Archive for 10月, 2018

弟子屈餃子で話題沸騰中の中華屋さん

 今年の3月にリニューアルオープンした『中華食堂 昇龍軒』。10年間営業していた旧店舗から心機一転、場所も新たに再スタートを切りました。お客さんのほとんどが麺類・ご飯ものと一緒にオーダーをするという『弟子屈餃子(5個・480円)』は、名前の通り地元の食材にこだわった一品です。皮で使用する小麦粉には、弟子屈町産「きたほなみ」と道産「ゆめちから」を使用。餡は摩周ポークや地場産の野菜をベースに作りあげています。もっちりとした皮の中から、肉と野菜の旨味が溢れ出る餃子は必食です!醤油or塩ラーメンが選べる、お得な『弟子屈餃子・ラーメン・ライスセット』もオススメ。※価格は全て税込です。



担々麺 830円 
鶏ガラのスープに、秘伝の醤油ダレをあわせて奥深い味わいに。ゴマの香りがアクセント。



五目あんかけ堅焼そば 830円
ボリュームのある見た目で、インパクト大!パリパリの麺の上に、エビ・白菜など6種の具材が入った餡がたっぷりかかっています。



43.498087,144.454784

中華食堂 昇龍軒

住所:弟子屈町摩周1-6-9
電話番号:050-1480-3141
営業時間:10:00〜21:30※スープが無くなり次第閉店する場合があります。
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2018年10月19日号掲載時点のものです。

 春採にある『つ串んぼ』は、本格的な串焼きを中心にした、おいしくてリーズナブルなメニューが評判のお店。25種類以上ある串焼きは、定番の焼鳥から鹿肉、豚巻きトマトといった個性派まで色々楽しめます。一品料理も各種あり、これからの季節は『ホルモン鍋(800円・税込)』もオススメですよ。看板メニューの『スペシャル焼鳥丼(850円・税込)』は、ふっくらご飯の上に鳥ネギマ、豚ネギマ、野菜串、アスパラ豚巻がのってボリューム満点!隠し味の生姜とニンニクが効いたタレが食欲をそそります。注文を受けてから焼き始めるので熱々でジューシー!牛サイコロ、つくね、豚串、鳥串がのった『ミックス丼(800円・税込)』も人気です。ほかにも、好きな串を選んでお好みの丼もできるので、気軽に頼んでみて。串焼きも丼も持ち帰りOK。電話予約で出来たてをどうぞ!



42.970002,144.415128

焼鳥ダイニング つ串んぼ

住所:釧路市春採6-8-25
電話番号:0154-42-4388
営業時間:16:30〜23:00
定休日:水曜日、第3火曜日

記事の内容は週刊fit2018年10月19日号掲載時点のものです。

これぞ本場の味豊富なメニューに目移りしそう!

 釧路公立大学そばにある『中華料理 全家福』は、中国人シェフが作る本場の中華料理をリーズナブルに楽しめるお店。一品料理や麺料理、定食などのセット、週替わりのランチなど、バラエティに富んだメニューが自慢です。なかでもボリューム満点の『五目あんかけ焼きそば』は、リピーターの多い一品。たっぷりの具材とやさしい味わいのあん、もっちり香ばしい麺のバランスがたまりません。そして『全家福』といえば『食べ飲み放題』が大人気!餃子や春巻、チャーハン、麺類など60種類以上のメニューと、ビールや焼酎、紹興酒といった豊富なドリンクを120分たっぷり楽しめますよ。「ガッツリ」も「おいしい」も両方叶えてくれる同店へ、ぜひ一度足を運んでみて♪なお、価格は税別です。



五目あんかけ焼きそば(醤油) 780円 
エビやイカなど海鮮のうまみと、野菜の甘さが調和したやさしい味わい。ボリュームも満点!塩味も選べます。



台湾ラーメン 680円
鶏ガラベースのすっきりしたスープと、ピリ辛のひき肉、ニラ、モヤシがベストマッチ!クセになるおいしさ。



43.017827,144.391913

中華料理 全家福

住所:釧路市文苑1-58-7
電話番号:0154-39-7666
営業時間:11:00〜15:0017:00〜24:00
定休日:第2、第3水曜日

記事の内容は週刊fit2018年10月12日号掲載時点のものです。

 モットーは「安い!」「旨い!」。驚きのボリュームと低価格で、お腹も心も大満足できますよ。今回紹介する『海鮮コロッケ(680円)』は、人気メニューのひとつ。この味を求めて訪れる方もいるんだとか。外はカリッ、中はホクホクとして、頬張ると海鮮の旨味が口いっぱいに広がります。中身はその日の仕入れ状況にもよりますが、釧路前浜で獲れたカレイやソイ、おひょう、タラなどの白身魚と北海道産のジャガイモ。お酒との相性も抜群で、ビールがついつい進む味ですよ。毎日市場で仕入れた新鮮な魚介類が評判の居酒屋だからこそできる逸品です。ほかにも来店客のほとんどがオーダーするという『釧路ザンギ(580円)』や『大ほっけ焼(1000円)』などが。お店選びで迷ったら『居酒屋 浜っ子』へGO!※価格は税別です。



