは、特に女性に好評。15時まではサラダorスープとドリンクが付いた『本日の日替りランチ(880円)』がオススメ。夜は各種ディナーセットの他、『ちょい飲みセット(1000円)』もイイですね。夜メニューのピッツァ以外は、テイクアウトも可能。裏手にある石田興業の駐車場の30分無料券がもらえるので、お車の方はご利用ください。なお、価格は税込みです。


men061901ペスカトーレ(魚介のトマトソース)〈1,180円〉
大きなあさりは厚岸産で、エビやムール貝など、
季節ごとの海の幸を堪能できます。
タカの爪やニンニクと、
トマトの風味が絶妙にマッチしています。


men061902ボロネーゼ(ミートソース)〈980円〉
挽き肉は、牛肉と阿寒ポークを使った
贅沢な一品。トマトの酸味や
甘みとのバランスがよく、
a黒コショウがほんのり香ります。



釧路市北大通12-2

Cafe&Dining マコズキッチン

住所:釧路市北大通12-2 ノーストリート12 1F
電話番号:050-3703-4787
営業時間:12:00〜15:00、18:00〜21:00
定休日:日曜日・祝日

記事の内容は週刊fit2015年6月19日号掲載時点のものです。

418menu0612タンシチュー

3月に開店した『Wine Cafe 月のうさぎ』。店内は、まるでヨーロッパのお屋敷のようなエレガントな雰囲気。半個室になっている席がほとんどで、女子会にピッタリです。自慢の『タンシチュー(3200円)』は、厳選素材の牛タンを8時間じっくり煮込んであるので、口に入れるとほろほろとほどけるほど柔らか! こだわりの自家製デミグラスソースは、まろやかな味わいです。温野菜とバゲットが付いているので、ソースを付けてどうぞ。宴会プラン(4名様以上)は、90分飲み放題付きで4000円から。ワインは1本2000円台からあり、通にも喜ばれるような銘柄もあります。ビールやウイスキーの他、メニューにはない焼酎もあるので、店員さんに気軽にお尋ねください。なお、価格は税別です。



釧路市末広町3-4-2

Wine Cafe 月のうさぎ

住所:釧路市末広町3-4-2 第13エーワンビル2F
電話番号:0154-25-3355
営業時間:開店18:00、閉店月~木は翌1:00まで、
     金・土は翌2:00まで
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2015年6月12日号掲載時点のものです。

食いしん坊さんも小食の方も大満足の中華メン

双葉町にある『華獅子菜館』は、リーズナブルに中華が楽しめるお店です。『黒酢のスブタ』で単品700円、丼物800円など、中華の単品や丼物が各種あるんですよ。ハーフメニューも丼500円、単品450円と、小食の方やサイドメニューにと喜ばれています。『肉味噌チャーハン(700円)』や『蟹玉チャーハン(900円)』など、個性的なチャーハンは大盛も好評。ラーメンは鶏ガラのみでダシを取ったスープと細麺なので、中華らしさがありつつも、後味はさっぱり。汁物以外は、テイクアウトもできます。なお、6月16日、17日、18日は貸切のため、夜の一般営業はお休みするのでご注意ください。表示価格は税込みです。


men061201ピリ辛ラーメン〈800円〉
唐辛子と一緒に炒めたモヤシと挽き肉はスッキリとした辛さ。
醤油ベースのスープは辛くなく、
混ぜると程よい辛さになるんですよ。


men061202坦々麺〈800円〉
自家製ラー油で練り上げた胡麻ペーストに、
花山椒が効いたスープ。
辛さの中にコクもあって、
辛い物好きにはたまりません。



釧路市双葉町11-19

華獅子菜館(ホアシーズーツァイカン)

住所:釧路市双葉町11-19
電話番号:0154-23-6006
営業時間:11:00〜14:00(LO.13:45)
     17:00〜21:00(LO.20:45)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2015年6月12日号掲載時点のものです。

417menu0605牛ほほ肉の赤ワイン蒸し焼き

赤ちょうちん横丁の『デミナミ』は、今年の4月にオープンしたばかりのニューフェイス。個性的な店名の『デミナミ』は、店主の名前をもじったものだそう。そんな店主が作るメニューの数々は、赤ちょうちん横丁の狭い厨房で作ったとは思えませんよ!『牛ほほ肉の赤ワイン蒸し焼き(900円・税込)』は、牛ほほ肉を3日ほど赤ワインで煮込み、更に赤ワインで蒸し焼きにした一皿。一緒に蒸し上げた季節の野菜が彩りを添えています。味付けにワサビやバルサミコ酢を使っているので、肉のボリュームを楽しめつつさっぱりとした味わいですよ。ほかにも、ピザやパスタなどが。ソムリエの資格を持つ店主が腕を振るう、ワインに合うメニューを召し上がれ。週末などは席が埋まってしまうことが多いので、予約をしたほうが安心です。



