弟子屈餃子で話題沸騰中の中華屋さん

 今年の3月にリニューアルオープンした『中華食堂 昇龍軒』。10年間営業していた旧店舗から心機一転、場所も新たに再スタートを切りました。お客さんのほとんどが麺類・ご飯ものと一緒にオーダーをするという『弟子屈餃子(5個・480円)』は、名前の通り地元の食材にこだわった一品です。皮で使用する小麦粉には、弟子屈町産「きたほなみ」と道産「ゆめちから」を使用。餡は摩周ポークや地場産の野菜をベースに作りあげています。もっちりとした皮の中から、肉と野菜の旨味が溢れ出る餃子は必食です!醤油or塩ラーメンが選べる、お得な『弟子屈餃子・ラーメン・ライスセット』もオススメ。※価格は全て税込です。



担々麺 830円 
鶏ガラのスープに、秘伝の醤油ダレをあわせて奥深い味わいに。ゴマの香りがアクセント。



五目あんかけ堅焼そば 830円
ボリュームのある見た目で、インパクト大!パリパリの麺の上に、エビ・白菜など6種の具材が入った餡がたっぷりかかっています。



43.498087,144.454784

中華食堂 昇龍軒

住所:弟子屈町摩周1-6-9
電話番号:050-1480-3141
営業時間:10:00〜21:30※スープが無くなり次第閉店する場合があります。
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2018年10月19日号掲載時点のものです。

Leave a Reply