豊川町にある『blissベーカリー』は、昨年開店した新進のパン屋さん。道産小麦100%にこだわり、ハード系から菓子パン、食事パンまで約40種類が並びます。最大の特徴はすべて卵を使わない生地で作られていること。「卵アレルギーの人もそうでない人も、安心しておいしいパンを食べてほしい」と、研究を重ねた自信作です。そんな同店で大人気なのが『山食(ハーフ・264円・税別)』。ほんのり甘い生地ともっちりした食感が特徴で、トーストはもちろん、そのまま食べてもとってもおいしいですよ。レモン風味のクリームチーズやジャーマンポテト、リンゴジャム入りの新商品は、食べやすいサイズでおやつにピッタリ!なおフィリングに卵を使用する場合もあるので、気になる方はお問い合わせを。安心とおいしさを追求した話題のパンをぜひ一度味わって♪



43.009882,144.37906

blissベーカリー

住所:釧路市豊川町11-26
電話番号:0154-64-9837
営業時間:8:30〜17:30
定休日:毎週月曜日、第2・第4火曜日

記事の内容は週刊fit2018年7月20日号掲載時点のものです。

 栄町にある『炉ばた 八』は、今年6月11日にオープンしたばかり。カウンター、小上がり合わせて約100席の広々とした店内は、シックな和の装いでとても落ち着いた雰囲気。ぶらりと1人飲み、カップルで、会合などさまざまなシーンに利用できます。店名のとおり、炉端メニューが中心で、厚岸町産の『つぶ焼き』(1個200円)や『生牡蠣』(1個280円)の他、釧路近海の魚介や道産の肉類など豊富な料理が揃います。アルコール類も多彩で、特に、北海道内ほとんどの地域の地酒が揃っています。看板メニューは『うにいくら手巻飯』(1個420円)で、茶飯を炊いて酢飯に、釧路近海のウニとイクラをトッピングした手巻き寿司、磯の香りが口いっぱいに広がる逸品です。『和牛炙り握り』(一貫400円)も、和牛のしっかりとした旨味が堪能できる一品。※価格は税込みです。



42.984505,144.388366

炉ばた 八

住所:釧路市栄町4-2
電話番号:0154-64-1086
営業時間:17:30~23:30
定休日:日曜日(月曜が祝日の場合は翌日休)

記事の内容は週刊fit2018年7月20日号掲載時点のものです。

リクエストの声に応えて人気メニュー復活!

 別保公園にある『パークカフェ ロ・バザール』といえば、仙鳳趾産の牡蠣や海藻ポークなど、釧路町のおいしい食材を使った料理が人気のレストラン。開放感のある明るい店内で、スパゲティやそば、定食、デザートなど様々なメニューを楽しめます。そんな同店では先日、お客さんの熱いリクエストに応えて『スパカツ』や『スパカキ』などの人気メニューが復活しました!くしろのソウルフードをロ・バザール流に仕上げた熱々の鉄板メニューは、大人にも子どもにも大好評。あとを引くおいしさにリピーター続出の逸品です。そのほか、カカオの上品なビター感とマイルドな甘さが人気の『チョコソフト』も販売開始。チョコとミックスがあるのでお好みでどうぞ♪※価格は税込です。



スパカツ 880円 
さっくり揚がった阿寒ポークのカツと、熱々のミートソースのハーモニーが絶品!



スパカキ 1,000円
仙鳳趾産の牡蠣を使ったフライは濃厚でクリーミー!釧路町ならではの一皿です。



42.99487,144.460924

Park Cafe ロ・バザール

住所:釧路町別保原野南24線78-6 別保公園内
電話番号:0154-62-3001
営業時間:10:30〜18:00(LO.17:30)
定休日:年中無休

記事の内容は週刊fit2018年7月20日号掲載時点のものです。

 笛園ビルの2階にある『酒肴瓢(ふくべ)』は、和のしつらえが美しい粋な空間で、おいしいお酒や料理をゆったり楽しめるお店。お造りや焼き物、握り、天婦羅といった王道の和食はもちろん、肉料理や鍋、蟹料理など産地と鮮度にこだわった極上の料理を味わえます。なかでも旬の食材を使った月替わりの創作料理は大人気!7月の『トマトの七変化(1600円・税込)』は、その名の通り、夏野菜の主役ともいえるトマトを様々な味わいに仕上げた逸品。地場産の真っ赤なトマトを使ったおでん、肉巻き、天婦羅やフライなど、斬新なアイデアとセンスが光ります。ジューシーで甘いトマトの魅力がぎゅっと詰まったこのメニュー。7月末迄の限定提供ですのでどうぞお早めに!全国各地の銘酒と多彩なメニューが自慢の『瓢』で、大切な人とくつろぎの時間を過ごしてみませんか?



