ネパールの本格カリーが楽しめる『ビスターレ ビスターレ』で、8月26日まで『ウィークエンドバイキング』を開催中です。金・土・日曜日と祝日限定ですが、10日〜16日は平日も開催!ランチタイムはカリー、ナン、タンドリーチキンのほかネパール料理など全部で15品(大人1200円、小学生700円、幼児無料)、ディナータイムは揚げ物や焼き物を加えた20品(大人1500円、小学生800円、幼児無料)がどれも食べ放題!さらにプラス300円でソフトドリンク飲み放題&デザート食べ放題になりますよ。カリーはバターチキンやシーフードなど6種類、ナンはプレーン、チーズなど4種類。ネパール風餃子のモモもおすすめです。なお「fit見たよ」でソフトドリンク一杯サービス♪バイキング以外でも◎なので、声をかけてみて!※価格は税込みです。



43.011957,144.357744

ビスターレ ビスターレ

住所:釧路市鳥取大通3-4-7
電話番号:0154-53-9766
営業時間:ランチ11:00〜15:00ディナー17:00〜22:00※バイキング開催日は21:00まで
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2018年8月10日号掲載時点のものです。

サバ節まで手作り スープ作りにも麺にも深いこだわり

 和商市場の中に店を構える『ラーメン 邦紀』は、観光客はもちろん地元民にも親しまれている人気のお店。数日かけて煮込むスープは、とんこつ、鶏ガラ、昆布、玉ネギなどたっぷりの野菜に、自家製のサバ節とチカの煮干し、砂エビを加えたこだわりの味。魚介の風味に野菜の甘さが溶け込んだ上品なコクが特徴です。もっちりした麺は、北海道産小麦「春よ恋」「ゆめちから」「きたほなみ」をブレンドした自家製麺。チャーシューには阿寒ポークが使われています。冬に人気の『辛みそラーメン』ですが、夏の暑い日に汗をかきながら食べるのもオススメ!スタミナ満点なので夏バテ解消にもいいですよ。丼ものや定食などご飯ものも豊富。市場で買い物の際には、ぜひ立ち寄ってみて♪※価格は税込です。



辛みそラーメン 900円 
味の決め手は日本・韓国・中国の唐辛子を独自にブレンドした味噌。コクのある辛さが癖になります。隠し味のバターも◎!



ホタテかき揚げセット 800円
サクッと揚がった新鮮なホタテが大人気!市場のラーメン店ならではの嬉しいセットです。



42.989246,144.380033

ラーメン 邦紀

住所:釧路市黒金町13-25 和商市場内
電話番号:0154-22-2662
営業時間:月〜土曜日8:00〜18:00 日曜日8:00〜16:00
定休日:10月末までは無休

記事の内容は週刊fit2018年8月3日号掲載時点のものです。

 釧路センチュリーキャッスルホテルの『ユーヨーテラスクシロ』は、野菜と玄米を中心にした体に優しいメニューが人気のレストラン。なかでもメイン料理に野菜のビュッフェ、デザートビュッフェ、ドリンクバーがついたランチは、ボリュームとコスパの良さが評判です。8月末までのランチ限定メニュー『彩り野菜のグリーンカレー(1680円・各ビュッフェ付き・税込)』は、ココナツミルクに中華テイストを加えたオリジナルレシピ。マイルドな口当たりとピリッと辛い後味が夏にピッタリです。地場産のパプリカを始めズッキーニ、ゴーヤーなど夏野菜の美味しさも楽しめますよ。さらに8月19日まで「夏休みスイーツフェア」と題し、いつものデザートビュッフェが種類も増えてパワーアップ♪食事もデザートもたっぷり味わえる同店へ、あなたもぜひ!



42.980525,144.387333

ユーヨーテラスクシロ

住所:釧路市大川町2-5
釧路センチュリーキャッスルホテル1F
電話番号:0154-43-2111
営業時間:ランチ11:30〜14:30(LO.14:00) ディナー17:30〜21:00(LO.20:00)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2018年8月3日号掲載時点のものです。

