あらゆる作業の強い味方 プロ仕様の品が揃う

共栄大通の駅寄りの一角にある『林品次郎商店』。店名は初代店主の名前で、昭和6年、古物を扱う行商から始めたそうです。現在は建築金物や機械工具、作業着など、さまざまな作業に必要なものを広く扱っています。在庫がないものでも、取り寄せてくれます。朝早くに開店するのは、建築や土木関係の仕事に行く前に立ち寄る方が多いから。会社ぐるみで長いお付き合いのお客さんも多いそうです。プロ仕様のものが多いのですが、だからこそ一般のお客さんでも「どうしてもこれだけは」というものが見つかるはず。日曜大工や園芸の道具で、もう少しいいものを…と思ったら、まずは相談してみてください。


防寒着
作業のためのものなので、お手頃価格のものが揃います。
カタログからも選ぶことができますよ。


剪定はさみ
造園業の方が愛用しているものを揃えていて、使い勝手は抜群です。
庭いじりが趣味の方も、是非どうぞ。


補修用パテ
壁などのひび割れやくぼみの補修に便利なパテです。
アスファルト用やモルタル用などがあります。


まきストーブ
地元釧路の業者が作っているまきストーブです。
主に作業場用などに、近年人気が復活しています。



北海道釧路市共栄大通1丁目1−6

林品次郎商店

住所:釧路市共栄大通1-1-6
電話番号:0154-22-2290
営業時間:7:00~18:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2011年12月22日号掲載時点のものです。

釧路初登場のエベレスト盛り、アナタの目で確かめて!

11月16日に、コープ札幌貝塚店内にオープンしたばかりの『そば処 麺小町』。普通盛りでも、麺が通常の1.5倍というボリュームと値段の安さが自慢のお店です。そのボリューム感をたっぷり味わえるのが『えび天ざる』。運ばれてきた瞬間、その高さに驚きますよ。大盛りだと、さらに高さを感じることが!釧路では珍しい『もち天』があるのも特徴です。中は柔らかく、外は天ぷらのサクッとした食感が評判です。そばと豚丼のセットが人気の『小鉢セット』は、並盛のかけそばか冷かけそばに小鉢のぶた丼がつき、大満足。もち天やえび天、とろろや納豆などをお好みでトッピングして、オリジナルのそばを楽しむこともできますよ♪


えび天ざる(682円)
別名『エベレスト盛り』というネーミングに納得の一品。
えび天が3本つきますよ。※写真は大盛り


三点セット(840円)
ミニえび天そば(温)・ミニとろろそば(冷)・小鉢ぶた丼のセット。
温かいのも冷たいのも、そして丼も!という欲張りなアナタにオススメ。


小町そば(温)661円
もち天のほか、えび天・温泉玉子が入ってオトクな気分に♪
冷たいそばもあります。


その他のメニュー

かしわそば…525円

カレーそば…525円

えび天そば…609円



北海道釧路市貝塚3丁目2−28

そば処 麺小町

住所:釧路市貝塚3-2-28(コープ札幌貝塚店内)
電話番号:0154-42-5455
営業時間:11:30〜20:00(LO19:50)
定休日:年中無休

記事の内容は週刊fit2011年12月16日号掲載時点のものです。

にくじゃが

ジャンルを問わず前菜からデザートまで、全てのメニューを店主一人で手掛ける創作料理が魅力の『佐々木商店』。従来のイメージを覆す「肉じゃが(680円)」は、見た目、豚の角煮のよう。北見産の豚バラ肉を使ったこの角煮!?の上には、じゃがいもや玉ねぎなどをペースト状にした餡がたっぷり。これを一緒に口の中に入れて食べてみると…やっぱり肉じゃがなんです。よりコクを出すため煮汁に黒糖を使い、黒糖焼酎がよく合う一品に仕上がりました♪定番メニューの他に日替わりメニューもあり、行く度に違うメニューが楽しめますよ。 今後はお酒の種類をより充実させる予定。それぞれのお酒に合った料理とともに、贅沢なひとときをお過ごしください。



北海道釧路市豊川町9−22

たべのみどころ マル吉 佐々木商店

住所:釧路市豊川町9番22号
電話番号:0154-22-9406
営業時間:17:30〜23:30(LO22:30)
定休日:日曜日・第一月曜日

記事の内容は週刊fit2011年12月16日号掲載時点のものです。

くしろっ子ホルモン

焼肉レストランピットインの姉妹店『炉端・焼き肉くしろっ子』が、MOO2階の港の屋台にオープンして3週間。炉端焼きと焼き肉が一度に楽しめると好評で、さっそく多くのお客さんで賑わっています。看板メニューは、第1回釧路B級グルメバトルに出品した「くしろっ子ホルモン」。アクセントのネギをシロコロホルモンで巻いたものが、串に6個…メニュー名・店舗名にもかかっているんですね。ホルモンの歯ごたえを残しつつ柔らかく仕上げた、ボリュームのある一品。味噌だれと醤油だれをブレンドしたオリジナルだれを使用。1本300円、ハーフ(3個)150円・ミニ(2個)100円もあります。また、ワンコインランチ牛丼など500円で楽しめるメニューも昼・夜ともに充実していますよ。