42.983639,144.386539

酒肴 瓢

住所:釧路市末広町3-5笛園ビル2階
電話番号:0154-23-6104
営業時間:17:30〜23:30(LO.23:00)
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2018年7月13日号掲載時点のものです。

シンプル イズ ベスト 澄んだスープが美しいあっさりラーメン

 文苑に店を構える『まるふみラーメン』は、くしろらしいあっさり味のラーメンをワンコインで楽しめるお店。地域に愛されながら今年で25周年を迎えました。メニューは開店以来『しょうゆ』と『しお』の二種類のみ。シンプルだからこそごまかしのきかない味を支えるのは、かつおベースの澄んだスープ。手裂きのメンマやみじん切りにしたネギなど、細やかな仕事が光ります。雑味のないすっきりしたスープと細縮れ麺のバランスも◎!初めて食べた人もどこか懐かしい気持ちになる、しみじみとおいしいラーメンです。「ずっと通ってくれる常連さんのために」と、値上げせず続けている心意気も嬉しいですね。くしろのラーメン好きなら外せない隠れた名店。ぜひ一度足を運んでみて!※価格は税込です。



しおラーメン 500円 
あっさりしているのに深みのあるスープは、最後まで飲み干したくなる味。



しょうゆラーメン 500円
丼から立ち上るしょうゆの香りがたまりません。まさに王道の一杯。



43.022031,144.385296

まるふみラーメン

住所:釧路市文苑3-2-6
電話番号:0154-38-3093
営業時間:11:00〜19:00
定休日:年中無休

記事の内容は週刊fit2018年7月13日号掲載時点のものです。

 シックなエントランスの先に広がる「和の空間」で、家族や友人・恋人と一緒に食事を楽しみませんか?『釧路ふく亭 櫂梯楼』では、ほとんどの席がパーテーションで区切られているため、周りの目を気にせずにゆったりと過ごすことができます。ランチ・ディナータイムともに様々なメニューがありますが、中でも注目してほしいのが『北海五目釜めし(920円・税別)』。釜めしはオーダーを受けてから、一つずつ丁寧に炊き上げています。そのため「炊きたての美味しいごはんが食べられる」と好評なんです。木蓋を開けると、ふわりと漂うお米の香りに食欲をそそられるハズ。サケ・ホタテ・エビ・ジャガイモなどの食材とともに、桜エビの出汁で炊き上げた釜めしをぜひご賞味あれ。さらに同じご飯ものでは、お寿司もオススメなので要チェック☆



43.010708,144.396202

釧路ふく亭 櫂梯楼

住所:釧路市芦野1-2-8
電話番号:0154-65-1185
営業時間:ランチ11:00〜15:00(LO.14:30)
     平日17:30〜22:30(LO.22:00)
     金曜日・土曜日・祝前日17:00〜23:00(LO.22:00)
     日曜日・祝日17:00〜22:00(LO.21:00)
定休日:6〜8月は無休

記事の内容は週刊fit2018年7月6日号掲載時点のものです。

夏におすすめの冷たいラーメンはピリカラキムチが決めて!

 『麺道昇憲』は、がっつり系『トンコツラーメン』や、昔ながらのあっさりした『釧路ラーメン』が評判の人気店。手間暇惜しまずじっくりと時間をかけて煮だしたトンコツスープは、濃厚なのにさっぱりしていて、しっかりとしたコクと旨味が感じられます。釧路風のスープは、釧路産のネコ足コンブや、中札内の鶏を使い、ほんのりカツオが香るあっさりとした味わい。麺は北海道産の小麦を使った自家製麺で、細麺、太麺が選べます。ぶ厚いチャーシューは、豚バラ、豚ロース、鶏肉の3種類からラーメンを注文した場合は2枚、チャーシュー麺は5枚選べ、どれも柔らかくてジューシー。希望すれば最後まで熱々で食べられる「溶岩ボール(無料)」を入れてくれます。尚価格は税込です。



キムチ冷やしラーメン 850円 
これからの季節にピッタリの新メニューが登場!鶏肉チャーシュー、薄焼きタマゴなどの他、温玉、ピリカラの自家製キムチをトッピング。醤油ベースのほんのり甘い自家製ダレが味を引き締めます。



トンコツネギラーメン(塩・正油)1,040円
トンコツの旨味が際立つスープは、脂の甘みがいっぱいに広がり、もちもちした歯応えの中太縮れ麺によく絡みます。最後まで一気に食べ切りたくなるおいししさ!



