Archive for 9月, 2015

433menu0918ハンバーグ&ひとくちてっぱん
ステーキランチ

『ステーキ宮 桂店』は7月に開店したばかり。『ハンバーグ&ひとくちてっぱんステーキランチ(1380円)』は、4種類のスープバーと、ライスorパンが付いていて、ライスはおかわり自由。ひとくち大にカットされたステーキは、肉の旨みがしっかり感じられて食べ応えがあります。牛と豚の合挽き肉で作るハンバーグはやわらかでジューシー。まろやかな味わいで、お子様にも喜ばれること間違いなし!肉ではなく鉄板にかける「宮のたれ」は、加熱することで玉ネギに火が通り、甘みが増すんだとか。『ランチドリンクバー(200円)』は50種類以上から選べて、ランチタイムは16時までなんですよ。ランチメニューは680円からで、デザートもあるので、ご家族やお友達同士でゆっくりお食事を楽しめそうですね。なお、表示価格は税別です。



釧路町桂5-9-1

ステーキ宮 桂店

住所:釧路町桂5-9-1
電話番号:0154-65-1951
営業時間:ランチ11:00~16:00
     ディナー16:00~23:00(LO22:30)

定休日:なし

記事の内容は週刊fit2015年10月29日号掲載時点のものです。

ラーメンとカフェメニューの両方を楽しんで

愛国西の住宅街にOPENした『麺CAFE ALL』は、ラーメンの他にカフェメニューもあるんですよ。ラーメン大好きな店主のこだわりは、化学調味料を使わないこと。さらにラード不使用、塩分控えめなどヘルシーなラーメンなので、健康に気遣っている方でも心置きなく食べられますね。ダシは鶏ガラと野菜にトンコツを少々、昆布と鰹節の和風ダシをブレンド。白湯スープは、9時間も煮込むんだとか。自家製チャーシューも化学調味料不使用のオリジナルの醤油ダレを、毎日つぎ足しています。14~17時はホットケーキと飲み物などがワンコイン(500円)の「いっぷくセット」もどうぞ。今後、随時メニューを増やしたり、近々雑貨コーナーも始める予定なので、お楽しみに! なお、表示価格は税込みです。


men091201麺CAFE塩〈680円〉
瀬戸内の塩を使っていて、
まろやかでほんのりと甘みが感じられます。
鶏ガラ&豚骨、和風ダシに、
白湯スープもブレンドしてあって、
細縮れ麺に相性ピッタリ。


men091202麺CAFE
醤油〈680円〉

化学調味料以外の調味料を駆使して、
味に深みが出るように研究、工夫しました。
チャーシューも程よい噛み応えがあります。



釧路市愛国西2-3-22

麺CAFE ALL

住所:釧路市愛国西2-3-22
電話番号:0154-95-0253
営業時間:11:00〜20:00(LO.19:45)
定休日:木曜日、毎月最終日曜日

記事の内容は週刊fit2015年9月18日号掲載時点のものです。

432menu0911くしろの街からこんにちは

阿寒町の本店をふくめ、市内に3店舗を構える『松屋』。夕日をイメージした洋風まんじゅう「ゆうひ」をはじめ、釧路に因んだお菓子を多数取り揃えており、マチのお菓子屋さんとして地元のファンや観光客からも人気のお店です。その松屋さんから、昨年発売された『くしろの街からこんにちは(8個入り1080円・税込)』はくしろスイーツグランプリ2014の焼菓子部門で準グランプリに輝いた、炭鉱の街釧路の「石炭」をイメージした、もちもちチョコレート生地の洋風まんじゅう。濃厚なベルギーチョコと甘酸っぱいラズベリージャムを包んで焼き上げた釧路の新しいお土産としても注目のお菓子です!阿寒町の松屋本店とコープさっぽろ星が浦店、コープさっぽろ中央店、市内各所のお土産店にてご購入いただけます。



43.015011,144.316878

菓子処 松屋

住所:釧路市星が浦3-5(コープさっぽろ星が浦店内)
電話番号:0154-51-9800
営業時間:平日/10:00〜20:00
     日曜/ 9:00〜20:00
定休日:年中無休