北海道釧路市錦町2丁目4

炉端・焼き肉 くしろっ子

住所:釧路市錦町フィッシャーマンズワーフMoo 2F
電話番号:0154-23-0600
     080-1890-2427
営業時間:昼/11:30〜14:00、夜/17:00〜24:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2011年12月16日号掲載時点のものです。

あっさりだから ガッツリいける

久寿里橋近くの『ラーメン ふた家』は、昨年5月にOPENしました。釧路らしいあっさりした細麺のラーメンと、パイコウ飯や餃子が評判のお店。豚肉をネギなどで香り揚げにしたパイコウは、やわらかでジューシー! ほんのりカレーの香りに箸が進みます。さっぱりした醤油味や塩味のラーメンだから、パイコウの風味が引き立つんですね。野菜たっぷりの餃子(6個400円)はニンニクが効いているので、寒い冬にはパワーがつきそう。ボリュームのあるパイコウ飯(750円)は、トロトロのあんと豚肉が絶妙なコンビネーション。餃子やパイコウ飯とラーメンのセットメニューもありますよ。


塩パイコウメン(650円)
パイコウが思いのほか脂っこくなく、最後まで飽きません。
茹でたもやしとたっぷりのネギが、絶妙なアクセント♪


塩ラーメン(500円)

澄んだスープで後味すっきり、ワンコインがうれしいですね。
自家製チャーシューは、まろやかな味わいです。


あんかけパイコウメン(750円)
お客さんのリクエストでメニューに登場!
スープはなくて、麺に直接あんが掛っています。
どっさりのネギを混ぜながらどうぞ。


その他のメニュー

チャーシューメン…650円

パイコウチャーシューメン…700円

ラーメンセット(ラーメン醤油or塩+パイコウ飯小)…950円



北海道釧路市大川町6−20

ラーメン ふた家

住所:釧路市大川町6-20
営業時間:平日/11:00〜15:00、17:00〜20:00
     土曜/11:00〜20:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2011年12月16日号掲載時点のものです。

美味しくてリーズナブルそばとうどん

合同庁舎近くの『浪花町いけだ屋』は、そばとうどん、ラーメンもあるお店。セットメニューが人気ですが、麺メニューは400~500円のメニューがズラリ! かけそば・うどんは何と300円なんですよ。実際に給食に出ているソフト麺を使った「給食ラーメン」(400円)は、懐かしい味わい。17時以降の晩酌セットは、串揚げ5本に小鉢、ビール中瓶1本で1000円。前日の午前中までにご予約いただければ、450円から(5個以上)弁当も承ります。宴会もOKで、予算と時間はご相談に応じます。また、出前もしますので、詳しくはお電話でお問い合わせください。なお、駐車場は10mほど駅寄りにあります。


なべやきうどん(600円)
鶏肉やエビ、もち、しいたけ、卵、天かすなど具だくさん。
寒い時にハフハフしながら食べて、ポカポカになりましょう。


きつねそば(400円)
カツオぶしをベースに、手間ひま掛けてブレンドしたダシは、味は濃くないのに深みがあります。
無添加ゆで麺を使っているんですよ。


得定食 メニュー(500円)
ワンコインのお得なメニュー♪
メインはとんかつorチキンカツ、お椀サイズのかけそばorうどんに小鉢も付いて、
ボリューム満点。


その他のメニュー

カレーそば・うどん…500円

カツ丼セット(ハーフのかけうどん・そば付き)…600円

カレーセット (カレーと麺)…600円



北海道釧路市浪花町12丁目1

浪花町 いけだ屋

住所:釧路市浪花町12-1-4
電話番号:0154-23-8801
営業時間:月~土/11:00~15:00、17:00~19:00
      日祝/ 11:00~15:00
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2011年12月9日号掲載時点のものです。

トムヤムフォー

店内に足を踏み入れると、そこは南国バリのリゾート地を思わせる『チャンティカ』。本格的なアジアンフードが楽しめると人気のカフェです。こちらの看板メニューが『トムヤムフォー』(890円)。フォーとは米粉を使用した麺で、ベトナム料理の代表と言われているんです。トムヤムクンがベースになっていますが、食べやすいようにと酸味と辛味がまろやかになっています。辛いのがお好みの方は、お店の方に一言声をかけてください。唐辛子などを足してくれます。野菜もたっぷりでヘルシー。他にもスイーツやドリンクなど、ここでしか味わえない工夫がされたものばかり。オーナーが直接仕入れた雑貨や洋服もあり、それを買うために来店する方も。お食事だけじゃなく、オリエンタルな空間を楽しめるお店です。



