Archive for 11月, 2018

クラシカルな喫茶でこだわりのスパゲティーを

 重厚なアンティークに囲まれた空間で、ゆったりとコーヒーを楽しむことができる『カフェ マリーギャルソン 珈琲西洋館』。実はフードやデザートメニューも充実しているんです!今回ご紹介する全てのスパゲティーには、伝統あるイタリアのメーカー「バリラ」の最高級パスタが使われています。プリッとした食感を最大限に引き出すため、絶妙な茹で加減でアルデンテに仕上げていますよ。月〜金曜日の11時30分〜14時までは『和風味シーフード スパゲティー』・『イタリアンミートソース スパゲティー』ともにランチセットにすることも可能!サラダ・デザート・コーヒーまたは紅茶が付いて1,280円となっています。なお、価格は税込です。



和風味シーフードスパゲティー 900円 
醤油とショウガで味付けをした、あっさり味のスパゲティー。エビ・シイタケなど具だくさんです。



イタリアンミートソース スパゲティー 900円
トマトソースと具を絡めたパスタの上に、ミートソースをトッピングしたオリジナリティ溢れる一皿。食材の旨味がギュッと濃縮されています。



43.015756,144.332381

カフェ マリーギャルソン 珈琲西洋館

住所:釧路市愛国東4-3-14
電話番号:0154-36-2500
営業時間:9:00〜20:00(L.O19:30)
定休日:水曜日 ※定休日が祝日の場合は営業

記事の内容は週刊fit2018年11月9日号掲載時点のものです。

 釧路公立大学そばの『ビストロ ラ・ナチュール』は、本格フレンチをカジュアルに楽しめるレストラン。コースはもちろん一品料理も豊富なので、友人との気軽なランチから大切な日のディナーまで様々なシーンにぴったりのお店です。看板メニューの『ポークカツのモッツァレラ焼き(1380円・税込)』は、サクッと揚げ焼きした豚ロースのカツに北海道産のモッツァレラチーズをのせ、トマトベースのソースを添えた彩り鮮やかな一品。ロース肉はシェフ特製のマリネ液に漬け込んでから調理しているので、やわらかくてとってもジューシーですよ。厚岸スターファームのレタスなど、新鮮な野菜も一緒に楽しんで。各種パーティープランも充実しているので、お祝い事やサプライズなど気軽にご相談を。ブックオフの契約駐車場をご利用になれます。



43.017784,144.393199

Bistro La Nature(ビストロ ラ・ナチュール)

住所:釧路市芦野5-27-18
電話番号:0154-35-1669
営業時間:月〜金曜日11:00〜14:00/18:00〜21:00 土・日・祝11:00〜14:00/
     14:00〜16:00(ティータイム)/18:00〜21:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2018年11月9日号掲載時点のものです。

 9月にオープンしたばかりの『リバティマム』は、レンガ調の落ち着いた雰囲気が印象的な軽食喫茶。家族で切り盛りしているアットホームなお店です。店内はテーブル席のほかカウンターや小上がりもあり、家族や友人と食事を楽しむもよし、一人でゆっくりお茶を飲むもよし、気分に合わせて自由に過ごせます。料理はカレーやハンバーグ、定食など日替わりメニューを中心に種類も豊富。なかでも『チキンステーキセット(1100円・税込)』は、熱々の鉄板で焼き上げた自慢のメニューです。表面をカリッと仕上げた鶏もも肉は、口に入れるととってもジューシー!ライスまたはパンにスープか味噌汁がついてボリュームも満点です。ビーフやポークのステーキもありますよ。イベントやミニパーティーの企画にも対応してもらえるので、気軽に相談してみて♪



42.991297,144.392000

リバティマム

住所:釧路市川北町4-3
電話番号:090-6442-2328
営業時間:9:00〜21:00
定休日:月曜、第1・3火曜日

記事の内容は週刊fit2018年11月2日号掲載時点のものです。

味わい深い老舗の味にオリジナルな味わいの新メニュー登場!

