コリコリの鶏皮、シコシコした麺とまろやかスープが三位一体

 入江町の古川橋通に面した『マルニ藪そば』は、昭和 年に創業。今年で開店 年目を迎えるアットホームな雰囲気のそば店です。名物メニューは、『皮そば』と『皮セイロ』(各850円)。道内産の親鶏のモモ肉の皮を使用し、カツオ出汁で煮出したスープの深いコクのある旨味は、以前より好評でしたが、二代目店主が返しの寝かす時間を長くするなど研究を重ね、さらに濃厚でまろやかな味わいに進化しました。丼物も種類が豊富で、そばと丼物のセットメニューが人気。小豚丼、小カツ丼、小えび天丼と、小かしわ、小かけそば、小冷やしたぬきそばの中から、それぞれ一つ選んで組み合わせる『ミニミニセット』(900円)は、そばも丼も食べたい人に評判です。※価格は税込みです



皮そば 850円 
鉄板人気の一品。そばが見えないほどボリュームいっぱいに親鳥の皮をトッピング。コリコリした歯応えの鶏皮、皮の旨味が溶け出したまろやかスープ、相性を考えて4種類のそば粉をブレンドしたシコシコした麺が三位一体のおいししさ。



鍋やきうどん・エビ天トッピング 860円(天ぷらなし680円)
鶏肉、ナルト、カマボコ、餅、麩、玉子、揚げ玉のレギュラートッピングにエビ天をプラス。見た目よりもボリュームがあって、よく体が温まる冬にオススメの熱々メニュー。



43.001203,144.397473

マルニ藪そば
住所:釧路市入江町14-19
電話番号:0154-24-9393
営業時間:11:00~19:00
定休日:日曜日・祝日

記事の内容は週刊fit2018年1月12日号掲載時点のものです。

Leave a Reply