43.009976,144.401816

麺道昇憲 桂木店

住所:釧路町桂木2-5-1
電話番号:0154-37-5454
営業時間:11:00〜24:00(L.O23:30)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2018年7月6日号掲載時点のものです。

 釧路明輝高校そばに店を構える『B&T カリーカフェ』は、ネパール出身のシェフが作る本格カリーが人気のお店。日本人にも親しみやすいイエローペーストをはじめ、豆をベースにしたダル、ほうれん草ベースのグリーンなど、様々なカリーを楽しめます。なかでもお店イチオシの『バターマサラ(800円)』は、トマトベースのジューシーなレッドペーストに、ほろっとほぐれるチキン、たっぷり添えたバターのコクと香りがリッチな一皿。辛さは10段階からお好みでどうぞ。別売りのライスやターメリックライス、5種類あるナンはどれも絶品!カリーと一緒にぜひどうぞ。そのほか、豊富なセットメニューのなかで特に人気なのが、エビカリー・チキンチーズカリー・ティッカサラダ・ライス・ナンの『B&Tセット(1000円)』。食後には甘さ控えめのラッシーもオススメ♪※価格は税込です。



43.014863,144.386518

B&T カリーカフェ

住所:釧路市愛国西1-37-17
電話番号:0154-36-6696
営業時間:平日11:00〜15:00/17:00〜22:00
     土・日曜日・祝日11:00〜22:00
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2018年6月29日号掲載時点のものです。

6月1日、新メニュー登場夏にぴったりの冷たいそば、いかがですか?

 JR釧路駅舎の隣にある『釧祥館』は、手軽な料金でそばの名産地「幌加内」のそばや、定食類が食べられる人気店。『かけそば』は、なんと320円!6月1日から、営業時間を朝7時~夕方5時までに変更し、メニューもリニューアルしました。これからの季節におすすめの冷たいそばが2種類新登場。5種類の具をトッピングした『スタミナぶっかけそば』(500円)と、天かすと長ネギのシンプルな『ぶっかけそば』(350円)。どちらも暑い夏にぴったりで、ツルツルとしたのど越しのそばは、さっぱりした味わいです。他にも味自慢のザンギをほんのり甘いタレで絡めた『ざんたれ丼』(590円)や、セルフで作って楽しめる『ソフトクリーム』(250円)なども新登場しましたよ。※価格は税込みです。



スタミナぶっかけそば 500円 
長ネギ、とろろ、天かす、おくら、温たまをトッピングした夏にぴったりの冷たいそば。トッピングの具と麺を全て混ぜ込んで、一気に食べるのがおすすめ。



かき揚げそば 390円
注文が入ってから揚げるかき揚げは、熱々でカリッカリッの歯ごたえ。そばつゆにじんわりと染み出した油が食欲をそそります。



42.990097,144.383102

釧祥館

住所:釧路市北大通14-1-4
電話番号:0154-22-9460
営業時間:7:30〜17:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2018年6月29日号掲載時点のものです。

日常を忘れてゆったりと至福の一皿を楽しんで

 旭町にある『カフェ ティアラ』は、大きな窓から釧路川を望める絶好のロケーション。店内は白とピンクを基調としていて、優しい気持ちになれそうな空間です。お食事からデザートまで、見た目にも可愛らしいメニューが豊富に揃っていますよ。バラのつぼみを浮かべた『ローズジュース』など、女性に嬉しいドリンクも。『ミートボールのパスタ』『たらこクリームパスタ』にはそれぞれサラダが付いています。お食事やデザートには+250円でホットコーヒーか紅茶、+300円でアイスコーヒーかアイスティーを付けられますよ。穏やかな時間をゆっくりと楽しんで。すべての時間で食事を楽しむことができるのも嬉しいですね。尚、価格は税込です。



ミートボールのパスタ 850円(ランチ)・950円(ディナー) 
少し酸味のきいたミートソースをパスタに絡め、ミートボールを上にのせました。食べごたえのある一皿です。



たらこのクリームパスタ 850円(ランチ)950円(ディナー)
たらことたっぷりの生クリームを使用したクリーミーなパスタ。適度な塩気もマッチして、大満足できますよ。



42.984937,144.392006

カフェ ティアラ

住所:釧路市旭町13-7
電話番号:080-6088-7640
営業時間:11:30〜16:00、17:00〜21:00(LO20:00)(月曜〜木曜日)
     11:30〜21:00(LO20:00)(土曜・日曜・祝日)
定休日:金曜日

記事の内容は週刊fit2018年6月22日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 85 86 87 Next