記事の内容は週刊fit2015年9月11日号掲載時点のものです。

431menu0911もつ鍋

夏祭りシーズンも終わり、これからの季節はお鍋が恋しくなりますよね。そんな時は、鳥取大通の一本裏手にある「夜来人銀座」の『居酒屋かくれんぼ』で、『もつ鍋(4人前3800円、2人前1900円・税別)』はいかがですか。丁寧に下処理した牛もつは、一度湯通ししてしっかり脂分を抜いてあるので、やわらかくてクセがないんですよ。キャベツや玉ネギ、ニラ、豆腐と、具材もたっぷりで食べ応えアリ! オリジナルの醤油ダレは隠し味にニンニクを使っていて、まろやかで深みがあります。新鮮なお刺身は種類が多く、毛ガニも常時食べられて、比較的リーズナブルと好評。焼物や焼魚、一品料理など、お酒のつまみにぴったりなメニューが揃います。カウンター席と、ゆったりした小上がりがあり、最大20名程度までなら宴会もできるので、詳しくはお問い合わせください。



釧路市鳥取大通7-2-8

居酒屋 かくれんぼ

住所:釧路市鳥取大通7-2-8 夜来人銀座
電話番号:0154-55-5486
営業時間:18:00〜24:00
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2015年9月11日号掲載時点のものです。

昭和の懐かしさと変わらぬ味ほっこりする一杯

国道38号沿い、釧路から白糠を過ぎて坂を上がると右手に見えるのが『38番ラーメン』。トラックや車が絶えず停まっている、老舗のラーメン店です。店主が知り合いの料理人さんに聞きながら自己流で作り始めたその味は昭和59年開業から変わらず、メニューは常連さんの要望に応えて少しずつ増えました。豚骨ベースのスープと、地元製麺所の中太縮れ麺を使用。人気の味噌ラーメンは合わせ味噌と野菜、果物の旨味が加わったスープで、コクがあるのに後味スッキリ。揚げたてのカツや自家製のギョーザが乗ったラーメンもあって、食べ応えがありますよ〜。それでも満足できない方は、カツ2枚のせや替え玉をどうぞ。※価格は税込です。


men091101味噌かつラーメン〈910円〉
揚げたてのカツがどーんと乗った、
ボリューム満点の人気ナンバーワン!
一味とにんにくの効いたスープはクドくなく、
体が温まる一杯です。


men091102塩野菜ラーメン〈760円〉
中太麺によく絡むしっかりとした塩スープに、
ゴマ油でシャキッと炒めたたっぷり
野菜の旨味が合わさった絶妙の一杯です。



白糠町和天別279-8

38番ラーメン

住所:白糠町和天別279-8
電話番号:01547-2-3880
営業時間:平 日/10:30〜15:30
     土日祝/10:30〜18:30
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2015年9月11日号掲載時点のものです。

とんこつと煮干ダシ2種類のこだわりラーメン

愛国のジャマイカタウンにOPENした『麺屋 松三』は、札幌で修業した店主がさまざまに工夫を凝らしています。スープは2種類あって、「とんこつベース」は大量の豚骨と鶏ガラを丸一日煮込んでいるんです。濃厚でコクがあるのに、後味はスッキリ。「あっさりスープ」は今、東京や札幌で話題の煮干ダシで、釧路ラーメンとは一線を画す個性派。カタクチイワシとヒラコの煮干を絶妙にブレンドし、丁寧にダシを取ることでエグみを抑えています。麺も専用のものを特注。チャーシューは豚バラ肉を7時間以上煮込み、特製の醤油ダレで味付けていて、やわらかでジューシー! スープがなくなり次第閉店するので、夜営業ができないこともあるとか。9月5日・6日は開店記念で通常価格より全品半額!!なお、価格は税込みです。


men090401塩とんこつ(チャーシュートッピング)〈980円〉
深みがあって濃厚なスープは意外とあっさりしていて、
やわらかチャーシューがベストマッチ!
中細のストレート麺は、
茹で具合をリクエストできます。

men090402煮干そば〈730円〉
煮干ダシのスープはまろやかで、
ほのかな甘みを感じます。
ちぢれ麺とストレート麺はお好みで。
サービスのゆず皮は、
店員さんに一声掛けてくださいね。