42.983756,144.387809

居酒屋 浜っ子

住所:釧路市栄町3-1
電話番号:0154-25-6383
営業時間:17:00〜1:00
定休日:年中無休

記事の内容は週刊fit2018年10月12日号掲載時点のものです。

 山花温泉リフレの中にある『レストランはなしのぶ』は、和食と中華を中心に、地元の食材を使ったヘルシーな食事を楽しめるレストラン。宿泊客・入浴客はもちろん、ドライブの途中に立ち寄る人も多い人気のお店です。新メニューの『回鍋肉かけご飯(スープ・ザーサイ付き・820円・税込)』 は、野菜たっぷりの回鍋肉と道産米のご飯をワンプレートにしたお得なメニュー。キャベツ、ピーマン、パプリカなど、野菜はできるだけ地元のものを使用し、シャキッとした食感に仕上げています。コクのある味の決め手は赤味噌とオイスターソース。さらに甜麺醤と豆板醤の甘辛味がお肉によく絡み、ご飯が進みますよ。入浴券とセットになったお得なメニューもオススメ!温泉もグルメも両方楽しみたい方にピッタリです。



43.078984,144.230530

山花温泉リフレ レストランはなしのぶ

住所:釧路市山花14-131
電話番号:0154-56-2233
営業時間:11:30〜21:00(LO.20:30)※15:00〜17:00はドリンクのみ
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2018年10月5日号掲載時点のものです。

 摩周駅前のお食事処「ぽっぽ亭」が、『食堂と喫茶 Poppotei』としてリニューアルオープンしました。店名の通り、以前にはなかったデザートなどの喫茶メニューが新登場!さらに増築&リノベーションを行い、モダンでオシャレな雰囲気の店内でお食事が楽しめるようになったんです。そんな同店ですが、旧店舗時代からの看板メニュー『摩周の豚丼(1,080円・税込)』は、相変わらずの人気ぶり。秘伝のタレにくぐらせた道産豚ロース肉は、じっくり網焼きに。余分な脂を落としながら、丁寧に焼いていきます。仕上げの黒コショウがアクセントになっており、ご飯がすすむ美味しさですよ。豚丼は大盛(1,250円・税込)・特盛(1,550円・税込)もあり、各お漬物・味噌汁付きです。テイクアウトも可能で、摩周駅では「駅弁」としても販売されていますよ。



43.486688,144.463928

食堂と喫茶 poppotei

住所:弟子屈町朝日1-7-18
電話番号:015-482-2412
営業時間:10:00〜20:00※冬期は19:00までの営業
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2018年9月28日号掲載時点のものです。

正統派博多ラーメンと豊富なメニューに自信あり

 昭和中央に店を構える『博多麺処 上々 ふくちゃん』は、本格的な博多ラーメンやチャンポンからご飯ものまで、色々楽しめるラーメン店。自慢のとんこつスープはクリーミーでコクがありながら、くさみがなく後味もさっぱりしています。オリジナルメニューも豊富で、なかでも『ホルモン焼きラーメン』は研究を重ねた自信作。丁寧に下ごしらえしたホルモンは、驚くほどやわらかくてジューシー!ホルモンが苦手な人にもオススメです。さらに、健康を気にする方のために、糖質カットのロカボ麺も登場。チャンポンと皿うどん以外は、プラス100円で変更できますよ。角煮丼などのミニ丼と通常サイズの博多ラーメンを一緒に楽しめる、お得なセットメニューもぜひどうぞ!なお、価格は税込です。



ホルモン焼きラーメン 930円 
鉄皿で熱々を楽しむ、まさに「焼き」ラーメン。醤油と味噌を合わせた深みのある味わいです。玉子を崩して召しあがれ!



揚げもつラーメン 910円
揚げたてのもつは、外はカリッと香ばしく、口に入れるとふんわり!なお、食材がなくなり次第終了します。



43.024177,144.355084

博多麺処 上々 ふくちゃん

住所:釧路市昭和中央4-3-5
電話番号:0154-51-9841
営業時間:11:00〜15:30/
17:00〜20:00(LO.19:30)
※水曜日は15:30まで
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)

記事の内容は週刊fit2018年9月28日号掲載時点のものです。