Archive for 2月, 2017

末広町の路地裏にひっそりと佇む『大衆居酒屋 日米』。一人でも仲間同士でも気軽に楽しめるカジュアルな雰囲気の居酒屋です。季節により仕入れ先を変えるカキの炭火焼や鮮魚の刺身類の他、煮物、揚げ物など地元産の食材にこだわった多彩な料理が味わえます。看板メニューは、北海道産のガツやホルモンをじっくりと時間をかけて煮込んだ『もつ煮』(420円)。隠し味にハチミツを使用した味噌ダレの中で、存在感のあるホルモンは、口の中でホロッと消える柔らかさ。サックサックの衣が柔らかな鶏モモ肉を包んだ『とり天』(650円)も鉄板人気。どちらも、釧路では珍しいリターナブル瓶のホッピー(400円)、バイスサワー(400円)との相性抜群!日本酒や焼酎も全国の銘柄が取り揃えられています。バーを含めて地元で23年間飲食店の経営をしてきた店主に相談すれば、本格的なカクテルも楽しめます。※価格はすべて税込みです。



42.982716,144.386368

大衆居酒屋 日米

住所:釧路市末広町2-9
電話番号:0154-22-5004
営業時間:17:30~翌0:30
定休日:日曜日(翌月曜日が祝日の場合は営業)

記事の内容は週刊fit2017年2月3日号掲載時点のものです。

多彩なメニューにスパゲティの新作料理が仲間入り

粘りの少ない北海道産の七分づき米を使用し、パラパラとした食感に炒めたチキンライスを、ふわふわでクリーミーな玉子でくるんだオムライスが大評判の「オムライス&ハワイアン酒場 アロハ」。他にも専門店顔負けのパンケーキや、ボリューム満点のスペアリブなど多彩なメニューが揃い、小さなお子さんから大人まで、誰もが楽しめる人気のお店です。ランチやディナーでの食事だけでなく、夜9時以降はカラオケができるスナックとしても営業していて、移動することなく二次会にも利用できますよ。1月22日には、大手食材メーカーが主催する「ナポリタンスタジアム」に参加するために試作していたスパゲティが新メニューとして登場!料理がさらにバリエーション豊かになりました。


men012701釧路名物鉄板皿北海道チーズと
魚介の濃厚アッツアツオムナポリ〈1,000円〉

熱々の鉄板にナポリタンを乗せて、半熟卵をトッピング。ホタテとエビの旨味に北海道産のクリーミーなチーズがベストマッチの濃厚な味わいです。


men012702オムミートスパカツ〈1,180円〉
釧路のソウルフード、熱々鉄板ミートにフワフワの半熟玉子、トンカツをトッピングしてさらにミートソースをかけたボリューム満点の一皿。



43.004643,144.350379

オムライス&ハワイアン酒場 アロハ

住所:釧路市新富士町4-8-25
電話番号:0154-65-9894
営業時間:ランチ 11:30~14:30(L.O.)
     ディナー17:30~23:00(L.O.)
     スナック 21:00~LAST
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2017年1月27日号掲載時点のものです。

507menu0127わさび寿司

昨年6月にオープンした『松寿司』は、職人さんが握る本格的な握り寿司を、釧路初の立ち食いスタイルで気軽に味わえます。しかも巻物1本150円~、生握り寿司一貫300円~とリーズナブルな料金。釧路はもとより全国各地から新鮮なネタを厳選し、特にこだわっているのが本マグロで、「赤身(350円)」、「中トロ(500円)」、口の中ですぐに溶けてしまう「大トロ(600円)」(すべて一貫)で楽しめます。昨年11月にメニューに登場してから、毎夜売り切れになるほど人気となっているのが「名物わさび寿司(1個150円)」。徳島県産のワサビの葉でシャリとネタを巻いたわさび寿司は、ワサビの茎を刻んで味付けした秘伝の調味料を使用し、鼻からツーンと抜ける辛味ワサビ独特のさわやかな香りが特徴。巻くネタは「サバ」「ししゃもの甘露煮」「わさび」の3種類あり、お土産は6個から。※価格はすべて税込みです。



42.984602,144.38613

松寿司

住所:釧路市末広町5-13 オリエンタルプラザビル1F
電話番号:0154-65-5678
営業時間:19:00~翌2:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2017年1月27日号掲載時点のものです。