Archive for 2月, 2019

 和商市場にある『市場亭』は、各種定食から17種類の丼物まで、釧路を中心とした東北海道の新鮮な魚介類が味わえ、地元だけでなく早朝から大勢の観光客で賑わいます。看板メニューは、『サーモン丼』(1150円)で、特製のタレに漬込んだサーモンに、タマネギのスライスと温泉玉子をトッピング。ふわっとしたサーモンとシャキシャキしたタマネギの食感が抜群の組み合わせ。温泉玉子も甘辛い醬油ダレに良く絡み、箸が進みます。通常価格は1150円ですが、1日10食、春までの期間限定で、カニの味噌汁が付いて、なんと今なら860円!のお値打ち価格で楽しめます。テレビ番組「ケンミンショー」で紹介された『糠さんま定食』(780円)も鉄板の人気メニューの一つです。朝8時から営業しているので朝食にも利用できますよ。※価格は税込み。



市場亭

市場亭

住所:釧路市黒金町13-25
電話番号:0154-25-2108
営業時間:8:00〜16:30(4月以降~17:30)
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2019年2月8日号掲載時点のものです。

どこか懐かしい味わい深いラーメンは、小さな屋台が原点

 三共通に面した『ラーメン屋 夏堀』は、清潔感あふれる店内にスタッフの元気な声が広がる人気のラーメン店。15種類の北海道産の野菜、魚介、鶏ガラ、トンコツから時間をかけてじっくり煮だしたスープはあっさりした味わいで、極細縮れ、中太の2種類から選べ特注麺の相性が絶妙。どの味のラーメンも箸が止まらなくなるおいしさです。北海道産の豚肉を使用した大きなチャーシューは、口の中でとろけてしまうほどの軟らかさ。最近の評判メニューは、阿寒ポークを甘辛い濃厚ダレで煮込んだチャーシューを使った「なっつ飯」(300円)。ちび盛(250円)もあるので、サイドメニューにおすすめです。かき氷「夏乃雪」(ティラミス600円)の他、デザートも各種ありますよ。※価格は税込み。



ネギラーメン(醤油) 930円(味噌は50円増し) 
北海道産軟白ネギを山盛りにトッピング。ピリッと辛くてシャキシャキした白髪ネギと極細麺を一緒に食べると、今までにない食感で病み付きになりそうなおいしさです。



バターコーンラーメン(塩)920円(味噌は50円増し)
まろやかな味わいのスープは、食べ進むうちにバターが溶け出して風味豊かな味の変化が楽しめます。トッピングの具材もボリューミーで大満足間違いなし。



ラーメン屋 夏堀

ラーメン屋 夏堀

住所:釧路市春日町4-3
電話番号:0154-35-3812
営業時間:昼11:00〜15:00(L.O.14:45) 夜17:00〜20:00(L.O.19:45)
定休日:水曜日(火曜日は昼のみ営業)

記事の内容は週刊fit2019年2月8日号掲載時点のものです。

お買い物中にふらりと立ち寄れるお蕎麦屋さん

 のれんをくぐると、ショッピングモール内とは思えない落ち着いた和の空間が広がっています。席は家族連れにピッタリな小上がりや、お一人様も気兼ねなく食事ができるカウンターなどがあり様々なシーンで利用できそう♪自慢のそばはクロレラ入りで、鮮やかな緑色が印象的!「つゆ」の要ともいえる出汁には宗田節をメインに、少量の鯖節をあわせることでコクのある味わいに仕上げています。ツルッと喉越しの良いおそばを、堪能してみてはいかがでしょう?また欲張りさんには、そばとご飯ものが楽しめる「セットメニュー・900円〜」もオススメです。そのほか単品のご飯ものや、お子様ランチなどもありますよ。※価格は全て税込。