 鳥取南の住宅街にひっそりと佇む『鳥取8丁目 東家分店』は、昭和42年創業の老舗。伝統の味を守りながらも、独自のアイディアを生かしたメニューの数々が人気です。この秋、新登場したのが『てんごそば』と『冷やしてんご』(各880円)の二品。名前の由来は、そばとラーメンのおいしさをそれぞれ0・5ずつプラスしたこと。三代目が考案した、この店だけのオリジナルメニューで、ラーメンとそばのおいしさをいいとこどりした味わいに。各そばにプラス280円で「かしわぬき」「玉子とじぬき」が選べる『ぬきセット』や、土・日曜、祝日を除き午後2時までライス・小ライスが50円で注文できる『ライス タイムサービス』も好評です。※価格は税込みです。



てんごそば 880円 
そばつゆは、ねぎ油の香ばしさ、白ごまの風味が加わり、今までにない新感覚の味わい。自家製チャーシュー、メンマとチャーシューの煮汁で味付けした味玉も絶妙な味わい。



冷やしてんごそば 880円
黒こしょう、ごま油で味付けした自家製メンマを白髪ねぎとあえてトッピング。麺と具にそばつゆをかけて、かき混ぜて食べるのがおすすめ。お好みでゆずこしょうを加えて味変しても美味!



43.015756,144.332381

鳥取南八丁目 東家分店

住所:釧路市鳥取南8-8-6
電話番号:0154-51-4265
営業時間:11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:毎週火曜日

記事の内容は週刊fit2018年11月2日号掲載時点のものです。

すっきり味のダブルスープが後を引く美味しさ

 2016年の開店以来、着々とファンを増やし続けている『めん処 剛味家』。鶏ガラとカツオ節からとったスープは、すっきりしているのに深いコクがあり、クセになる美味しさです。スープに合わせて醤油と塩は細麺、味噌と辛味噌には中太麺を使用。自家製のチャーシューは箸でほぐれるほどトロトロですよ。これからの季節にピッタリなのが、熱々のあんかけが嬉しい『広東麺』。野菜もたっぷり食べられ、体があたたまる一杯です。後味がさっぱりしているので年配の方にも好評。塩あん好きには『白い広東麺』もオススメです。ボリューム満点の『チャーハン』やジューシーな『ぎょうざ』も人気。ラーメンもチャーハンも食べたい欲張りさんは『チャーハンセット』をどうぞ!なお、価格は税込です。



広東麺 750円 
豚肉、野菜、きくらげなど、具だくさんの醤油あんに細麺がよく絡みます。コクと旨みが後を引くおいしさ!



塩チャーシュー 830円
鶏ガラとカツオのダブルスープに、モンゴル産の塩を加えたあっさりスープ。自家製のチャーシューが絶品です。



42.976538,144.423033

めん処 剛味家

住所:釧路市武佐1-1-10
電話番号:0154-64-1788
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜19:00
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2018年10月26日号掲載時点のものです。

 これからの季節にピッタリな「一人鍋」をはじめ、様々な豆腐料理が味わえる『二代目 すぺぇど』。中でも、麻婆豆腐好きの店主が試行錯誤して作り上げた『四川風麻婆豆腐(700円・税込)』は必食です!美味しさの秘訣は、爽やかな香りが特徴の赤山椒。鶏ガラのスープをあわせることで、コクをプラスしています。ピリ辛の麻婆豆腐のお供には、ぜひ生ビール(500円・税込)をどうぞ!辛さはお好みで調整ができるので、オーダー時に相談をしてみてくださいね。他にも、お酒がすすむと評判の自家製の食べるラー油を冷奴にのせた『鬼奴(おにやっこ)』や、小麦粉の代わりに半丁の豆腐を加えてヘルシーに仕上げた『豆腐のお好み焼き』などがあります。ドリンクも『すっぺぇどりんく』といったオリジナリティ溢れるメニューが揃っているので、併せて注目を。



42.984229,144.389084

二代目 すぺぇど

住所:釧路市川上町4-1(赤ちょうちん横丁内)
電話番号:080-5728-4110
営業時間:18:00〜1:00
定休日:日曜日(月曜日が祝日の場合は、月曜定休)

記事の内容は週刊fit2018年10月26日号掲載時点のものです。