釧路市愛国西1-11-6 ジャマイカタウン

麺屋 松三(まつぞう)

住所:釧路市愛国西1-11-6ジャマイカタウン
電話番号:0154-38-8282
営業時間:11:30〜14:30
     17:00〜21:00(火曜日は夜営業なし)
     ただしスープがなくなり次第閉店します

記事の内容は週刊fit2015年9月4日号掲載時点のものです。

430menu09043種のまぜ焼きピリ辛ホルモン

皆さんお待ちかね!くしろの一大イベント『釧路大漁どんぱく』がいよいよ始まりましたよ〜!三尺玉が目玉の花火大会をはじめイベントが盛りだくさん。また、焼きさんまの振る舞いをはじめ美味しいものも存分に楽しめます。中でも、どんぱく限定『3種のまぜ焼きピリ辛ホルモン(1皿500円)』がオススメ☆昨年の限定販売が大好評で、連日完売したメニューなんです。ホルモンは、牛の大腸と小腸・豚の直腸の3種類を使用。食感にこだわってモヤシ、長ネギと一緒に鉄板でジュワ〜っと焼きます。塩コショウでシンプルに味付け、ニンニクと鷹の爪で大人の味に仕上げました。キンキンに冷えたビールにピッタリ☆今年も、本日17時から日曜日まで、3日間限りの提供です。今度こそ食べ逃しなく!



記事の内容は週刊fit2015年9月4日号掲載時点のものです。

429menu0828

7月7日にOPENした『mosaique』は、和と洋が融合した創作料理のお店です。ワインや日本酒にピッタリな料理が揃っていて、お刺身の種類も多いんですよ。『うに牛(550円・税込)』は、道産の黄ウニと道産和牛の豪華なコラボレーション。ジュレ状の自家製醤油が、2つの食材を上品にまとめてくれます。フレンチの一口アミューズのように、洋食用のレンゲの上に盛られているので、豪快に一口で食べることもできます。でもせっかくの贅沢食材なので、お箸で少しずつ味わうのもイイですね。ワインは赤・白それぞれ6種類、日本酒も10種類以上あり、新入荷のお酒や旬のメニューは黒板で要チェック!カウンター8席なので、特に週末は予約がオススメです。食事はもちろん、少人数での2次会、3次会にもどうぞ



42.984715,144.388418

創作わしょく・わいん mosaique

住所:釧路市栄町5-2
電話番号:090-1306-7838
営業時間:18:00〜翌2:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2015年8月27日号掲載時点のものです。

ガツンと迫力のあるラーメンはクセになりそう

芦野の運動公園通りにある『ラーメン山岡家 釧路町店』。スープは豚骨を丸3日間煮込んだ後、4日目には微妙な火力管理をしつつ新たな豚骨を投入するというこだわりよう。手間ひま掛けているからこその、独特のコクと甘みがあります。厳選された小麦から作るストレートの太麺はもちもちしていて、濃厚なスープにも負けない存在感! じっくり煮込んだ豚肩ロースのチャーシューは、秘伝の特製タレに漬け込んでいて、豚肉本来の旨みがしっかり感じられます。平日の11~14時はラーメンに餃子やご飯物などが付く、おトクなランチのサービスセットもありますよ。味付玉子やメンマなど、トッピングも各種あるので、お好みでどうぞ。なお、表示価格は税込みです。


men082801ネギチャーシュー麺 〈970円〉
国産の長ネギを丁寧に手切りしているので、
香りや歯応え、ネギ本来の味を楽しめます。
程よい噛み応えのチャーシューは、
太麺と濃厚スープにピッタリ。


men082802特製味噌
ネギラーメン〈830円〉

白味噌をベースにしたスープは、
まろやかな甘みがあります。
コクとキレが両立していて、
意外にも後味はスッキリなんです。



釧路市芦野3-1-22

ラーメン山岡家 釧路町店a

住所:釧路市芦野3-1-22
電話番号:0154-64-1632
営業時間:24時間営業
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2015年8月28日号掲載時点のものです。