定番からオリジナルまで 歴史と新しさが 共存する名店

 『寿庵』は創業六十年をこえる老舗のそば店。先代の味をしっかり引き継ぎながらも、地元の食材を取り入れ独創的なメニューを考案するなど、歴史と新しさが共存する人気のお店です。早朝から打ち始めるそばは更科、つゆは三種類の鰹でとった出汁を代々引き継いだかえしで割るなど、手間を惜しまず作るそばが自慢です。一方で、新しいメニューも積極的に考案。柔軟な発想で作るメニューの数々は、世代を問わず喜ばれています。今ではすっかりおなじみとなった丼とそばのセットメニューも、元々は先代が考えたものだとか。家族であれこれ頼むのもよし、日本酒と一緒に蕎麦前を楽しむもよし。いろいろな味わい方ができる同店へ、ぜひ足を運んでみて!※価格は税込です。



冷やしカツそば 880円 
まかないから生まれた夏限定の人気メニュー。かみこみ豚の熱々のカツを、冷たいそばでさっぱり味わえます。



エビとちくわの冷やし天そば 950円
サクッと揚がったエビとちくわの食感がたまらない、夏限定メニュー。



42.991056,144.37387

そば処 頓化苑 寿庵

住所:釧路市寿1-3-17
電話番号:0154-22-2679
営業時間:11:00〜15:00 17:00〜20:00
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2018年7月27日号掲載時点のものです。

 錦町にある『スマイル スパイス』は、ご飯ものから麺料理、一品料理、デザートまで本格的なタイ料理を気軽に味わえる人気のお店。なかでも鶏ひき肉のバジル炒めと目玉焼きをご飯にのせた『ガパオライス(950円・税込)』は、ボリューム感たっぷりの人気メニューです。日本人にも食べやすい味つけなので、タイ料理入門にもぴったり!「1辛」から「3辛」、「辛みなし」をお好みで選べるのも嬉しいですね。そのほか米粉の麺で作るタイ式焼きそば『パッタイ』も大人気!もちっとした平麺と野菜の食感がクセになりますよ。タイ米から作られる泡盛は30種類以上あり、90分1500円(税込)の飲み放題プランも♪こだわりの料理と美味しいお酒で、本場タイにいる気分を味わってみませんか?ランチメニューも豊富なので、お仲間を誘ってぜひどうぞ!



42.982518,144.383165

SMILL SPICE

住所:釧路市錦町3-3-2
電話番号:0154-24-9355
営業時間:12:00〜15:00(LO.14:30)17:30〜21:00(LO.20:30)※金・土曜日は22:00まで(LO.21:30)
定休日:月曜日、不定休

記事の内容は週刊fit2018年7月27日号掲載時点のものです。

 豊川町にある『blissベーカリー』は、昨年開店した新進のパン屋さん。道産小麦100%にこだわり、ハード系から菓子パン、食事パンまで約40種類が並びます。最大の特徴はすべて卵を使わない生地で作られていること。「卵アレルギーの人もそうでない人も、安心しておいしいパンを食べてほしい」と、研究を重ねた自信作です。そんな同店で大人気なのが『山食(ハーフ・264円・税別)』。ほんのり甘い生地ともっちりした食感が特徴で、トーストはもちろん、そのまま食べてもとってもおいしいですよ。レモン風味のクリームチーズやジャーマンポテト、リンゴジャム入りの新商品は、食べやすいサイズでおやつにピッタリ!なおフィリングに卵を使用する場合もあるので、気になる方はお問い合わせを。安心とおいしさを追求した話題のパンをぜひ一度味わって♪



43.009882,144.37906

blissベーカリー

住所:釧路市豊川町11-26
電話番号:0154-64-9837
営業時間:8:30〜17:30
定休日:毎週月曜日、第2・第4火曜日

記事の内容は週刊fit2018年7月20日号掲載時点のものです。

 栄町にある『炉ばた 八』は、今年6月11日にオープンしたばかり。カウンター、小上がり合わせて約100席の広々とした店内は、シックな和の装いでとても落ち着いた雰囲気。ぶらりと1人飲み、カップルで、会合などさまざまなシーンに利用できます。店名のとおり、炉端メニューが中心で、厚岸町産の『つぶ焼き』(1個200円)や『生牡蠣』(1個280円)の他、釧路近海の魚介や道産の肉類など豊富な料理が揃います。アルコール類も多彩で、特に、北海道内ほとんどの地域の地酒が揃っています。看板メニューは『うにいくら手巻飯』(1個420円)で、茶飯を炊いて酢飯に、釧路近海のウニとイクラをトッピングした手巻き寿司、磯の香りが口いっぱいに広がる逸品です。『和牛炙り握り』(一貫400円)も、和牛のしっかりとした旨味が堪能できる一品。※価格は税込みです。



42.984505,144.388366

炉ばた 八

住所:釧路市栄町4-2
電話番号:0154-64-1086
営業時間:17:30~23:30
定休日:日曜日(月曜が祝日の場合は翌日休)

記事の内容は週刊fit2018年7月20日号掲載時点のものです。

リクエストの声に応えて人気メニュー復活!