天南 950円 
大きなエビ天と、ネギをたっぷりあしらった「天南」。そばつゆの良い香りが鼻孔をくすぐります。



カレー南 900円
ちょっぴりスパイシーな「カレー南」は、冬にピッタリ!一口食べると、鶏の旨味が広がります。余ったつゆに、ライスを入れて〆るのも◎。



そば処 日本橋 イオンモール釧路昭和店

そば処 日本橋イオンモール釧路昭和店

住所:釧路市昭和中央4-18-1イオンモール釧路昭和 1F
電話番号:0154-55-7178
営業時間:11:00~21:00
定休日:無休

記事の内容は週刊fit2019年2月1日号掲載時点のものです。

 鳥取北にある『釧路 丼丸』は、新鮮なネタとコスパの良さが自慢の海鮮丼お持ち帰り専門店。60種類以上ある丼がどれも500円(並盛・税別)という、リーズナブルな価格が魅力です。特に人気の『まんぷく丼』は、サーモン、マグロ、玉子、コハダなど自慢のネタがたっぷり!あれこれ食べたい欲張りさんにピッタリですよ。しかもこの丼だけ、並盛の値段でシャリ大盛りになるというのも嬉しいですね。そのほか新鮮な釧サバとマグロの両方を楽しめる『サバまぐろ丼』もオススメ。並盛以外にもシャリ大盛、ネタ大盛、シャリ・ネタ大盛の特盛を選べるのでお好みでどうぞ。新メニューや日替わり丼の情報は、ツイッターやインスタグラムで配信中。なお、あらかじめ電話で注文すれば、待ち時間なしで受け取れます。ちょっとした会合の昼食にもいいですね♪



釧路 丼丸

釧路 丼丸

住所:釧路市鳥取北5-1-1
電話番号:0154-61-0088
営業時間:11:00〜14:00/16:00〜19:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2019年2月1日号掲載時点のものです。

 中園町にある『珈琲堂 lino』は、サイフォンで淹れたこだわりのコーヒーと手作りケーキが自慢のお店。食事メニューも豊富なので、ゆっくりランチや夕食を楽しみたい方にも人気です。2月からは新メニュー『野菜たっぷりlinoごぜん(スープ付き・1080円・税込)』が登場!ボリューミーな海老フライとチキンカツをメインに、サラダや一品料理など野菜を中心にした副菜が4〜5種類盛りつけられ、目でも楽しめるプレートです。3月末までの限定なので、気になる方はお早めに!そのほか、自家製にんにく醤油が香ばしいポークステーキセットも新登場。店内では定期的にハーバリウムやアクセサリーなどの展示も行われているので、ハンドメイド好きの方はぜひ立ち寄ってみて!SNS映えもバッチリの『恋パフェ』もおすすめですよ♪



珈琲堂 lino

珈琲堂 lino

住所:釧路市中園町2-8
電話番号:0154-65-9656
営業時間:11:00〜21:00(LO.20:30)※日曜日11:00〜17:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2019年1月25日号掲載時点のものです。

個性的なラーメンを支えるこだわりの魚介豚骨スープ

 釧路町光和の住宅街に店を構えるラーメン店『魚介豚骨ラーメン 古川』。こだわりのスープは、丁寧にとった魚介と豚骨のダブルスープです。魚介と豚骨の絶妙なバランスと、濃厚なのにしつこくないのが特徴。麺は縮れ麺で、スープがよく絡みます。みそ味と辛みそはコシのある中太麺、しょう油味と塩味、あっさり系は細麺…と、麺もそれぞれの個性に合うものを選んでいます。大きなチャーシューは存在感バツグン。口にすると、柔らかさと豚肉の旨みを感じます。「魚介豚骨ラーメン」のほか、「あっさり魚介」や「つけ麺」「まぜそば」など、自分好みの味が選べますよ。味が濃いと感じたら気軽に声をかけてください。スープを持ってきてもらえますよ。尚、価格は税込です。



魚介豚骨カレーラーメン(味噌・辛味噌) 980円 
この冬から始めた新メニュー!こだわりのスープと数十種類のスパイスをブレンドしたカレーの相性◎。



オリーブオイルとチーズのまぜそば 880円
オリーブオイルをかけたまぜそばは、とろけるチーズのコクが後引く美味しさ。



魚介豚骨ラーメン 古川

魚介豚骨ラーメン 古川

住所:釧路町光和4-18-3
営業時間:11:00〜20:30(LO.20:00)
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2019年1月25日号掲載時点のものです。