意外な組み合わせの一杯は、創業66年の老舗ならではの味わい

 国道391号をJR標茶駅方向に右折し、釧路川に架かる開運橋を渡ったすぐ左手にある『あさひや食堂』。昭和26年に営業を始め、今年で66年目を迎える標茶町の老舗です。昔ながらの味を求めてやって来る町民だけでなく、サラリーマンや観光客など毎日大勢の客で賑わっています。自家製麺のそばを中心に、ラーメン、ご飯、丼物まで幅広いメニューが揃い、笑顔が絶えない店主やスタッフの気さくな対応も隠し味に。中でも『カツかしわラーメン』は、サクサクとしたトンカツとそば汁の相性が抜群で、コリコリしたカシワ肉とのバランスも良く絶妙なおいしさでリピーターが多い人気の一品です。ラーメンだけでなく、そばや丼物も66年続く老舗ならではの味わいと評判です。※価格は税込みです。



カツかしわラーメン〈1,000円〉
客のリクエストから生まれました。コンブ、カツオ荒削り節、ソウダガツオを使用したほんのり甘いソバ汁に細縮れ麺がよく絡み、意外な組み合わせは意外なおいしさです。



ラーメン〈650円〉
トン骨をじっくり丁寧に煮出したスープは、あっさりなのに深いコクがあって、どこか懐かしい味わいです。



43.299689,144.603821

あさひや食堂

住所:標茶町旭2-3-10
電話番号:015-485-2535
営業時間:11:00~19:00
定休日:第1・3日曜日、第2・4火曜日

記事の内容は週刊fit2017年11月10日号掲載時点のものです。

Leave a Reply