Archive for 8月, 2016

483menu0819かみこみ豚肩ロースの炭焼きグリエ

赤ちょうちん横丁にある『創作居酒屋信田流(のぶたりゅう)』。札幌の割烹での経験を活かし、和食をベースにしながらも、フレンチなど洋食のエッセンスも加えた創作料理が楽しめます。『かみこみ豚肩ロースの炭焼きグリエ(990円・税込み)』は、十勝産のかみこみ豚を遠赤外線効果のある備長炭でじっくり焼きます。焼いては休ませ、焼いては休ませと、時間をかけて焼くので、中までしっかり火が通った肉はほんのりピンク色。やわらかく、肉の旨みをしっかり感じることができるんですよ。タマネギを使ったおろしポン酢に、黒蜜を合わせたソースでいただきます。季節ごとの野菜は、基本的に道産のものを使用。調理に少し時間がかかるので、早めに注文してください。席数が少ないので、特に週末は予約がオススメ。10月中旬に移転予定です。



42.984344,144.389071

創作居酒屋 信田流(のぶたりゅう)

住所:釧路市川上町4-1-5(赤ちょうちん横丁内)
電話番号:090-6440-9311
営業時間:18:00~翌1:00
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2016年8月19日号掲載時点のものです。

482menu0812かみこみ豚丼(レギュラー)

今年の7月にアベニュー・クシロから和商市場内に移転したばかりの同店。看板メニューの『かみこみ豚丼 レギュラー(肉4枚・サラダ・お新香・みそ汁付き、850円)』は旧店舗の時代から多くの人に愛されてきました。豚肉はかみこみ豚のロースを使用。箸で切れるほどの柔らかさとジューシーな味わいが特徴です。コクのあるタレがよく絡んで食が進みますよ。観光客が多く訪れますが、地元の人にこそ何度も足を運んでほしいと語る店主。手軽に美味しく食べられ、飽きのこない料理をと『牛スタミナ定食(850円)』などの新メニューも開発!香り高いコーヒーはもちろん、人気のソフトクリームやジェラートなどスイーツも充実しています。※豚丼スモールは肉2枚(550円)、ジャンボは肉8枚(1380円)。価格は税込です。



42.989236,144.379921

エスプレッソバー ポラリス

住所:釧路市黒金町13-25(和商市場内)
電話番号:0154-23-3441
営業時間:8:00〜18:00(冬季8:00〜17:00)
定休日:日曜日(和商市場の定休日に準ずる)

記事の内容は週刊fit2016年8月12日号掲載時点のものです。

コクのあるスープがクセになる濃厚ラーメン2品

芦野の住宅街にある『ラーメン豪壱』は、いろんな種類の担担麺が揃っていることで、知る人ぞ知るお店です。レギュラーの「担担麺」は味が6種類あり、「とじ担担麺」は卵を入れてマイルドにしてあります(味は朱・黒・みそ・カレー)。とろっと口の中でとろける炙りチャーシューの入った「炙り担担麺」や、「汁なし担担麺」もイイですね。釧路ならではのあっさり系ラーメンや、夏は個性あふれる「冷やしメニュー(期間限定)」もあって、好みの違う人とも一緒に行けますね。お店を入るとすぐの所に券売機があるので、食券を買ってから席に着いてください。学割は4種類のサービスの中から選べるので、店内の掲示を要チェックですよ(要学生証提示)。なお、表示価格は税込みです。


men081201商品名濃厚海老白湯麺〈750円〉
とんこつスープに海老油などで味を調えてあって、海老の甘みを感じます。トッピングは「えびみそ」「辛いえびみそ」「コクバター」「生姜」から選べます。


men081202商品名濃厚鶏醤油〈750円〉
鶏などでダシを取った白濁したスープは、濃厚だけどくどくないんです。中太麺にスープがよく絡み、炙りチャーシューが香ばしくてやわらか。



43.012351,144.393895

ラーメン豪壱

住所:釧路市芦野2-4-20
電話番号:0154-37-7704
営業時間:11:00〜14:50
     17:00〜21:50
定休日:月曜(祝日の場合、翌日休み)

記事の内容は週刊fit2016年8月12日号掲載時点のものです。

彩りゆたかなパスタでちょっと一息いかがですか?