 別保公園にある『パークカフェ ロ・バザール』といえば、仙鳳趾産の牡蠣や海藻ポークなど、釧路町のおいしい食材を使った料理が人気のレストラン。開放感のある明るい店内で、スパゲティやそば、定食、デザートなど様々なメニューを楽しめます。そんな同店では先日、お客さんの熱いリクエストに応えて『スパカツ』や『スパカキ』などの人気メニューが復活しました!くしろのソウルフードをロ・バザール流に仕上げた熱々の鉄板メニューは、大人にも子どもにも大好評。あとを引くおいしさにリピーター続出の逸品です。そのほか、カカオの上品なビター感とマイルドな甘さが人気の『チョコソフト』も販売開始。チョコとミックスがあるのでお好みでどうぞ♪※価格は税込です。



スパカツ 880円 
さっくり揚がった阿寒ポークのカツと、熱々のミートソースのハーモニーが絶品!



スパカキ 1,000円
仙鳳趾産の牡蠣を使ったフライは濃厚でクリーミー!釧路町ならではの一皿です。



42.99487,144.460924

Park Cafe ロ・バザール

住所:釧路町別保原野南24線78-6 別保公園内
電話番号:0154-62-3001
営業時間:10:30〜18:00(LO.17:30)
定休日:年中無休

記事の内容は週刊fit2018年7月20日号掲載時点のものです。

 笛園ビルの2階にある『酒肴瓢(ふくべ)』は、和のしつらえが美しい粋な空間で、おいしいお酒や料理をゆったり楽しめるお店。お造りや焼き物、握り、天婦羅といった王道の和食はもちろん、肉料理や鍋、蟹料理など産地と鮮度にこだわった極上の料理を味わえます。なかでも旬の食材を使った月替わりの創作料理は大人気!7月の『トマトの七変化(1600円・税込)』は、その名の通り、夏野菜の主役ともいえるトマトを様々な味わいに仕上げた逸品。地場産の真っ赤なトマトを使ったおでん、肉巻き、天婦羅やフライなど、斬新なアイデアとセンスが光ります。ジューシーで甘いトマトの魅力がぎゅっと詰まったこのメニュー。7月末迄の限定提供ですのでどうぞお早めに!全国各地の銘酒と多彩なメニューが自慢の『瓢』で、大切な人とくつろぎの時間を過ごしてみませんか?



42.983639,144.386539

酒肴 瓢

住所:釧路市末広町3-5笛園ビル2階
電話番号:0154-23-6104
営業時間:17:30〜23:30(LO.23:00)
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2018年7月13日号掲載時点のものです。

シンプル イズ ベスト 澄んだスープが美しいあっさりラーメン

 文苑に店を構える『まるふみラーメン』は、くしろらしいあっさり味のラーメンをワンコインで楽しめるお店。地域に愛されながら今年で25周年を迎えました。メニューは開店以来『しょうゆ』と『しお』の二種類のみ。シンプルだからこそごまかしのきかない味を支えるのは、かつおベースの澄んだスープ。手裂きのメンマやみじん切りにしたネギなど、細やかな仕事が光ります。雑味のないすっきりしたスープと細縮れ麺のバランスも◎!初めて食べた人もどこか懐かしい気持ちになる、しみじみとおいしいラーメンです。「ずっと通ってくれる常連さんのために」と、値上げせず続けている心意気も嬉しいですね。くしろのラーメン好きなら外せない隠れた名店。ぜひ一度足を運んでみて!※価格は税込です。



しおラーメン 500円 
あっさりしているのに深みのあるスープは、最後まで飲み干したくなる味。



しょうゆラーメン 500円
丼から立ち上るしょうゆの香りがたまりません。まさに王道の一杯。



43.022031,144.385296

まるふみラーメン

住所:釧路市文苑3-2-6
電話番号:0154-38-3093
営業時間:11:00〜19:00
定休日:年中無休

記事の内容は週刊fit2018年7月13日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 87 88 89 Next