北海道釧路市花園町1−1

food cafe チャンティカ

住所:釧路市花園町1-1
電話番号:0154-25-5504
営業時間:月〜木/11:30〜22:00(LO21:00)
     金・土/11:30〜23:00(LO22:00)
      日 /11:30〜21:00(LO20:00)
     ※毎日15:00〜17:00はティータイム
定休日:不定休
※駐車場に限りがあるため、乗り合わせの上来店してください。

記事の内容は週刊fit2011年12月9日号掲載時点のものです。

ザンギ丼

明日12月3日(土)、和商内にオープンする『ザンギ魂』。くしろザンギ王決定戦2011で準優勝のザンギが、満を持して登場です!今回紹介するのは『ザンギ丼(420円)』(写真はメガ盛り 720円)。始めに中温〜低温の油でじっくり、次に高温で揚げる2度揚げをしているので、肉の旨みを閉じ込めたジューシーなザンギが出来上がるんです!このザンギにゴマ油の風味をきかせた甘辛いタレを絡ませて、海苔をのせたご飯の上に…。長ネギも味と食感のアクセントになっていますよ。もちろんザンギ単品(一人前400円)もあります。テイクアウトのみなので、お家でじっくり味わってください。お客さんの「美味い!」の声が励みになるという店主の渾身のザンギ、ぜひ食べてみてくださいね。



北海道釧路市黒金町13丁目25

ザンギ魂

住所:釧路市黒金町13-25(和商市場内)
電話番号:0154-24-3355
営業時間:8:00〜18:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2011年12月2日号掲載時点のものです。

地元食材でいただくおそばはいかが?

まなぼっとの向かいにある『薮そば 百味庵 富士見店』では、魚や野菜など、できるだけ地元の食材を使うようにしています。釧路港で水揚げされたベニさけや、さんまなどをそばの具材に使用。ここでしか食べられないオリジナルメニューが人気です。夜は居酒屋として利用するお客さんもいて、おまかせで季節のものをおつまみに仕上げてくれます。おまかせは、ドリンク込みで上限2900円と、リーズナブル! ゆったりした小上がりがあり、お客様に合わせて閉店時間をずらしてくれることもあるとか。二階には宴会スペースもあり、予算も相談に応じてくれますよ。そばの他、雑炊や丼もの、定食なども好評。駐車場は横道から入った所にありますよ。


お茶づけそば(850円)
釧路産の焼いたベニさけをトッピングした、珍しい塩味のそばです。
さっぱりしているので、宴会続きの時などにイイかも。


さんまそば(900円)
20日ほど干したさんまを、一度水煮してから甘露煮にしています。
一匹丸ごとのさんまは程よい味付けで、そばに合います。


日替わりそば定食(830円)
サラダと日替わりの小鉢、魚料理が付いています。
基本のそばは『かしわそば』ですが、自由に選べます(料金はそばにより変動)。


その他のメニュー

ミニセット…700円

かきあげそば…700円

鮭のはさみ漬け(冬季限定)…1個80円



北海道釧路市富士見1丁目1−21

薮そば 百味庵 富士見店

住所:釧路市富士見1-1-21
電話番号:0154-41-1430
営業時間:11:00〜20:30
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2011年12月2日号掲載時点のものです。

博多こだわり醤油モツ鍋

あったかお鍋の季節です!『活菜酒場 夢我』は、関東のモツ鍋店で修行を重ねた店主が経営する隠れ家的なお店。特選素材を使う「博多こだわり醤油モツ鍋(一人前1200円)」(写真は二人前)は、入手困難だった黒毛和牛の小腸を直接仕入れることが可能となり、実現した一品。あっさりとした醤油ベースの自家製和風スープに具材を入れて煮込むと、ぷるっぷるのモツから出る旨みたっぷりの脂がスープとなじみ、クセになる美味しさに早変わり。さらに、薬味の柚子胡椒が美味しさを引き立てます。〆には、長崎の製麺所から直送される、ちゃんぽんをどうぞ。脂の甘みと適度な歯ごたえのモツと、旨みが溶け出した極上のスープ。最後の一滴まで楽しんで下さいね。



北海道釧路市愛国西1丁目11−6

活菜酒場 夢我

住所:釧路市愛国西1-11-6(ジャマイカタウン2F)
電話番号:0154-38-5151
営業時間:18:30〜翌2:00(LO翌1:30)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2011年12月2日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 ... 67 68 69 70 71 72 73 ... 80 81 82 Next