店名も新たに6月にリニューアルオープンした『Petit Repos(プチ・ルポ)』は、イオン釧路店2Fのイオンシネマそばにあります。パスタは定番から、ひと工夫した具だくさんのものまであって、目移りしちゃいそう。ハンバーグやカレーなどの洋食メニューも多く、特にオムライスは種類が豊富。さらに「ナポリの窯」のピザも食べられるんですよ。食事だけでなく、ケーキやパフェなど、スイーツも充実しているんです。数量限定のパンケーキはふんわり。『ベリーベリー』『チョコバナナ』『抹茶あずき』があって、いずれも980円。ドリンクセットは1080円とおトク!食事時はもちろん、お買い物や映画の行き帰りなどのティータイムにもどうぞ。なお、表示価格は税込みです。


men080501トマトの冷製パスタ〈920円〉
トマトベースのソースは、ガーリックオイルが味のアクセントに。エビとナス、ズッキーニ、フレッシュなミニトマトが入った、夏季限定メニューです。


men080502たらこのクリームパスタ〈980円〉
たらことクリームが、絶妙なハーモニー。エビにイカ、ベーコン、マイタケが入った贅沢な一品です。



43.008743,144.404254

Petit Repos(プチ・ルポ)

住所:釧路町桂木1-1-7イオン釧路店2F
電話番号:0154-68-5001
営業時間:11:00〜20:30(L.O.20:00)
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2016年8月5日号掲載時点のものです。

481menu0805鉄板焼きビビンバ

国道38号沿いに店を構える『鉄板焼き ちどり』は、現店舗に移って3周年を迎えます。自慢の『鉄板焼きビビンバ(550円)』を美味しく味わうコツは、具材とご飯をよく混ぜてから焼くこと。ご飯におこげができるくらいの焼き加減がオススメです。ゴマ油の風味とキムチのほど良い辛さが食欲をそそり、お酒のお供にもピッタリ!店内にはカウンター席の他にカラオケを楽しめる小上がりがあり、ついつい長居したくなる雰囲気。『かみこみ豚のステーキ(980円)』や、外はサクッと中はふんわりと揚げた『ホルモン揚げ(550円)』もぜひ味わって。手軽にアツアツの料理を楽しめるのが鉄板焼きの魅力と語る店主はサービス精神も旺盛!運が良ければ鉄板カレーなど意外な裏メニューに出会えるかもしれませんよ。※価格は税込。



42.992563,144.372014

鉄板焼き ちどり

住所:釧路市寿4-2-6
電話番号:0154-64-7284, 080-6099-8891
営業時間:18:00〜ラスト(食材がなくなり次第)
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2016年8月5日号掲載時点のものです。

480menu0729えびドリア

茅野公園の向かい、閑静な住宅街に店を構える『レストラン シトロン』では、気取らずに本格的な洋食を味わえます。『えびドリア(コーヒー又はウーロン茶とデザート付き、1000円)』は、特に女性からの支持を集める人気メニュー。味の決め手は自家製のホワイトソースです。野菜のブイヨンをベースに牛乳を使って仕上げることで、なめらかな口当たりに。香ばしくとろ〜りとろけるエダムチーズとの相性も抜群ですよ。セットのデザートはオレンジソースのクレープにバニラアイスをのせた、さわやかな逸品。「シトロンのデザートはこれじゃなきゃ!」と語るファンも多いとか。昼は『ビーフシチューランチ(ライスとコーヒー又はウーロン茶付き、1000円)』などのランチメニューも充実しています。※価格は税込です。



42.968043,144.420015

レストラン シトロン

住所:釧路市桜ヶ岡2-9-13
電話番号:0154-91-2428
営業時間:11:30~14:30
     17:00~20:30(LO20:00)
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2016年7月29日号掲載時点のものです。

薫り高い石臼挽きそばと白があざやかな更科そば

8月1日で、開店から丸10年が経つという『かまくら』。鳥取大通から入る際は、看板を目印にしてくださいね。店主が丹精込めて打つ、手打ちそばは2種類。目にもあざやかな白が印象的な更科そばはのど越しがよく、そばの実を丸ごと挽いた石臼挽きそばは風味豊か。石臼挽きそばのメニューは、基本的に冷たいそばとなりますが、月曜、金曜、土曜は、全メニューで更科と石臼挽きのどちらかを選べます。ダシは2種類のカツオ節を使っっていてまろやか。天ぷらは注文を受けてから揚げているんですよ。お一人でそば2品を注文する場合は、2つめが100円引きとなります。完売次第閉店する場合があるので、ご注意ください。なお、価格は税込みです。


men072901天おろし〈1050円〉
カラッと上がったえび天とサックサクの大葉天に、大根おろしでサッパリといただけます。タレはかけてもつけてもイケるので、お好みでどうぞ。


men072902山かけ〈850円〉
道産にこだわった、とろろと卵黄をトッピング。卵がとろろにコクをプラスしてくれて、そばとの相性もバツグンです。



43.018298,144.33243

かまくら

住所:釧路市鳥取大通9-6-2
電話番号:0154-51-9911
営業時間:平日11:00~14:30(14:15L.O.)
       17:00〜19:30(19:15L.O.)
     祝日11:00~14:30(14:15L.O.)
       16:00〜19:30(19:15L.O.)
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2016年7月29日号掲載時点のものです。