釧路市川上町4-1 (赤ちょうちん横丁内)

デミナミ

住所:釧路市川上町4-1(赤ちょうちん横丁内)
電話番号:090-6997-7934
営業時間:18:00〜25:00
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2015年6月5日号掲載時点のものです。

こだわりの魚介豚骨スープと個性的なラーメン

5月にOPENしたばかりの『魚介豚骨ラーメン 古川』は、釧路町の住宅街の中にあります。カツオの厚削りなどの魚介ダシと豚骨で取ったダブルスープは、深みのある味わいで濃厚だけど、後味はさっぱり。魚介ダシだけのあっさりラーメンもあります。みそ味と辛みそはコシのある中太麺、しょう油味と塩味、あっさり系は細麺と、麺もそれぞれの個性に合うものを選んでいるんですよ。チャーシューはオーブンで一度ローストポークを作り、その後煮汁に一晩漬けているので、やわらかくて豚肉の旨みがギュッとつまってます。魚介豚骨のラーメンにはピンクペッパーがのっていて、噛むとふんわりコショウの香りが口の中に広がります。トッピングもあるので、お好みでどうぞ。なお、価格は税込みです。


men060501魚介豚骨みそ〈880円〉
炒めた鶏の挽き肉とモヤシが入ったスープは、
濃厚なダシとみその甘みがマッチして
います。意外にしつこくないので、一度
食べたらやみつきになるかも?


men060502チーズ魚介豚骨(しょう油)〈880円〉
ラーメンとチーズのコラボは、後を引く美味しさ。
とろ~りとろけるチーズがアクセントの、
女子ウケメニューです。



釧路町光和4-18-3

魚介豚骨ラーメン 古川

住所:釧路町光和4-18-3
営業時間:11:00〜20:00
定休日:水曜日(祝日の場合は営業、翌木曜日休み)

記事の内容は週刊fit2015年6月5日号掲載時点のものです。

416menu0529クアトロフォルマッジ

リーズナブルにピッツァが楽しめる『ナポリス 釧路店』は、店内をシックに改装し、オシャレに生まれ変わりました。ゴルゴンゾーラやモッツァレラなど、4種類のチーズがのった『クアトロフォルマッジ(メープルシロップ添え、550円・税別)』は、とろ~りとけたチーズがお口の中にしあわせを運んでくれます。メープルシロップをかけていただくと、まろやかな甘さとチーズのほんのり塩味が絶妙にマッチ!ピッツァの耳の部分にメープルを付けると、違った味を楽しめます。『ボロネーゼ』や『カルボナーラ』など、パスタも本格的な味わい。パーティプランなどもあるので、グループで楽しむのにもピッタリですね。ピッツァご注文で、ジムビームハイボールを一杯目無料でサービス中(2杯目以降300円・税別)。※6月末迄無くなり次第終了。ピッツァはお持ち帰りもできて、電話予約も可能です。



釧路町木場1-3-5

ナポリス 釧路店

住所:釧路町木場1-3-5
電話番号:0154-65-7479
営業時間:11:00〜22:00(LO.21:30)
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2015年5月29日号掲載時点のものです。

釧路名物つぶとそばのコラボレーション

飲んだ後にそばを食べたいと思うことはありませんか? そんな時は末広の『つぶ家』はいかがですか。釧路人の好物つぶとそばの両方を提供したいという、店主の思いがつまったお店です。カツオ節と2種類の削り節でダシを取ったこだわりのつゆは、具材の味を引き立ててくれます。麺は、クロレラ入りの緑色と細めの白いそばのどちらかを選べるんですよ。他に『つぶ焼(3ヶ590円~)』や『お持ち帰りつぶ折(880円)』、『かみこみ豚の豚丼(800円)』などもあって、シメだけでなく、ちょっと一杯という時や食事にもいいですね。もちろんアルコール類も各種あります。『あさりの味噌汁(300円)』は、新鮮なあさりのエキスたっぷりなので、一度お試しあれ。なお、価格は税込みです。


men052901つぶざる〈740円〉
プリプリした厚岸産つぶの
旨みがつゆに染み込んでいます。
つぶと相性のいいおろし生姜の薬味が付いていて、
貝の生臭さを消してくれます。


men052902かしわ蕎麦〈630円〉
深みのあるつゆとつるっとしたノド越しのそばが、
かしわ肉と合います。
ネギの他に天かすも付いているので、
お好みでどうぞ。



釧路市末広4-10

つぶ家

住所:釧路市末広4-10 ポプリビル1F
電話番号:0154-24-1228
営業時間:18:00〜翌6:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2015年5月29日号掲載時点のものです。